Home / 恋愛 / 友達以上恋人未満の関係の人のための4つの診断項目【恋人になる?】

友達以上恋人未満の関係の人のための4つの診断項目【恋人になる?】

友達以上恋人未満って言う関係はよくありますが、一方が仲のいい友達と思っていても、もう一方が恋人になりたいと恋心を抱く時があります。完全に友達同士と割り切って関係を築いているならそれでいいのですが、友達以上恋人未満の枠を超えて恋人同士になりたいと願っている人も多いはずです。

しぐさや行動を見れば相手が友達のままでいたいのか、恋人同士になりたいのかが分かります。また自分の今の気持ちを確認する事により、相手が好きなのか友達のままでいいのかも知る事ができます。診断項目をチェックしてみて、相手はあなたが好きなのかどうか、友達のままでいたいのかどうかを確かめてみると、今後の2人の関係を見直すきっかけになります。

スポンサードリンク

友達以上恋人未満の診断項目:連絡編

特に用もないのに頻繁にLINEなどテキストをする

男性は特に好きでもない人には無駄なLINEやメールなど、メッセージを送りません。基本的に男性はLINEやメールなど、テキストは苦手だからです。もともと連絡手段であるという考えの人も多いです。特に仕事が忙しくなると、連絡が後回しになってしまう事も多く、それが女性からの不満につながる事もあります。

女性が相手の場合、女性は男性よりもLINEやメールは大切で、コミュニケーションの手段と活用しているため、メールのやり取りは結構頻繁ですが、相手から率先してLINEやメールが来ることは少ないです。だから友達以上恋人未満の枠にいるのであれば、ムダ話系のLINEはほぼ来ないと思います。

友達以上恋人未満の関係でも、男性も女性も恋心を持たない相手に対しては、あまり自分からLINEやメッセージを送ろうと思いません。こっちからLINEを送らなくても、相手からちょくちょくLINEが来るのであれば、恋人になれる可能性は高いという診断になります。また自分からも特に用も無くLINEを入れるのであれば、相手の事を徐々に異性として意識してきています。

テキストで連絡していても週に何回か電話もする

好きな人に対しては電話して声を聞いたり、会話したくなるものです。友達とも会話したりして楽しみたいとは思いますが、好きな人を相手にするときよりもその優先順位は低めです。LINEやメールも大切ですが、それだけでは相手と仲を深めるのは難しいものです。

電話の頻度が少ない、または相手からそれ程かけてこない場合は、友達以上恋人未満の枠を抜けていないという診断になります。全くかかってこない場合は相手にも好きな人がいる可能性が高いです。ちょくちょく相手から電話したいという意思表示が見られるのであれば、友達以上恋人未満の枠を抜け、恋人同士になれる可能性も高いと診断できます。

電話が苦手な人もいるので、仲がよくても電話しない人もいるかもしれませんが、あなたが電話したいなと思っているのなら、少しずつ様子を見て電話で話したいことを相手に伝えてみてくださいね。LINEやメールなどは嫌いな相手とは出来ません。メッセージやり取りをしているという事は、少なくともあなたに好意があります。

友達以上恋人未満の診断項目:スキンシップ編

2人で会う事が多い

好きな相手とはなるべく2人で会いたいと思っています。他に異性の友人と一緒ならそれだけで、嫉妬してしまう出来事に遭遇してしまうからです。好きな相手が他の異性と楽しそうに話してるのを見て、なかなか冷静でいられる人はいません。あからさまな態度には出ないけれど、少なからずそわそわしてしまいます。

相手からよく2人で会ったりする事に誘われる場合は、あなたをいずれは恋人にしたいなと意識しています。男性は異性の友達であっても、自分と仲のいい人が身近にいてほしいと内心思っていることが多く、あまり2人で会おうと誘ってこない場合でも、今後の行動や展開で恋人になれる可能性もあります。

初めのころはグループなどで会う事が多かったけど、最近2人で会う機会が多くなってきているのであれば、友達以上恋人未満の域を超えて、今後近いうちに恋人同士になれると診断出来ます。男性には下心があるので、単に体目的の可能性もあるかもしれませんが、少なくとも友達関係であるということは、好かれています。

あまり深く考えず、今の関係を大切にしてあまり良くない事を考えないようにしていくといいですね。

手を繋いで歩くこともある

友達以上恋人未満の関係で手を繋いで歩く事があるというのは、相手は恋人にしたいと意識している可能性が高いです。好きな人と手を繋ぎたいというのは自然な感情です。特に相手の方から手を繋ぎたいと言ってきたのであれば、かなり脈アリで、もうすぐ恋人同士になる事ができると診断できます。

手を繋ごうとしないのはあなたの事を単に友達と思っているか、もしくは異性としての好意はあるけどそこまでに至っていないかのどちらかになります。もし恋人になりたいと思い始めたのであれば、もう少し待ってみて相手の動向を見てください。

