Home / ナイトプール / 話題のホテルニューオータニも!都内のおすすめプール
beauty

話題のホテルニューオータニも!都内のおすすめプール

夏真っ盛り。

夏を楽しむ代表的なスポットが、プールですよね。

今回は都内のオススメプールをいくつかご紹介し、最後にホテルニューオータニのプールをピックアップしてご紹介します。

スポンサードリンク

都内でプールを楽しむなら?恋人や友達と行きたいプール集

夏といえば水場のレジャーは欠かせませんが、東京で日々過ごす人にとっては少し敷居の高いレジャーではないでしょうか。

都内で海水浴ができる場所というと限られてしまうため、メジャーな海水浴場を求め、隣県まで足を延ばさねばならないため移動が大変な上、海のレジャーは砂や潮などの対策も必要になります。

そこで、気軽に足を伸ばすことができる都内のプールは恋人や友達との水のレジャーにはおすすめです。では、実際どのような場所が人気なのでしょうか。

大きく分けて、大規模レジャー系、ラグジュアリーに遊べる系、リーズナブルに利用できる系の3つに分けることができ、その人ごとに自分のお気に入りを選ぶことができるので、自分の好みを見つけてみてください。

大規模レジャー系

大規模レジャー系とは、広い敷地で、いわゆるウォータースライダーや様々な種類を楽しむことができるタイプの施設です。

遊園地や広大な公園の敷地内に作られているものが多く、水のレジャーだけでなく、遊園地などのレジャーも一緒に楽しむことができるので丸々一日レジャーを満喫することができるのが特徴です。

といっても、そんな大規模施設が都内にあるの?と驚く人も多いかもしれませんが、実は意外と充実しているのです。

まず、代表的なものとして東京都稲城市にある「よみうりランド」があげられます。

よみうりランドの「プールWAI」は遊園地に併設されており、波、流れる、スイミング、ダイビング、アンパンマンの噴水、と5種に加えて、長さ386m、高さ24.5mの滑走路を4人乗りゴムボートで流れるジャイアントスカイリバー、そして最大勾配11度、全長107mを高スピードで滑走するスラローム・スライダー、全長48m、最大勾配28度の本格派、直線スライダーの3種のウォータースライダーを楽しむことができます。

また、ステージが設置されており、ステージ上でダンスを行いながらホースによる大放水が行われるダンスプラッシュやよみうりランド社員らスタッフが行う面白かっこいいが売りのシンクロショー、夏のヒットソングを流しながら2台の放水マシンと10台のウォーターキャノンで撃ちまくるスプラッシュ・ステージは大盛り上がりで、水遊びだけではなく華やかな夏レジャーの雰囲気を思う存分体感することができます。

もうひとつ、大規模レジャー系として欠かせないのが東京都練馬区の「としまえん」です。

東京23区内にある交通アクセスの良さと充実した施設内容が特徴です。

としまえんにも波、流れる、ナイアガラ、子供用、エアスライダーや浮島を楽しめるふわふわウォーターランドの5種のプールと、超大規模ウォータースライダー「ハイドロポリス」を楽しむことができます。

ハイドロポリスはトンネルタイプ、オープンタイプなど4種のウォータースライダーが楽しめるAタワー、専用浮き輪に乗って滑るタイプのBタワー、そして高さ22mと最もデッキが高くハイスピードの上級者タイプの4種のスライダーが楽しめるCタワーの3つから構成されているので、ウォータースライダーを制覇するだけでも十分な満足感を得ることができます。

としまえんもよみうりランドと同じく遊園地が併設しており、遊園地も同時に楽しむことができます。

 

ラグジュアリーに遊べる系

beauty

 

ラグジュアリーに遊べる系はいわゆるホテルのプールです。

都内には数々の高級ホテルがひしめき合っていますが、近場に住んでいると宿泊する機会もあまりないため、その施設を利用するという概念があまりない人もいるかもしれません。

しかしながら、ホテルの施設は優雅に楽しめる優秀なレジャースポットなのです。

おすすめは千代田区紀尾井町にあるホテルニューオータニです。いわずと知れた高級ホテルで、都内のド真ん中に位置しますが、広いプール施設は水着のままで飲食できるテラスが併設されているため、ホテルクオリティの美味しい料理を楽しみながら泳ぐことができます。

お酒を飲むこともできて、夜にはクラブのようなDJイベントも開催されるため、まさに大人の遊び場としてカップルなどに大人気のスポットです。

こちらについて、後で再度詳しくピックアップしたいと思います。

その他、港区赤坂のANAインターコンチネンタル東京は東京タワーを見ながら、港区台場のホテルグランパシフィックLE DAIBAはレインボーブリッジを見ながら泳ぐことができ、贅沢気分満載の水のレジャーを楽しむことができておすすめです。

リーズナブルに利用できる系

最後にリーズナブルに利用できる系です。

紹介した「大規模レジャー系」や「ラグジュアリー系」は満足度が非常に高い反面、入場料は3000円から高いところでは1万円以上するところもあるため少々お値段は張ります。

もっと手軽に遊びに行きたいという人には、公営施設がおすすめです。

墨田区の「すみだスポーツ健康センター」は入場料500円で流れる、子供用、幼児用、25m、などなど様々な種類の温水プールやウォータースライダーも楽しむことができ、180度ガラス張りのパノラマビューなのでスカイツリーを眺めながら泳ぐことができて非常にお得です。

ニューオータニのナイトプールを存分に楽しむには?

