Home / 合コン / 華やかだけど苦労大?商社マンと結婚するメリット・デメリット

華やかだけど苦労大?商社マンと結婚するメリット・デメリット

仕事をバリバリこなし、高収入で頼りがいがある上、外国語も堪能な商社マンはとても魅力的で結婚したいと思う方も多いのではないのでしょうか?そんな良いことばかりに思える商社マンとの結婚ですが、デメリットもあります。

結婚したあとに意外な落とし穴に気づいてもすでに後の祭りでしょう。そうならないように、先にデメリットも確認しておくことが大切です。

今回はモテそうに見える商社マンが結婚できない理由と共に、商社マンと結婚するメリット・デメリット、商社マンと結婚するための方法を解説します。

スポンサードリンク

商社マンと結婚する4つのメリット

商社マンとの結婚にはメリットがたくさんあります。あなたが魅力に感じるものはありますか?

1.年収が高い

なんといっても商社マンは年収が高いです。

20代後半の平均年収が480万円ほどの中で、商社マンは750万円から800万円ほどと高い平均年収を誇ります。商社マンの妻は共働きをする女性もいますが、専業主婦として家庭を守る女性も少なくありません。

経済的理由から共働きせざるを得ない女性が多い中、専業主婦になりたいと思っている女性にとって商社マンとの結婚はメリットだと言えるでしょう。

2.海外暮らしができる

商社の仕事は新興国を含め海外での仕事が少なくありません。そのため、夫の海外転勤によって海外暮らしができるというメリットがあります。

駐在員の妻をあらわす「駐妻」や子供を帰国子女にするのに憧れる方も多いのではないでしょうか?

3.一生安泰で暮らせる

年収の高い商社マンと結婚すれば一生安泰で暮らせます。

特に大手の商社であるほど、国内の景気に作用される部分が少なく、他の企業に比べ倒産の危険は少ないといえるでしょう。

4.自慢できる

商社マンの妻になることは女性にとってのステータスです。そのため、商社マンと結婚すれば周囲に自慢することができます。

商社マンと結婚する5つのデメリット

商社マンとの結婚にはメリットもたくさんありますが、デメリットも存在します。デメリットをあらかじめ確認しておけば結婚後の対応もスムーズにできることでしょう。

1.家の不在が多い

商社マンはとにかく多忙です。そのため彼が家にいる時間が少なく、さみしい思いをする妻は少なくありません。

2.国内外への転勤がある

商社マンは数年おきに国内外への転勤があります。場合によっては「来週から2週間A国に行って」と上司に言われたはずが数年帰って来れないということもあるようです。

3.家事・育児への協力が期待できない

商社マンはとにかく仕事一筋の人が少なくありません。たくさんの人や物、お金を動かすその重圧は大変なものです。そのため、商社マンを夫に持った場合、夫の家事・育児への協力は期待できないこととなります。

4.安定的な生活がしにくい

商社マンは転勤が頻繁にあり、転勤先が国外であることも少なくありません。そのため、安定的な生活がしにくいというデメリットがあります。

5.浮気の心配がある

商社マンと結婚するとき、彼の浮気の心配があるというデメリットがあります。

商社マンは高収入で頭の回転の早い人が多いなど、他の女性から見て魅力的なため、女性からの誘惑が少なくありません。

自分がモテることを知っている

商社マンはただモテるだけでなく、自分がモテることを知っています。そのため、異性関係に関する経験値が高く、女性をスマートにエスコートする方法も熟知しています。

これにより、ただでさえモテる商社マンがさらにモテ、浮気の可能性は高いものとなっています。

商社マンが結婚できない3つの理由

デメリットを加味してもなお魅力的な商社マンですが、彼らはなぜ結婚できないのでしょうか?商社マンが結婚できない理由には実はある共通点があったのです。

1.仕事が忙しい

商社マンはとにかく仕事が忙しいです。時差の関係もあり、早朝から深夜まで働いている商社マンは少なくありません。

そのため女性と結婚に向けて付き合う時間が取れないなど、仕事が忙しいせいで結婚できていない商社マンは意外と存在するのです。

2.出会いが少ない

商社マンは意外にも出会いが少ないものです。

その理由として、会社内の女性と話すより取引先と話すことが多く、また、仕事に明け暮れているせいで出会いの場に行く時間がないということが挙げられます。

3.チャラいと思われがち

商社マンはチャラいと思われがちなせいで、女性から真剣な交際相手と見てもらえない傾向があります。そのため、結婚につながる交際ができない結果、結婚できないということもあるようです。

