Home / 結婚 / カジュアルなウェディングパーティー成功のための3つのポイント

カジュアルなウェディングパーティー成功のための3つのポイント

最近では、披露宴ほどはかしこまらずに友人中心といったカジュアルスタイルのウェディングパーティーを希望するカップルも増えています。

新郎新婦も気張らずにできますし、ゲストも力を抜いて参加してもらえるのがメリットです。年配のゲストが多い場合は適さないですが、若いゲストが多い場合は楽しんでもらえる可能性が高く、お勧めです!

今回はそんなカジュアルウェディングパーティーを成功させる上での秘訣をご紹介します。

スポンサードリンク

こだわりのポイントを明確にする

カジュアルなウェディングパーティーを成功させる秘訣は、「こだわりのポイント」を明確にしておくことです。お金をかければいくらでも豪華にできますが、予算内で済ませるには優先順位をつけて会場を探すことが大切です。

それではどのようなポイントを気にすればよいのでしょうか。

料理へのこだわりは大事なポイント

こだわりのポイントとして先輩新郎新婦が選んでいるのは、ビュッフェ形式、コース料理、少人数対応、プロジェクター有り、ドレスや衣装の持ち込み料が無料、といったことです。

おもてなしの優先順位が一番ならば、料理にこだわることが大切です。新郎新婦の演出や料理だけ豪華でも、ゲストの料理が粗末ではゲストとの温度差ができてしまうので気を付けましょう。

ビュッフェや着席フルコースがおすすめ

カジュアルなパーティーであれば、ビュッフェが適しています。新郎新婦も一緒に会場を動き回れるので、ゲストとの距離を縮めて会話を楽しむことができます。好きな料理を好きなように食べてもらえるので、それぞれのゲストが食べる量に対する配慮もできます。しかもフルコースの食事よりも価格が抑えられるというメリットがあります。

二次会よりはカジュアル過ぎず、披露宴ほどはかしこまらずにやりたいならば、着席フルコースのような料理スタイルが適しています。きちんと感もありますし、最近人気がある1.5次会スタイルもこれが多いです。

ゲストに応じて料理を変えよう

女性ゲストの割合が多いならば、デザートビュッフェなどもつけると喜ばれます。カフェやバーなどをパーティー会場として使える場合もあります。

婚礼料理だけではなく、エスニック料理やハワイ料理、ドイツビールなど多彩なメニューを提供できる会場もあります。ちょっと変わった料理でゲストをもてなしたいなら、こういう会場を選ぶといいでしょう。

アイテムの持ち込み可否も重要!

費用を抑えるためにも持ち込み可能な会場選びを

アイテムは、持ち込みが無料だと費用を抑えてウェディングができます。会場と提携しているドレスショップ以外に着たいドレスのブランドが決まっている人は、持ち込み無料だとその願いを叶えることができます。持ち込み料が有料だとかなり費用がかかってしまうので、最初から持ち込みが可能な会場を選ぶといいでしょう。

また、持ち込みが自由な会場であれば、手作りのアイテムにこだわることもできます。手作りのジュエリーやペーパーアイテムなどを持ち込めると、オリジナリティの高い式にパーティーになるでしょう。

レンタル可能かも見ておこう

準備に時間がかけられない人や、ドレスが決められないという人は、ウェディングプランナーがドレスを手配してくれる会場だと安心です。花嫁の衣装はもちろん、新郎の衣装も手配してくれます。また、マタニティドレスが充実している会場もあります。

演出にもこだわりを

設備のチェックは忘れずに

演出にこだわりたいならば、スクリーンやプロジェクターなどの設備が整っている会場が適しています。ウェディング会場なら必ずついていると思って選んでしまうと、使いたい設備がついていないということもあるので、チェックしておきましょう。

例えば、音楽の演出にこだわりたいのであれば、楽器の演奏可能や、ピアノなどの楽器が付帯している会場だと成功しやすいです。

また、最近ではSNS映えなども考慮し、フォトブースの設置や「フォトラウンド」という新郎新婦が各テーブルを回って参加者と写真を撮るといった演出も行われています。こういった演出も今ならではのカジュアルウェディングの良さでもありますので、会場と相談しながら、自分たちだけの演出で結婚式を盛り上げましょう。

ゲストに合わせた演出も考えよう

会場によっては、カラオケやゲームなどの手配ができるところもあります。例えば子供のゲストの割合が多い場合は、このような遊べる要素を組み込んだ工夫があると喜ばれるでしょう。飽きずに参加してもらえるので、披露宴中にゲストの子供が飽きてしまって困ったというようなことにもなりにくいです。

まずは優先順位を決めて、何に一番力を入れたいのか考えてみましょう。

まとめ

カジュアルなウェディングでもカジュアル度によって、選ぶべき会場や演出などが変わってきます。上司や年配の方も呼びたいものの堅苦しい雰囲気は嫌だという場合や、友人中心で結婚式を楽しく演出したいという場合など、求めるものは人によって様々です。

料理の形式や演出の仕方など、大事にしたいポイントの優先順位を決め、一生の思い出に残るような素敵なカジュアルウェディングパーティーを開きましょう!


スポンサーリンク

Check Also

憧れの国際結婚までの道のり!国別の特徴解説と国際結婚の心得

海外ドラマや映画などに憧れて、 …