Home / 恋愛 / 片思い / 気になるあの人と近づきたい!社内恋愛のアプローチ方法と注意点

気になるあの人と近づきたい!社内恋愛のアプローチ方法と注意点

社内恋愛は主な場所が職場であるため、仕事との関係もあることからアプローチ方法も気をつけないといけません。所属している部署が違ったり役職に就いている人だと、まずは相手に自分を知ってもらう事から始めなればなりませんが、それすら難しかったりしますよね。

ですが同じ会社に勤めている限り、気になる人とと知り合えるチャンスは多くあります。本記事では社内恋愛での気になる人へのアプローチ方法と注意点についてご紹介していきます。社内の人が気になってしまった方は、本記事と一緒にアプローチ方法について学んでいきましょう。

スポンサードリンク

1.社内恋愛ではまず知り合いになるアプローチを取ろう

sep_318715193505_tp_v

どんな形の恋愛もそうですが、気になる人ができたならまずは自分を知ってもらう事からアプローチを始めなければなりません。第一印象は10秒で決まると言われています。それだけファーストコンタクトには気を配る必要があります。

ここでは少しでも好感度の上がるようなきっかけ作りをご紹介します。

1.1日一回顔を合わせて存在を知らせる

今まで気になっている相手とよく出くわすシーンを思い出してみて下さい。どんな場所によく出没するのかが分かれば、会いやすくなります。

相手をみつけたら恥ずかしくても下を向いて黙って通りすぎるような事はせず、顔をあげて自分の存在をアピールしましょう。そして顔をきちんと合わせ、覚えてもらうように努めましょう。名札を首にかけているならしっかりと見えるようにしておいて下さい。

2.仕事の接点を見つける

社内恋愛で特に部署が分かっているなら、そこへ行く用事がないかどうか、用事のある人がいないかどうか考えてみて下さい。あるなら進んでそこへ出向いたり、手伝うという名目でついて行きましょう。

新たに仕事で接点を作る事ができれば、話すきっかけもたくさんできます。

3.笑顔で挨拶をする

気になる人を見かけたら、笑顔で挨拶しましょう。笑顔を向けられて嫌な気持ちになる人はまずいませんし、あなたの印象をグンとアップさせてくれます。

特に男性は笑顔のない人が多いですから、いつも爽やかな笑顔で挨拶をすれば、それだけで相手の心に存在を残す事ができます。

4.視線を送る

遠くに相手の存在をキャッチしたら、視線を送ってみましょう。あまりじーっと見続けると怖がられてしまいますから、あくまでさり気なく行ってください。

注意点として、一日に何度も視線を送るのはやめた方が無難です。ついつい見てしまうという事はあると思いますが、頻度が多いと仕事に身が入っていないように見られたり、別の意味で気になる存在になってしまいかねません。目が合ったらはにかんだように笑うか、恥ずかし気に目線を逸らすのも効果があります。

5.さりげなく給湯室で顔を合わせる

他の社員からは死角となりやすい場所に設置されている給湯室は知り合いになるきっかけを作るための絶交のポイントです。相手が休憩中であればリラックスモードですから、話しかけてみてもいいですね。

だいたい相手が休憩を入れるタイミングを見計らって、自分が先に到着しておくようにしましょう。後でくるよりも自然な感じを装えます。気の利く人アピールも忘れないよう、お茶は進んで入れてあげてくださいね。

6.喫煙者同士なら喫煙スペースで接点を持つ

どちらも煙草を吸うなら、喫煙スペースも接点を持てる場です。密室だと声も外に漏れないため話がしやすい場所でもありますし、相手が吸っている煙草の銘柄を見て、そこから話を拡げてみてもいいですね。

7.相手の上司や部下に近づく

人を射んとせば先ず馬を射よ、ということわざがありますが、まずはその人にいきなり近づくよりも、その近くにいる人と親しくなる方がドキドキもしませんからハードルも低くなります。

本人に直接声を掛けづらいなら、いつも一緒にいる人や仲の良さそうな人をみつけ、その人に相手の事を教えてもらったり紹介してもらうという手もありますね。

2.社内恋愛でもっと仲良くなるためのアプローチ方法

sep_329915201730_tp_v

お知り合いにはなれたけど、それだけで終わってしまっては意味がありませんよね。二人の仲を進展させ、もう一歩仲良くなるためのアプローチ方法について見ていきましょう。

1.仕事の質問や相談をする

同じ社内の人ですから仕事に対しての質問や相談は積極的に行っても何ら不自然ではありません。相談しているうちにお互い恋愛感情が芽生えた、とういのも社内恋愛ではよくある王道パターンです。

