Home / 結婚式 / 結婚式にむけてやるべきことをいくつかご紹介

結婚式にむけてやるべきことをいくつかご紹介

新郎新婦にとって、結婚式は非常に特別な日ですよね。そんな結婚式をより良いものにするためにやるべきことはたくさんあります。

今回はそのうちのいくつかを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

結婚式にかかる費用の把握

結婚式の相場

結婚式の先輩が実際に式にかけた費用の総額は、200〜250万円が一番多く、次が250〜300万円、150〜200万円となっています。費用な内容によって変わるので、あくまでこれくらいが総額の相場だと考えておけばいいでしょう。

結婚式は、神社やチャペルで行う挙式と、ゲストに結婚報告を行う披露宴に分けられます。挙式+披露宴、挙式のみ、披露宴のみ、のいずれかの費用になります。挙式のみであれば挙式費用と衣装代で20〜40万円程度で抑えることも可能です。

披露宴はゲストの人数によって総額が変動します。ゲストの料理、飲み物、引き出物、招待状やメニュー表などが必要です。結婚式の予算は、新郎新婦が全額自己負担できる金額ではありません。子らに加えて親からの援助やゲストからのご祝儀も加えられます。

つまり、使える予算は「新郎新婦の貯金や親からの援助金などの自己負担+ゲストからのご祝儀」ということです。ゲスト一人あたりのご祝儀はだいたい3万円が目安なので、ゲストの人数×3万円を目安にご祝儀を計算してみるといいでしょう。

ちなみに、先輩カップル達の自己負担額で多かったのは50〜100万円です。親か援助がもらえる場合、両家で分担して出すのが一般的です。両家で折半か、招待ゲストの割合に合わせて分ける、項目ごとに分ける、というやり方が多いです。親から援助がもらえるとは限らないので、事前に話し合って決めておくようにしましょう。

どこにお金をかけるのか決める

相場を理解したら、どこにお金をかけるかを決めましょう。ランクダウンしてしまわない方がいいのは、ゲストへのおもてなしの費用です。結婚式は新郎新婦が主役ではありますが、だからといってゲストの扱いが粗末では満足いく内容になりません。

せっかく呼んだけれどもゲストと温度差ができてしまったというのではもったいないので、ゲストのおもてなしにはお金はケチらずに使いましょう。

ゲストのお金のかけどころは、料理です。料理の美味しさが結婚式の印象を左右します。料理を選ぶときには、新郎新婦で試食をしておくと失敗しづらいです。味や品数、ボリュームが満足できるかどうか事前にチェックしておくと安心です。

ゲストの年齢層によって内容を考慮することも大切です。例えば年配で食の細いゲストが多いならば、ボリュームの多い肉料理メインのフルコースは厳しい可能性があります。逆に、若い人中心であればボリュームがあってもいいでしょう。

ただし、料理にたくさんお金をかけさえすればいいというわけでもありません。そうすると今度はゲストが持参したご祝儀の費用で賄えているのかを、ゲストが心配する可能性があります。相手に心苦しい思いをさせないためにも、費用に見合った料理で満足できる内容を提供できるようにしましょう。

お金をかけなくても、新郎新婦の故郷の料理を出すなどしてオリジナリティを加えることは可能です。二人が好きな料理を一品加えるだけでも話が盛り上がります。ドリンクは、ビールが苦手な女性ゲストにはカクテルを出したり、年配のゲストのために日本酒を用意しておくなどの配慮も忘れないようにしましょう。

運転する人もいるでしょうから、ノンアルコールビールなども揃えておくといいです。ドリンクの種類を豊富にしておくと喜ばれやすいです。

逆に、ゲストへの影響がない費用であれば費用を抑えることができます。花嫁のエステ費用はセルフケアでできるところは済ませたり、下着などはあまりお金をかけないようにするなど、抑えられるところを抑えてみれば節約できます。