恋愛にあせりは禁物です。焦ってしまうと余裕が出なくなり、がっついている印象に見られてしまいます。相手を追いかけると逃げられてしまう事も多いため、今の関係が崩れてしまう恐れもあります。

ボディタッチに対して警戒しない

友達以上恋人未満の関係でボディタッチに対して警戒されるしぐさを見せないのは、恋人関係に発展できる可能性があると診断できます。好きな人とは触れられると嬉しくなるものです。男性の場合は下心はあるけど、恋心には発展していない場合もあるので、厳密には恋人関係に進めるとは限らないケースもありますが、少なくともあなたに対しては好意的であることは確かです。

ボディタッチに対して抵抗が無ければ、恋人未満を乗り越えてその先にいける可能性はあると診断できます。少しでも抵抗されたり警戒されているように感じるのであれば、まだ恋人関係には進もうとは思えていないので、ボディタッチは控えめにして今は友達以上恋人未満の関係で収まっていた方が無難です。

友達でいるか恋人同士になるかはお互いの気持ちが合わないと難しいです。相手の気持ちを考えずに自分の気持ちを押し付けては、関係が上手く行かない可能性もあります。

2人でいる事が自然

友達以上恋人未満の関係でも一緒にいて安心するという人も多いでしょう。2人でいるのが自然という事はある意味空気のような存在ですが、悪い意味ではなくいい意味でいて当たり前という、自分にとって相手はかけがえの無い存在であります。一緒にいて自然な人にはそれ程緊張することなく付き合うことが出来るので、ありのままの自分を出しやすい相手でもあります。

自然と一緒にいることが出来る人は貴重です。そういう人は運命の人である可能性もあるので、自然と友達以上恋人未満の相手と一緒にいたいと感じるのであれば、今後恋愛関係になる事ができると診断する事ができます。今はそれ程恋心が無い人もいるかもしれませんが、あそこには異性の友達と行ってみたいとか相手の事がよく頭に浮かぶようであれば、だんだんと相手を好きになってきています。

キスなどしたことが一度もない

友達以上恋人未満の関係でキスをするということはなかなか無いと思いますが、ついその場が盛り上がってしてしまう場合もあります。女性にとってキスは特別なものですが、男性はキスをそれ程特別視する事はあまりありません。ちょっといいなと思った人には、いつかしてみたいという気持ちがあるのが男心です。

友達以上恋人未満の状態でキスをしたことが無いという状況は、まだ友達同士であると診断できます。今後恋人になりたいなと思っていても今は様子を見た方が、上手く行きやすいです。また約半数の女性はキスをされる事で相手を異性と意識し始めるというデータもあり、異性の友達のキスがきっかけで、恋が始まる事もあります。

そんな事はないと思う人もいるかもしれませんが、キスされる状況にならないと分からない事もあります。

友達以上恋人未満の診断項目:場所編

カラオケ、漫画喫茶など密室にいてもドキドキしない

友達以上恋人未満の関係で一緒にいてもドキドキしないなという時は、まだ恋愛関係になる事は出来ません。好きな人がいると脳内ホルモンなどの影響で、胸がドキドキするなどの状態が体に現れます。誰でも好きな人が近くにいると普段と違って落ち着かなくなったり、ドキドキして心拍数が上がります。

あなたが相手に対してそれ程ドキドキしないのであれば、まだ友達として一緒にいたい状況であると診断できます。恋人とまでは行かないけれど、相手は今のあなたにとっては大切な人です。異性の友情関係が全て恋愛につながるとは限りません。

相手といて楽しいのであれば、友達関係として付き合っていくのも大切です。そこから生き方やライフスタイルのヒントを得たり、今まで気づかなかったあらゆる事を知る事もできます。

有名デートスポットに2人だけで行くのに抵抗ない

友達以上恋人未満の状態で有名なデートスポットに行こうとすると、大なり小なり抵抗の気持ちが表れます。恋人が行く場所というイメージが強いため、恋人ではないという曖昧な関係の人とは行きづらくなります。それに誘うことで相手との関係が変わってしまうという恐れもあり、なかなか踏み切れない事もあります。

デートスポットに誘うことにより、相手をあなたと恋人同士になりたいなと思わせることも出来るため、自分が相手に恋人になりたいという事をさりげなくアピールする際に有効な時もあります。

有名なデートスポットに異性の友達と一緒に行く事に抵抗が無いのであれば、ちゃんとした告白をしていなくても、相手と知らず知らずのうちに恋人になりたい、相手と恋人同士だという気持ちがはっきりとしています。よって友達以上恋人未満の関係を乗り越えた関係であると診断できます。

異性の友人の家で2人で宅飲みしても何も思わない

友達以上恋人未満の関係で異性の友達の家に行って一緒に飲んでいたとしても、特にドキドキした感情が表れないのは、それ程相手に恋心を抱いていない、相手とは友達同士であると診断できます。好きな人とお酒を飲んでいる時は、これから相手から何かいつもと違うアピールがあるのではないかと、誰しも期待します。

