Home / 恋愛 / 友達がいない女性の特徴20選

友達がいない女性の特徴20選

学生の頃には、自然と友達に囲まれていた人も多いでしょう。しかし、社会人になると新たな友達が出来る機会は減っていき、女性の場合には、仕事、結婚、妊娠、出産、子育てといった環境の変化によって、気が付いたら「本当に友達と言える人が、1人もいなくなってしまった」という状態になることもあります。

そこで本記事では、友達がいない女性の特徴をご紹介していきます。友達がいないことが必ずしも悪いことではありませんが、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

自慢話が多い

「気が付いたら、友達がいなくなっていた」という女性の中には、自分では気づかぬうちに、自分が行った行動で友達を失っている可能性があります。

女性の中には、何でも自慢したがる人が少なくありません。「仕事がうまくいっている」「ブランドもののバックを買った」「彼氏がイケメンで高収入」なんてことを、自慢した覚えはありませんか。

当然ですが、こういった自慢話が耐えない女性というのは、嫌われてしまいます。本人は、「自慢している」という自覚がないケースもありますから、友達と話す時には、「これは、自慢に聞こえないか?」を一度冷静に判断してみると良いでしょう。

また、お酒を飲むことで、テンションが上がり自慢話をしてしまう女性もいます。飲むたびに自慢話を聞かされると、当然次の誘いは断れることになりますから、「最近、断られるな」と感じている人は、前回の飲みの席を思い出してみると良いでしょう。

悪口が多い

友達がいない女性の多くは、いつも悪口を言っています。「職場の後輩が…」「学生時代の友達が…」といつも誰かの悪口を言っていれば、聞かされている人は「他では、自分のことを悪く言っているんだろうな」と思われてしまいます。

最初のうちは、一緒に悪口を言っていた友達も、毎回悪口ばかりでは「楽しくない」と思い、あなたと会うことを避けるようになるでしょう。

悪口は盛り上がることもありますが、その分自分に戻ってくると考えましょう。

酒癖が悪い

友達がいないと感じている女性の中には、「お酒を飲むことが好き」と言う人も多いでしょう。そんな女性の中には、お酒での失敗が多いと自覚している人も多いのではないでしょうか。

飲みの席というのは、楽しいものです。お酒を飲むことで、テンションも上がるでしょうし、場も盛り上げるでしょう。

しかし、酒癖が悪い人が一人いることで、その場は一気に冷めてしまいます。気まずい雰囲気に変わることもあるでしょう。

こういった失敗を何度も繰り返してしまえば、どんなに仲の良い友達も「一緒にお酒は飲みたくない」と思われ、あなたから離れることになります。

「酒癖が悪い」と自覚している人は、飲み方を見直し、量を抑えるなど工夫しましょう。

自分以外を信用しない

友達がいない女性には、自分以外の人を信用しないという特徴があります。当然、信用していない人には、自分のプライベートのことは話さないでしょうし、うわべだけの会話をすることになるでしょう。

「周りには、気づかれていないだろう」と思っていても、こういったうわべだけの付き合いは周りも分かります。そして、「この人とは、友達にはなれない」と思われてしまうでしょう。

友達が欲しいと思うのであれば、相手を信用することも大切です。あなたが心を開かなければ、相手も心を開くことがありませんから、まずはあなたが心を開くことが必要です。

群れることが嫌い

女子というと、学生の頃はトイレに行くにも群れている人が多かったのではないでしょうか。特に、トイレに行きたいと思っていなくても、友達が「トイレに行こう」と言えば、一緒にトイレに行っていたでしょう。こうして群れることで、友達関係を維持していた人も多いのではないでしょうか。

友達がいない女性の中には、こういった群れが嫌がる人も少なくありません。トイレに行きたいわけでもないのに、「どうして、一緒に行かなければいけないの?」と疑問を持っているでしょう。

しかし、友達付き合いというのは、自分の思いや気持ち、考えだけで行動する訳にはいきません。誰かに合せたり、誰かに同調することも時には必要です。

「友達が欲しい」と思うのであれば、群れることを楽しむことも必要となるでしょう。

気遣い過ぎる

友達がいない女性の中には、気遣い過ぎることで疲れてしまい、人付き合いを避けてしまう人もいます。仕事をしていれば、嫌でも周りに気を使うことになりますから、「せめて、プライベートはゆっくりと過ごしたい」と思っている人も多いのではないでしょうか。