相場はあくまで全体の合計の割合であって、すべてのカップルがこの金額で式を挙げているというわけではありません。自分たちが用意できる予算でできる内容にしましょう。

結婚式の演出

動画をつくってみよう

結婚式では、新郎新婦が出逢うまでの歩みであったり、出逢いから結婚までの紹介が行われます。近年では、夫婦を動画で紹介するプロフィールビデオが主流になっていますから、その特徴やメリットを理解することをおすすめします。

また、効果的な使い方を覚えると、結婚式の演出は更に素敵になるので、前向きに動画の活用を検討すると良いでしょう。一般的に、結婚式用の動画は写真素材が中心で、そこにナレーションや画面効果を加える編集が特徴的です。

写真を集めて加工しますから、動画といっても厳密には違いますし、止め絵を使った演出方法と考えることが出来ます。ただ、幼少期から撮影して集めたビデオが残っていれば、それを活用して動きのある動画を作ることも可能です。

勿論、写真だけでも結婚式用のプロフィールビデオは作れますから、全く諦めたり断念する必要はありません。

素材を集め、編集する

まずは、ビデオを含めて使える素材を集め、そこから結婚式の演出に適したプロフィールビデオを計画して、最終的に上映時間に収まるように編集することがポイントとなります。

編集にはセンスが求められますし、ナレーションには聞き取りやすい発音であったり、感情を表現する技術が不可欠ですから、必要であればプロに制作を依頼することが大切です。当然ですが、予算が限られていたり手作り感を出したい場合、選択肢は必ずしもこの限りではないでしょう。

しかし、プロフィールビデオは二人の印象を決定付ける材料で、見る人達の記憶に残りますから、希望に合わせて完成させることが肝心です。無難に当たり障りなく、コンパクトにプロフィールを伝えられれば良いなら、ある程度の編集能力を持つ人に任せるのが理想的です。

依頼のポイントとしては、上映時間を予め決めておき、紹介内容をリストアップして重視する順に時間配分を行う点が挙げられます。

時間配分に注意する

長過ぎる上映時間は見る人を疲れさせますし、惚気の印象を強めてしまうので、必要十分な時間と内容を考えることが重要です。

理想的な時間は5分が目安で、10分だと長過ぎますから、間を取って8分未満、これが現実的な許容範囲の上映時間となります。時間さえ決めてしまえば、後はイントロとエンディングの時間を決め、残りを本編に割り当てて構成、編集することになるでしょう。

イントロは掴みの部分なので、インパクトのある映像表現であったり、壮大な印象を与えるBGMを使用するのが一般的です。映画のオープニング風の演出も可能ですから、新郎新婦二人の好みに合わせて、見せたい演出を考えることが出来ます。

一方のエンディングは、プロフィールビデオをまとめて終わらせる仕上げなので、方向性が定まらない迷走であったり、何を伝えたいか分かりにくい終わり方は禁物です。新郎新婦の希望であれば、笑える内容を本編に盛り込み、盛り上がりが最高潮になる時点で終わらせるやり方も出来ます。

注意点

これらは全て、編集作業を行う人のセンスと技量に左右されますから、人選には時間を掛けて任せる相手を選ぶことが欠かせません。プロフィールビデオの目的は、あくまでも主役の二人のことを伝える点にあるので、基本的な情報と特徴が伝えられれば目的達成です。

ただ、淡々と伝えるだけでは記憶に残りにくいので、演出を加えてメリハリを出したり、編集の工夫で個性を出すケースが増えています。目的さえ忘れなければ、新郎新婦の魅力を伝える貴重な機会となりますから、時間に余裕があって凝ったプロフィールビデオを制作するのは有意義です。

全体の統一感や方向性が定まらない場合は、映画やドラマといった既存の作品を参考にして、テイストを抽出しながら応用すると効果的です。完全オリジナルも可能ですが、方向性の決定や準備に膨大な時間が掛かるので、その点は結婚式までの時間と相談して決めることになります。

