Home / 結婚 / 一生に一度!ウェディングドレス5種類の特徴と選び方

一生に一度!ウェディングドレス5種類の特徴と選び方

ウェディングドレスは、種類によって見え方・印象を大きく変える大変重要なアイテムです。それぞれの特徴を把握しつつ、実際に試着しながらご自身の体型に合ったものを選びましょう!
今回は、ウェディングドレスの5つのタイプとその特徴、選び方をお話しします。

スポンサードリンク

ウェディングドレスはどこで用意する?

 

(※画像と内容は一致しておりません)

ウェディングドレスは借りる?買う?

レンタル

多くの方が選ばれるのがレンタルです。
レンタルを選ぶメリットは何より安いことでしょう。小物類などの心配も不要で、豊富な選択肢の中から気にいったものを選ぶこ
とができます。結婚式後にドレスを保管する必要がない点も便利です。
デメリットとしては、繰り返し使用していることからドレスが汚れてしまっていたり、希望のデザインにたどり着けない可能性が
あるということです。慎重に選ぶ必要がありますね。
また、レンタルの際には、式場の提携店以外を選ぶと持ち込み料がかかったり、そもそも持ち込み不可な場合があるという点に注
意しましょう。

既製品を買う

自分のドレスが欲しいという方は、レンタルではなく購入を選ぶのも良いかもしれません。
既製品を購入するメリットは、自分のドレスを比較的安く持つことができる点です。場合によってはレンタルより安価な中古のものもあるようです。
デメリットは、多くの場合レンタルより価格が高くなってしまうという点です。また、保管場所を確保しておく必要がある点も不便です。

オーダーメイド

自分だけのドレスが欲しいという方には、オーダーメイドがおすすめです。
オーダーメイドのメリットは何といっても自分の納得のいくものを一から作れる点です。
一方、オーダーメイドはレンタルや既製品購入と比較すると価格が高い点が、一番のデメリットでしょう。
ウェディングドレスに対するこだわりや予算に応じて選ぶようにしましょう。

実際に選ぶ際には

ウェディングドレスの多くはブライダルインナーで上半身のボリュームをプラスするため、自分の体型に合っているかは、正面と後ろ姿、上半身の写真を確認するといいですね。特に後ろ姿は自分では確認できないので、新郎に写真を撮ってもらってイメージ通りに写っているかを見ると良いでしょう。
また、「ウェディングドレスはバストで着こなす」とされ、キツイと横じわができ緩いとバスト周辺が浮いてしまいます。特に、ぜい肉がはみ出しているのは見栄えが悪いです。二の腕がぷよぷよしている場合には、パフスリーブで隠すのも有効です。

では、ここからウェディングドレスの5つの種類それぞれの特徴を紹介していきます。

ウェディングドレスのタイプ5種類

Aライン

AラインはシルエットがアルファベットのAに似ていることからついた名前です。。ウエストの位置が高く、上半身から裾に向かって広がった形をしており、ウエストの切り替えがないのが特徴です。
Aラインは、身長が低い方に人気があります。身長が低くても、ハイヒールを履くことでスタイルがよく見えて、すらっとした印象を与えることができます。
数あるウェディングドレスの中でも、比較的シンプルなタイプにはなりますが、お色直しのドレスを派手にするためにあえて「正統派」として選ぶという人もいます。

プリンセスライン

プリンセスラインはウエストに切り替えがあるのが特徴です。
裾に向かってスカートが大きく盛り上がっており、ボリュームがあって華やかさが強調されます。
小柄な人が着ると可愛らしさが一層目立ち、憧れの「お姫様になった気分」を味わえるので、おすすめです。遠くからでも花嫁の存在感が薄れないので、会場が広くて後ろの席が遠い時に人気です。
また、プリンセスラインはお腹周りがふんわりしているため、妊娠中に結婚式を挙げる花嫁にもよく選ばれています。

マーメイドライン

マーメイドラインは、上半身から腰までの体のラインがはっきりしており、裾は魚の尾びれのような形をしているのが特徴です。人魚に似ているためマーメイドラインと呼ばれ、女性らしい丸みのあるラインをアピールできます。
ボディラインが強調される形で、若いうちにしか維持できないメリハリボディを披露できるドレスでもあります。これを着るために、結婚式に向けてダイエットを頑張る女性も多いようです。
体型にあまり自信がない人は、裾は尾びれのようで他はフレアーやギャザーを入れて体への密着を緩くした「ソフトマーメイド」がおすすめです。

エンパイアライン

ウエストではなく胸下から切り替えがあるものをエンパイアラインといいます。古代ギリシャの女神をイメージさせる上品なシルエットです。
裾は広がりが抑えられ、花嫁の年齢層が高くても着やすいです。また、これもプリンセスラインと同様にウエストを締め付けないため、マタニティドレスとして使えます。

スレンダーライン・ペンシルライン

スレンダーラインは、全体的にボディラインが強調され、大きなメリハリを付けないシンプルなデザインが多いのが特徴です。ペンシルラインとも呼ばれます。
一般的な洋服では、体に肉が付いていないと貧弱な印象を与えやすいこともありますが、スレンダーラインは「細い人ほど似合う」ので自分の身体的な特徴を最大限に生かせます。
花嫁のほっそりとした体型が映えるので、華奢で背が高い女性に適しています。

ウェディングドレスを選ぶ際のポイント

上記のタイプから、自分がなりたい雰囲気によってある程度絞りこみましょう

体型から選ぶ

体型ごとに、似合うドレスの形を紹介します。
・身長が低く細身の方は、細身を活かしたAラインなどのすっきりした形がおすすめです。ヒールなどを使って高く見せると良いかもしれません。
・身長が低くふくよかな方は、上半身をシンプルに、逆にスカートをボリュームのあるものにすると良いです。
・身長が高くスリムな方は、似合うドレスの幅が広いので、自分のなりたいイメージに合わせて選びましょう。
・身長が高くふくよかな方は、ボディラインがゆるやかなエンパイアラインなどがおすすめです。

色を決める

白が基本のウェディングドレスですが、白にも色々な種類があります。ウェディングドレスの色は、肌の色に合わせてえらびましょう。まずは肌の色の見方です。

・イエローベース→肌が黄色っぽい
・ブルーベース→肌が青っぽい、白い

イエローベースには、アイボリーなどの温かみのある黄色っぽいドレスがよく馴染みます。逆にブルーベースには、青っぽさのある純白が合うでしょう。

ここまでに挙げた選び方に加えて、 挙式スタイルや会場の雰囲気に合わせて、肌の露出や全体のボリュームを調整しましょう。

まとめ

一生に一度の晴れ姿は自分にぴったりのものを着たいですよね。結婚式では四方八方から何十枚、何百枚も写真を撮られます。どの角度からも美しくいられるようにサイズやデザインを綿密に調整して、最高のウェディングドレスを着ましょう!

 


スポンサーリンク

Check Also

憧れの国際結婚までの道のり!国別の特徴解説と国際結婚の心得

海外ドラマや映画などに憧れて、 …