Home / 恋愛 / 恋が辛くなる主な原因と辛い恋の乗り越え方

恋が辛くなる主な原因と辛い恋の乗り越え方

皆さんは今恋愛中ですか?恋をすることはとても素敵なことですが、ときに恋は辛くなってしまうこともありますよね。それは片思いであっても、恋人同士であっても、辛くなるときは誰にでも訪れるものだと思います。

でも、ときには辛くなることがあると頭ではわかっていても、どうしても恋が辛くなって乗り越えられないときもありますよね。そこで、今回は恋が辛くなる原因と、辛い恋を乗り越えるための方法についてご紹介したいと思います。現在恋をしている方もそうでない方も、ぜひ最後までご覧くださいね。

スポンサードリンク

片思いの恋が辛くなる原因

「片思い」の期間は好きな人との未来を想像したり、相手と少し話せただけでも嬉しかったりと楽しいことが多いと思いますが、ときには辛くなってしまうこともあるのではないかと思います。

では、片思いの恋が辛くなる主な原因とはいったいどんなものなのでしょうか?

一つずつご紹介したいと思いますので、いま片思い中で辛くなっている方は、自分を見つめなおすためのヒントとして参考にしてみてくださいね。

自分に自信がないから

片思い中は、好きな人と上手くいくのかどうか、わからない未来に不安になることもあるかもしれませんが、辛くなってしまうのは、もしかしたら自分に自信がないからかもしれません。

自分に自信がないと、恋愛において積極的になることが出来なかったり、相手に好きな人がいるんじゃないかとか、自分が好きになってもらえることなんてないんじゃないかとか、ついマイナスなことばかり考えたりしてしまいますよね。

でも、片思いを成就させるためには自分の行動力も必要です。その行動力につなげるためにも、自分への自信を持つことは大切なのではないかと思います。

相手に「嫌われたくない」という恐れ

片思いのときは、相手から好かれているのかどうか、わからないことに対して不安になることは多いと思います。

でも、それより依然の問題として、相手に嫌われなくないという恐れを抱いてしまう場合もあるのではないでしょうか?

好きになってもらうことより、相手に嫌われたくないという気持ちが強くなっているときは、どうしても片思いの恋が辛くなってしまうと思います。

嫌われたくないと思うのはだれしも同じだと思いますので、その気持ちよりも相手に好かれるようと思う前向きな気持ちが勝るようにしたいものですね。

どうしても諦められないから

片思いの恋が辛いのは、どうしてもその人のことを諦められない場合もあると思います。

特に相手から断られても、まだ自分の気持ちが残っているときはとても辛いですよね。
相手から断られていなくても、諦めなきゃいけない恋もあると思います。

そんなときに頭では諦めようと思っていても、心がついていかなくて辛くなってしまうことはたくさんあるのではないでしょうか。

相手にすでに恋人がいるから

片思いの恋は、相手がフリーの場合は望みがある恋となりますが、相手にすでに恋人がいる場合は諦めるか、略奪してでも恋を成就させるかの選択に迫られると思いますので、とても辛くなってしまうと思います。

簡単に諦めるなんて難しいですし、恋人から奪ってまで恋を成立させることにも少し罪悪感を抱いてしまいますよね。

どちらに転んでも辛いと思いますので、相手に恋人がいる人への片思いの恋は辛いと感じることが多いと言えるでしょう。

告白する勇気を持てないから

片思いの恋が辛いのは、その行く先がわからないからということもあると思います。

片思いの恋の未来を決めるのは、やはり相手に対して気持ちを打ち明けることが第一歩だと思いますが、告白する勇気が持てないということも辛く感じる原因の一つになるのではないでしょうか。

