Home / 恋愛 / 社会人の恋愛とは!?

社会人の恋愛とは!?

社会に出たあとの恋愛とはどんなものか、考えることもありますよね。学生のころの恋愛とどう違うのだろうと悩む場面も出てくるかもしれません。悩むということは学生のころの恋愛と社会人の恋愛に違いがあると薄々感じているからでしょう。

学生のころはもっとピュアな気持ちで、「好き」という気持ちだけで恋愛できた、と感じる人もいるでしょうし、逆に社会人になってからの恋愛の方が楽ちんという人もいるでしょう。どう感じるかは、人それぞれですよね。

社会人恋愛と学生の恋愛の違いは明らかなものです。さらに、社会人恋愛を楽しむためのルールも存在します。今回は社会人の恋愛とはどんなものなのか、じっくりみていきます。何か新しい発見ができる可能性がありますので、楽しんで読み進めてくださいね。

スポンサードリンク

社会人と学生の恋愛の違い5つ

「気持ち」だけでいいかの違い

学生のころの恋愛は「好き」という気持ちだけで十分だった、という感想を耳にします。ピュアで素直な気持ち。それだけで成り立つ恋愛です。学校帰りに自転車に乗るあの人を見かけるだけで胸がキュン。そんな甘い感覚の恋愛で満足だったわけです。お付き合いをしても「好き~」と言っていられたらそれだけで幸せですよね。

しかし、社会人になるとこれがガラッと変わってしまいます。「好き」だけではうまくいかないことも多いのです。

それはきっと「結婚」を意識してしまうからかもしれません。経済力など「結婚したらうまくいくか」を意識して相手を選んでしまうのでしょう。口を開けば「年収が・・・」や「職種が・・・」と高望みしてしまうこともあるでしょう。

結婚を考えると付き合う相手もつい「選ぶ」ようになってしまいますね。純粋な「好き」だけではいけなくなってしまう人が多いのです。

出会い方の違い

社会人の恋愛はどこか形式ばったところがあります。例えば、出会い方にしても「合コン」や「お見合いパーティ」など、自分から積極的に機会を求めなくてはいけません。「自然に出会いたい」と思ってはみても、社会にでるとそう簡単にはいかないのですよね。

それに対して、学生の頃の恋愛はとても自然に出会うことができます。たいていは、同じ学校、同じクラス、同じ部活・・・というように出会う場所が用意されています。このように、学生のころはとても自然に出会うことができます。これは社会人からするととても理想的な出会い方なのでしょう。

社会人はわざわざ機会を設けて、自分から積極的にいかないと出会えないという難点があるのですね。

このように、社会人の恋愛と学生の恋愛では出会い方にも違いがあるのです。「学生のころは良かったな」と思うこともあるでしょう。しかし、その違いを受け入れて、自分から積極的に出会いを求めに行く人が早く恋愛をスタートさせられるのです。

気軽さの違い

「気軽さ」をとってみても、社会人と学生とでは全く違います。もちろん、学生も学校の勉強や友人関係といろいろ悩み事があることでしょう。しかし、結婚のことや年齢を考えなくていい点でいうと、社会人と比べてとても気軽に恋愛しているのではないでしょうか。

社会人になるとどうしても、年齢などを気にしがちになってしまいます。「もう~歳だから急がないと」という焦りもでてきます。結婚までのことを考えてみても、焦りがつきものになるのです。

こういった点で、学生の恋愛の方が多少の気軽さは感じられることでしょう。だからといって社会人の恋愛が気の重たいものというわけではなく、個人個人のとらえ方次第といえます。

お金の自由があること

学生のころは自分でお金を作りだすことができないことが多いです。もちろん、アルバイトをすれば別ですが、小学生や中学生はまず無理でしょう。これに対して、社会人は労働をして給料をもらっているので、お金の自由が利きます。もちろん、デートを豪華にすることもできますし、二人で貯金をするなどというこ ともできるのですね。

そういう点でも、学生の恋愛とは違う恋愛が楽しめそうです。

保護者に守られる学生恋愛と「自分の責任」が社会人恋愛

学生のころは保護者に守られています。ですから、門限がありますし、いろんな制限があるのです。それに対して、社会人の恋愛は一言で言うと「自由」です。門限も学生のころに比べるとゆるくなっているでしょう。

