Home / カップル / 夜景が楽しめる東京のデートスポット特集

夜景が楽しめる東京のデートスポット特集

東京で夜景デート、したことはありますか?
お昼のデートも楽しいものですが、ロマンチックさでいえば何といっても夜景デート。

昼の雰囲気とは変わって、目の前に広がる街並みや空気感もいつもと違ったものに感じます。
キラキラ輝く夜景のように、大人の煌びやかな世界観に様変わりするのが魅力ですよね。
いつも一緒の彼との距離感や会話…そういったものも何だか違ったものになるかもしれません。

東京には恋人たちにおすすめの夜景のベストスポットが沢山あります。
タワーなどの高度の高いものから、ビル、気軽に街並みを眺められるもの、
ショップやギャラリーがある施設など、ひと口に夜景スポットといってもその趣は様々です。

今回は選りすぐりの場所をご紹介しますから、是非デートに取り入れてみてくださいね!

スポンサードリンク

東京で夜景を楽しもう

東京の夜景はとにかく華やかです。色とりどりの光に包まれて建物が立ち並ぶその様子は、
ある意味、非日常的な時間を与えてくれることでしょう。

キラキラと輝く夜景を見つめていると幸せな気分に包まれますよね。
ディナーを食べながら夜景を眺める…もしくは手をつなぎながら夜景を眺めて歩く…
なんていうデートも素敵です。

これから、東京で見る夜景の魅力について、気になる見ごろの時間、そして、なぜ東京には夜景の名所が
多いのかというちょっと気になるポイントにも迫っていきます。
後半では、東京の夜景オススメスポット7選をご紹介しますから、
どこに行こうかと正直迷ってしまっている方も是非参考にしてみてくださいね。

東京で見る夜景の魅力

「東京」といえば、昼は人が多く雑踏にもまれる場所…そんなイメージはありませんか。
しかし、夜になるとその表情も様変わりします。

街は光でライトアップされ、人こそ多くとも昼ほどの混雑はないでしょう。
特に夜景を見るような場所は時間帯も時間帯ですし、大人が集まりますから、
昼の喧騒からも離れ、ゆっくりとした時間を楽しむことができます。

そして、大きく開けた場所が多いので、夜景の大パノラマを目前にすることができます。
また高度のある場所では、違う場所に居ながら夜景スポットの名所を一望することも可能です。
これは東京の夜景ならではのメリットといえましょう。

2人で肩を寄せ合って、眺める煌びやかな夜景。
きっと、幸福感に満ち、リラックスを共にできる時間になること間違いありません。

見ごろの時間

さて、気になるのが夜景の見ごろの時間です。
せっかく見に行くのなら、一番綺麗に見られるであろうベストな時間に出向きたいですよね。
夜景が最も美しく見える時間帯は一般的に下記のように言われていますので参考にしてみてください。

■オフィスビル中心
平日20時までが理想的です。
例として東京タワーなどからみる夜景は、周囲のビルの明かりがメインとなるため、
オフィスの明かりがある早い時間帯が特に光量が多く見応えある華やかな夜景に。

■大・中都市レベル
23時までが理想的です。
建物の灯りに加え、深夜まで交通量があるので夜景としての美しさは十分です。

以上を踏まえると首都圏の夜景は「平日の20時」までがベストタイムということですね。
ただ、平日でも曜日によって夜景の見え方が異なるのをご存知ですか?

実は「週初め」の夜景が一番綺麗に見えるのです。
火曜から土日までは渋滞などで排気ガスが排出され大気が汚染されています。
週末になれば交通量が減り大気もクリーンな状態になっていきます。
そうすると、月曜や祝日の翌日は一番大気状態が良いということになります。

以上の理由から、「月曜か祝日翌日の20時まで」が最も見ごろの時間ということになります。
会社帰りにデートの約束をして、出向くのもいいかもしれませんね。

なぜ東京は夜景の名所が多いのか

日本は世界的に見て夜景人気の高い国だといえます。
理由としては、下記が挙げられます。

1.人口密度の高さ:建物が密集している
2.地形:山が多い地形の為、街並みを上から見下ろせる
3.治安の良さ:夜の時間帯でも人気のない山や埠頭にいきやすい

特に東京の場合は人口密度の高さにより建物が密集しているということが、
理由の一つにあげられるでしょう。
特に首都圏の人口密度の高さは類を見ませんから、東京に夜景の名所が多いというのも納得です。

