Home / 恋愛 / 恋愛相談・心理 / あなたはなってない?都合いい女の特徴と脱却する方法

あなたはなってない?都合いい女の特徴と脱却する方法

こんなに彼に尽くしているのに関係が一向に発展しない。そんなあなたはもしかしたら「都合のいい女」になっているかもしれません。

都合のいい女に見られてしまうのには理由があります。

本記事では、都合のいい女に見られる特徴とそこから脱却するための方法をご紹介します。「もしかしたら、私都合のいい女かも」と不安に思っている方はそこから脱却して幸せな恋愛をするためにも、是非ご覧ください!

スポンサードリンク

都合のいい女に見られる8の特徴

では、都合いい女としてみなされてしまう女性にはどういった特徴があるのでしょうか。

1.常に相手の都合を優先させる

仕事でもプライベートでも、常に相手の立場に立つ女性は、思いやりや気配りのある素敵な女性として、讃えられるべきですが、それも度を過ぎるとただの都合のいい女としてみなされてしまいます。

相手の都合ばかり優先し、自分のことを後回しにしていると、男性も女性がいつでも合わせてくれると思ってしまい、その女性に対する必死さを失い、その女性の存在を軽視してしまいます。

2.お誘いやお願いを断れない

明らかに繁忙期や体調が優れない時にまで、デートや飲み会の誘いを断らないでいると、男性から「いつでも誘える女」「自分の言うことを何でも聞いてくれる都合いい女」と認識され、次第に優先順位が下がっていき、キープ扱いされてしまいます。

3.レスポンスが早い

いついかなるタイミングでメールやLINEを送っても、矢の速さでリプライが飛んでくるような女性は、仕事のことなら「デキる女」との評価かもしれません。

しかし、プライベートに関してまで、どんな時間のどんな誘いにもすぐ応じる態度をとってばかりいると、「暇な女」「相手に合わせてばかりいる女」とみなされてしまいます。

4.嫌われることを恐れ、我慢してしまう

内心は「それって嫌だな」「やりたくないな」と思っても、相手の機嫌を損ねたくない一心で、自分の本当の気持ちを押し殺しがちな女性がいます。

しかし、そうしてばかりでは、相手はこちらの気持ちに気づくことができず、何でも押し付けるようになってしまいます。そうなると、「どんな頼みでも聞いてくれる都合のいい女」とみなされてしまうのです。

5.自分を安売りしてしまう

相手に嫌われたくないから、嫌なことでも我慢してしまう。相手の期待に応えたいから、肉体関係を迫られてもすんなり受け入れてしまう。このように都合いい女は自分を安売りしがちです。

自分を安売りしてしまうのは、自分に自信がないからです。自分に自信のない女性を男性は魅力的に感じません。それどころか、簡単に肉体関係になれる女とみなされ、どうしようもない男が寄ってきてしまいます。

6.優柔不断で自己主張がない

メニューを決めたり、デートの行き先を決めるとき、優柔不断であれこれ取り越し苦労ばかりしたあげく、肝心の決断は周囲に丸投げしてしまう自己主張のないタイプの女性も都合のいい女と片付けられがちです。

都合いい女は、そういった優柔不断さにつけ込まれてしまい、無茶な提案をされたり、肉体関係を迫られても、断れずに強引に言いくるめられてしまいます。

7.不都合な事から目を背けたがる

都合いい女は見たいものだけを見る傾向にあります。付き合っている男性が浮気をしていても、それを認めて自分が傷ついたり、今の彼との関係が壊れることを恐れてしまい、その事実から目を背けてしまうのです。

8.寂しがり屋で依存性が強い

見た目は多趣味で交際範囲も広く、社交的に見える女性でも、独りを異常に怖れるあまり常に誰かと一緒にいようとする人もいます。

そんな寂しがり屋で依存性が強い女性は、男性から捨てられて一人になることを恐れ、結果的に男性の言うこと成すことを何でも許してしまう、受け入れてしまう都合いい女になってしまうのです。

都合のいい女から脱却するための5つの方法

では、「都合のいい女」はどうしたら卒業できるのでしょうか。「都合のいい女」脱却のための5つの心構えをご紹介します。

1.相手のためではなく自分のために恋愛する

「好きな相手を喜ばせたい」と思うのは当然の心理です。しかし、それが過剰になり、自分をないがしろにしてでも相手のことを優先するようになると、確かに都合のいい女どまりでしょう。

自分を幸せにできない人は他人を幸せにできるはずがありません。自分をないがしろにした恋愛をしたところで、それは自分を不幸にしているのですから、相手を幸せにすることなどできないのです。

そのことを今一度受け止めましょう。

2.自分の意見や要望をしっかり伝える

「何でもいい」「どうでもいい」と全てのを相手に丸投げする人=素直で可愛い人 ではありません。

確かに、最初は相手も「頼りにしてくれているんだ」と喜んでくれるかもしれません。しかし、いつもそんな態度だと、「何を言っても許される都合いい女」とみなされてしまいます。

言いたいことをしっかり伝えるのも、大切なコミュニケーションの1つです。面倒くさがったり、嫌われたくないがために自分を抑え込むことも、結局はお互いにとって良くありません。

3.断る勇気、嫌われる勇気を持つ

先ほどご紹介したように、都合のいい女として扱われてしまう女性は、相手に嫌われるのを恐れるあまり、自分の意見を言わなくなる傾向があります。

相手の意見を否定することで嫌われるなら言わない方がいい。そう思って何も言わず、従順でいるがために都合いい女としてみなされてしまうのです。

むしろ、本当にあなたのことを大事に思ってくれる人ならば、意見が対立しても、こちらのことも考え、妥協点を探してくれるでしょう。そういう人こそをあなたが大切にすべきなのではないでしょうか。

ですから、闇雲に相手に嫌われることを恐れずに、おかしいと思うことがあったら勇気を持ってキチンと断ったり、対立する意見を言ってみることが大事です。

4.相手に依存せず、自立する

彼氏であろうと友達であろうと相手にベッタリと何もかも依存していたら、いつまでも都合いい女から抜け出すことはできません。

他人に依存している人生、他人にコントロールを奪われている人生ほど、窮屈でつまらないものはありません。

他人に依存せずとも、自分自身で生きていけるような、そんなたくましい女性からは自然と魅力があふれ出てくるものです。

5.他の男の気配を匂わせ、余裕のある女を演じる

年齢やこれまでの過去の失敗から、恋愛や人間関係において、自信を失ってしまうこともあるでしょう。

しかし、そんな気持ちから、いつも他人の言いなりの都合のいい女となってしまっては、本当の意味での恋愛や友達付き合いはできません。

男性は、手に入れられそうで入れられない女性に燃えます。いつも従順な女性だと、すぐに手に入ると思われてしまい、キープ扱いされてしまいます。

周りに他の男の気配を匂わせ、毅然とした態度を取ることで、男性を焦らしましょう。

何も、リアルに他の男性との関係を持つ必要は全くないのです。ただ、「アナタだけしか見ていないワケじゃないのよ」と微かに匂わせるくらいの余裕があったほうが、かえって相手も大事にしてくれるものです。

まとめ

都合のいい女でいても、つかの間の幸せは手に入るかもしれませんが、本当の幸せは手に入りません。それは、他人に本当に大切に思われていないからです。

嫌われることを恐れて他人に自分を安売りしたり、自分の人生を委ねることをやめましょう。

そうすれば、本当にあなたを思ってくれる人と巡り会うことができるでしょう。

スポンサーリンク