しかしその分、「責任」は自分たちでとるということが重要ポイントです。学生のころは何かあったら、親が責任をとってくれました。しかし、社会人恋愛では何かあれば自分たちで責任をとる、ということになります。

そのことを踏まえたうえで、良いお付き合いができるようにできるといいですよね。

社会人の恋愛のきっかけ5選

職場での出会い

社会人の恋愛のきっかけで多いのは職場での出会いです。職場だと毎日顔を合わせるということもあり、きっかけになりやすいのです。違う部署だったとしても、廊下ですれ違うというきっかけがあれば恋愛に発展する可能性も出てきます。

このように、職場で恋愛のきっかけが生まれることはよくあることなのですね。

もし今出会いが欲しいけれど見つからないという人は、よく職場を探してみてください。もしかすると気づいていないところに、恋愛に発展できる相手がいるかもしれませんよ。

合コンでの出会い

合コンが社会人の恋愛のきっかけになることもあるでしょう。友達に誘われて行った合コンで、たまたま意気投合する、ということも少なくないはずです。合コンではおいしい料理やお酒を楽しみながら、今まで会ったことのない人に出会うことができます。積極的に参加することで、きっかけを増やすことにつながりますよ。

てっとり早く、出会いを見つけたい人は合コンに行ってみることをおすすめします。恋愛に発展しなくとも、いい友達を見つけられる可能性もありますし、メリットは必ずあるからです。

お見合いパーティでの出会い

お見合いパーティは「結婚したい」と願っている男女が多く集まっています。ですので、結婚を視野に入れた恋愛をしたい社会人は、お見合いパーティに行くことをおすすめします。一定の年齢を超えると誰しも結婚を意識するものですよね。そして、焦ってもくるはずです。そんな社会人に力を貸してくれるのがお見合いパーティ。いいきっかけになるはずです。

お見合いパーティでは、年収別、年代別のパーティや大人数、個室パーティなどバラエティに富んだ催しをしています。そのため、自分に合ったパーティを選んで参加することが可能です。積極的な人は、大人数のパーティに参加してたくさん交流を深めるのがいいでしょうし、逆に控えめな人は1対1のパーティに参加し、きっかけを作るのがよいでしょう。

お見合いパーティに参加して恋愛のきっかけを手にいれてくださいね。

サークル

共通の趣味を楽しみながらのサークル。これがきっかけで恋愛に発展するということも多いです。お互いの好きなものが同じ、というだけでも話の話題が作りやすく、いい雰囲気になるのですね。わざわざ話題を作らなくてもいいので、とてもおすすめです。

スポーツのサークルや、料理のサークルなど今は幅広いサークルが用意されています。積極的に参加して、きっかけを作ってみてはどうでしょうか。

友達の紹介

「友達からの紹介」というのは社会人恋愛のきっかけでとても多いものです。「どうやって知り合ったの?」と聞いて「友達の紹介だよ」と返答がくる確率は高いですよね。信頼できる友達の紹介なら、安心できる、という利点があります。まったくの知らない人なら会うのも怖いことがありますが、知り合いの知り合いならば抜群の安心感でいられますね。

自分と相性の合う人の知り合いなら、その人との相性もいいという可能性も高いのではないでしょうか。期待ができるきっかけの一つといえます。きっかけ作りで悩んでいる人は、思い切って友達に紹介を頼んでみることをおススメいたします。

社会人同士の恋愛で気を付けるべきこと3つ

仕事に対する理解を持つ

社会人といえば、仕事を持っている人が多いでしょう。残業や繁忙期は忙しくてなかなか連絡ができなかったり、恋愛に時間をさけなくなりがちですね。そんなときこそ、相手のことを思いやることを忘れないで欲しいのです。「今相手は忙しいんだな」と認識して、「連絡とれないのも仕方ないな」と理解する心を持ってください。

そういう気持ちがないと、社会人同士の恋愛は続けるのが難しくなることがあります。連絡がこないたびに「どうして連絡くれないの?」という相手では、ストレスがたまってしまい、続けられなくなるのです。