告白する勇気が持てれば、相手の気持ちも確かめられますし、うまくいってもうまくいかなかったとしても、自分でその結果に納得出来ると思います。

その告白する勇気が持てないうちは、やはり片思いの恋が辛く感じてしまうのかもしれませんね。

両想いでも?恋が辛くなる原因

恋が辛くなるのは、片思いのときだけと思ってしまいがちですが、両想いのときでも辛くなってしまうことはあるものです。

両想いの恋で辛くなるのはいったいどんなときなのでしょう?以下にまとめてみました。

会えなくて辛くなるから

相手のことが好きであればあるほど、会いたくなる気持ちが募るものだと思いますが、相手が忙しくてなかなか会えないと辛くなってしまうのではないでしょうか。

特に付き合いはじめの頃は頻繁に会いたいと思う時期だと思いますので、会う機会が少ないのは辛いと感じてしまうかもしれません。

また、相手の気持ちを会って確かめられないことに対しても辛さを感じてしまう場合もあるかと思います。

それは相手のことが本当に好きだからこその辛さだとは思いますが、会えない辛さは相手も同じように感じていると思うことが出来るようになれば、少しは辛さが軽くなるかもしれませんね。

大切に思うからこそ失うのが怖くなる

両想いで幸せなときほど、ときには相手を失うことが怖くなってしまって辛くなることもあるでしょう。

それは相手を大切に思えば思うほど、その恐れは押し寄せてくるのかもしれません。

でも恋人を失う怖さを抱くよりも、大切な人と一緒にいることが出来る幸せを噛みしめて欲しいなと思います。

付き合うのに疲れている場合も

両想いの恋が辛くなる原因として、あまりよくないことではあるのですが、もしかしたら相手と付き合うこと自体に貴方が疲れている可能性もあるかもしれません。

相手と深く付き合えば付き合うほど、精神面でも、身体の関係でも深くかかわることになって、それが負担に感じる人もいるのではないでしょうか。

もし、思い当たるふしがあるのなら、一度距離を置いて自分を冷静に見つめなおすことも大切なのではないかと思います。

相手の行動で左右されている

好きな人と思いが通じ合っていても、相手の行動次第では辛くなることも多いと思います。

たとえば、彼氏が女性と平気で遊ぶ人だったり、浮気したりするような人だったら、辛くなって当然だと思います。

いくら両想いとはいえ、相手の行動次第で辛くなるのは悲しいことです。関係性を続けるにしても、やめるにしても、一度自分の気持ちはどうなのか、今後どうしたいのか考えてみるのもよいかもしれません。

本当にこの人でよいのかと不安になっている

両想いで恋が辛くなるときは、相手に対して本当にこの人でよいのかという疑念が生まれているときかもしれません。

付き合う上で何かしっくりこないものがあったら、他にもっと自分に合う人がいるのではないかと考えたりするのは当然だと思います。

相手のどんなところが好きで、どんなところがあまり好きじゃないのかを一度見つめなおしてみるのもよいでしょう。

辛い恋を乗り越えるために

様々な原因で辛いと感じる恋を乗り越えるためには、いったいどうしたらよいのでしょうか?

最後に辛い恋を乗り越えるために、出来ることをご紹介したいと思います。

恋が辛いと感じた時、ぜひ参考にしてみてくださいね。

友達や家族と過ごしてみる

恋が辛くなったとき、辛い気持ちを抱えたままでいるよりは、自分にとって大切な人と過ごす時間をつくるのもよいのではないでしょうか?

気心の知れた友達と遊んでみたり、家族と話したりして、恋について考える時間を無くしてみましょう。

気分転換にもなると思いますし、よい時間の過ごし方が出来るのではないかと思います。

とことん泣いてみる

恋が辛いと感じたら、とことん泣いてみるのもよいでしょう。

悲しい気持ちにふたをせず、とことん自分の感情に素直に付き合ってみることで、案外すっきりするかもしれません。

思い切り泣いた後は、頭も冴え切って、自分がどうしたいのか、今後の恋について答えが出せるのではないでしょうか。

何か好きなことなど、夢中になれるものを見つける

恋が辛いと悩んでいる時間があるのなら、何か好きなことや夢中になれることを見つけてみてはいかがでしょうか?

