Home / 結婚 / 「ウェディングフェア」に行って結婚式のイメージ作り

「ウェディングフェア」に行って結婚式のイメージ作り

各結婚式会場が開催するウェディングの体験型イベントが「ウェディングフェア」です。

無料で参加できる会場が多いので、結婚が決まったらカップルで行ってみるといいでしょう。いくつか会場を回ることで、二人の好みや希望のスタイルが見えてきます。

先輩カップルの場合は、4割近くがだいたい3件以上は回っているようです。

ウェディングフェアでは何ができるの?

体験できるのは、模擬挙式や試着会など新郎新婦目線でできることから、ゲストの目線で参加できる試食会などもあります。

フェアによって内容が異なりますし、同じ会場でも日程によって違い内容を開催していることがあります。予約必須の場合が多いので事前に確認しておきましょう。
ただし、結婚式のイメージ作りのために行くのであれば適当に場所を選んで行くのはもったいないです。

結婚式の雰囲気を味わいたいだけならそれでも構いませんが、実際の会場選びの参考にしたいのであれば自分たちの条件に照らし合わせて行く会場をセレクトして選んだ方がいいでしょう。沢山回っているときりがなく、限られた時間もどんどん過ぎて行ってしまうのです。

どのウェディングフェアにいけばいいの?

例えば、遠方からのゲストが多い場合はアクセスしやすい会場で選んでみましょう。駅周辺のホテル会場やレストラン会場などが見つかります。宿泊施設があると遠方からのゲストにも声をかけやすいでしょう。
他には、会場のタイプで選ぶという方法もあります。人気のあるホテル会場や、ガーデン付きのゲストハウス、貸切が可能なレストラン会場、和の雰囲気がある専門式場、などといった感じです。
少人数ウェディングをする予定ならば、少人数(〜30名)OKな式場を見学に行くといいですし、料理にこだわりたいなら料理が美味しいと評判のところに下見に行ってみましょう。
料理の美味しさは「披露宴の満足度を左右する」ので、ウェディングフェアで是非とも試食をしておきたいものです。ここでゲスト目線で料理の味やボリュームを確認しておけば、直前になって料理のことで迷わずに済みますね。
ウェディングフェアで体験できるものとしては、模擬挙式があります。ドレスを纏った新郎新婦がモデルで挙式を行うので、ゲストから花嫁がどのように見えるのかが確認できます。他の人の結婚式に招かれたことがある人ならだいたいイメージができているかもしれませんが、会場によって見え方が異なるので、自分たちが式を挙げたいと思っている会場で模擬挙式を見ておいた方がいいでしょう。
他には模擬披露宴も体験できます。実際の演出やコーディネートを見ることができるので、当日にどのようなおもてなしをすればいいかのイメージが膨らみます。
試食会の料理は有料かもしくは無料で体験可能です。体験フェアの中でも人気が高いので、「事前予約必須」のことが多いです。

ワンプレートやフルコースなど様々なスタイルをチェックできます。スタッフ対応や会場の雰囲気を確認するのにも有効です。
モデルの挙式を見るだけではなく、衣装を実際に試着することも可能です。希望しているドレスであっても、必ずしも自分のスタイルに合うとは限らないので色々な衣装を試してみるといいでしょう。

その他にも様々な情報が得られる

結婚式に関するリアルなお金のことを相談できるフェアもあります。疑問や具体的なプランの話までウェディングプランナーに相談できるので安心です。そこで成約した場合は割引をしてくれる場合もあります。
本番さながらにコーディネートされた会場を下見できる体験もあります。写真だけではわからない会場の大きさやイメージ、雰囲気などを細かくチェックできます。
先輩カップルの9割が試食会に参加しており、料理にこだわっていることがわかります。無料で参加できるならかなりお得ですし、料理を食べながらデート気分を味わうこともできます。

主なブライダルイベントを1日で全て体験できる大型のイベントもあるので、時間のないカップルでも参加可能です。


スポンサーリンク

Check Also

シングルマザーの恋愛と再婚に大切なこととは?

男女が出会い、結婚したらそれで …