Home / 趣味 / 手芸 / 手作りでのアクセサリーの作り方と必要な道具

手作りでのアクセサリーの作り方と必要な道具

手作りの物を身に付けることは、手芸を趣味にする人だけが味わえる喜びだと思います。かといって、洋服を仕立てたりセーターを編んだりするのはハードルが高すぎて自信がない、という人には、手軽に出来るアクセサリー作りがお勧めです。

ビーズやリボン、流行りのプラバンなどを一工夫して、世界に一つしかない自分だけのアクセサリーを作ってみませんか。

最近は100円ショップでもアクサリーパーツなどの材料が手に入るので、初めての方でも失敗を恐れずにチャレンジできますよ。

スポンサードリンク

子供でも簡単『プラバン』

プラバンとは、プラスチックの板に絵を描いて色を付け、オーブントースターで焼いて作る手芸品です。
焼くところだけ手伝ってあげれば、小さなお子さんでも充分作れます。
でもちょっと手をかければステキな大人のアクセサリーが作れますよ。

例えば、シックなモノトーンのネックレス。

プラバンで簡単☆オシャレなハンドメイドネックレス

革ひもに通したり、チェーンに通したり。プラバンの輪の数によっても表情が変わる、使い勝手のいいアクセサリーですね。

次は、レジンを仕上げに使った綺麗な花のピアスです。

プラバンとレジンで作る紫陽花のピアス

難易度が少々高めですが、花のパーツは一度にたくさん作れるので、ピアスだけでなく、ストラップにしたり、つなげてネックレスにしたり、工夫次第で色々なものにアレンジできますね。

ビーズの華やかなアクセサリー

417a82fa2d6c7359b1a3dcd4294ee9f4_s

次に定番のビーズを使ったアクセサリーを紹介します。
ビーズは100円ショップで買える手軽なものから、スワローフスキーなどの高級感のあるものまで様々ですが、初めてのチャレンジならまずお手軽価格のもので作ってみてはいかがでしょう。

こんなゴージャスなブレスレットが、100円ショップで買った材料だけで作れます。

100均パーツで華やかブレスレット

ジョイント部分を作るのが面倒だという人は、ビーズ手芸用のシリコンゴムや伸びるテグスを使えば、最後は結んで余ったゴムをビーズに通してかくしてしまえばOKです。

ちょっと腕に自信のある人は、こんなアクセサリーパーツを作ってみてはいかがでしょう。

ビーズボールの作り方

このビーズボールを、色々なアクセサリーにアレンジしてみましょう。
ペンダントトップにしてもいいですね。チェーンを通すか革ひもなどにするか、そこを変えるだけで使い分けができます。

パーツをつければピアスにもイヤリングにも。ストラップにしてもいいし、たくさんつなげて窓辺につるせば、サンキャッチャーという部屋のアクセサリーになります。

ビーズやアクサリーパーツなどが豊富にそろっているのが『貴和製作所』のネットショップ。
様々なアクセサリーや小物のレシピも紹介されていますよ。

手作りアクセサリーの貴和製作所

その他の材料で

0e70aec1d2733bed0ec4bd432c454a32_s

いくら材料が安く手に入るとはいえ、初めてのチャレンジだからやっぱり失敗が怖いという人、お気持ちは分かります。一度失敗してしまうと、自信がなくなってしまうことありますから。

例えば、余って困っていたハギレを使って、針も糸も使わず簡単にナチュラルな雰囲気の小物を作る方法があります。

縛って作る「ポンポン小物」

本当に簡単。ハギレがなかったら、着なくなったシャツなどをリメイクしてもいいですよね。布の色や素材によって、色々な表情が楽しめます。

次もハギレが大活躍。ハサミと手芸用ボンドがあれば超簡単に作れるブレスレットです。

小さなハギレを『ウッドビーズ』に貼りつけて

布を変えてたくさん作っておけば、ブレスレットだけでなく色々なものにアレンジできます。リボンにたくさん通してお部屋のインテリアにしても。

アクセサリー作りに必要な道具

アクセサリーを作る時に便利な道具の一つに、グルーガンがあります。
グルーガンとは、スティック状になった樹脂を熱で溶かしながら接着する道具です。ピストルのように引きがねがついているのでグルー“ガン”なんですね。

最近では100円ショップでも売られています。ただし、100円でない場合もありますので注意が必要。
それと、コードが短い!延長コードが必須アイテムです。
接着に使うグルーは別売りですが、これは100円です。

ダイソーのグルーガン

このグルーガンを使えば手作りアクセサリーが簡単に作れます。
例えば、好きな形に切ったフェルトに、余ったボタンやラインストーン、ビーズ、スパンコールなどをバランスを見ながら貼りつけていきます。

両端にチェーンやリボンなどを縫い付けると、個性的なネックレスが出来上がります。

工夫次第で何にでも利用できるので、一度試してみてはいかがでしょう。
ただ、熱せられたグルーはかなり熱いので、不用意に触らないように注意しましょう。

他にも、アクサリーパーツをつまんだり曲げたりするのに使うペンチ類。ペンチにも色々な用途別に色々な種類があります。

87caa8652bb49a38432976e4eb470664_s

詳しく説明されているサイトを見つけたのでご紹介します。

BEADS FACTORY 工具の使い方

アクセサリーの作り方をいくつかご紹介しましたが、どんな材料でも、家に余っていた物でだって、その気になればとっても素敵な自分だけのオリジナルアクセサリーが作れます。
小さくて簡単な物から始めてみませんか。

スポンサーリンク