Home / 結婚式 / 結婚式にまつわる不安を解消しよう

結婚式にまつわる不安を解消しよう

結婚式に関する不安ってたくさんありますよね。主催する側もお呼ばれする側も色々と悩むことがあるとおもいます。特に結婚式にまつわる費用や演出など、考えなければならないことはたくさんあります。

お呼ばれした人も参加経験が少なければ、不安に思うことも多いでしょう。

今回はそんな不安を少しでも解消できるよう、結婚式に関する知識を深めていきましょう。

スポンサードリンク

結婚式にかかる費用

結婚式を挙げるには、少なかならぬお金がかかります。思い出に残る盛大な式にしようと思えば思うほど費用がかかりますが、節約できるポイントを知っておけば少ない費用に抑えることが可能です。

結婚式の相場

結婚式の相場は、70名前後呼ぶ場合は300〜350万円程度かかります。ただし、ゲストからいただくご祝儀や会費でまかなえる分もあるので、それを使えば全額自己負担ではありません。

とはいえ、新郎新婦だけでも150万円以上は負担としているようです。少なくても50万円は新郎新婦が負担しているので、自己資金も貯めておかないといけないでしょう。負担割合は新郎新婦で折半しているケースが半数です。また、両親から援助のお金をもらっている人も少なくありません。

大事なのは早めの準備

節約するためには、予算を見極めて早めに準備をしておくことが大切です。予算の金額は結婚報告の際に親と相談してみるといいでしょう。注意すべきは、ご祝儀の金額です。これは必ず想定通りの金額がもらえるわけではないので、あてにしすぎないようにしましょう。

節約しやすいスタイル

結婚式のお金を節約しやすいスタイルは、レストランウェディングや少人ウェディングです。

レストランウェディングは料理にこだわれるのがメリットで、料理以外の費用を抑えるので総額を抑えることができます。最近ではゲストが一番気にするのは料理ということで、レストランウェディングには人気があります。ただし、レストランウェディングの場合は収容人数が少ないところもあるので、施設選びは重要です。

少人数ウェディングは招くゲストの人数が少ないので、総額を抑えることが可能です。ただし人数が少ないので会費やご祝儀の金額が少なくなるので通常の結婚式とさほど自己負担が変わらないこともあります。

そのほか、フォトウェディングという方法もあります。フォトウェディングには2種類あって、挙式+写真撮影、挙式なしで写真撮影のみ、です。最近では後者の写真撮影だけで済ます方法を選ぶカップルが増えています。

後者であれば挙式や会場の費用は全くかかりません。晩婚なので人を呼んで結婚式をするのは気恥ずかしいけれど、花嫁写真は撮っておきたいという希望に適しています。

予算に合ったスタイルを

盛大な式だけが正しい結婚式ではないので、予算に見合った挙式スタイルを選ぶといいでしょう。大切なのは新郎新婦が何を大切にしたいかです。

料理でゲストをもてなしたいのであれば、料理にお金をかけられるレストランウェディングがいいでしょう。家族や親しい友人など、限られた人たちだけでアットホームな式にしたいのであれば少人数ウェディングが適しています。

写真重視であればフォトウェディングなど、自分たちにあった方法は違います。一般的に言って、後で費用がアップしやすいのが飲食、衣装、装花です。最初に頼んだものでは満足いく内容にならないと感じた場合、後でランクアップしなければいけないことがあります。

他に映像費用や写真費用などもランクアップしやすい項目です。これらは初回の見積もりに料金として含まれていないことが多く、プロジェクターが使いたいような場合には後で料金が加算される可能性があります。

もし追加費用がかからない施設であれば持ち込みをして安く済ませるという方法もありますが、式場と提携外のものを持ち込んだ場合は持ち込み料が別にかかることもあるので、結果的に余計にお金がかかることもあります。

持ち込み料については、事前に見積もりで確認した方がいいです。交渉すれば減額してくれたり、無料にしてくれる場合もあります。絶対に必要なものとそうではないものを分けて考えて、新郎新婦が納得できる式の内容にするようにしましょう。ゲストの満足度も大切です。