また、日本のように「夜景を見る」という行為を主目的とすることは、
海外では滅多にないことだそうです。夜景が見えるレストランやバー、ホテル、そういった施設が多いのも日本ならではの感覚といえそうです。

人口密度の高さによる建物の密集に加えて、日本ならではの「夜景を楽しむ」という主目的が相まって、
東京という地に夜景の名所が増えていったと考えられます。
あらゆる理由によって、夜景の名所が集まった東京。
是非お気に入りの夜景スポットを押さえて、ゆっくりと各所を巡りたいものです。

隠れスポットも?おすすめスポット7選!

東京タワー

何といっても東京のシンボル、定番と言えるのがこの東京タワー。
高さは333メートル、六本木・青山方面、霞が関・虎ノ門方面、
汐留・浜離宮庭園方面、田町・品川方面を一望できます。

季節やイベント、プロモーションなどによってバージョンや色の変化を楽しめるのが魅力です。

特に毎週土曜日の2時間限定ライトアップ、「ダイヤモンドヴェール」は一度見ておきたい美しさです。
ダイヤモンドヴェールは、タワー内の276台のライトが外を照らすものです。

全部で17段ある光の階層が七色に変化する機能をもち、色ごとにメッセージが込められているというロマンチックな演出も見ものです。

それぞれの色に想いを馳せながら、ゆったりとした気持ちで眺めたいですね。

■東京タワー大展望台
住所/東京都港区芝公園4-2-8
利用時間/23時まで
定休日/年中無休

東京スカイツリー

東京タワーに次いで、シンボル化している名所がこの東京スカイツリー。

高さ634メートルと世界一高いタワーであるスカイツリーの展望台から見る夜景は絶景です。

日によってライトアップの色が違い、細かなテーマ性のあるライトアップにも注目。
ライティングスケジュールが公式サイトに掲載されているので、
ライトアップを事前に確認してからお出かけしてみるのもワクワク感が高まって良いかもしれません。

また、東京スカイツリーから望む月が、「日本百名月」に認定されるなど、その夜景も美しいことで有名です。
夜景を見ることができながら、名月に認定されたほどの綺麗な月も眺めることが出来る東京スカイツリーは、実に魅力的な夜景スポットといえそうです。

■東京スカイツリー
住所/東京都墨田区押上1-1-2
利用時間/22時まで
定休日/年中無休(イベント時変動あり)

六本木ヒルズ

おしゃれなショップが立ち並ぶ、東京の名所といえば六本木ヒルズ。
この六本木ヒルズの東京シティビューという展望施設から六本木の街並みを一望できます。

東京タワーや東京スカイツリー、ランドマークが一望でき、日中は富士山も見えるという、日夜表情が変わるのも魅力的なポイント。
スカイデッキは、都心に居ながら星空観察まで楽しめるというまさにプレミアムな空間といえましょう。
屋内展望回廊には、ミュージアム・クオリティのギャラリースペース「スカイギャラリー」が併設され、
「都市型エンターテイメント」をテーマにその望めと融合したイベントや展覧会を開催しています。

このようにテーマ性を持った六本木ヒルズの東京シティビューでは、
夜景をより一層魅力的に見せてくれることでしょう。
ショッピングをした後に…お食事をしながら…
夜景を見るにあたってもいろいろな過ごし方ができるのが魅力の六本木ヒルズです。

■東京シティビュー
住所/東京都港区六本木6
利用時間/平日及び休日23時まで/金・土休前日25時まで/スカイデッキ20時まで
定休日/年中無休

丸の内KITTE

「KITTE(キッテ)」は日本郵便が手掛ける商業施設です。
地上6階に、屋上庭園「KITTEガーデン」という展望デッキがあり、
ガーデン内のライトアップや植栽も非常に美しいのが魅力です。
ここからは東京駅のライトアップや丸の内ビル、新丸ビルなどを望むことができます。

