Home / 天然 / 天然な人の特徴とは?天然の魅力と偽物を見分ける方法

天然な人の特徴とは?天然の魅力と偽物を見分ける方法

人とズレた言動をする天然な人。あなたの周りにもいませんか?

その言動が可愛らしかったり、面白かったりと天然にはポジティブなイメージが多く、中には天然を装おうとする計算高い人もいます。

良いことばかりに見える天然な性格ですが、そのことが災いする場面もあります。また、同じ天然でも男女によって抱かれる印象が変わってきます。

本記事では、天然な人にみられる特徴と、天然であることのメリット・デメリット、偽物の天然を見分ける方法をご紹介します。

スポンサードリンク

天然な人のにみられる5つの特徴

1.同性の友達が多い

ふんわりした雰囲気の通り、人に対する好き嫌いがあまりなく、だれにでも分け隔てなく接することができるので、異性だけでなく同性からも好かれます。

女性の場合、普通はあまりに八方美人が過ぎると男性に媚びていると思われてしまいますが、天然な人は「あの子は天然だから」と許されてしまうのです。

いつでも誰にでも純粋に接することができるからこそのことなのです。

2.人の話を聞いていない

天然な人は、人の話を聞いていないときが多いです。自分の世界に入りやすく、人が話しているときでも他のことを考えていたりするので、よく「あ、ごめん聞いてなかった」「ん?もう一回言って」ということが結構あります。

周りとしては話がかみ合わずにイライラすることもあるでしょう。本人には至って悪気はないので、広い心で許してあげましょう。

さらに自分の世界に入っているときは周りが見えていないことが多いです。分かりやすく言えば、電柱などの障害物によくぶつかるとか、よくつまずくなどのドジを踏むこともあります。

また、周りにを見ていないので状況に応じた気配りなどもできませんので、期待しないようにしましょう。

3.おっとりしている

天然な人は性格上おっとりしていることが多いです。どこかボーっとしているところがあり、あまりあくせくしている印象は見受けられません。

鋭く物事を見抜いたり、突っ込んだりしていくタイプではないので、人当たりもソフトに感じられます。

おおらかであまり細かいことを気にしないので、他人の失敗を責めたてたりしません。そのため、敵を作りにくい性格と言えるでしょう。

動作や話す速度も比較的ゆっくりなので、一緒にいると時間がゆったり流れるような感覚になります。

話すときに、少しテンポが遅くマイペースなのでせっかちな人や急いでいるときには、イライラすることもあるかもしれませんが、急かすと焦って余計に失敗したり、話や作業に着いてこられなくなるので、これがその人の精一杯なのだと思ってペースに合わせてあげましょう。

4.考え方がポジティブ

常に物事の考え方やとらえ方がポジティブなのも天然な人の特徴です。

何か失敗したり怒られたりしても、くよくよ引きずることはありません。それどころか、前向きに考えて次に踏み出せるとても良い一面を持っています。

人間関係において根に持つということがなく、すぐに忘れたり水に流せるタイプなので、面倒臭さがありません。

また、すこしボケているがゆえに、嫌なことをされていても気づかずにニコニコしているなんてこともあるので、ギスギス感がなく好印象です。

「あの子はいつもニコニコしていて可愛い」などと言われていることがよくあります。

5.とても純粋

天然な人はとても純粋な心の持ち主です。物事を裏から捉えたり疑ってかかることがありません。

そのため、人の悪口を言ったり人を疑うということがありません。ですので、周りにいると嫌な感じを受けません。

ただし、純粋なあまり騙されやすい一面もあるので、天然な人は気を付けなければいけません。

また、純粋であるがゆえに言われていることをそのまま受け取り、裏の意図をくみ取るということが苦手な一面もあるので、話していても意図が伝わらないということもあります。

逆に自分の話すこともストレートに話してしまうので、オブラートに包むということができないことがあります。

男女によって天然のイメージは違う

天然と言えば女性が多い印象ですが、男性にももちろん天然な人はいます。男性の天然をどう思いますか?

