Home / 恋愛 / めんどくさい友達の特徴と対処方法、めんどくさいと思う心理

めんどくさい友達の特徴と対処方法、めんどくさいと思う心理

この人嫌いじゃないんだけどなんか一緒にいるとめんどくさいんだよなぁ…。友達と一緒にいてそんな風に感じたことはありませんか?いくら友達だからといって全ての友達と同じようにいい関係が築けるわけではありません。

特別仲が良いわけではないけどその場の空気で友達関係になっている人もいるはずです。そんなめんどくさい友達の特徴とどうしてめんどくさいと思ってしまうのかという心理、さらにはその人とどう付き合っていけばいいのかの対処方法を見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

めんどくさいと感じる友達の特徴

なぜか話してるとモヤモヤした気持ちになる友達はいませんか?怒るほどのことじゃないしと普段なら流してしまうかもしれませんが、ここで一旦なぜそう感じるのか考えてみましょう。

そんな風に感じてしまう友達には共通点が見えてくるはずです。具体的にどんな友達がめんどくさいと感じてしまうのか、その特徴を見ていきましょう。

何度もしつこく誘ってくる人

自分の予定も御構い無しにしつこく誘ってくる人はいませんか?そんな友達はめんどくさいと思ってしまうはずです。

最初は誘ってくれることを嬉しいと思うかもしれませんが、一度断っているにもかかわらず誘ってこられると、「この人は自分のことしか考えていない自己中心的な人だな」と思ってしまうからめんどくさいと思うのではないでしょうか。

SNSで頻繁にやり取りを要求する人

最近ではSNSをやっていない人の方が少ないと言えるほどみんな何かしらやっています。しかしその中でも実際に自分が毎日のように投稿したりしている人は少ないように思います。

それなのに一つの投稿に対してなんの反応もないことを突っ込んでくるような友達。そんな人はあなたの周りにいませんか?SNSはある種自己満足のためにやるようなものです。その自己満足を他人に押し付けられると「めんどくさいな」と感じてしまうのではないでしょうか。

悪口の多い人

悪口の多い人も一緒にいて居心地が悪くなりめんどくさいと感じてしまう友達の特徴です。人の悪口を聞くと「この人他のところでは自分の悪口を言っているんじゃないか」と思ってしまいめんどくさいと思ってしまいます。

確かに誰かの悪口を共有すると話が盛り上がってしまうこともあるかもしれません。しかし客観的にその場を見てみるととてもいい気分のするものではないはずです。それがあまりにも毎度毎度誰かの悪口をいっているとめんどくさいと思われてしまっても仕方がないですよね。

自分の自慢が多い人

自分の自慢が多い人もめんどくさいですよね。友達と言うとある程度一緒にいて楽な人だとか気を使わないでいられる存在だと良い関係を築けるように思います。

しかし自分の自慢が多すぎると、それに対して「すごいね!」と褒めなくてはいけなくなり、もちろん最初は本当にそう思っていたとしてもそれが多くなると、「またか…」とうんざりしてきて「めんどくさい」と思ってしまうはずです。

めんどくさいと感じる友達への接し方

友達は意外と「やめる」ことが難しいものだったりします。ある日突然「友達やめるね」とは言いませんよね。めんどくさいなとその時思ったとしても特別害があるわけでもないしそのまま関係を続けてしまうことがほとんどだと思います。

かといってまた同じようにめんどくさいことがあったら嫌ですよね。そんなめんどくさいと感じる友達とはどのように接すれば良いのでしょうか?具体的な対処方法を見ていきましょう。

連絡する頻度を少なくする

友達と言えど毎日のように連絡をする人はその中でも少数だと思います。めんどくさいと感じるのはその相手と接するから感じる感情です。連絡する頻度を少なくして物理的に接する機会を減らしてみましょう。

悪口には賛同しない

めんどくさいと感じる友達がよく悪口を言う人だったら、その悪口にヘタに賛同しないようにしましょう。賛同すると「やっぱりそうだよね!」と悪口に拍車がかかる可能性が高いです。

