Home / 恋愛 / マッチングアプリ / 恋活アプリ / With / withでメッセージが続かない人必見!短文・質問なしの人の心理とは

withでメッセージが続かない人必見!短文・質問なしの人の心理とは

マッチングして喜んだのもつかの間、初メッセージ以降連絡が返ってこない、メッセージがいつも続かない、など実際に会うまでに一番苦労するのがメッセージです。

すごくタイプな人がいたけど、メッセージで何考えてこんな風に送ってきているのかが分からない、自分に興味ないのかな?

そんなことを考えている人へ「短文で質問してこない」人の心理とメッセージをお送る際のコツをご紹介します!

スポンサードリンク

初メッセージを送る時のコツ

相手が年下でも敬語を使う、馴れ馴れしくしない、などの当たり前のことを前提に内容面でのコツをご紹介していきます。

「挨拶+よろしくお願いします」はよくない

この記事を読んでいる人ならば男女関係なくご存知かとは思いますが…

with含め、基本的にマッチングアプリでは女性の方がいいねを貰いやすいです。それはもう周知の事実ですね。

そんな中、やっとこさマッチングした相手に「初めまして!マッチングありがとうございます!よろしくお願いします」とだけ送っていませんか?

私はかなりの確率でこのようなメッセージをいただきます。

このメッセージを貰うと、「軽い人なのか?真面目に使っていないだけ?」と思ってしまいます。返しますが。

多くの男性からいいねを貰い、マッチング数の多い女性の場合はそのメッセージだけでは返信してもらえない可能性もあります。

相手からいいねが来た場合、女性で「初めまして!マッチングありがとうございます!よろしくお願いします」この文に対して自分から話題提供してくれる人は少ないのではないでしょうか。

もちろん、相手が何かしらの+αのコメントを付けてくれていたらそれに対しての返答もしてくれるでしょうし(普通にまともな人なら)、話題も広げられるでしょう。

つまり!「初めまして!マッチングありがとうございます!よろしくお願いします」を送ってしまうとせっかくのマッチングも棒に振ってしまっている可能性があるのです!

そして!この記事を読んでいる人に伝えたいのは「初めまして!マッチングありがとうございます!よろしくお願いします」だけしか送ってこなかった人をスルーするのはもったいない!ということです。

普通にテンプレの返事(挨拶、お礼、名乗る、よろしくお願いします)をしてみて様子を見てみると、ほとんどの人が次の文から話題を広げてくれますし、ちゃんと初回メッセージを作りこんで送ってきてくれる人と差はありません。

差があるとしたら、それはただの性格の違いかと思います。

「初めまして!マッチングありがとうございます!よろしくお願いします」しか送ってこないからと言ってメッセージ交換する気がない、というわけではなさそうです。

POINT

  • 「初めまして!マッチングありがとうございます!よろしくお願いします」のみの人の中に素敵な人もいるので足切りするのは早いしもったいない!

よくある話題ではなく自己紹介から話題を拾う

多くの女性は「好きな食べ物何ですか?」など本当にしょっちゅう聞かれています

多くの人がおいしい食べ物好きというようなコミュニティに入ってはいますが、初対面の状況から好きな食べ物の話で盛り上がれることってほとんどないと思います。

なぜなら、

  • 特別好きな食べ物がない→無難な答えしか返ってこない
  • 特別好きな食べ物がある→どんな人かわかっていない状態で好きなものを熱く語るのもなあ…無難に返そう

というような思考になってしまうからです。

そのため、「ああまたか」と思いつつテンプレ化した返答をするだけになってしまい、「この人いいな」というような好感度アップには繋がらず、第一印象「つまらん」になってしまいます。

しかも、デートに繋げる際のネタとして使いやすいのが食べ物関連だと思います。はじめの挨拶でこの武器を使ってしまうのは非常にもったいないと思います。

デートに誘うということは仲良くなってきたころだと思いますし、そのころになれば関係性にもよりますが、特別好きな食べ物がある人は語ってくれるでしょうし、そうでない人も話に乗ってきやすいですので成功率は上がります。

そして、話題として入れてくれると好感度アップにつながるのが、「自己紹介欄やプロフィールに書いてあることに対してコメント・質問」することです。

自己紹介に載っているにもかかわらず質問してくる人の多いこと多いこと。「あまり誠実な人じゃないのかな/この人の中でのマッチングの優先順位は低いんだろうな」と感じます。

さんざん書いてあるにも関わらず同じことを質問してくる人たちばかりの中で、自己紹介をきっちり読んでくれて反応してくれる人がいれば「この人はしっかり読んでくれている人なんだ!誠実そうだ!」と一気に好感度が上がります!

私の場合早生まれの21歳大学四年生ですが、多くの人から大学三年生と思われていました。一文目に書いてあるのに!

