Home / 結婚 / ウェディングドレス選びは「体型に合ったもの」がポイント!

ウェディングドレス選びは「体型に合ったもの」がポイント!

ウェディングドレスは、種類によって見え方・印象を大きく変える大変重要なアイテムです。

それぞれの特徴を把握しつつ、実際に試着しながらご自身の体型に合ったものを選びましょう!

今回は、ウェディングドレスを選ぶ際のポイントを、体型との関係を考えながらお話しします。

スポンサードリンク

 

選び方のポイント~Aラインとは?~

(※画像と内容は一致しておりません)

AラインはシルエットがアルファベットのAに似ていることから呼ばれています。

ウエストの位置が高くて、上半身から裾に向かって広がった形をしており、ウエストの切り替えがないので、身長が低くてもすらっとした印象を与えることができます。

また、Aラインに加えて身長の低い花嫁でもハイヒールを履くことで、スタイルがよく見えるので人気です。

数あるウェディングドレスの中でも、比較的シンプルなタイプにはなりますが、お色直しのドレスを派手にするためにあえて「正統派」として選ぶという人もいます。

プリンセスラインとは?

プリンセスラインはウエストに切り替えがあるのが特徴です。

裾に向かってスカートが大きく盛り上がっており、華やかさが強調されます。

ボリュームがあるので、遠くからでも花嫁の存在感が薄れないので、会場が広くて後ろの席が遠い時に人気です。

小柄な人が着ると可愛らしさが一層目立ち、憧れの「お姫様になった気分」を味わえます。

また、プリンセスラインはお腹周りがふんわりしているため、妊娠中に結婚式を挙げる花嫁にも選ばれています。

マーメイドラインとは?

マーメイドラインは上半身から腰までの体のラインがはっきりしており、裾は魚の尾びれのような形をしています。

人魚に似ているためマーメイドラインと呼ばれ、女性らしい丸みのあるラインをアピールできます。

体型にあまり自信がない人は、裾は尾びれのようで他はフレアーやギャザーを入れて体への密着を緩くした「ソフトマーメイド」がおすすめです。

結婚式に向けてダイエットを頑張る女性も多く、若いうちにしか維持できないメリハリボディを披露できるドレスでもあります。

エンパイアラインとは?

ウエストではなく胸下から切り替えがあるものをエンパイアラインといいます。

古代ギリシャの女神をイメージさせる上品なシルエットです。

裾は広がりが抑えられ、花嫁の年齢層が高くても着やすく、これもプリンセスラインと同様にウエストを締め付けないため、マタニティドレスとして使えます。

スレンダーライン、ペンシルラインとは?

華奢で背が高い女性に適しているのが、スレンダーラインまたはペンシルラインと呼ばれるウェディングドレスです。

デザインはシンプルなものが多く、花嫁のほっそりとした体型が映えます。

一般的な洋服では、体に肉が付いていないと貧弱な印象を与えやすいこともありますが、スレンダーラインは「細い人ほど似合う」ので自分の身体的な特徴を最大限に生かせます。

スレンダーライン以外を着たい時は、ブライダルインナーで上半身のボリュームをプラスさせる必要があり少々難しい部分もあるため、自分の体型に合っているかは、正面と後ろ姿、上半身の写真を確認するといいですね。

特に後ろ姿は自分では確認できないので、新郎に写真を撮ってもらってイメージ通りに写っているかを見ると良いでしょう。

「ウェディングドレスはバストで着こなす」とされ、キツイと横じわができ緩いとバスト周辺が浮いてしまいます。

特に、ぜい肉がはみ出しているのは見栄えが悪いですので、二の腕がぷよぷよしている場合は、「パフスリーブで隠す」という方法があります。

また、襟ぐりが広めに開いていると視線を二の腕から外すことができます。

 

結婚式では四方八方から何十枚、何百枚も写真を撮られるので、どの角度からも美しくいられるようにサイズやデザインを綿密に調整しましょう。

レンタルの場合は何着も試着して、写真で確認することで納得できるものを見つけ出すのがポイントです。

試着するだけでも時間がかかって体力的にも辛いですが、挙式ギリギリになって変更すると思い通りのウェディングドレスを着ることができない場合もあるので、前もってじっくり選んでおきましょう。

また、闇雲に試着すると時間だけが流れていくので、この記事を参考にしながら、好きなシルエットや予算を決めておくと候補を絞り込むことができます。

レンタルではなく自分のために用意したものを使いたい時は、式場などへ事前に連絡しておきましょう。

式場によっては「持ち込み料」を取るので、思わぬ費用がプラスされてしまうこともあります。

レンタルで試着してもどれも合わないといった既製品では対応できない人は、一世一代の晴れ舞台と思い、フルオーダーに挑戦してみるのもいいでしょう!


スポンサーリンク

Check Also

シングルマザーの恋愛と再婚に大切なこととは?

男女が出会い、結婚したらそれで …