Home / 美容・健康 / 美肌 / ツヤ肌を手に入れよう!ツヤ肌メイクの実践方法とポイント、おすすめ下地アイテム

ツヤ肌を手に入れよう!ツヤ肌メイクの実践方法とポイント、おすすめ下地アイテム

6168665114e310818015e0615ce4081e_s

乾燥が気になる季節でもツルンと潤っている、毛穴レスで光って見えるような「ツヤ肌」。そんな肌に、女性なら誰もが憧れるものでしょう。

ツヤ肌メイクをするためには、正しい手順とポイント、適したメイク道具を準備することが大切です。本記事ではツヤ肌メイクの実践方法、ポイント、おすすめ下地アイテムを紹介していきます。

肌に様々な悩みを持つ方も多いと思いますが、憧れのツヤ肌になるためのメイクのポイントを本記事と一緒に学んでいきましょう。

スポンサードリンク

2.ツヤ肌メイクを成功に導くポイント

1.しっかりと産毛を処理しておく

76440ed1d8180a2174e223eae38aa83d_s

顔の産毛はきちんと処理していますか?ツヤ肌メイクを成功させるためには、まず元となる肌の産毛を処理しておくことが大切です。一見目立たないのであまり気にかけていない方も多いかと思いますが、産毛があるとないとでは肌の見え方が大きく変わります。

1本1本が非常に細い毛ですが、産毛があることで顔のトーンが暗く見えてしまいます。なんだか顔色がくすんで見えるという方、産毛が原因かもしれませんよ。また、産毛を剃ることで、古い角質も一緒に取り除くことが出来るので化粧ノリも良くなります。このように産毛を剃ることはいいことづくしなのでやらない手はありません!

ただ、処理をする時に肌を傷つけてしまっては逆効果なので、こすらずに優しく処理をしましょう。産毛用の電気シェーバーは気軽に使えておすすめです。カミソリを使用するときは、体用ではなく必ず顔用のカミソリを使用するようにしましょう。

2.ベースとなる美しい肌を作る

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

ツヤ肌にするためには肌の潤いが重要です。肌が乾燥していてはツヤ肌には近づけません。そこで最も重要なのが「保湿」です。

オイリー肌であまり保湿をしていないという方もいますが、実は乾燥から肌が脂を必要以上に分泌してしまうためにオイリー肌になっている場合も多いのです。化粧水はケチらず、たっぷりと使いましょう。一度乾いたころに2,3回つけるとさらに潤うのでおすすめです。

美容液や乳液、クリームをつける際は、手で顔を包むように何秒間か押さえるようにします。乾燥が気になるところは特に丁寧に塗りましょう。摩擦はシミやくすみの原因になるので決してこすらないようにしましょう。

小さなことですが、1つ1つのことを丁寧に、毎日続けることがスキンケアにはとても重要です。高価な化粧品を使っていても、使い方が間違ってしまっていては効果半減してしまいます。

お肌の状態もしっかり観察

それから、肌の状態をよく見ることも重要です。肌の状態は毎日同じではありません。

毎日注意深く見ていると、今日は乾燥気味だな、とかいつもより脂っぽいとか、いままでなかったところにシミがうっすら出ているとか、小さな変化に気づくことができます。そして、乾燥が気になるときはいつもよりこまめに保湿をするなど、そのときの状態に応じて対応をすることが重要です。

メイク前のホットタオルも効果的

また、メイクの前にホットタオルを顔にあてると、顔色が良くなり肌のツヤも倍増するのでとてもおすすめです。

やり方は濡らして軽く絞ったタオルをレンジで1分ほど温め、熱すぎない温度のタオルを顔に当てます。ホットタオルをあてたあとは普段のスキンケアをします。毛穴が開いているので必ず化粧水でしっかり引き締めましょう。化粧水は冷蔵庫で冷やしておくとさらに効果的です。

3.肌の色を均一にする

based-texture-1142094_1280

ムラのない均一な色の肌も大きなポイントです。まず、ファンデーションは肌の色に合ったものを選んで使うようにしましょう。メイクしたときに首の色と顔の色が違うことに気づいていない方も意外と多いです。

顔色を明るく見せようと自分の肌よりも明るい色を選んでしまうと、顔だけ白く浮いてしまうこともありますし、暗すぎる色を選んでしまうと逆に顔色が暗く見えてしまいます。

自分に合う色を選びましょう

また、ファンデーションを買って使ってみたら、思っていた色と違かったという経験はありませんか?色を選ぶときは、首に近いフェイスラインのあたりで色を選ぶと自然に見える色を選ぶことができます。何色か試してみて自分に一番合う色を選びましょう。

