Home / 趣味 / 手芸 / こだわりつくそう!ドレスと共に式を彩るウェディング小物まとめ

こだわりつくそう!ドレスと共に式を彩るウェディング小物まとめ

大好きな人との一生に1度訪れる結婚式。そんな幸せな式ではドレスだけじゃなく、身に着ける小物にもこだわって最高の演出にしたい。

そんなあなたに結婚式の演出に欠かせない装飾品やアクセサリーなどのウェディング小物のラインアップや準備方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

ウェディングドレスと一緒に必要な小物とは

ウェディングブーケ

ウェディングの席で花嫁に欠かせない小物としてまず誰もが思い浮かべる小物、ウェディングブーケ。洋風の式はもちろん、話題の和婚の場でも和花を用いたブーケを持っての写真や式が大半を占めるほど、結婚式に欠かせません。

式場によっては決められた業者以外が製作したブーケには持込料が発生することもあるので、会場を決める際にはそのチェックも併せて行っておきましょう。

ヘッドドレス

ウェディングドレスと共に花嫁を彩る大切な役割を持つヘッドドレス。おなじみのティアラタイプやカチューシャタイプの他、最近ではウェディングブーケとおそろいの生花で出来たヘアーフラワーを着用する人も。

ドレスとの色味の兼ね合いや髪色、髪の長さ、式当日の準備に割ける時間の余裕などとの調整が必要です。

アクセサリー

ウェディングの場をさらに引き立たせる役割を持つ華やかなアクセサリー。ティアラと対になったイヤリングやネックレス、チョーカーなど様々なラインアップから選ぶのは楽しい悩みかも。

和婚の際にも飾り櫛やかんざし、刺しゅうの施された半襟、帯留めなどの和装アクセサリーの準備が必要です。

ウェディングドレス用パニエ

マーメイドライン以外のウェディングドレスを着用する場合に必要となるのが、ドレスのスカート部分のラインやシルエットをより美しく見せるために着用するパニエと呼ばれる下着です。

通常レンタルの場合は試着の時点でセットになっていることが大半ですが、ドレスを自前で用意する場合は自分で購入、あるいは製作することが必要となります。

グローブ

ノースリーブのドレスの場合はロングタイプ、それ以外の場合はショート丈など、着用するウェディングドレスのデザインで選びたいグローブ変わってきます。

ドレスレンタルの場合は、グローブも合わせて準備することができますが、自前のドレスの場合は、こちらも専門店などであらかじめ購入しておくことが必要です。

ブライダルインナーや和装用下着

一世一代の晴れの日に必要なブライダルインナー。こちらも着用するドレスのデザインに合わせたものを選べば、ウェストラインを強調したり、デコルテをさらに美しく見せるといった「より美しく」という花嫁のニーズを叶えてくれます。

また和婚の際も下着類一式は持参しなければならないところが多いため、こちらもあらかじめ当日の着付けを担当してもらう業者などと打ち合わせした上で、必要分を用意しておきましょう。

ウェディングドレス用シューズ

ブライダル衣装のほとんどをレンタルするという人でも、他人の履いた靴を履くのは嫌、ということで靴は自分専用のものを用意するという人もいます。

式進行や演出によっては花嫁が立ったままであったり、長い距離を衆人環視の中歩くこともありますので、靴擦れなどが心配、という人は1度自前の靴を用意することを検討してもいいでしょう。

お気に入りのウェディング小物を用意するには

式場や式場の提携業者に頼む

会場が遠方であまり何度も細かな打ち合わせなどで足が運べない、急な式であまり準備期間がない、といった方は、担当プランナーの紹介業者などでウェディング小物一式をドレスの手配と共にするが最も手軽な方法です。

費用の見積もりも挙式分と合わせて概算が出しやすく、支払い先も一括できるといったメリットもあります。

しかし、同じ会場で挙式した友人や親戚とプランなどが丸かぶりしてしまう、といったこともあるので決定する前には家族や新郎とよく相談してからが良いでしょう。

自分で準備して当日会場へと持ち込む

「せっかくだから全てにこだわった自分達らしい式がしたい」というカップルにはウェディング小物を自分たちで準備するのもおすすめ。準備期間も「結婚に向けた共同作業のはじまり」として楽しめます。

ウェディング小物を購入する

ウェディング小物を自分で準備する場合には気に入った商品を購入するのが最も手軽な方法です。

ウェディング専門のネットショップなども数多くあるため、その中から予算やデザインで気に入ったものを選ぶ、あるいはオーダーして「世界に1つだけのもの」を製作してもらうのもいいでしょう。

レンタルする

「式場のお仕着せではなく、自分の好みのものを着たい」という人には、予算的にも購入より負担の少ないレンタルがおすすめです。

注意点としては、当日に間に合うよう配送にかかる期間や受け取り方法を確認、さらに式の後すぐに新婚旅行などに出かける場合は返却方法や返却期日についての打ち合わせもきちんと行っておくことで商品未着や延滞料金などのトラブルを回避することが出来ます。

手作りする

リングピローやウェルカムボードなどのようにウェディング小物をカンタンに自作できる専用キットもおすすめ。一針一針自分で作った小物を身に着けることで一際感慨深い結婚式になるでしょう。

また、ユザワヤなどの大手ハンドメイド用品専門店では一から材料を選んで製作することも可能。小物専用の作りかたレシピのサイトや本も市販されていますので、そちらを参考にするのも1つの方法です。

ウェディング小物をネットで買うなら!おすすめサイト4つ

stella bridal

海外からのインポートブライダル小物のネットショップである「stella bridal」。コスパと洗練されたデザインで人気があります。贈り物の際のラッピング対応などもあるので、新婦へのプレゼントとして買い求めるのにも便利です。

公式サイト:https://www.stellabridal.jp/

Creema

人気のハンドメイド商品を扱う「Creema」。ウェディング関係もドレスからブーケ、ブライダルアクセサリーなど豊富なラインアップが魅力です。もちろんオーダーメイドの製作依頼も可能な上、出品者別の購入者レビューなども閲覧できるので安心。

公式サイト:https://www.creema.jp/

minne

国内最大規模を誇るハンドメイドマーケットサイト「minne」。こちらもウェディング関係はドレスからアクセサリー、ブーケ、当日の会場を彩る小物まで豊富な品揃えでオーダーでの発注を受け付けている出品者も多いため、「世界に1つの自分だけのオリジナル」が欲しい花嫁にはぴったりです。

公式サイト:https://minne.com/

annan wedding

ネットで購入するのは不安、という人におすすめなのが東京・目白に実店舗を持つ「annan wedding」。自社オリジナル商品だけを扱うというこだわりで、中間マージンが発生しないため、手ごろな価格と高い品質が実現している商品が揃っています。

公式サイト:http://www.annan.co.jp/

まとめ

いかがでしたか?ウェディングドレスだけではなく、それを引き立てる小物にもきちんとこだわって結婚式当日を迎えたいですね。

あなたの結婚式はどのように彩りますか?

一生に一度だけ訪れる結婚式をこだわりの小物で彩られた「忘れられない大切な1日」にしましょう。

スポンサーリンク