商社マンと出会うための4つの方法

なかなか恋愛市場に出てこない商社マンですが、いるところにはちゃんといるものです。商社マンと出会うにはどこに出向き、どんなサービスを使えばいいのかをご紹介します。

1.婚活パーティー

最近は色んな形のパーティーが開催されていますよね。街コンや恋愛コン、お見合いパーティーなどその種類は様々です。

その中でも、婚活パーティーという名前のついているパーティーが狙い目です。結婚をしたい商社マンは恋愛メインのパーティーよりも結婚を目指している女性が参加するパーティーを選ぶ傾向にあるためです。

2.合コン

商社関連の知り合いがいるなら是非参加するべきなのが合コンです。商社マンは友人を大切にすることが多いため、友人の主催する合コンには真面目に参加する人が少なくありません。

また、彼にとって知り合いの知り合いという少なからず身元が分かっている女性であることで、親しみを持ってもらいやすくなります。そのため、他の出会いに比べてカップル発生率が高いというメリットもあります。

3.婚活アプリ

「忙しくて出会いの場に行く時間はないけど自分の条件にあった女性と出会いたい!」

そう思っている商社マンが使っているのが婚活アプリです。

自分の希望する条件を入力することで簡単に絞り込みをかけることができ、会う前に顔写真が確認できたりメッセージのやり取りで人となりがわかるなど、婚活アプリは商社マンにとってメリットが多いためです。

中には婚活アプリを何種類も使っている男性も少なくありません。

4.職場

商社マンと一番出会いやすいのは職場でしょう。

事務として入社したり、派遣として短期で入ったり、オフィスの入っているビルの別の会社で働いたりと、商社マンと接触する方法は意外と存在します。

商社マンを落とすために心掛けたい6つのコト

商社マンと出会うことができたら、まずは彼とお付き合いすることが必要です。商社マンを落とすには実はちょっとしたコツが必要なのを知っていますか?

商社マンと結婚するために外せないポイントをご紹介します。

1.大人の振る舞いを意識

商社マンは多忙で恋愛にエネルギーを割けない分、面倒でない女性を好む傾向にあります。そのため、商社マンを落とすには大人の振る舞いを意識することが大切です。

タイミングによって精神状態が不安定になったり怒りっぽくなったりする方もいると思います。そんなときは気持ちに余裕を持って、穏やかな女性であることを意識するようにしましょう。

2.細かい気配りが大切

商社マンは良妻賢母を求めるような保守的な男性が多いです。そのため、細かい気配りが大切になってきます。

男性をたて、さりげなくサポートをするうちに商社マンの心をつかむことができるでしょう。

3.環境適応力を高く

商社マンは海外転勤が多く「明後日から別の国へ」と急に指示されることも少なくない仕事です。そのため、彼と共に人生を歩むためにも環境適応力を高くもっておくことが重要です。

4.外見に気を付ける

商社マンはモテる分、綺麗な女性を見慣れています。そのため、外見に気を付けることが必要不可欠です。

5.上手にほめる

仕事で疲弊した商社マンは癒しや承認、評価されることを求めています。そのため、こまめに彼をほめることが大切です。

彼が大切にしているポイントを上手にほめることで、彼のハートを狙い撃ちにすることができるでしょう。

6.積極的にアプローチ

商社マンを狙う女性は多いため、商社マンはアプローチされなれているといっても過言ではありません。

押しの強いライバルたちと渡り合うためには、あなたも積極的にアプローチして好意を伝えていくことが重要です。

まとめ

いかがでしたか?商社マンは結婚相手としてとても魅力的な男性ですよね。

商社マンと出会い、彼を落とすのはコツをつかめば難しいことはありません。あなたが無事に商社マンをゲットし素敵な結婚ができるように祈っています。

スポンサーリンク

Check Also

友達感覚?可愛い男子の特徴と付き合う上でのメリットとデメリット

最近、芸能界でもいわゆるイケメ …