誠実さが第一なマッチングアプリでは多くの人が誠実に見えるように工夫されているかと思います。プロフィールをしっかり作りこんだり、相手に不快に思われないような文の内容を考えたり…など。

しかし!そんなことよりももっと簡単に誠実さをアピールできることが「プロフィールを読んでいるということが分かる質問をすること」なのです。

それは女性が大好きな「共感」でもいいですし、質問でもいいです。

共感は、一度相手のことを受け入れている、ということですから、どんな人かわからない状態からの共感は話が盛り上がりやすくなる傾向があります。

共感すれば嬉しくなって女性の方から色々と話題を広げてくれるかと思うので、結構おススメです!

しっかり自分のプロフィールを書いている人ほど相手のプロフィールを読み込んでいる人が多い気がします。女性はそういう部分こそしっかり見極めているものです。

信頼は言葉よりも行動で現れるとよく言いますが、まさにその通りだと思います。

運命よりも、確実。『With』

☞ メンタリストDaigo監修

☞ 統計学や心理学に基づいたマッチングアプリ

☞ ちょっと見てみる

メッセージで相手が自分に興味がない?と感じたら

メッセージをやり取りしているとなんとなくこの人自分に興味ないんだろうな、というのが分かったり伝わて来たりするものです。

しかし、中には興味がないように見えるだけの人もいるのです。ここでは相手の人に対して「自分に興味を持ってないかも?」と思った時に役立つ情報をお伝えします!

世の中色々な人がいる

一般論みたいになってしまいますが、世の中本当にいろいろな人がいます。そして、自分の考え方は一般的だと思っている人が本当に多いのです。その考え方以外思いつかない、みたいな。

そして、この「世の中本当にいろいろな人がいる」ということを理解したつもりになって理解していない人が多いのです。

私もマッチングアプリにおいてのそれをさっきようやっと理解したところです。笑

この記事を読んでいるということは、メッセージを長続きしないのは何故だろう?と努力をしようとしている人に違いありませんよね。

withではなく、Pairsのコラムではあるのですが、メッセージのやり取りという点に関して考え方に相違はないだろうということで引用させてもらいますが…

メッセージで質問してもそれに対する答えやコメントだけで話題が広がらない…どうしようか、と悩んだことがあると思います。

そんな時にお相手はどのような心理でそれしか返してこないのでしょうか。以下のことが考えられます。

質問返ししてくれない人の心理

  • 女性の場合、男性を試している
  • 女性の場合、初対面の男性を警戒している
  • 会話のテンポが異なるタイプの人である
  • あなたへの興味が薄い

一つ目の「男性を試している」というのもよく見かけました。個人的にはあまり好きではないですね…

これをやるタイプの女性は、男性にリードしてほしい傾向が強い女性が多く女性側が受け身の対応をしていても会話を盛り上げてくれるか?面白い話をしてくれるか?などを試しているようです。

個人的な意見ですが、このようなことをする女性と仮に付き合っても大変なだけだと思いますのでやめた方がいいと思います。コラム内でも何様だ、というコメントが目立っていましたね。

二つ目の初対面の男性を警戒している、というのは、質問攻めにされて不愉快な思いをしたことがある、であったりはじめは雑談からスタートしていきたい、という人でしたね。

このタイプの人には誠実な態度で接していれば次第に盛り上がっていくのではないでしょうか。

三つ目の会話のテンポが異なるタイプというのは詳しくは後述「質問ばかりしない」しますが、これぞ会話は相手の発言で気になったところを質問してコメントを織り交ぜながら話題を広げていくタイプ」の私には目からうろこでした。

たとえば、私は会話なんて「相手の話の中で気になったことがあれば、そこを聞けばいいしそれをお互いにやってたら話題は広がるもん」だと思っていました(これでも返すときはものすごく会話のパターンを考えてから返していますが)。

しかし、中には

  • メッセージを返すときはよく吟味してから返すから、質問ばかりされて自分の番が来ないと、自分だけが情報を開示している気分になって嫌だ
  • こちらから質問しようとしてもすぐに別の質問が飛んできてタイミングが分からない

という人もいました。

スポーツで例えると、前者のタイプはサッカー・バスケなど攻守が絶えず変化していくタイプで、後者は野球などのターン制の会話を好むタイプなのです。

前者のタイプの人で、「自分についてや自分なりの考えを返してくれているのは分かるけど短文だし、質問してくれないからなんだか返信しづらい」と考えている人は相手の人が後者のタイプである可能性もあります。

そもそも、「会話の中で気になることがあればすぐに質問してくるだろう」という考え方自体が前者の人たちの中だけでの常識なのです。

というわけで、返信内容が興味なさげ?と思ってすぐにメッセージをやめてしまうのはもったいないかもしれません。

相手にとって会話の途中で気になることが無いから質問してこない=自分に興味がない」というのも前者タイプの人の常識なんですね!

ただあなたとの会話のタイミングをつかみきれていないだけなのかもしれません。

その場合は上の画像のように質問返しするのではなく、下二つの画像のようにコメントしたり共感してみると別の反応が返ってくる可能性もあります

四つ目はあなたへの興味が薄いからですね。いいねきたからマッチングしたけどそれほど興味はなく暇つぶしやキープ程度に使われているのです。

後述の「質問ばかりしない」に見分け方もありますので参考にしてみてください。

質問ばかりしない

たとえば、相手の人がそんなにメッセージで話題が広がるような反応をしてくれない時、ついつい質問ばかりしてしまいがちになってしまうかと思います。

というか、聞かれてもいないのに自分のことを話すのも気が引けるし、メッセージを続けるには質問するしかない…と思っていませんか?