暑い夏は水遊びが楽しい季節ですが、子どもだけでなく大人もプールを楽しみたいものです。

日中は子供連れの家族でいっぱいですが、最近は特に大人が楽しめるナイトプールが人気です。

ニューオータニのナイトプールを利用するには

太陽が沈むころから夜10時ごろまで、屋内ではなく外のプールで楽しめるナイトプールがホテルやテーマパークなどで営業されていますが、中でも人気があるのはニューオータニです。ライトアップされた幻想的な雰囲気で、快いBGMが流れる中、水遊びを存分に楽しむことができます。

ニューオータニホテルは東京と幕張、大阪の3か所あります。

東京は広大な日本庭園に囲まれたガーデンの中で極上の癒しを感じることができます。

2017年は7月15日から9月18日まで営業しています。日が暮れればPOOL by NIGHT THE O LOUNGEが月曜日から土曜日までオープンし、シャンパーニューを傾けて夕暮れを眺めたり、木曜、金曜には人気のDJが盛り上げる演奏を楽しむのも良いでしょう。

DJのスケジュールはホームページで確認をすることができます。

一日一組限定で利用できるSUPER GABANAは極上の部屋で水遊びを楽しむ人や東京の夜景を眺めながらくつろぐことができ、シャンパーニュ―を含むドリンクフロー、専用バスローブ・バスタオルのレンタル、担当スタッフのサービスなどを受けることができます。

一棟借りるための料金は100000万円でNOC会員は80000円となっています。

一日10席限定でLUANAというプライベートシートも1席20000円で利用をすることができます。

利用料金はデイの場合大人は15000円、子ども8000円ですが、ホテルに宿泊している場合は大人2000円、子ども1000円で利用できます。ナイトは大人も子供も8000円ですが、宿泊の場合は2000円と1000円で利用できます。

NOC・NOL会員で宿泊の場合はデイもナイトも無料で利用できます。週末と8月11日から15日は宿泊以外の方は割高になります。

幕張は都心から約30分のところにありながら、花と緑に囲まれ、南国の雰囲気を味椀ことができます。2017年度、デイは7月15日から9月3日までで、ナイトは7月26日から9月2日まで営業しています。

夕陽が沈むころ、黄金色に輝くライトが水辺を照らし大人の空間に生まれ変わります。

18時から「ナイト」に変わりますが、料金は3000円でNOC会員は2000円になります。宿泊中の場合は1000円で利用できますが、利用できるのは中学生以上となっています。

水曜と木曜日はレディースナイトで女性の方の入場料が2000円になり、会員だと1500円で利用でき、金曜と土曜はDJのイベントも楽しむことができます。また一日先着10名で予約が必要ですが、4500円支払えばドリンクと食事もセットになる女性限定パッケージプランを利用することもできます。

 

ニューオータニのプールの楽しみ方


またフォトキャンペーンも行われていてインスタグラムに写真を投稿して応募するとニューオータニ特製のドリンク付きパンケーキが当たります。

さらに日にち限定ですが、2名から50名の人数で貸切ることができるプランもあります。料金が30万円ですが、シェルプールや更衣室などの使用料が含まれています。グループでのイベントなどに利用して楽しむことができますが、係員の指示に従って利用することが大切です。

大阪は大阪城が見え、緑に囲まれた中で水と戯れることができるところです。都会の真ん中ですがゆっくりとくつろげる空間です。

2017年度は7月15日から9月18日まで営業しています。東京や幕張と同じように人気のDJによるイベントもあります。他にもフープダンス、ゴーゴーダンス、ポールダンスなどのイベントもあり、火曜日から日曜日まで何らかのイベントを開催しています。

料金はデイの場合は大人6000円、子ども3000円ですが、宿泊者は3000円と2000円になり会員の方で宿泊者は無料です。ナイトは18歳以上の方のみの利用で1人5000円、宿泊者は3000円です、会員は宿泊なら無料で外来の場合は5000円です。

さらに楽しむために、一日5組までの限定で予約制ですがプレミアムソファを利用することもできます。

一組2名から6名の利用で利用料は30000円です。シャンパーニュ―フルボトル1本のサービスとバスタオルとバスローブの貸し出しを利用できます。

東京、幕張、大阪のニューオータによって料金やイベントなどの違いはありますが、いずれも夕暮れ以降のムーディーな雰囲気の中で都会と、緑のガーデンの一体化した景色の中で楽しむことができます。

日中とは違った雰囲気で大人のムード満載のナイトプールで疲れを癒すことができます。

そして、基本的に水着とお金があれば大丈夫なのですが、持っていくと便利なグッズがいくつかあります。

スマホ防水ケースや自撮り棒、歩く姿をスマートに見せるためのヒールのあるビーチサンダル、ぷかぷかと浮かんでいられる浮輪です。これらを持っていくとさらに楽しむことができます。

最後に

いかがでしたでしょうか。

まだまだ夏は続きそうですし、是非参考にしてみてください。


スポンサーリンク