二次会の幹事について

結婚式の二次会の幹事は、主役級の役割を担います。それだけに負担も大きく準備に時間がかかるので、無理にお願いするのはNGです。忙しくて準備に時間がかけられないような人に依頼するのではなく、ちゃんと最後まで責任を持ってやってくれそうな相手を見つけるようにしましょう。

どんな人に頼むべきか

選ばれる幹事として多いのが、信頼できる友人です。盛り上げるのが上手な人や、話し上手な人、しっかりしている人、などが適任のようです。

他には、会社の後輩に頼むケースもあります。毎日職場で顔をあわせるので打ち合わせしやすかったり、後輩に複数人まとめてお願いできるという合理性が決め手のようです。

どうしても手頃な人が見つからない場合は、二次会の代行会社に頼むという方法もあります。お金はかかりますが、プロなのでしっかりやってもらえます。

幹事の人数

幹事は1人ではなく、2〜4人の複数人に依頼するのが主流です。

一番多いのが2名で、1人よりも気心の知れた相手と一緒に準備を進めるとスムーズにいくからという理由のようです。3〜4名の場合は新郎新婦側でそれぞれ頼んで、役割分担してもらったというお願いの仕方もあります。

幹事は1人だけでは負担が大きいので、顔ぶれを見ながら複数人選んでお願いしてみるようにしましょう。幹事の仕事は丸投げではなく、新郎新婦と一緒に話し合って決めた方がいいです。ちゃんと内容を確認しておかないと、あとでトラブルになりやすいからです。

任せて欲しいと言われた場合はそれでもいいですが、その場合でも最終確認はちゃんとやっておきましょう。

連絡すべきタイミング

幹事に声かけするタイミングは、4〜5ヶ月前がベストです。二次会は披露宴よりはラフですが、適当にやっていいわけではありません。会場や演出を決める必要がありますし、ゲームの内容や景品なども揃える必要があるので早めに連絡しておきましょう。

最近ではメールやSNSで連絡するケースも増えていますが、マナーとしては直接あって依頼した方がいいです。ただし、相手が忙しくて会うタイミングがない場合にはメールやSNSで連絡してもいいでしょう。

その他注意点

幹事は負担の大きい仕事ですから、終わった後にはお礼を渡すのを忘れないようにしましょう。もので渡すよりも、現金か商品券の方が好きなものを買ってもらえるので喜ばれやすいです。もしくは、後日一緒に食事会に行くのもいいでしょう。

幹事は飲食する暇がないので、二次会の会費は免除にしている先輩カップルが多いです。二次会会場を決めるためには、必要な条件を決めることが大切です。披露宴と同じ日にするか、後日あらためて行うのか決めておきます。

披露宴と同じ日であれば、ゲストの移動の負担を軽くするために結婚式場の最寄駅にするなど工夫するといいでしょう。これで大体の会場エリアの選定ができます。次は会場の雰囲気です。どんな演出をしたいのか、会場設備で必ずついていて欲しいものは何かなど条件を洗い出していきましょう。

リストアップしておくと必要な設備がわかりやすいのでオススメです。日程、参加人数、エリアを軸に決めていきます。会場によってはゲストが入りきらないこともあるので気を付けましょう。

また、人気のある会場だと早くから予約がいっぱいになって借りられないこともあるので、早めに検討しておくことが大切です。
会場の空きが確認できたら、実際に足を運んで雰囲気や設備をチェックしておきましょう。

写真だけではわからないこともあるからです。最寄にコンビニやカフェなどがあると便利です。準備やゲストの時間つぶしの場所として最適です。会場は最初から一つに絞り込まずに、いくつか候補を出しておきましょう。この中から比較検討して選びましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、結婚式に向けてやるべきことを紹介しました。

やるべきことはたくさんありますが、それらを着実に一つ一つこなしていきましょう。

本記事が、そういった人の一助になれれば幸いです。


スポンサーリンク

Check Also

結婚式に役立つアイテム紹介~ぐるなび、みんなのウェディングなど

人生最大のライフイベントの一つ …