自分が好んで人付き合いをしていないのであれば、それはそれでアリでしょう。しかし、少しでも「寂しい」「友達がいれば…」という気持ちがあるのであれば、気を使わなくても一緒にいられる友達を見つけることがおすすめです。

一人でいるのは楽ではありますが、成長することは出来ません。友達がいるからこそ、助けられることもありますから、友達という存在は疲れるばかりではないはずです。

一人が好き

休日には、1人でゆっくりと過ごしている女性も多いでしょう。一人で買い物を楽しんだり、ランチを楽しんでいる女性も多いのではないでしょうか。

実は、こういった一人で過ごすことが好きな女性の中にも、友達がいない人がたくさんいます。一人でいることが好き過ぎて、友達という存在が煩わしく感じてしまいます。

確かに、一人で行動をすれば、自分だけの考えで行動することが出来ますから、気が楽でしょう。しかし、人に合せたり、人と一緒に食事をしたりする時間は、あなたにプラスになることもたくさんあるはずです。

人と比べたがる

女性は、人と比べる人がたくさんいます。友達を見ては、「自分よりも、良いバックを持っている」「自分の彼氏よりも、イケメン」と言ったように、常に誰かと比べている人も多いのではないでしょうか。

実は、こういった人と比べたがる女性も、友達がいない傾向にあります。友達が出来ても、常に自分と比べるため、友達は嫌がり、あなたから離れていくことになります。

人との付き合いは、あくまでもあなたとは全くの別人ですから、比べる必要はありません。比べることがなくなれば、あなたももっと楽に人付き合いが出来るようになるでしょう。

男友達が多い

友達がいない女性の中には、女友達は一人もいないにも関わらず、男友達はたくさんいるという人も少なくありません。

男友達が多いと聞くと、あまり良いイメージを持たない人も多いと思いますが、性格が男っぽい故に女友達との付き合いがうまくいかない人もいます。男友達と一緒にいる方が気楽と感じ、女友達が出来ない人もいます。

逆に、女を出しすぎることで、女友達から嫌われてしまう人もいるでしょう。

彼氏が出来ると連絡が来なくなる

彼氏が出来ると、誰だって彼氏の存在が優先になるでしょう。しかし、友達は友達で大切にするのが一般的ですが、それが出来ない女性もいます。

彼氏が出来ると、女友達との付き合いを一切しなくなる人もいます。約束していた食事なども、平気でドタキャンします。

しかし、彼氏と別れるとすぐに連絡が来て、また同じようにランチをしたり、飲みに行くようになります。最初のうちは、友達もこれに付き合うでしょう。

そして、また彼氏が出来ると音信不通になり、それをくり返します。当然ですが、こういった自分勝手な行動は呆れられ、あなたから離れていくことになるでしょう。

性格がキツイ

性格がサバサバした女性は、男性からも女性からも好かれるでしょう。しかし、サバサバしているのと、性格がキツイのは全く違います。

性格がキツイ人は、相手の気持ちを考えずに何でも思ったことをズケズケと言います。そのため、傷ついた友達はあなたとの付き合いを避けるようになるでしょう。

サバサバした人というのは、言うことはきつく感じても、傷つくことは言いませんし、ちゃんとフォローすることが出来ます。

自分はサバサバした性格と勘違いしていると、友達が誰もいなくなってしまう可能性があります。

人を利用しようとする

友達がいない女性の中には、人付き合いを全て自分にプラスにしようと考えている人がいます。「この人と付き合ったら、仕事でプラスになる」「この人と一緒にいれば、良い男性に出会えそう」と言ったように、その人を利用しようと考えています。

周りには、その気持ちがばれていないと思っている女性も多いですが、人を利用しているということは、周りは意外と気づくものです。

そして、「この人に利用されたくない」と思われ、友達と思っていた人も離れていくことになるでしょう。

人付き合いにメリットを求める

友達は、メリットがあるから付き合っているわけではありません。友達の存在は、一緒にいて楽しい、側にいてくれるだけで救われる、と思わえるからこそ大切な存在です。

悩みを解決してくれなくても、側にいてくれるだけで救われることもあれば、話を聞いてくれるだけでも楽になれることがあるでしょう。

人付き合いにメリットを求めている人は、こういった付き合いを煩わしいと感じ、友達をつくりません。しかし、これではあまりにも寂しいでしょう。

友達は、辛い時に力になってくれたり、支えになってくれるはずです。

他人を下に見る

友達がいない人の中には、他人を下に見る人がいます。誰に対しても、上からの発言をすることで、友達が出来ることはありません。

「どうして、自分には友達が出来ないのだろう?」と感じている人は、人との接し方を見直してみましょう。あなたはそう思っていなくても、「下に見られている」と感じ、あなたに心を開かない人もいるはずです。