色が合っているか不安な時は、美容部員さんの意見を聞いたり、試し塗りをしてみて一日過ごしてみるなどすると失敗がないです。

ファンデーションを塗るときは均一に

そして、ファンデーションを塗る時はムラにならないように塗りましょう。顔の中心から外側に広げるイメージで塗っていきます。そうすることで首とのラインを自然に見せることが出来ます。肌の色が均一になっているか注意しながら塗りましょう。

色々な角度からチェックしてみることも大事です。

4.ファンデーションの厚さに注意する

b12ed5ddda2f950cc120f842de39b6f4_s

ファンデーションの厚さも、印象を大きく左右します。厚めに塗って、しっかりシミや毛穴をしっかりカバーしたい。自然な感じに見えるよう薄く塗るのが好き。など、好みはそれぞれかも知れませんが、憧れのツヤ肌にするには、厚すぎず自然なツヤ感があり、なおかつ毛穴やシミの見えない肌にすることが必要です。

厚塗りをするとしわにファンデーションが入り込み、しわが目立って老けた印象になってしまいますし、ファンデーションがよれ、時間がたつと化粧崩れもより気になります。

適量に塗ることを心がけましょう

また、薄塗りすぎてもしみやニキビあとなど、肌のあらを隠すことが出来ません。ここで大事なのは、厚すぎず、薄すぎない適度な量を知ることです。ファンデーションを塗ったあと、注意深く肌を見てみましょう。メイクをする際の照明も大事です。暗いところでメイクをしていると厚塗りになりがちなので注意しましょう。

5.ブラシで整える

brush-1677562_1280

パウダーで仕上げをする。そこまでは多くの方がやっていると思いますが、その後にブラシで整える、というのはやっていない方も多いのではないでしょうか?フェイスパウダーを塗った後にブラシで余分な粉を落とす。このひと手間でより自然にツヤ肌に近づきます。

6.ハイライトで更に整える

3ba002af4d82916b56a7eacabd13152f_s

ツヤ肌メイクにハイライトは欠かせません。ファンデーションを塗り終わったら仕上げにハイライトを忘れずに!ハイライトを入れることで、肌がツヤっぽくきれいに見えます。また、日光の反射で顔が立体的に見えメリハリが出ます。

ハイライトを入れる場所は、まず、Tゾーン(おでこと鼻筋のライン)です。おでこは眉上から横にシュッといれ、鼻筋は上から下に流すように入れます。Tゾーン以外では頬骨の高い位置から目じりにかけて、眉下、顎先に入れるのが一般的です。

ハイライトはパウダータイプから、クリームやスティック状の物など、色々な種類があります。
仕上がりも、ごく自然なものから、パールやラメの強いものまで様々ですので色々と試してみるのもいいですね。

ハイライトはメイクをランクアップさせ、ツヤ肌にみせてくれるものですが、使い方次第では顔が膨張して見えてしまうことがあるので注意が必要です。ハイライトは幅広く入れずに細めに入れる、付けすぎに気を付け、あくまでも自然に見えるようにすることが大事です。

2.ツヤ肌メイクのやり方・実践方法

1.スキンケアの後、ムラなく化粧下地を伸ばす

03687b16d0fadf849297c002d075b5cd_s

ツヤ肌を作るには化粧下地も欠かせません。下地を塗ることで仕上がりに大きな差が出ます。化粧下地も様々な種類があり、選ぶのに困ったという経験をした方も多いのではないでしょうか?

どんな下地を使うかによって仕上がりの肌感も変わります。ツヤ肌にするための下地選びのポイントは、パール感のある下地がおすすめです。

スキンケアをした後、まず化粧下地を伸ばします。全体にムラのないように伸ばし、毛穴の気になるところにはポンポンと指先で軽くたたくようになじませます。

2.リキッドファンデーションは頬→額→顎→鼻→目・口まわりの順番で塗っていく

潤ったツヤ肌にはリキッドファンデーションがおすすめです。その中でも、ツヤっぽく仕上がるものから、マットな仕上がりの物など種類があるので、ファンデーションもツヤ感の出るものを選ぶと更に効果的です。

リキッドファンデーションは面積の大きい頬から額、顎、鼻そして目、口まわりの順に塗ります。この時に力を入れたりこすったりすると肌への負担になりますので、力を入れすぎないようにしましょう。

手の甲にファンデーションをとり、顔にのせてスッと伸ばしたらポンポンと軽くたたくように塗っていきます。よれやすい目の周りや口の周りは厚くならないように注意しながら最後に塗ります。リキッドファンデーションは、手で塗るとしっかりめに、パフやスポンジだと程よく、そしてブラシだと軽めに塗ることが出来ます。

最近はファンデーション用のブラシも多く販売されていて、形状も様々なものがあります。ブラシのメリットはムラなく自然な感じに仕上げることができます。自身のお好みに合うものを使ってみて下さい!