高度は高くはないですが、都会の夜の煌びやかさを肌で感じることができる場所です。
KITTEは東京駅の丸の内南口にあるためアクセスが良好なところも高ポイントですね。
お買い物帰りなどに気軽に立ち寄って、キラキラした街並みが見たい…そんな場合には非常におすすめの
スポットです。

■丸の内KITTE
住所/東京都千代田区丸の内2丁目7番2号
利用時間/11:00~23:00/日・祝11:00~22:00
定休日/年中無休

お台場パレットタウン・大観覧車

東京のあらゆる有名スポットを一度に見ることができる、このお台場パレットタウン・大観覧車。

スカイツリーや東京タワー、レインボーブリッジをはじめとした様々な名所を眺めることが可能です。

地上115mの観覧車の中から、360度の夜景を見ることが出来ます。

大観覧車には、2タイプゴンドラがあり、カラーゴンドラと下が透けて見えるシースルーゴンドラがあります。より非日常感を味わうなら、シースルーゴンドラがおススメです。
観覧車のスピードはとてもゆっくりとあがっていくので、夜景をじっくりと眺めることができます。

観覧車といえばとてもデートらしい乗り物ですし、更に夜景も見られるとなれば2人のテンションもアップ
すること間違いありません!
一周は約16分。きっと楽しいひと時が過ごせることでしょう。

■お台場パレットタウン・大観覧車
住所/東京都江東区青海1-3-10
利用時間/10:00~22:00(日・祝前日は23:00まで)
定休日/年中無休

世界貿易センタービル

視界360度、地上152メートルからのダイナミックな景観が望める世界貿易センタービル展望台。
こちらも、お台場や東京タワーをはじめとした多くのスポットを眺めることができます。

また「行ってよかった!日本の展望スポット2017」と「夜景100選」にも選ばれていますから、
その夜景の素晴らしさは必見です。
特に東京タワーが大変綺麗に見えると評判なので、東京タワーのライトアップ時間に合わせて、
向かってみるのもいいかもしれませんね。

一周200メートルの展望台には、カップル向けにあらゆる方面に向かってソファが設置されています。
ソファに座りながら2人でゆっくり夜景デートできるおススメのスポットです。

■世界貿易センタービル
住所/東京都港区浜松町2-4-1
利用時間/10:00~20:30

恵比寿ガーデンプレイス

サッポロビール工場跡地に作られた恵比寿ガーデンプレイス。
エリア内にある高さ167メートルの恵比寿ガーデンプレイスタワーの38階・39階から美しい夜の景色を堪能できます。

恵比寿駅付近は高いビルやマンションが少ないため、広く開放感のある景色を眺めることができるのが特徴です。

ただし、38階・39階は展望台ではなくレストラン街のため、お食事なしの場合は、
見られる方角は2方向のみとなります。
もしレストラン側の夜景も見たいようであれば、せっかくなのでお食事をしてみるのも良いでしょう。

また、39階のレストランからは東京タワーや東京スカイツリーも見えるので、
まさに恵比寿ガーデンプレイスは東京都心を一望できる、そんな場所といえます。

■恵比寿ガーデンプレイスタワー展望スペーストップオブエビス
住所/東京都渋谷区恵比寿4-20
利用時間/11:00~23:30
定休日/1月1日その他年1回休み有

まとめ

魅力的な東京の夜景について、またおすすめスポットをご紹介してきました。
いつもと違うロマンチックなデートを楽しむなら迷わず「夜景デート」をチョイスしたいところ。
高度や周囲の施設によって楽しみ方も変わってくるので、2人で相談していきたい場所を決めるのも
盛り上がりそうです。

しっかり夜景を楽しみたいなら、東京タワーやスカイツリー、もしくは六本木ヒルズなど
の展望台施設、気軽に立ち寄るなら丸の内KITTE、など求めるシーンによって行く場所も変わってきます。そんなバリエーションの豊富さも東京の夜景の魅力といえましょう。

夜景にはリラックス効果もあるそうなので、大切な人と綺麗な眺めをゆったりと見つめ
る時間を持つことは、とても良いことですよね。
さあ、あなたは愛する人とどこの夜景を見に行きますか?


スポンサーリンク

Check Also

定番から穴場まで!バラエティに富んだ神奈川のデートスポット13選

神奈川でのデートと言えば、横浜 …