もし悪口を言いだしたらそれに賛同しないことで、「悪口を言うのは良くないよ、つまらないよ」ということを間接的に伝えましょう。

人にばらされたくない話はしない

めんどくさいと感じる友達はあまりまだ信頼関係ができていない間柄と言えるのではないでしょうか。だからこそ「めんどくさい」と感じてしまうのでしょう。

そんな友達にはまだ人にばらされたくない話はしないようにしましょう。もしかしたら今後本当に信頼できる友人関係を築けるかもしれないので、その時まではあまり踏み込んだ話はしない方が賢明です。

嫌なことにはNOと言う

友達だからといって自分が嫌だなと思うことにはしっかりNOと言いましょう。…と言うよりも友達だからこそ言ってあげるようにしましょう。

自分からNOと言うことで相手も今まで気がつかなかった自分の悪いところに気がついてくれるかもしれませんよ。

自分がめんどくさいと思われないためのコツ

自分はこんなめんどくさい友達じゃない!と自信を持って言えますか?自分がめんどくさいと思われないためのコツを見ていきましょう。

相手を常に思いやる

人間関係は基本的に相手を思いやる気持ちで成り立つものなのではないでしょうか。前述しためんどくさい友達の特徴はほとんどが自己中心的な行動でした。

自分はこうしたい!と言う欲望を一旦胸にしまって、「相手の立場に立ったらどう思うか」を考えて相手を常に思いやるようにしてください。言葉にすると簡単ですが、意外とできていない人が多いのではないでしょうか。

周りの人の意見もきちんと聞く

相手を思いやるということと繋がってきますが、自分の意見ばかり押しつけてしまうとめんどくさいと思われてしまいます。

友達なので気を使わず思ったことはすぐに口に出てしまうこともあるかもしれません。しかし相手の話を否定ばかりして自分の意見ばかり通そうとしてしまうと相手にめんどくさいなと思われてしまうので周りの人の意見もきちんと聞くようにしましょう。

ポジティブな言葉を口にする

なるべく友達と話すときにはポジティブな言葉を口にするようにしましょう。言霊とよく言いますが、ポジティブな言葉を口にすることで自然とその場の雰囲気や相手の気持ちもプラスなものになっていくはずです。

悪口や弱音、そんなネガティブな話題になりそうになったら意識的にポジティブな話題に持っていくようにしましょう。

SNSはほどほどにする

SNSは顔を合わせず言葉や写真だけのことになるので誤解も生まれやすいものになります。なのでSNSはあまり固執せずほどほどにするといいかもしれませんね。

友達と遊ぶ直前になってめんどくさくなる理由

友達と遊ぶ予定を前々からこの人決めていて、いざその前日や直前になって「行くのめんどくさくなってきたなぁ…。」と思ったことはありませんか?

そう思ったからと言ってその相手が特別嫌いなわけではありません。ではなぜそんな風に感じてしまうのでしょうか?その理由を見ていきたいと思います。

休日は家で一人でのんびりしたい

普段仕事などをしていて自由になる時間が少ないと、休日は家で一人でのんびりしたいなと思う日もあると思います。

友達と1日中一緒にいるわけではないですが、予定を入れてしまうと結局その日一日の予定が埋まってしまう感じがしてしまいます。だから「めんどくさい」と思ってしまうのではないでしょうか。

遊びに行くための準備をしたくない

友達と遊びに行くとなると、女性ならなおさら準備が大変になってしまいます。案外同性と会う時の方がおしゃれに気を使う人が多いのではないでしょうか。

そんな準備がめんどくさいなと感じてしまうと、友達と会うこと自体がめんどくさくなってしまいます。女性ならお化粧をして、髪をセットして、流行りの洋服でコーディネートして、そんなことをしてる間にどっと疲れてしまい、そのコーデがしっくりこなかったりしたらなおさら「もう会うのめんどくさい」と思ってしまうには十分な理由になるはずです。

友達と一緒に楽しめるか不安

友達といっても学校や仕事場以外であまりあったことがない場合。またはいつもはグループで会っているのにその時は二人っきりだったりムードメーカー的な存在がいない場合。そんな時は友達と一緒に遊んで楽しめるか不安になりませんか?