結婚式の演出

結婚式は演出によって印象が大きく変わります。自分が挙式するときは、ゲストに好印象を与える演出を行いたいと考えるでしょう。しかし、多くの人はそれと同時に着実に成功させたいと考えてもいます。また、成功させるために手堅いプランを用意する傾向が見られます。

たとえば料理を定番のものにしたり、スケジュールも一般的な進行にすることが多いです。そうすると、たしかに成功する可能性は高まりますが、挙式に呼ばれた経験が豊富なゲストには、退屈なものに感じられてしまう恐れがあります。

そこで、どのようなゲストにも満足してもらえるように、アイデアを盛り込むことが重要になるのです。その参考になるように、どのようなアイデアがあるのかを紹介します。

ゲストが参加できる機会を設けよう

当日の主役は新郎新婦の2人です。その次に出番が多いのは両親や親族でしょう。ゲストはどうしても見ている時間が多く、受け身になりがちです。披露宴の最後までいると、食事の機会はありますが、それ以外の1時間以上はただ見ているだけのこともあります。

そのため、ゲストは退屈になったり、気が緩んで眠気を感じたりすることも珍しくありません。そのような懸念を払拭するには、ゲストが参加できる機会を設けると良いです。

たとえば、投票するイベントを用意すると、会場全体に一体感が出ます。新郎新婦が入場する際の音楽を投票で決定するなどのパターンがあります。入場前に楽曲の一覧を配布して、好みのものに一票入れてもらうのです。

またウェルカムボードも投票のイベントに利用しやすいです。複数の友人にウェルカムボードを作成してもらい、ゲストに一番気に入ったものに投票してもらいます。1位のウェルカムボードを作成した人には賞品をあげると、デザインのコンペのようになって盛り上がるでしょう。

他にも投票制にできるものは多くあります。ゲストが全員参加できるアイデアを検討中の場合は、このように投票を取り入れるのがおすすめです。

写真撮影

結婚式で欠かせないものの一つとして写真撮影があります。主に行われるのは、新郎新婦との撮影です。しかしそれだけでなく、久しぶりに会ったゲスト同士が撮影することも少なくありません。スマートフォンやデジカメで撮影している光景がよく見られます。

友人たちに久しぶりに会うことを楽しみにして参加するゲストも少なくないでしょう。そのようなゲストの楽しみを大きくするアイデアとして、撮影時に利用できる小物を準備しておく方法があります。

オシャレなアクセサリーや面白いグッズなど、用意できる小物の種類はさまざまです。小物の種類が偏ってしまうと、一定の年齢層やどちらかの性別でないと利用できなくなります。できるだけ多くの人が利用できるように、バリエーションを豊富に揃えておきたいところです。

感謝の気持ちを表そう

また、ゲストに感謝の気持ちを表すことも非常に大切です。結婚式では新郎新婦は、ゲストから多くのお祝いの言葉を受け取ります。2人の挙式を祝う日だから、それは当たり前のことといえるでしょう。

しかし、そのように自分たちを祝ってくれるゲストは、新郎新婦にとって貴重な存在です。そのため、一方的に祝福されることに甘んじているのはよくありません。感謝をゲストに表すアイデアを盛り込むのが良いといえます。サプライズの形で盛り込んでおくと、良い演出にもなるのでおすすめです。

たとえば感謝の言葉を新郎新婦が述べる映像を用意しておく方法があります。結婚式のラストで映すと、印象に残りやすく今後の付き合いにも良い影響を与えやすいです。ラストではなく、中盤に流すのでも構いません。感謝を感じたゲストは、新郎新婦を祝う気持ちが大きくなり、盛り上がりやすくなるからです。

結婚式にお呼ばれされた際の注意点

早めに返事をする

結婚式にお呼ばれされたら、早めに返事をするのがマナーです。新郎新婦は結婚式で細かいセッティングをしなければいけませんから、いつまでも参加人数が決まらないと困ってしまいます。

