Home / 結婚 / ウェディングドレスはどのタイプを試着するのがおすすめ?

ウェディングドレスはどのタイプを試着するのがおすすめ?

一生に一度の晴れ舞台といえば「結婚式」ですね!
女性の方であれば、子どもの頃からウェディングドレスに対する憧れが強かったという方も多いのではないでしょうか?

ですので、ウェディングドレスは心の底からこれだ!と思える、納得のできるものを選ぶ意識が大切です。

スポンサードリンク

 

ウェディングドレス選びは、「納得してから」話を進める

通常は、結婚式場が決まった後にレンタルショップなどと契約することがほとんどですが、
稀に、結婚式場の提携のショップ以外では「レンタルができない」というケースもありますので、ウェディングドレスをたくさんの中から選びたいという方はこの点には注意してください。(事前に式場に確認をするのがいいでしょう!)

レンタルショップと契約する際には、「必ず試着をしてから」にしましょう。
たまに試着を1~2着ほどしかさせてくれないのに、料金面や特典面などで契約させようとするショップもありますが、このようなショップは選ばないほうが無難です。
もちろん、レンタルショップに対する信頼感は大事なのですが、

やはりご自分の「納得のいくウェディングドレス」を選んで、結婚式当日を迎えられることが何より大事なので、この点には注意が必要です。

ウェディングドレスは、形状・色・装飾など沢山ある!

そして、一口にウェディングドレスといってもマーメイドやエンパイア、Aラインやプリンセスラインなどのスカート部分の形の違いもありますし、首周りもビスチェやオフショルダー、ホールターネックなど様々な種類があります。
これらのどの種類のものがご自分に似合うのか見極めるためには、やはり少なくとも3~4着は着なければわかりません。
また、白といっても実に様々な色味があります。
生成りなのか、オフホワイトなのか、純白なのかご自分に似合う色を見極めないとお顔や肌の色がくすんで見えてしまうこともありますので、この点についてもしっかりと「試着したうえで」見極めるようにしましょう。
もちろん、一応体型別に目安などはありますので、参考にしていただければ幸いです。

マーメイドライン~体のラインをしっかり出したい~

マーメイドラインは、どちらかといえば背の低い方よりも高い方向けになります。特に腰周りに関してはラインがはっきり出てしまいますのでこの部分に自信がない方は選ばないほうが無難です。
でも、マーメイドラインの雰囲気が好きだという方には、Aラインの裾の広がりがあまりないものを選ぶと雰囲気を似せることが可能になります。

エンパイアライン~体のラインが出にくい~

エンパイアラインは、妊娠中の方が着るというイメージが強いのですが、全くそんなことはありません。
ただし、体のラインが全く出ない分好き嫌いははっきりと別れるのがこのタイプです。
屋外の結婚式場などではコンパクトにまとまっている分動きやすいですし、シックなものよりも可愛らしいものを好む方などにはよく選ばれています。

Aライン~まずはこれから~

最もオーソドックスな形なのがAラインです。
このタイプは比較的どのような体型の方でも似合いやすいので、

「初めて試着をするけどどんなものを着たいのか定まっていない」という方は、まずはこのタイプを試してみることをオススメします。

プリンセスライン~お姫様気分~

プリンセスラインは小さい頃から憧れるお姫様のドレスのイメージが一番近いです。スカート部分がふわふわで可愛らしい雰囲気の方に好まれる傾向にあります。
Aラインと似ているケースもありますが、スカート部分にギャザーが寄っていればプリンセスライン、ギャザーがないもの、少ないものをAラインと呼びます。

また、上半身の袖や襟の部分にも違いがあります。

その他にも・・・

ホールターネックはバストの大きさを目立たせることなくスッキリ着ることが出来る形なので、バストの大きさが気になる方にはとてもおすすめです。
逆にアメリカンスリーブという首まであるタイプの場合には、バストを目立たせてしまいます。このタイプは首が長くて上半身がすっきりしている方におすすめです。
その他、オフショルターは上品な雰囲気で二の腕が少し気になる方、袖ありは肌の露出に抵抗がある方に選ばれています。
そして、現在最も人気があるのがビスチェのタイプですが、このタイプはやはりどなたでも似合いやすいです。
上半身に関しても何が似合うのかわからない方は、このタイプから試して見ると良いでしょう。


スポンサーリンク

Check Also

シングルマザーの恋愛と再婚に大切なこととは?

男女が出会い、結婚したらそれで …