Home / 結婚 / 最高の幸せをウェディング写真に残すには?

最高の幸せをウェディング写真に残すには?

結婚に至るまでの準備はなかなか大変なものです。

結婚式をするのかしないのかの選択からはじまって、結婚式をする場合はさまざまな準備があります。

ヘアアクセサリーなどの細々とした物から披露宴でのテーブルアレンジなど、必要なものや絶対にこうしたいと思うことなどがたくさん出てきます。

結婚する二人の個性がでる素敵なウェディングにしたいのは誰もが同じ思いですよね。

そこで、準備段階にチェック項目の上のほうに上がってくるのが写真撮影(=ウェディングフォト)です。

スポンサードリンク

いろんな場面で大切になる「ウェディングフォト」

ウェディングフォトは結婚する二人の最高に幸せな姿を思い出に残すことができるものの一つです。また、それだけではなく、結婚式に出席できなかった親族や友人への挨拶の時に使ったりもします。

では、どのタイミングで撮るものなのでしょうか?

まず思い浮かぶのが、結婚式当日の撮影かと思います。専属のカメラマンを雇って、結婚式の様子や親族や親しい友人と一緒のところを撮ってもらいます。

この場合、撮影の時間や場所などがあらかじめ決まっています。披露宴前に親族が集合して、少しあらたまった雰囲気で撮影というのはよくある風景です。

友人や知人にカメラに詳しい人がいる場合は、そのような人に頼むカップルもいます。知り合いに頼むことができると、たくさんのより自然な姿を撮ってもらえるかもしれません。

結婚式当日の撮影は特別に輝いた二人の姿と幸せそうな親族や友人の笑顔を残すことができるのが一番のメリットですね。

ですが、結婚式当日は思った以上に忙しいですし、緊張した面持ちになってしまったりします。

そこで、最近では、結婚式当日の撮影にプラスして、別の日に結婚写真を撮影するのが人気です。

これはスタジオ撮影だったり、思い出の場所にカメラマンが来る出張撮影だったりと形態もさまざまです。結婚式当日よりもリラックスした自然な二人の姿を撮ってもらえるのがメリットです。

自由度の高い撮影方法も魅力の一つ

衣装を自由に選べるのも人気の秘密の一つです。

結婚式当日はウェディングドレスだけれどスタジオでは和装でというように、衣装選びも特に女性にとっては楽しいことの一つでしょう。

また、結婚式を行わない二人が写真だけ残したいということで利用する場合も多いです。これは「フォトウェディング」と呼ばれています。

最近では子どもの七五三祝いの写真をスタジオで前撮りして七五三の時期に両親に渡すというのが主流になっているようですが、同じようなシステムです。

中国や東南アジアなどでは結婚写真の前撮りが一般的で、結婚披露宴などで飾られていたりします。

せっかく撮影するのですから、年賀状などの挨拶状に使うだけではなく、披露宴会場の受付に二人の姿を素敵なフォトフレームに入れて飾っておいたりするのも一つのアイデアです。このようなサービスを提供するフォトスタジオはたくさんあります。

衣装の数、撮影場所、撮影後にプリントしたものをもらうのか、デジタル保存だけなのか、アルバムを作成するのかなどによって予算がかわってきます。自分達の好みやニーズに応じて選択することができるのが、メリットの一つです。

また、ハネムーンと一体型になったフォトウェディングもあります。新婚旅行中に撮影するのです。

新婚旅行先を沖縄などにすると、まるで海外のリゾート結婚式のような写真を残すことができます。

結婚式とは別の日に撮影することの最大のメリットは、個性的なウェディングフォトがつくれることです。二人の思い出の場所で撮影も素敵ですし、ペットがいる場合は一緒に記念撮影も可能です。また、スタジオ撮影だと、普段ならちょっと恥ずかしいと感じてしまうポーズでも、特別な空間でプロのカメラマンの前だと意外にできてしまうものです。

 

一生に一度のことですから、納得のいくまでこだわった撮影で、二人の最高に幸せな姿を残したいものです。


スポンサーリンク

Check Also

憧れの国際結婚までの道のり!国別の特徴解説と国際結婚の心得

海外ドラマや映画などに憧れて、 …