Home / カップル / 友達へ贈る結婚祝いのプレゼント

友達へ贈る結婚祝いのプレゼント

年齢を重ねて大人になると周りの「友達が結婚していく」というのは当然のことですよね。自分の大切な友達へのプレゼント、しかも結婚祝いともなるとプレゼント選びにかなりの時間をかけてしまいますよね。プレゼント選びの考えている時間が楽しいという方がいれば、社会人で時間をなかなかかけれない、プレゼントを考えるのが苦手という方もいるはずです。

今回はそんな時間のない方、プレゼントを考えるのが苦手な方へどんなプレゼントを渡せばいいのかいくつか紹介していきたいと思います。また、結婚祝いのプレゼントということであまりプレゼントにふさわしくないものも一緒に紹介していきたいと思います。一緒にプレゼント選びのセンスを磨いていきましょう。

スポンサードリンク

結婚祝いって?

そもそも結婚祝いとは何なのでしょうか?結婚祝いについての説明とともに、プレゼントを贈る時期、だいたいどのくらいの金額のプレゼントを渡せばいいのか、喜ばれるプレゼントの相場などを見ていきましょう。

結婚祝いとは

そもそも結婚祝いとは何でしょうか?まず辞書的に調べてみると、、、「お祝い金」と「お祝い品」の二つに分かれているようです。それぞれを詳しく見てみると

お祝い金
「結婚披露の宴会に招かれた出席者が各々に宴会用の酒や肴(さかな)を持参して集まり祝ったことの名残で、婚儀にまつわる一連の費用を部分負担してあげるという相互扶助の意味合いがある」

お祝い品の場合
「お祝いの品は、各人の思い入れにより、様々なものが贈られますが、相手の都合や気持ちを配慮して贈ることが何よりも大切です。極親しい方に送る場合は、事前に希望の品を聞いて送ると喜ばれます。そうでもない場合は、二人の生活に必要なもので、場所をとらないものや重なってもよいもの、欲しくても普段はなかなか買いにくい物などの基準で選ぶとよいでしょう。」

と書いてあるのです。よくわかりませんね。今回はプレゼントということでお祝い品について詳しく見ていくと、それぞれ相手に対して気持ちを込めたプレゼント、そしてこれからの生活で使いやすいものを選ぶようにする、というのがお祝い品のようです。

結婚祝いを贈る時期

結婚祝いを贈る時期としては、結婚式の一カ月から一週間くらい前までに送るのがよいでしょう。ここで大事なのが、「相手の都合の良い日」であることです。結婚式前は結婚式の準備等で非常に忙しくなるため、事前に確認をとるなどして結婚祝いを贈るのも一つの手でしょう。

また、結婚式当日に持っていくのは逆に迷惑になってしまいます。結婚祝いにもたくさんの祝い品や花束などをもらうので、そこでさらに結婚祝い品をもらうとあまりに荷物が多くなってしまうためです。どうしても事前に渡すことができないという場合には、一言ことわってから後日送るようにしましょう。

金額相場

続いての疑問。結婚祝いの金額相場はどれくらいなのでしょうか?

これに関しては、結婚式に参加してご祝儀を挙げた場合や、結婚式に参加しなかった場合など様々なようです。また、結婚した方との関係が近いほど高価なものを挙げるようです。今回は、プレゼントをあげる方との関係を友人や同僚に限定させていただきますが、目安としては一万円~三万円くらいのケースが多いようです。高いか安いかの判断は人それぞれだと思いますが、友人同士お金を出し合って一つのプレゼントを渡すこともあるようです。そうすればみんなでいいものを買ってプレゼントすることができますしね。

喜ばれるプレゼントの特徴

先ほどの「結婚祝いとは?」のところでも書きましたが、基本的に喜ばれるプレゼントとしては、生活の中で使いやすい物、です。生活の中で使いづらいものをもらっても正直置物になって困るだけですしね。では、生活の中で使いやすい物とは何でしょうか?

結婚祝いを渡すのですから、基本的に相手は新婚生活真っただ中。そんな新婚生活で必要になるキッチン用品や、二人の共通の趣味に沿ったものがいいでしょう。そしてポイントになるのは「自分たちではあまり買えない少し高価なもの」がいいでしょう。せっかく高価なものをプレゼントするのですからしっかり使ってほしいですよね?あまりに新郎新婦の趣味からかけ離れたものや、もうすでに持っているものは避けたいので、事前に話を聞いておくのもいいですね。

オススメプレゼント

前置きが長くなってついに本題というところでしょうか。オススメプレゼント。しかし、これまでの話から、新婚生活の中で役立つもの、共通の趣味の沿ったもの、となればプレゼントも少し絞っていけると思います。ここからは、共通の趣味のものではなく、新婚生活の中で役立つものに絞って紹介していきたいと思います。

キッチングッズ

キッチングッズは結婚祝い品としては非常に定番です。もらった新郎新婦も非常に使いやすく、うれしいものだと思います。機能面で考えるのはもちろんですが、オシャレで機能的となればさらにポイントは高いのではないでしょうか。いくつか商品を紹介していきましょう。

https://item.rakuten.co.jp/areyakoreya/4514120/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_117_1_10000782

こちらはルクルーゼのココットロンドです。この商品は傷、摩擦に強い特殊な作りで、煮物、揚げ物、炒め物など様々な料理に対応しています。また、デザインとしては鮮やかなオレンジとなっていて、毎日の料理が楽しみになりそうなデザインとなっています。鍋は結婚祝いのプレゼントでかぶってしまうかもしれませんが、鍋を一つだけしかつかわないという家庭はなかなかないと思うので、自信をもってプレゼントできるものではないでしょうか?