以下、男女による天然のイメージの違いをご紹介します。

男性の天然は頼りなく見えてしまう

天然の男性は女性からあまりモテません。頼りなく見えてしまうからです。女性は男性に頼りがいを求めますが、天然男性は頼られるより何かと頼ることが多くなります。

また、かっこよくきめたいときに失敗してきめきれないなんてこともあるのであまりかっこよく映らないということもモテない要因となります。

年上女性から可愛がられる

ただし、本人の希望は別として、年上女性からはモテる傾向があります。

天然男性のとる行動は、突拍子なく見ていてひやひやすることが多いので「私が付いていてあげなきゃ」「守ってあげなきゃ」という母性本能をくすぐるのです。

天然男性には守ってもらうより、守ってあげるくらいの覚悟がいるかもしれませんね。

一般的には女性を守るのが男性という考えが多く、そのためしっかり者と見られたい男性が多いです。仕事の面でも頼りになると思われたほうが責任を任せてもらいやすいですよね。

それなのにいつも周囲からの評価が「天然系男子ちゃん」だと、当の本人は意外と傷ついています。本人にはあまり天然だねと言わないほうが良いでしょう。

女性の天然はモテる

男性の天然とは逆に、女性の天然はそのふわふわした雰囲気ゆえに男性からとても可愛く映り、大いにモテ要素となります。

ただし、あまりに度が過ぎるとただのバカ扱いになるので要注意ですが。たとえば職場や学校で、不意に天然女性がボケた言動をとったとき、自然と周りは笑顔になります。

周りに迷惑をかけない程度の天然は、周囲を和ませ、場の空気を明るくする力があるので、そのような女性は男性からモテますね。

天然ではないのにモテたいがために天然を装う女性がいるくらい可愛く映るわけです。

独身男性200人を対象にとったあるアンケートではその半分以上が、天然の女性が好きという結果が出たそうです。理由としては、癒される、可愛い、退屈しないというようなことがあげられました。

逆に天然が苦手な理由として挙げられたのは、面倒くさい、会話が成り立たないというものでした。

装うのはNG

中には、天然を演じているのが分かるから嫌いという意見もあったようです。

本人は演じられているつもりでも、案外見抜かれているようですね。天然のふりをしている女性は嫌われるので注意しましょう。

天然な性格のメリット・デメリット

天然な性格には多くのメリットがありますが、少なからずデメリットもあります。以下、チェックしていきましょう。

天然の4つのメリット

1.周りを笑顔にさせる

人を笑顔にすることができる天然な人は、そのボケた言動から周りにいる人を笑顔にすることができます。

普通の人とは違う反応が見られるので、周りにいる人としては見ていて面白く、自然と笑いがこぼれます。

決して狙っているわけではなく悪気のない自然な言動なので、わざとらしさを感じて嫌な気持ちになるということもありません。

2.自然と周りに人が集まる

また、天然な人はふわふわした雰囲気の持ち主でもあるので、周りにいる人にとって落ち着く場所となることができます。

「あの子と話すと気持ちが和むな」と思ってもらえるので、自然と人が集まる和やかな場所を作ることができます。その性格ゆえに好かれやすいというメリットがあります。

仕事でうまくいかなかった時も、その持ち前の純粋さとやわらかな雰囲気で優しく包んでくれるでしょう。

3.周りに優しくしてもらえる

また天然な人は、本人自体も人の失敗や欠点を気にしないため、自分も周りの人から責められることが少なくなります。人に厳しいと人からも厳しい評価をされますが、人に優しい分、自分も優しくしてもらえるのです。

4.可愛がられる

これは特に女性に言えることですが、天然な人は周りから可愛がられやすいです。

どこかボーっとしていて抜けた感じがあるので、一人でも生きていけそうな周りを引っ張っていくタイプの女性よりは、男性としては守ってあげたくなるのです。

また、男性はすごいと言われたい、頼られたいという気持ちが強い生き物なので、いろいろと教えてあげた時に純粋に「すごーい」「知らなかった!」と言える天然女性に、もっと教えてあげたいという気持ちをくすぐられます。