相手への離し方、態度などを見直すことも、友達をつくるきっかけになるでしょう。

必要以上にプライベートのことを聞きたがる

女性は、人の噂話が好きな人が多いでしょう。そのため、人のプライベートのことを根掘り葉掘り聞きたがる人も多いのではないでしょうか。

こういった人も、自然と友達が離れてしまいます。友達だからと言って、何でも話せば良いという訳ではありませんし、人には触れられたくないこともあるはずです。

それを無神経に聞きだせば、当然人は離れてしまうでしょう。そうならないためには、相手の反応を見て「これは、触れられたくないことなんだな」と気づくことが必要です。

また、人のことを聞きたがる人の中には、自分のことは一切話さない人もいます。自分のことを話さないのに、聞きたがるというのは、誰だって良い気はしませんから、自分のことは話したくないのであれば、聞かないようにしましょう。

ブランドものが好き

女性にとって、ブランドものというのは特別なものではないでしょうか。もちろん、ブランドに一切に興味がない女性もいますが、ブランドものが大好きという人もいます。

ブランドもの好きの人は、価値観がブランドであるかどうかとなっているため、人のものを馬鹿にしたり、けなしたりする人が少なくありません。そして、自分が新しいブランドものを購入すれば、それを自慢するでしょう。

友達の前でこういった行動をしていれば、知らず知らずのうちに友達が減っていくはずです。価値観は人それぞれですから、あなたの価値観を相手に求めるのは間違いです。

プライドが高い

プライドが高い女性も、友達がいない人が多いでしょう。「どうして、友達がいないのだろうか?」と不思議に思われる人もいると思いますが、プライドが高い人は、どうしても人を馬鹿にしがち。

そして、「私は、あなたとは違うから」という態度を知らず知らずのうちに取ってしまうため、周りには良い印象を与えることが出来ません。

そうなれば、当然ですが友達が出来ることはなくなるでしょう。

ネガティブ思考

友達と一緒にランチをする時、お酒を飲む時は、やはり楽しい時間にしたいものです。そのため、ネガティブ思考の人も、友達が出来にくいと言えるでしょう。

せっかく楽しい時間を過ごそうと思っているのに、「でも…」「だって…」とネガティブ発言をくり返せば、楽しい時間を過ごすことは出来ないでしょう。そして、「この人と、また会いたい」とは思わなくなってしまいます。

友達が多い女性は、何よりもポジティブに考えることが出来ます。そして、自然と良い方向へと向かっていきます。

「友達が欲しい」と思うのであれば、ネガティブ思考を改め、前向きな人付き合いをはじめましょう。

人の話を否定する

会話を楽しむためには、何よりも互いの話を聞き、楽しく盛り上げることが大切です。しかし、中には相手の発言を全て否定してしまう人もいます。

実は、友達がいない女性の特徴として、否定するという特徴があります。「でも、それは違うんじゃない」「それは、あなたが間違っている」と全て否定すれば、友達も嫌な気持ちになるでしょう。

そして、「この人に相談したくない」「話したくない」と思われ、あなたから距離を置くことになります。

約束を守れない

友達とランチの約束、飲みの約束をしている人の中には、「ドタキャンされた」と言う人もいるでしょう。実は、こういった約束を守れない女性も、友達がいない傾向にあります。

何度も約束をドタキャンされれば、当然相手は呆れ、「付き合い切れない」と思うでしょう。「どうせ、また約束しても破るでしょ」と思われれば、約束すらすることが出来なくなってしまいます。

大人として、約束をしたのであれば守ることが当然と考える必要があります。

まとめ

大人になると、仕事に追われることもあれば、家庭に縛られることもあるでしょう。しかし、そんな時に友達がいれば、救われることがたくさんあります。

しかし、女性の中には「気が付いたら、友達がいなくなっていた」と感じる人も少なくありません。友達がいないという状況は、自分自身に原因がある可能性があります。

「どうして友達がいなくなってしまったんだろう」「友達をつくりたい」と思うのであれば、まずはその原因を理解することが必要です。

スポンサーリンク

Check Also

明日何着る?”おしゃれ”と”モテ”を両方叶える私服コーデの作り方

おしゃれかつモテる私服を目指し …