仕事で忙しいときこそ、相手を思いやって、大切にしていきたいものですよね。

真剣に向き合う

特に相手が「結婚」に対して迫ってくるときなどには真剣に向き合うことが必要です。間違っても「知らないよ」などと適当な態度では関係がうまくいきません。特に女性は結婚に対して敏感になります。それを男性側は受け入れて、真剣に向き合う心が必要ですね。

真剣に向き合ってくれる相手だとわかれば、女性は安心してその人との恋愛を続け ることができます。良い関係を続けていくことも可能なのです。

ゆるい思考で接する

学生のころはまだまだ思考が幼いですが、社会人になれば柔軟な思考を持って相手に接したいものです。例えば「絶対に~じゃないといけない」という考えがあるとすれば、それを柔らか くして「まぁ、~でもいいか」と変えていくのです。

そうすることで、相手のことも厳しく叱ったりすることなく、良好な関係が築いて いけることでしょう。思考を柔軟でゆるいものにすることは、良い人間関係を続け ていくのに重要な役割を果たします。

自分で「あ、今思考が堅いな」と感じたなら、ゆるいものに変えていくようにして みましょう。

社会人恋愛を思い切り楽しむ秘訣3つ

あめとむちを使い分ける

社会人の恋愛は時に甘く、時に厳しく、が程よい関係を築けます。甘いだけではだめなのが社会人の恋愛。例えば楽しいデートのときには思い切り甘くして、ラブラブなデートを楽しむけれど、はっきりと言わなければいけないときにははっきり言ってあげる、これが優しさではないでしょうか。

もちろん、甘いだけの関係も心地よいかもしれません。それでも関係は成り立ちます。しかし、そこにスパイスを加えることで甘くなりすぎない、良い関係が築かれます。「甘くなりすぎてるな」と思うときには、「そろそろむちを使ってみよう。」と作戦を立てるくらいでちょうどいいかもしれませんね

お互いの時間を大切にする

学生のころは「いつでも一緒にいたい」という恋愛が主ですが、社会人恋愛では「いかに自分の時間を大切にするか」がキーになってきます。逆に言えば、「自分の時間を大切にできる人」というのは、社会人恋愛をする上でとても付き合いやすい相手、なのではないでしょうか。

自分の時間を持たず、いつも「一緒にいたい」ばかりの相手だと、疲れてしまいます。学生のころとは違う、と意識して、自分の時間を持つように心がけると良い関係が長続きするでしょう。

それでもどうしてもべったりしていたい、というカップルも中にはいますよね。そういうカップルは少し意識してお互いの時間を作るだけでも、違いが出てくるでしょう。ぜひ、試してみてくださいね。

たまに旅行に行って新鮮な風を通す

これは当たり前と思われがちなのですが、社会人恋愛を楽しむうえでとても大切なことです。二人の関係がマンネリしないように、定期的に旅に出てみてください。確実に、新 しい風が吹いて、いい関係が戻ってきます。

二人で電車に乗って景色を楽しみ、知らない土地に行き、素敵なホテルに宿泊。これだけでもとてもいい気分転換になりますが、さらに買い物を楽しんだりすることでパワーがよみがえります。

「最近マンネリだな」と感じたときには、ぜひ一緒に旅行に行ってみてくださいね。きっとマンネリ状態に、いい風が吹くことでしょう。
遠出がめんどくさい、お金がないという場合には、近場の温泉などでもいいかもしれません。とにかく、違う場所に行って、違う場所に触れる、という体験がとても大切です。試してみてくださいね。

まとめ

社会人の恋愛とはどんなものか、についてみてきました。いろいろな違いや気を付けるべき点がありますが、大切なのはそれぞれのカップルのペースでよい関係を築いていくこと、なのです。

お互いに気持ち良く関係を続けていけるように、お互いを思いやり、ある程度のルールを決めて過ごすことが良い関係を築いていくことにつながることでしょう。一般的なものや、他のカップルと比べることなく、自分たちの社会人恋愛を楽しんでくださいね。


スポンサーリンク

Check Also

【男子必見!】彼女に指輪をプレゼントしたいときのタイミングとおすすめブランド8選

付き合っている彼女との記念日や …