https://item.rakuten.co.jp/nikurasu/862206347a/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_117_1_10000782

こちらの商品は一台七役(炒める、約、揚げる、蒸す、煮る、炊く、スモーク)を売りにしている商品です。ガス、IH対応で先ほどと同じように傷がつきにくくなるようなデザインになっています。また、この商品はデザインに三種類ほどの色があり、新郎新婦に合わせたプレゼントができるのもいいですね。

https://item.rakuten.co.jp/nabe1559/lek-005/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_117_1_10000782

こちらの商品は、シリコンゴム製スチームケースの商品で、素材自身の水分で調理ができるようです。この商品自体がオシャレなので、そのまま食器として使用できるのはとてもいいと思います。価格は約3000円と結婚祝い品としては少し安めのものとなっていますが、価格以上の性能があると思うのでオススメの商品となっています。

フォトフレーム

フォトフレームは飾っておくものですが、思い出の詰まった写真をオシャレに飾っておくことができるので人気のプレゼントとなっています。自分のイメージしたようにデザインの変更が効くというのもポイントの1つです。

https://item.rakuten.co.jp/e-michelle/10000142/

こちらの商品は、名前のほか、メッセージを刻むことができ、つくりも自然の木のようなデザインなので思い出の写真の雰囲気を自然に伝えてくれること間違いありません。

https://item.rakuten.co.jp/koubounagomi/10000313/

こちらの商品は先ほどと同じくメッセージを加えられるほか、時間に余裕があれば事前にイメージ図を見せてくれるそうです。これでより完成度の高い一品に仕上げることができるのではないでしょうか。

手作りグッズ

手作りグッズは自分の思い描いた形を自分で作って渡すことでより相手に気持ちが伝わりやすいと同時にとても思い出に残るものに間違いありません。しかし、手作りということでかなり作成する人のセンスが問われるのではないでしょうか?手作りで物を作るのが得意な人は試してみるのをお勧めしますが、そうでない人にはお勧めしません。

手作りで渡す場合は、最初はフォトフレームが無難で作りやすいのではないでしょうか?

高級グルメ

新郎新婦と高級グルメを食べに行くのではなく、あくまでプレゼントです。ワンランク上のグルメギフトを渡すというのもいいのではないでしょうか。グルメだけでなく、調味料、スイーツ、ワイン、お酒、お茶などグルメギフトといっても様々です。相手の好みに合わせて選ぶことができるというのは非常に強みですね。

また、相手の好みがいまいちわからないという場合には、「グルメカタログ」というものもありますので、本当に好みがわからないという場合には「グルメカタログというものがある」と心の中に置いておくといいかもしれません。

ディナーチケット

プレゼントとなるとつい形に残るものを考えてしまいがちですが、ディナーチケットというものもあります。新婚の二人が高級なレストランでディナーできるとなれば喜ばないはずがありません。新郎新婦の好みを事前に聞いておき、高級ディナーチケットをプレゼントするのもアリです。

商品券

こちらも定番の結婚祝いのプレゼントなのではないでしょうか?ギフトカードをあげれば実際に買い物するのは新婚の二人ですので、プレゼントを渡す側としては非常に気持ち的に楽になれる商品だと思います。ギフトカードといっても様々で、実際にショッピングモールで使うものもあれば、ネット上での取引に使うものもあります。相手の用途を考えてプレゼントするのはいいでしょう。

贈ってはいけないもの

ここまでいくつか商品を紹介してきましたが、実は結婚祝いのプレゼントとしてふさわしくないものも世の中にはあるわけですね。自分はいいと思っていても相手がどう思うかはわからないわけですから、事前に何を贈ってはいけないのか学んでいきましょう。

「切れる」 「割れる」 「壊れる」を連想させるもの

受験の時、落ちるや滑るを連想させるものをあげないのと同じ考えで、結婚祝いの贈り物としては「切れる」「割れる」「壊れる」を連想させるものは贈り物としてふさわしくありません。先ほども言った通り、相手がどう受け取るかの問題ですが新婚生活で気持ちが高ぶっている分、そういうものに敏感になってしまうのかもしれません。

消える物の贈り物は控えた方が良い

こちらも先ほどと同じ意味ととらえていいでしょう。新婚生活のラブラブの状態がなくなってしまうと捉えられたら意味がありません。できるだけもらってから形に残るものをプレゼントするようにしましょう。

しきたりを重視する家柄の方に送る際は十分に考慮して贈ろう

古くから歴史がある日本では、家柄によっては贈ってはいけないものがある場合があります。プレゼントを渡す方はさすがに赤の他人ということはないと思いますのでだいたいどんな家柄に住んでいるのかはわかると思いますが、しきたりを重視する家柄に贈り物を贈る際は十分に注意しましょう。

まとめ

以上でまとめに入ります。少しは参考になったでしょうか?

ここまで読んでくれた方は、「結局何を渡せばいいんだ」と思っているかもしれません。ほかにも、結婚祝いのプレゼントということで、様々な暗黙の了解にあるようなルールやマナー存在して少し「めんどくさいなぁ」と思ってしまう方がいるかもしれません。

しかし、プレゼントを渡すうえで一番大事なのは「気持ち」です。どんなプレゼントでも気持ちがこもっていればもらった人もうれしい気持ちになるはずです。様々なルールはありますが最後に決めるのはプレゼントを渡す読者のあなたですので、この記事を少し参考にしながらじっくり考えてみてください。


スポンサーリンク

Check Also

あなたの秋はどんな秋?秋に訪れたいおすすめデートスポット15選

秋といえば行楽シーズンど真ん中 …