しかし、会話のテンポというのは人それぞれです。

上述の通り、相手の話に気になるところがあれば突っ込んで質問してきてくれるタイプの人、相手からの質問が終わったら聞きたかったことを聞くタイプの人、仲良くなるまではあんまり質問しないで雑談したいタイプの人…など。

きっと短文メッセージを返されて質問するしかないじゃん!と考えている人は「相手の話に気になるところがあれば突っ込んで質問してきてくれるタイプの人」なのでしょう。

同じタイプの人とメッセージ交換していたならば、今までの対応でお互いちょうどいいテンポだなあと感じていることでしょう。

しかし、「相手の話に気になるところがあれば突っ込んで質問してきてくれるタイプの人」と「相手からの質問が終わったら聞きたかったことを聞くタイプの人」がメッセージをやり取りした場合、たいていの場合話の主導権を握るのは前者です。

そして、前者の人は自分では話題を広げようと努力しているつもりでも、後者の人からすると質問攻めにあっているみたいだ、相手に質問させてくれるスキがない、と感じてしまうのです。

そのため、「相手の話に気になるところがあれば突っ込んで質問してきてくれるタイプの人」はなんかこの人返信あっさりしてるし、質問してきてくれないし、返信困った…となったら、一度質問で返さずコメントを返してみるといいと思います。

たとえば、自分の感想や体験談を交えた反応をすると自分のことを開示しつつメッセージのやり取りができますので、単に会話のテンポが違う人であった場合、自分が質問していいタイミングだ、と思われ質問してくれる可能性があります。

それで少し様子見してメッセージに変化が見られなければ、それはあなたに興味がないか暇つぶしでアプリをやっている人だけですのでさくっと見切りをつけて次の人に行くのがいいでしょう。

POINT

  • 女性ははじめのうち警戒している場合もあるから誠実さを心がける
  • 会話が続きづらいと思ったら質問せずにコメントする
  • ダメだこりゃと思ったらささっと次へ行く

質問の種類

質問の仕方にもいろいろあると思います。

話の中で自然と出てくる質問と、話題がつきそうだから出てくる質問です。

質問攻めにされてる気分になる、と感じた人がされているのが後者の「話題がつきそうだから出てくる質問」ではないでしょうか。

話の中で自然と出てくる質問

例)「私も雑貨好きなんですが○○さんも雑貨見るの好きなんですね!^^」
「そうそう!雑貨が好きでこないだも新しい雑貨買っちゃいました!」
「いいですね~!雑貨買うとワクワクしますよね!どんなの買ったんですか?」

話題がつきそうだから出てくる質問

例)「私も雑貨好きなんですが○○さんも雑貨見るの好きなんですね!^^」
「そうなんです。暇なときはしょっちゅう雑貨屋さん見に行っちゃいます!」
「そうなんですね!ところで映画も見に行かれるんですね!最近見たのは何ですか?」

などがあります。

運命よりも、確実。『With』

☞ メンタリストDaigo監修

☞ 統計学や心理学に基づいたマッチングアプリ

☞ ちょっと見てみる

withの性格診断・好みカードは役に立つ

メールの仕方診断

withにはメールの仕方診断なるものがあります。それは3タイプに分かれていまして

  • 気配り上手タイプ「頻度が多く文章も多め」
  • 真面目タイプ「頻度が少なく文章は多め」
  • マイペースタイプ「頻度が少なく文章も短め」
  • テンポ重視タイプ「頻度が多く文章は短め」

があります。私自身相手に合わせますが、本来ならば気配り上手タイプかなと思うのですが、マイペースタイプだったのであら?と思いました。

しかし、メッセージをやり取りした人たちはかねがねこの傾向に沿っている人が多いなという風に感じたので、大変参考になると思います。

好みカードをチェック

自分の好きなタイプをしっかりと登録している人は意外と多いものです。

自己紹介が少なくても、好みカードからなんとなくその人が好むタイプ像が見えてくるかと思います。

例えば、本人写真は明るくてノリがよさそうな人であったとしても、好みカードに「本が好き/本屋が落ち着く」「包容力ある人が好き」「パリピ苦手」などのカードがあれば、明るくてノリがいい人の感じで接してしまうと「うーん」と思われてしまいます。

この人素敵だなと思ってもらうには、好みカードからタイプの人像を探り、それとなくアピールしてみるといいかもしれません。

運命よりも、確実。『With』

☞ メンタリストDaigo監修

☞ 統計学や心理学に基づいたマッチングアプリ

☞ ちょっと見てみる

まとめ

いかがでしたか。一度もあったことのない相手とのメッセージは難しいですよね。

しかし、もしかしたら自分とは違う価値観を持ってメッセージをしているのかもしれません。

そのため、ただの塩対応のタイプの人なのか、別の価値観を持っている人なのかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク