Home / 未分類 / 防波堤からヒラメ釣りを成功させるための基礎知識とコツ

防波堤からヒラメ釣りを成功させるための基礎知識とコツ

4d332d345f1858705081a2a409810c34_s

高級魚の一つであるヒラメですが、防波堤で釣れる事をご存知でしょうか? 大物は難しいのですが、体長2、30センチ前後の物なら十分に釣れます。

ですので今回は、防波堤からヒラメ釣りを成功させるための基礎知識とコツ、に関して書かせて頂きます。

スポンサードリンク

ヒラメのシーズン

まずは、ヒラメが獲れる時期や時間帯に関して書かせて頂きます。

ヒラメは、北は北海道から南は九州まで幅広く生息しており、釣るだけならシーズンを通して釣れる魚です。

ただし、釣り易さで言えば海水温が20℃を下回る時期が良いとされ、5、6月の初夏頃や、晩秋から真冬にかけての11月から1月辺りが良く取れる時期になります。

とはいえ、味が良いのは水温が下がって来る冬のシーズンのため、狙い目としては11月から1月辺りになります。

良く獲れる時間帯としては、夜明け前や日没前後の薄明るい時間帯である、朝マズメや夕マズメの時間帯が適していますので狙い目です。

ここまでで釣れる時期や時間帯に書かせて頂きましたので、次からは釣る際の仕掛けに関して書かせて頂きます。

ヒラメ釣りの仕掛け

ヒラメを釣る場合は大きく分けて2つ。エサに何を使うかで分かれてきます。ルアーを用いたやり方と、小ぶりのアジやイワシやサバを生餌として使う泳がせ釣りのやり方があります。

基本的な道具に関しては、どちらも同じですので、まずは使用するロッドなどの道具に関して書かせて頂いた後に、ルアーを用いたやり方と泳がせ釣りに関して書かせて頂きます。

道具

fishing-1572408_1280

ロッドに関しては、船で大物を釣る場合は別として、防波堤で釣る場合には、特に必要な種類の物はありません。海釣り用で扱い易い物を選ばれることをお勧めします。ある程度、頑丈な物であればなお良いです。

リールに関しては、スピニングリールの2500番台から3000番台の物が扱い易くてお勧めです。

ラインと針に関しては、道糸はナイロンの3号から5号の物で十分ですので、好みでお選びください。ハリスは60センチほどの長さで2から2.5号の物で良いです。針はチヌ針の4から6号辺りを好みでお使いください。

道糸とハリスを繋げる際は、道糸とハリスを繋げる時に使用する小型の金具である、スナップサルカンが間にあると交換の際に楽で便利です。

オモリは、しっかりと海底につくように、軽くても15号辺りの物を、潮の流れが多少激しい所でしたら30号辺りまでの物を好みでご使用ください。

基本的な道具は、以上で十分です。次からは、ルアーを用いたやり方と、小ぶりのアジやイワシやサバを生餌として使う泳がせ釣りのやり方について個別に書かせて頂きます。

ルアーを用いたやり方

淡水ではなく海で使用するソルトルアーを用います。種類としては、水に浮くフローティングの物で、リップが付いた魚の形に似たミノーがお勧めです。そして材質が硬いハードルアーよりも、材質の柔らかいソフトルアーの方が向いています。

ハードルアーですと、硬いため食いついても食いつきが浅いと離してしまう事があります。ソフトルアーですと、比較的そういった事が少ないですし、こちらの方が安価なので、より多く簡単に使えます。

そして、こういったフローティングミノーのソフトルアーを用いた釣り方ですが、次のようなやり方になります。

まず海底にしっかりとつくような重さのオモリを付け、そこから50センチ辺り上方に、フローティングミノーのソフトルアーをつけたハリスを結びます。

ヒラメは海底付近ではなく、そこからやや上、海底から50センチ辺りまでを泳ぐ魚を普段は餌にしていますので、海底から50センチ上をルアーが浮かぶような位置に仕掛けを施す形になります。

そして海に投げたら、オモリがしっかり海底まで着いたのを確認してから、ルアーが生きた魚であるように見せるため、竿を動かしたり、糸を巻いたりします。基本的にヒラメは、生きた小魚を狙って食いつきますので、生きて動いているように見せかける必要があります。

この時に気を付けたいのは、海底の障害物に引っかかる根がかりが起り易いので、下手をすると障害物に引っかかったまま無理をして竿が折れる、という事もありますので、場合によっては糸を切って1から再開する、といったことも必要になってきます。

こういった積極的な釣り方以外に、潮の流れでルアーが動くのに任せるやり方もあります。何本か竿を用意して動かないように固定し仕掛けて置いたり、その上で針を一つだけでなく複数付けて同時に狙うなど、数の多さでカバーするやり方もあります。

ただこの場合、一人で複数の釣り場を占領する事になりますので、トラブルを避けるためにも周囲の釣り人の数など状況を見られてお試しください。

泳がせ釣りのやり方

26961b2a82531f5e771609002ce7fb80_s

これは、コアジやイワシなど、生きた餌を使って釣るやり方です。餌が生きているので、ルアーと違って生きているように見せかける必要が無く、餌の方で勝手に動いてくれます。

この時のやり方ですが、一端コアジやイワシなどを釣り上げ、それをしっかり針で刺して仕掛けを作ってから、再度海に放り込み釣るやり方があります。

針の付け方ですが、口掛け・背掛け・孫針仕掛けの3種類があります。

口掛けは、文字通り口の付近に針を一端刺して、そこから更に外に針が外から見えるぐらいにしっかりと食い込ませるやり方です。これが一番、餌となる魚が弱らないやり方ですが、まれにですが逃げられる事もあります。

背掛けは、背びれ辺りの身の部分にしっかりと針を刺して固定するやり方です。この時も針の先が身の外に出るぐらいしっかりと刺す必要があります。逃げられる事は少ないですが、口掛けよりも餌の弱る速度は早いです。

孫針仕掛けは、口掛けをした後、親針以外の孫針を背掛けし、2か所で固定するやり方です。これですと餌に逃げられる事はほとんど無いのですが、餌が弱る速度は一番速いです。

これらのやり方を、好みで使い分けられてください。

これら以外のやり方ですと、最初に生餌となるコアジやイワシが釣れるまで待ち、釣れた後はそのまま放置して、ヒラメが掛かるのを待つやり方があります。

針を海に投げた後は、生餌が掛かり、その後にヒラメが掛かるまで放置するだけの簡単な釣り方ですが、生餌が巧く掛かるとも限りませんし、更にそれにヒラメが食いつくとも限らないのですが、一番楽といえば楽なやり方です。

これらのやり方の場合もルアー釣りの時と同じく根がかりにご注意ください。また、ヒラメは一端食いついても、しっかりと飲みこむまではすぐに吐き出す事も多いので、ヒラメ釣りの時は焦りは禁物になります。

しっかりと食いついたと確信できるまで落ち着いて待ち、それから引き揚げましょう。

以上で簡略ですが、防波堤からヒラメ釣りを成功させるための基礎知識とコツ、を書かせて頂きました。読んで頂いた皆さまのお役に少しでも立てれば幸いです。

スポンサーリンク