連絡の手段

以前は葉書や手紙でやり取りするのが当然のマナーでしたが、最近ではSNSやメールを使った迅速な連絡方法が活用されることもあります。SNSだと一度にたくさんの人に送信できるなどのメリットもあります。

フォーマルな内容の連絡は手紙や電話で一報入れてから直接会って伝えるのもので、どうしても会えない場合は電話で済ませるというのがマナーでした。

しかし、最近ではライフスタイルの変化によってメールやSNSが使われることも増えています。基本的なマナーとしては手紙が届きますが、気軽にやり取りできる間柄であればメールやSNSも許容範囲になっているようです。

こうなると悩むのがお呼ばれされたゲストです。正式な方法では手紙や電話を使いますが、メールやSNSだけで連絡が回ってくると何を使って返事をすればいいのか悩みます。

新郎新婦側がメールやSNSで済ませるというスタンスであれば、それに合わせてメールやSNSを使って返事をしてもいいです。その方がすぐに連絡が取れるので、新郎新婦としても余裕を持ってスケジュールを決めることができます。

他に手紙が届いて連絡が来た場合は、メールやSNSは略式の連絡方法だと思って手紙も返しましょう。出席するか断るかを選べるように招待状の手紙が届くでしょうから、どちらかに丸をつけて返せばOKです。

やってはいけないこと

やってはいけないのは、メールやSNSだけで出席すると連絡をして手紙を返さないことです。これでも一応連絡は取れていますが、新郎新婦としては略式の連絡だと考えている可能性があるので手紙を受け取ったら正式な方法で連絡するようにしましょう。

お呼ばれされたときの返事として一言添える場合は「ご祝儀が用意できないから出席できない」「あまり気乗りがしない」などというニュアンスを出さないようにしましょう。
出席する場合は「嬉しいお知らせありがとうございます」「ぜひ出席させていただきます」など祝福のメッセージを添えましょう。

欠席する場合は「嬉しいお知らせをありがとうございます。ところが、あいにくその日は親族の結婚式があり出席できません。とても残念ですが、どうぞお二人ともお幸せにお過ごしください」などと配慮をして文章を添えましょう。

間違っても「面倒だから行きたくない」などとは書かないようにしましょう。もし気の利いた言葉が浮かばないのであれば、形式的な文章を調べてそれを添えるだけでもいいです。マナー本やマナーサイトなどを参考にして文例を参考にしましょう。

ただし、その場合でもできるだけ自分の言葉で一言くらいは添えたいものです。

出席できるか分からない場合

難しいのが、結婚式当日に、ゲストが出席できるかどうかがわからない場合です。ゲスト側にも予定がありますから、これは仕方ないことです。いつまでもスケジュールが決まらないと新郎新婦が困りますから、現状は欠席として差し支えなければ人数が増やせる最終期限を確認しておきましょう。

もし出席できなかった場合でも、ご祝儀は出席するときと同額を出すのがマナーです。出席できないから料理を食べられないなどということで、勝手にご祝儀を減らさないようにしましょう。

最近の結婚式では手紙や電話だけではなく、メールやSNSも使われるようになっています。こういう便利なツールは絶対に使ってはいけないという決まりはありません。効率アップのために使う場合もあります。

ただし、今までのやり方を重んじるゲストや新郎新婦もいるので、その場合は相手に合わせるようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか。結婚式は新郎新婦にとってだけではなく、その家族や友達にとっても特別な一日ですよね。人生の一大ライフイベントのうちの一つです。

そういった特別な一日をより良いものとすべく、しっかり準備して臨みましょう。

悩むことや不安もたくさんあると思いますが、それを乗り越えて素敵な式にしたいものですね。よるべきことはたくさんありますが、一つづつこなしていきましょう。

本記事がその一助となれれば幸いです。


スポンサーリンク

Check Also

結婚式に役立つアイテム紹介~ぐるなび、みんなのウェディングなど

人生最大のライフイベントの一つ …