その気持ちが表れないのであれば、相手には恋愛感情を抱けません。女性は相手とある程度長く付き合うにつれ、その相手の事をいろいろ知っていく上でその人を好きになる事が多く、異性の友達と長く付き合っていて相手に対し恋心が表れないのであれば、今は友達関係でいたいという気持ちが強いです。

男性は相手の第一印象がよければ異性の友達であっても、うっすらと好意を持っている事が多く、何をするにも自分から誘うより、相手から誘われるのが多いのであれば、男性は相手を異性として見ている事が多いです。今後の展開により相手から恋人になりたいアプローチがあると、単なる友達と思っていたけれど告白によって相手への印象が変わる事もあります。

友達以上恋人未満の診断項目:感情編

偶然友達に会って異性の友人に「友達」と紹介されても何も感じない

友達以上恋人未満の状態で、相手が友人にあなたを友達として紹介しても、特に何も感情が沸かないのであれば、相手に対して恋心は無い状態なので、友達止まりであると診断できます。相手が友人にあなたが友達だと紹介していても、友人は恋人同士じゃないのかと冷やかす事も多いです。

男女のペアがいると最初は友人関係でも次第に恋人関係になるというパターンは多いです。それが全てでは無く、恋人同士にならない人たちもいますがかなり少数です。男女の友情はどちらかに恋心が表れると関係が変わってきます。相手を好きになってくると相手の友人にあなたを友達と紹介される事にも違和感を感じてきます。相手は自分を友達として見ていると感じると、それについて寂しくなります。

友人に彼氏・彼女が出来ても何も思わない

相手に対し好意があると、相手に恋人ができた時に素直に喜ぶ事ができず、モヤモヤとした気持ちが残ります。普段はそんなに相手の事を意識しなかったけど、いざ恋人が出来たと聞いた時に、相手に対しての本当の気持ちが分かる事があります。

友達以上恋人未満の状態で、相手に新しい恋人が出来て何らかの不快な感情が沸かないのであれば、相手の事は純粋に友達として見ていると診断できます。相手に恋人が出来ると相手は恋人優先になり、あなたとあまり遊んでくれなくなります。

そのため、相手の事が恋しくなりだんだんと好きになってしまうという事もありえます。恋愛相手として見れなくても、一緒に長くいた相手には愛着を持ちます。

一度も異性として見たことがない

女性は8割の男性を恋愛対象とみなす事ができないというデータがあります。異性と出合ったとしても恋愛対象になれるといいなと思える人はそれ程いません。あなたが女性であれば、異性の友達を恋愛相手として意識できないのはそう珍しい事でもありません。

友達以上恋人未満の状態で、相手を異性として見ることができないのは、完全に友達として相手を見ていると診断できます。女性は同性の友達と一緒にいると、同じ女性視点から友達から厳しい目で見られたり、あらゆる事を比較してしまったりして、時には疲れる時もあります。

けれど異性の友人といると、男性と女性は分かり合えないという事もあり、相手から厳しい目で見られたり比較される事は少なくなり、女性の友人といるより楽に過ごせる事もあります。今は完全に異性の友人として見れなくても、今後の展開では相手に恋心を感じたりする事もあります。

人間関係は日々変化していて、変わって当たり前です。どんなに仲がよくても離れてしまう事があるし、それ程好きではなかった相手の事を、好きになる事もあります。男性は8割くらいの女性を恋愛対象にする事ができるので、女性のあなたをひそかに恋愛対象として見ているかもしれません。

今後の展開でどう関係が変わるか分かりませんが、友達として付き合いと思いたいのであれば、その気持ちに従って相手と接するのが良いです。

まとめ

友達以上恋人未満の関係でも、人それぞれ相手とは友達でいたい人もいれば、だんだんと意識するようになってきていつかは恋人関係になりたいと感じている人もいます。友達関係は自分も相手もお互いに友達でいたいと感じているときに成立するもので、どちらかに恋心が芽生えると関係が変わってきます。

相手からの恋心を嬉しいと思う人もいれば、相手とは友達同士でいたいので悩む人もいます。人の心は日々変わっていきます。今は相手に対して友達としか思えなくても、時間が経つにつれ恋愛感情を抱くときもあります。友達のままでいたい人も、恋愛関係に発展させたい人もあまり今後の事を悩みすぎず、相手との交流をまずは楽しむのが大切です。

未来も大切ですが今を大切にしなければ、よい未来を作る事はできません。今後の関係をどうするか悩む事もあると思いますが、今は相手と楽しい時間を作るように心がけてください。相手と友達関係のままでいるか、恋愛関係に発展するかは今の気持ちに素直に従ってみてください。

恋愛は頭で考えているだけではいい恋愛は出来ません。あなたの今の気持ちが一番大切です。異性の友達でも友達関係のままでいると頑なに考えず、異性だから友達でも恋愛関係に発展してもいいかなという柔軟な発想も時には大切です。自分に素直になって行動してみてください。


スポンサーリンク

Check Also

東大生男子との合コンのススメ

日本の学問の最高峰、東大男子が …