仕事に意欲的な態度を見せる事で好感度もあがりますし、悩んでいる相手を放っておけないという母性本能や、自分がなんとかしてあげなければと守ってあげたくなる気持ちを引き出す事もできます。

2.仕事の手伝いをする

相手が誰かの手を借りたくて困っているようならどんどんお手伝いを買ってでましょう。時間外で給料が出ないとしても、相手からの気持ちというそれ以上の見返りがあるかもしれません。

3.手伝ってもらったらお礼に小さなプレゼントをする

逆に自分が手伝ってもらったら、簡単なお礼をしましょう。ワンコインのランチをおごるのでもいいですし、身に付けるハンカチや、どこかへ出掛けた時のお土産など、相手が気を使わない程度の金額のものをチョイスして渡してください。

細やかな心遣いが喜ばれます。金額が安めの物といっても通勤鞄からはみ出るようなサイズのものはやめましょう。変な噂が立って迷惑をかけてしまうかもしれませんし、自分自身も他の社員からよく思われない可能性があります。

残業中や帰宅途中の道端など、一目につかないところでさり気なく渡しましょう。

4.チャンスを見つけてねぎらいの言葉をかける

「お疲れ様です」「無理しないでくださいね」など相手の様子を見て体調を気遣うような言葉掛けを行って下さい。

特に疲れていそうな時は栄養ドリンクを渡してあげたり、「疲れてる時は甘いお菓子がいいですよ」なんてコンビニで買ってきたチョコレートをデスクに置いておくなどをすれば、相手を気遣える優しい人として好印象を与えられます。

5.共通点を見つける

趣味やよく行くスポットなど、相手と自分に共通点はないか探ってみて下さい。お酒好き、などでも構いません。お互い共通点があると誘いやすくなりますし、誘ってもらいやすくもなります。

映画の趣味を聞いてみてもいいですし、いつもみる朝の情報番組が同じ、などでもいいのです。また、相手に共通点がある事を知ってもらう事で、あなたに親近感を抱いてくれるようになります。

6.グループで食事を提案する

2人きりでの食事は少しハードルが高いようでしたら、グループでの食事を提案してみましょう。固定メンバーが決まると相手に接する機会も自然と多くなります。

できれば男性2人、女性2人の割合で、それも失礼ですがあなたと同性の人物は明からに恋愛対象にならなさそうな、安全牌と言える相手を選んでメンバーを組みましょう。女性であれば子供のいる既婚の人など、安全度は高いと言えます。

3.社内恋愛のアプローチ中の注意点

al003-nigawarai20140722_tp_v

早くお近付きになりたい気持ちは分かりますが、焦りは禁物です。アプローチの方法にも、していい方法とよくない方法があります。過剰なアピールは相手の迷惑となるどころか嫌われてしまったり、他の社員を不快な気持ちにさせてしまいます。

ここでは気になる人にアピールする中で、どんな点に注意べきかを述べていきます。

1.他の社員に悟られないように気を付ける

あなたの気持ちを知っていて味方がいれば、その人に助けてもらったり協力してもらうと楽ですが、あまり同じ社内の人間に自分の恋愛事情を話すと、思わしくない結果を呼ぶ事があります。

仕事仲間としては信頼ができる人かもしれませんが、所詮は仕事上で知り合った仲です。協力するふりをして心の中ではあなたの幸せを望んでいないかもしれません。仕事仲間というのは、ライバルでもあるのです。社内恋愛をよく思わない人もいます。

また、社内の誰と誰が付き合ってる、誰が誰を好きだ、などどいう話は噂好きな人達によって、それが真実であろうがなかろうが、簡単に拡散されてしまいます。社内という事でどちらの人物も知っている、という人も多いわけですから、興味のある人も多く、ネタとしてはかなり盛り上がります。やっかまれたり噂の標的になってしまわないよう、行動には充分注意が必要です。

できれば誰にも打ち明けずに過ごしましょう。バレバレかも、と思っても自分の口から白状するのと素知らぬ顔をしておくのでも、捉われ方はかなり違います。

2.仕事に集中する

何より職場には仕事をしにきている、という事を忘れないでください。好きな人がいて片思い中の時、特に女性は仕事そっちのけで相手の事ばかり考えてしまいがちですが、職場には恋愛をしにきているわけではありません。