「そういえばこのメンバーで会うのは初めてだな…。」とふと考えてしまい、楽しめるのか不安に感じ、「それならいっそ会いたくない。けど直前だし断ることもできない。…めんどくさい。」という思考回路に陥ってしまうのではないでしょうか。

友達は面倒くさいからいらないと思う人の心理

自分はそんな面倒な思いしたくないから友達なんていらない。そんな風に極端に考えてしまう人も中にはいるはずです。ではそんな人の心理はどんなものなのでしょうか?

誰かといるよりも一人でいる時間の方が落ち着く

友達はめんどくさいからいらないと思う人は、誰かといるよりも一人でいる時間の方が落ち着くと言う人が多いです。そんな人は自分一人でも楽しめる趣味を持っていることが多いです。

趣味があるとそこに時間をかけたくなりますし、特別友達とわざわざ出かけたりするよりも趣味に時間を費やしたいと思うはずです。

また単純にコミュニケーションをとることが苦手だったり人見知りだったりすると、そこにコンプレックスを持っている人ならなおさら「一人の方が落ち着く」と思うのではないでしょうか。

馴れ合いの関係を不快に感じる時がある

男女問わず小さい頃からあることですが、どうしても人が集まるところでは群れたがる人たちがいます。とりあえずこのグループにいれば安心だとか、周りから浮きたくないと思って友達関係を続けている人も少なくないはずです。

周りから見たら普通の友達のように見えても、意外と気を使いあっていたり馴れ合いで関係を続けていたりするのが中に入ると見えてきたりします。

その馴れ合いの関係を不快に感じる時があると「友達はめんどくさい」と思ってしまい、そんなんだったら最初から友達関係を築くのをやめようと極端に考えてしまう人もいるのではないでしょうか。

人と一緒に時間を過ごすなら彼氏や家族と過ごしたい

誰かと時間を過ごすなら、友達ではなく彼氏や家族と過ごしたいと思う人は、友達をわざわざ作らなくてもいいやと考えがちです。そんな人は友達がいたとしても、彼氏や家族を優先させてしまうので、周りからも「付き合いの悪い人」と思われてしまって、友達関係が長く続かないのではないでしょうか。

もちろん恋人も家族も大切にすることはいいことです。しかし友達は全てめんどくさいと決め付けずに視野を広げることで、彼氏や家族とも違う、ずっと切れることのない大切な関係が築けるかもしれません。

もし周りにそんな風に思ってそうな人がいたら少し話しかけてみてあげてください。意外と強がりでそんな態度をとっているだけで、本当は友達が欲しいと心の奥底では思っている人がいるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。めんどくさい友達の特徴に自分は当てはまりませんでしたか?周りにめんどくさい友達がいる人は「そうそう!だからめんどくさいんだ!」と共感できたでしょうか。
人が悩むのはほとんど対人関係が原因です。人と接することがなければめんどくさいと思うこともないはずです。人と関わるということはどんな関係もめんどくさいことなのです。

だからこそ「めんどくさい」と思ったからといってすぐに友達関係を切り離すことはしないでください。自然と遊ばなくなっていってしまうこともあるかもしれませんが、めんどくさいを理由に関係を切ることはとてももったいないことです。

もしかしたら相手に嫌だなと思ったことを伝えることで、友達もいい方向に変わってくれるかもしれません。これが彼氏や家族に言われたのでは素直に聞き入れられないことでも、友達だと素直に聞けることも多いはずです。

そんな風に率直に意見をぶつけ合えた時こそ本当の友人関係が始まった証かもしれません。


スポンサーリンク

Check Also

あなたは幾つ当てはまる?O型男子の特徴と恋愛傾向をご紹介

誰でも恋愛を始めたら、その恋を …