Home / 結婚 / どうやって進めればいいの?リゾートウエディングの段取りをご紹介

どうやって進めればいいの?リゾートウエディングの段取りをご紹介

リゾートウェディング。いかにも誰もが憧れそうな響きです。海外リゾート、国内リゾート、いろいろな選択肢がありますが、その段取りは普通の挙式とは少々違う部分もあります。

折角のリゾートウェディングですから問題なく段取りを進めて当日を迎えたいところです。今回はそんなリゾートウエディングの段取りのポイントを詳しくご説明します。

スポンサードリンク

リゾートウエディングならでは!通常のウエディングとの段取り上の違い

①会場選び

リゾートウェディングといえば海外ではバリやハワイが有名どころですよね。国内では関東なら那須や軽井沢などの高原、沖縄や北海道での挙式も増えています。そんなリゾートでのウェディングのために旅行会社では様々な「結婚挙式ツアー」が組まれています。まずは旅行会社のパンフレットを取り寄せてみましょう。

旅行会社では、ほとんどすべてのリゾート地に対応したそれぞれのウェディングプランを用意してありますので、旅行予約時に一緒にウェディングも予約するということもできます。
旅行会社で挙式旅行を予約したら、その後はウェディングプラン会社との打ち合わせに入ります。

旅行会社で旅行を予約契約後、ウェディングプラン会社と詳しい打ち合わせをしていきますが、国内海外問わず、多くの場合その場に通ってプランを立てることはできません。ここが通常のウエディングの場合と異なるところです。

リゾートウェディングの場合、通常は東京都内など大都市にある事務所で打ち合わせが行われることが多いようです。現地視察できないので、DVDを観るなどして確認する事になります。

そのため、気になる点はなんでも質問しておく必要があります。会場の広さの感じ方など、観てみないとわからないことが多々あります。

ですので必ず挙式にお呼びする人数をあらかじめプランナーにお伝えし、それに合う会場を検討してもらいましょう。実際の会場やもっと詳細なプランは、当日または前日に現地に入って、つめていく場合が多いです。

②ドレス選び

実際に使用するドレスが試着できない、というのも通常の挙式の準備の場合とは異なる点です。事務所にはドレスのサンプルがおいてありますが、実際使用するものとは違います。同じものが実際の会場に用意してあり、そちらを着用するのです。

新しいスタイルのドレスや一点物などは都内事務所にのみおいてあることが多いです。そういったドレスを選んだ場合は機内(国内移動の際は車内)持ち込みになってしまいますので、レンタルする際には確認しておきたいところです。
手ぶらで会場に入れるほうがよければ、多数用意されているドレスにしたほうがいいですし、自分が気に入ったもの、自分しかまだ着用していないようなドレスがよければ、機内車内持ち込みも覚悟しなくてはならないということですね。

リゾートウエディングの段取り上の注意

事務所での打ち合わせは念入りに

事務所での打ち合わせは何度も行きましょう。一緒に来てくれる家族や親族の分も、旅行をプランニングする必要があるからです。

友人たちや家族の中には、自分で旅行プランをたてて行くといってくれる場合も多いでしょうが、新郎新婦の親族となるとほぼ高齢の方々ですので、詳細な部分までプランをたててあげるほうがいいでしょう。

特に海外旅行の場合、旅行慣れしていない高齢の親族がずっとホテルにいるしかできなかった、挙式の時にだけホテルの外にでられた、というかわいそうな話をよく聞きます。

新郎新婦にとってはウエディングが新婚旅行の一部になっている場合も多いですが、わざわざ遠くまで来てせっかくお祝いしてくれるご親族は自分たちできちんとおもてなししたいですよね。

最後に・・・

いろいろ書きましたが、リゾート挙式は大変お勧めです。暖かい友人やご親族に囲まれて美しい自然の中で行う挙式は、本当に素晴らしいものです。

新郎新婦の思い出のリゾート地で挙式を行ってもいいですね。ゲレンデや海、高原、山のいただきなど、特別な場所で挙げた挙式は、間違いなくお二人の素晴らしい思い出になるはずです。


スポンサーリンク

Check Also

憧れの国際結婚までの道のり!国別の特徴解説と国際結婚の心得

海外ドラマや映画などに憧れて、 …