悲しい気持ちや不安な気持ちを抱えて悩んでいるよりも、好きなことや夢中になれる趣味などを見つけて楽しんだ方が時間の使い方としても素敵だと思います。

そうやって、楽しんでいる貴方を見て、新しい恋が生まれたり、今の恋が良い方向に動いたりすることも期待出来るのではないでしょうか。

ぜひ、好きなことや夢中になれる何かを見つけてみていただきたいなと思います。

本当に相手のことを好きなのか見つめなおしてみる

恋が辛くなったら、冷静になって今の自分を見つめなおすことも大切ですが、相手に対しても本当に好きなのかどうか、見つめなおしてみることも大切だと思います。

辛くなっている原因がもし相手にあるのであれば、今後のことも考えて相手のことが本当に好きかどうか、自分の気持ちを整理する必要があるのではないでしょうか。

別れることも考えてみる

恋人がいる場合でもし恋が辛くなったときには、その辛くなった原因が相手にあるのであれば別れてみることも考えてみてはどうでしょう。

別れることを考えて、自分がとても辛いと感じるのであれば、現状を変えるために相手と話し合う必要があると思いますし、別れても大丈夫と思えるのであれば、別れを選ぶのも間違いではないと思います。

これは最終手段の一つかもしれませんが、辛い思いを続けて自分が不幸になるよりは前に進めると思って、考えてみるのもよいのかもしれませんね。

片思いの期間を決めておく

片思いの恋が辛い場合は、片思いする期間を決めておいてみてはいかがでしょうか。

片思いは楽しいこともある分、辛い思いをすることも多いと思います。切ない気持ちになったりするのは相手の気持ちがわからないからこそかもしれません。

ですから、画期的な考え方かもしれませんが、ある程度片思いをする期間を決めておいてみてもよいのではないでしょうか?

一年頑張っても相手に気持ちが通じないのなら諦める、など予め決めておくことで、辛い片思いが長引くのを防ぐことが出来るのではないかと思います。

辛い気持ちを相談する

恋が辛くて仕方無いときは、その辛い気持ちを友達などに相談してみるのもよいでしょう。

辛い気持ちを吐き出すだけでも気持ちが楽になると思いますし、人に聞いてもらうことで、客観的な意見ももらえると思います。

もしかしたら辛い恋に対してどうしていきたいのか、自分の気持ちも見えてくるかもしれません。

仲のよい友達や信頼できる人など、貴方が心を許せる人に相談してみるのもよい解決法になるのではないかと思います。

思い切って片思いの相手に告白する

片思いの恋が辛い場合は、思い切って相手に告白するのがよいのかもしれません。

想いが通じれば辛い思いをしなくて済むようになりますし、もしだめだったとしてもそこで気持ちの整理が出来るのではないかと思います。

片思いの恋を前に進ませるためには、自分が勇気を出すことも大切です。

辛い思いをして悩んでいるよりも、思い切って告白しようとする前向きな気持ちを持つことができればよいですね。

辛くなるくらいの恋をしていることは素敵なこと

最後に辛い恋を乗り越える方法としてお伝えしたいのは、辛い恋をしていることは決して不幸なことではないということです。

それだけ相手を好きになれるくらい素敵な恋をしていると思えば、辛い気持ちが軽くなりませんか?

恋をするうえでは、辛い思いをすることもあると思います。でも、その辛い思いをするのも、恋をしているからこそです。

その辛さが自分を成長させてくれていると思って、前向きに気持ちを切り替えましょう。

まとめ

今回は恋が辛くなる原因と、その辛い恋を乗り越える方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ドキドキしたり、ワクワクしたり…楽しいことがあるのも恋ですし、ハラハラしたり、悲しくなったり…辛い思いをすることがあるのも恋だと思います。

でもその辛い思いをすることは悪いことではなく、恋愛において自分を成長させてくれる試練のようなものだと思うと、きっと乗り越えられるのではないでしょうか?

皆さまの恋愛がうまくいきますように、本記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

Check Also

明日何着る?”おしゃれ”と”モテ”を両方叶える私服コーデの作り方

おしゃれかつモテる私服を目指し …