天然のデメリット

天然な人は周りを笑顔にすることができますが、時と場合によっては笑い者になってしまうことがあります。

1.空気が読めない

真剣な話をしているときに場違いにボケてしまって、失笑が起きるということがあるのです。

「空気が読めない」「馬鹿だな」「そんな事が理解できないのか」と馬鹿にされてしまうのです。黙っているほうが賢く見える時があるということですね。

2.人を傷つけてしまう時も

無意識に人を傷つけてしまう純粋でストレートな物言いのせいで、人が気にしていることに悪気なく触れてしまい、結果として知らないうちに人を傷つけていることがあります。

たとえば、明らかに美容院に行って失敗したであろう髪型の人に「どうしたの?切りすぎちゃったの~?」などと無邪気に聞いてしまうという感じです。

本人は悪気がないので、話の途中で空気がおかしくなってもなぜなのか理解できず、自分が失礼な発言をしたことに気付くことができないので、防ぎようがありません。

「天然だから」と許してもらえるかもしれませんが、よく知らない人には「失礼な人」というレッテルを貼られるという悲しいこともあります。

3.頼りなく見える

天然な人は、そのズレた言動からどこか頼りなく見えてしまいがちです。

重要な役割を任せてもらえない仕事の取引やプレゼンテーションなど、大事な場面で会話がかみ合わなかったり、ズレた発言をしてしまうと、契約を取り逃がすなどということになりかねないため、重要なポストを任せてもらえないという可能性があります。

社内では天然ちゃんで可愛がられてはいても、社外ではそんなこと知ったことではないので、ただの変わった人、ズレた人という評価をされる可能性があります。

また、部下からも頼りがいのある先輩として尊敬されるのではなく、何でも近づきやすい楽な先輩という風にすこし軽く見られてしまうことがあります。

それでも嫌われるのではなく好かれているので、本人としては良いのかもしれませんが。

天然は誉め言葉かどうか

天然のメリット、デメリットから分かるように、天然というのは時と場合によって褒め言葉にもなれば、その逆になってしまうこともあるのです。

周りを笑顔にする程度の可愛らしい天然であれば、愛される天然として微笑ましい存在でいられます。

言い間違えや聞き間違え、勘違いによる言動で「天然だね」と言われているのは、「可愛い」という評価を含んだ褒め言葉として使われているでしょう。

ですが、あまりにも人とかけ離れすぎたボケた言動は、周囲を困惑させてしまうだけの面倒臭い存在になってしまうので、「天然なんだね…」と少し馬鹿にされたニュアンスを含んでしまいます。

TPOをわきまえることができれば、愛される天然として褒め言葉としての天然でいられますが、そもそもわきまえることができれば「天然」ではないですよね。

もし、あなたがいつも「天然だね」と言われるなら、せめて真剣な場面などで無駄に発言することを控えて黙っておくようにすると失敗することが減るかもしれませんね。

また、天然さんの多くは、思ったことをすぐに口から出してしまって失敗することが多いので、発言する前に「本当にこれで良いのだろうか」と少し考える間を持つことで、馬鹿にされることは回避できるかもしれません。

本物の天然とエセ天然の違い

天然な人は雰囲気がふんわりしていることが多く、かわいらしく守ってあげたいという印象を与えることが多いので、自分も天然に見られたいという女性は多いです。

そのため、天然を装う「エセ天然」も中にはいます。以下、そのようなエセ天然を見破る方法をご紹介します。

1.場所関係なくボケるかどうか

根っから天然な人は、常に言動が普通の人とずれており、予測不能です。

あくまでも、悪気や計算がなく、周りにいる人もさほど嫌な印象を受けない、それどころか多くの場合笑いを誘うのが天然ボケです。

対して、エセ天然はあまりにもわざとらしいボケ方をしたり、自分に損になるようなボケ方はしないのが特徴です。

生粋の天然は、無自覚でTPO関係なくボケるのに対し、計算高く状況や立場をわきまえてボケる時とボケないときがあるのがエセ天然です。

女性だと、女性同士や仕事の大事な場面などではしっかりものだったり、仕切り屋だったりするのに、男性の前ではやたらと天然っぽくボケることが多いです。

2.天然と言われたときの反応

本当に天然な人は、本人はおかしなことをしたことを分かっていないので、「天然だね」と言っても馬鹿にされたと感じて「そんなことないよ!」と、少し怒ったような反応が返ってくることが多いです。

それに対し、天然のフリをしている人は、「天然だね」と言ったときにまんざらでもない様子だったり「よく言われます~」などと少し嬉しそうにします。

3.天然アピールをするかどうか

本物の天然は自分が天然だということを分かっていません。

もし、自らを天然だと自分で言う人がいたら、間違いなく装っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?天然な人の特徴、天然のメリット・デメリット、エセ天然の見分け方と、余すことなく天然についてご紹介してきました。

天然な人というのは、周りを笑顔にすることのできる貴重な存在なのです。是非、愛される天然で居続けたいものですよね。

また、特に男性のみなさん、天然を装っている偽物を賢く見分けて、ずるがしこい女性から身を守りましょう。

天然な人にもそうでない人にも、すべての人にとってこの記事が役に立つことを願っています。

スポンサーリンク