相手にアプローチをかけるのは仕事が一段落ついた後や休憩中など、落ち着いた時だけに留めましょう。お給料をもらっているのですから、きちんとメリハリをつけて仕事に取り組みましょう。

3.デスクは常にきれいにしておく

デスクの上はあなたのプライベートを表します。書類が山積みになっていたりコーヒーを置いていてついた跡がそのままになっていたら、部屋の中もこんな風に汚いんだろうな、と清潔感のないイメージをもたれてしまいます。

書類を整理できていないと大事な書類もどこへいったか分からなくなったり、失くしやすい状態にありますから、仕事もできない印象です。普段からデスクの上は意識して片付けるようにしましょう。

4.挨拶や手伝いはみんなにする

他の人と差を付け、気になる人へアピールするために、あえて他の社員には挨拶もしないし、手伝いもしない、なんていうあからさまな態度はやめて下さい。

話かけるのは他の人よりも少し多い位であっても問題ありませんが、人として最低限の挨拶は平等に行っていきましょう。お手伝いに関しても、気になる人のお手伝いを率先して行うなら、他のみんなに対しても声を掛けましょう。

ここは他の人と差を付けるべきポイントではありません。誰に対しても挨拶がしっかりできるし手伝いもする、という方が結果的に意中の人からの印象もよくなるのです。

5.仲良くなるまで個人的なお誘いはしない

まだお互い知り合って間もない、もしくはまだあまり社内で話た事もないのにいきなり仕事の後や休日にお誘いするのはやめておいた方が無難です。もしかしたらうまくいくかもしれませんがリスクが高すぎます。

よく相手の事を知らないが故に興味の全くない場所に誘ってしまうかもしれませんし、馴れ馴れしい人だと思われたり、誰でも誘うような軽い人であるという位置付けになってしまう事もあります。

6.強引に接点を持とうとしない

al101_natuin0420140830001_tp_v

あきらかに不自然な近づき方をすると、相手に引かれてしまいます。周囲に気づかれるほど強引に接点を持とうとするのは止めましょう。人が職場で猛烈にアピールしている様子を見るのはあまり気持ちの良いものではありません。

あの人は一体何のために職場に来ているのだろう、と冷めた目で見られたり、不信感を持たれ、仕事にも支障を来しています。

7.相手の仕事の邪魔をしない

熱心に仕事をしている相手に対してむやみやたらに話しかけたり、ちょっかいを出すような事はしないで下さい。仲よくなるどころか迷惑がられてしまいます。

8.なれなれしくしない

仲よくなってきたからといって、敬語をやめたりスキンシップを多くとったり、なれなれしい態度に出るのはやめましょう。周りの人に仲の良さをアピールしたい気持ちからそのようにしてしまう人がいますが、仕事とプライベートを混同している人と思われ、距離を置かれてしまいます。

特に相手が上司だったり先輩である場合は注意が必要です。どんなに親しくなって付き合ったとしても、自分の職場での立場をわきまえている方が好感をもたれます。

9.とにかく嫌われないことを第一に考える

少しでも相手との距離を近づけるためにある程度のアピールは大切ですが、過剰なアピールはマイナスにしか働きません。自分から接点を持てるようにしかけにいくというよりも、時が来るまでチャンスを待つというスタンスでいましょう。

社内恋愛は他の場所で知り合った場合と違い、仕事ありきだという事を忘れないでください。自分の気持ちばかり剥き出しにしてしまうのではなく、あくまでも相手の仕事が効率よく進むようにサポートするぐらいの気持ちで丁度良いのです。

まとめ

a0002_011034

社内恋愛をすると、職場に行くのが急に楽しみになって意欲も湧いてくる一方で、その人の事ばかり考えてしまって仕事に身が入らなくなってしまう事もあります。もしそのような危険性があるのならアプローチには歯止めをかけておきましょう。

社内恋愛は、舞台が何よりも職場である以上仕事が第一です。しかしながらこれはチャンスでもあります。通常なら気になる人ができてもまずは連絡先を聞いて、デートにお誘いして、という手順を踏まないとその人の人となりを知るどころか、会う事もできません。

それが社内の人というだけでさまざまな相手の一面を自然と見る事ができるのです。そしてそれも含めて好きだと感じたなら、後々想像していた人物と違い幻滅する、という事も少なく、お付き合いを初めても長続きする場合が多いのです。以上の事を踏まえて、アタックするべき時を逃がさず、その瞬間がきた時に動けるよう、シミュレーションしておきましょう。

スポンサーリンク