3.気になる肌悩みをコンシーラーでカバーする

cosmetics-1144464_1280

シミやニキビ跡など、気になる部分はコンシーラーでカバーしましょう。コンシーラーは厚く塗ってしまうと逆にその部分が浮いて目立ってしまうので、厚くぬりすぎないように注意しましょう。

リキッドタイプのものや、スティックタイプの固めのものまでいろいろな種類がありますが用途に合わせて使い分けるとより効果的です。

例えば部分的なシミ、ニキビ跡にはカバー力がありしっかりと密着するスティックタイプがおすすめです。ただし、スティックタイプのものは厚塗りになりやすく、よれやすいので付けすぎないようにしてよくなじませて使いましょう。目の下のクマをカバーしたいときは伸びがよく広範囲にカバーが出来るリキッドタイプがおすすめです。

4.フェイスパウダーをパフでつける

068556bb2f400713ad0333cb2c207479_s

コンシーラーを付け終わったら、今度はフェイスパウダーで仕上げます。フェイスパウダーは仕上がりのイメージでツヤ肌用や、マット用などに種類があるので、これもツヤ肌に仕上がるものを選びましょう。

フェイスパウダーを塗ることで、ファンデーションがよれにくくなり、化粧もちも良くなります。またべたつきも抑えられます。

パフにフェイスパウダーを付けたら、パフをよく揉みこみます。そのあと手の甲やティツシュペーパーで余分な粉を落とします。パフが2つある場合は2つのパフを合わせてポンポンと軽く叩いてもいいでしょう。

そして、軽く顔を押さえるようなイメージで顔にのせます。小鼻の周りなど細かいところは、パフを2つに折り塗ります。パフは大きめの物のほうがムラにならず塗りやすいのでおすすめです。ブラシは何もついていないものを使用しましょう。

5.ブラシで余計な粉をはらう

フェイスパウダーをのせたあとは最後に余計な粉をブラシではらいます。ブラシで粉をはらうことによりマットになりすぎず、自然に見せることができ、ツヤ感のある肌に仕上げることが出来ます。

3.ツヤ肌メイクにおすすめの化粧下地アイテム

beauty-1575193_1280

1.b.glen ヌーディーヴェール

素肌を美しく見せることにこだわった化粧下地です。顔に当たる光をコントロールすることで、シミや毛穴を目立たなくし、透明感のあるツヤ肌に導いてくれます。

また、一日中肌にフィットし崩れず、よれないのと共にスキンケア効果、UV効果も兼ね備えています。ふわっと軽い使用感です。

2.POLA B.A ザ クリーミィーファンデーション

肌と構造の似た真珠からヒントを得て開発されたファンデーションです。保湿力が高く、乾燥から肌を守りしっとりと潤った美肌に導きます。

また、日本人の肌の色になじみのいい色を研究して作られています。UV効果も兼ね備えています。

3.ラトゥー エクラ ファンデーション プライマー

ラベンダーパールが配合で、くすみを飛ばし、光るようなツヤ肌にしてくれます。ツヤ感に特化した下地で、カバー力もあります。

可愛らしい容器も、気分を盛り上げてくれます。

4.バーバリー フレッシュグロウ ルミナスフルイドベース

軽い付け心地でみずみずしい下地です。パール配合で、テカリを抑えながらも、自然なツヤ肌にしてくれます。UV効果はないので、日焼け止めとの併用をおすすめします。

5.サインズ コントロールベース

ホワイト・レッド・イエロー・グリーンの4色のパール配合で、血色のいいツヤ肌を演出します。美容液成分で肌本来の働きを整え、潤う美肌に導きます。また、くすみにも効果大です。

軽やかな使い心地でべたつかず、UV効果も兼ね備えています。

6.エスプリーク ツヤ・ハリ仕上げ 発光下地

肌の内側から光るようなはりとつやを演出します。配合のパウダーが肌表面を整え、毛穴を目立たなくします。また、光の効果で気になるしわも目立たなくします。UV効果も兼ね備えています。

まとめ

このように、「ツヤ肌」になるためのポイントややり方はたくさんあります。あなたの肌が更に理想に近づくよう実践してみて下さい!

お手持ちの化粧品に新たなお気に入りのアイテムを取り入れてみたり、試したことのないことに試してみると、新たな発見があるかもしれません。これらを参考に是非「ツヤ肌メイク」にチャレンジしてみ下さい。

スポンサーリンク