Home / カップル / 恋人を好きじゃなくなった時に出るサインと確認しておくべきこと

恋人を好きじゃなくなった時に出るサインと確認しておくべきこと

恋人がいる人の中には、交際期間が長くなっている人もいるでしょう。そんな人の中には、「恋人の愛情が感じられなくなった」と感じている人もいるでしょう。逆に、「恋人への愛情が分からなくなってきた」と感じている人もいるのではないでしょうか。

今まで、特別な存在と感じていた相手の気持ちが分からなくなったり、自分の気持ちが分からなくなると、「どうしたら良いのだろう」と感じる人が多いでしょう。では、好きじゃなくなった時に、人はどういったサインを出しているのか。恋人への気持ちがなくなったと感じた時、何を確認しておくべきなのかをご紹介しましょう。

スポンサードリンク

恋人を好きじゃなくなった時に出るサイン

長く交際している恋人の態度が、今までと変わったら「嫌いになったんだろうか?」と戸惑う人もいるでしょう。「もう、愛情がなくなったのだろうか?」「冷めたのだろうか?」と思った時には、相手がどんな風に接し方が変わったのか、確認してみると良いでしょう。

恋人への愛情がなくなると、様々な部分にサインが出ているはずです。これを早いうちに確認することが出来れば、別れを防ぐことも出来るかもしれません。

連絡がかえってこなくなる

交際間もない頃には、メールやLINE、電話などをした時、すぐに相手からのリアクションがあった人も多いでしょう。電話に出れない時には、電話が出来る状況になってすぐに折り返し電話が来ていたのではないでしょうか。

しかし、「最近、連絡が返ってこない」と感じることが多い人は、要注意といえるでしょう。メールやLINEでの返信が遅くなったり、電話をしても出なかったり、折り返し連絡が来ない場合には、相手の気持ちが離れて行っている可能性があります。

元々、連絡が遅い相手であれば気にする必要はありませんが、「今まで、すぐに連絡が来ていた」という人は、相手の気持ちが離れている可能性が高いでしょう。

ウソをつく

交際がスタートした時、互いに「嘘をつくのはやめよう」と約束した人も多いと思います。恋人同士にとって、やはり嘘というのは信頼関係が築けなくなってしまいますから、関係にヒビが入ってしまう可能性があります。しかし、恋人に愛情がなくなると、今まで嘘をつかなかった人も、嘘をつくようになります。

例えば、本当は予定がないにも関わらず、「次の休み、デートしよう」と誘った時、「ごめん、その日は友達と予定がある」と嘘をついて断るようになります。同性の友達と遊ぶといって、異性の友達と遊ぶこともあるでしょう。

平気で嘘をつくということは、あなたとの関係が終わっても良いと思っている現れでもあります。「嘘をついている」と思ったら、あなたから気持ちが離れていると判断した方が良いでしょう。

謝ることがなくなる

恋人同士でも、時には喧嘩をすることがあります。どんなに仲の良い二人でも、喧嘩をすることはあるでしょう。愛情がある時には、謝って仲直りをすることが出来ます。

しかし、相手が好きじゃなくなると喧嘩をしても謝らなくなります。「自分が悪い」と思っていても、関係を維持する気持ちがないからこそ、謝ることをしません。

「そういえば、最近喧嘩の際に謝らなくなったな」と感じている人は、相手の気持ちがあなたから離れている可能性があるため、日頃の接し方も見直してみると良いでしょう。

相手の嫌な点を率直に言う

交際間もない頃には、相手の嫌な部分を見ても、それを相手に伝えることはしないでしょう。「ここを直してほしい」なんて、言うことは出来ません。

交際期間が長くなると、何でも言い合える関係になりますが、それでもわざわざ相手の悪いところを伝えることはしないでしょう。

しかし、気持ちがなくなれば「あなたのこういうところが嫌」とはっきりと言うようになります。これを言えるということは、どこかに「嫌われても良い」「別れることになっても良い」という気持ちがあるからでしょう。

他の異性に興味が出てくる

恋人が出来ると、相手を一途に思う人もいます。そんな恋人を愛おしく、安心感を抱いていた人も多いのではないでしょうか。

しかし、一途な人でも、あなたに気持ちがなくなれば、他の異性に興味が出てきます。今まで、他の異性の話をしなかったのに、「あの人、カッコいいよね」「あの子、可愛いよね」と言うようになったら、要注意と言えるでしょう。

他の異性を褒めるようになると、焼きもちをやく人もいますが、それを責めると相手の気持ちは更に冷めることになりますから注意が必要です。

記念日や誕生日に興味がなくなる

恋人同士にとって、記念日や誕生日というのは特別な日です。一緒にお祝いをして過ごしていた人も多いのではないでしょうか。しかし、相手を好きじゃなくなれば、今まで特別だった日も相手にとっては特別な日ではなくなります。

「次の休みは記念日だから、どこかに行こう」と誘った時、「予定があるから」と断る様であれば、あなたとの記念日に興味がなくなった、あなた自身に興味がなくなった証拠といえるでしょう。

誕生日などの過ごし方が変わって人は、要注意といえるでしょう。

面倒くさそうに対処する

「優しかったはずの恋人の態度が変わった」とショックを受けている人の中には、「いつも、面倒くさそうに接してくる」と感じている人もいるでしょう。

恋人への気持ちがなくなると、相手への興味もなくなりますし、関係を維持しようという気持ちもなくなるため、あなたと接する際に「面倒くさい」と感じ、接し方も雑になります。

「最近、冷たいな」と感じたら、相手の気持ちが冷めて言っている可能性があります。これを突っ込むと、相手は逆切れしてしまう可能性があるため、そっとしておいた方が良いでしょう。

仕事を優先する

交際間もない頃には、休日のたびにデートを楽しんでいた人も多いでしょう。仕事で忙しい時でも、少しの時間でも会う時間を作っていた人も多いのではないでしょうか。

しかし、「最近、事あるごとに仕事と言って会ってくれない」という人は、相手が仕事に逃げてしまっている可能性があります。

気持ちが冷めた時、仕事を理由に会えないという人がたくさんいます。仕事と言われると、相手は強く言えませんから、それを分かった上で仕事を理由にしている可能性が高いでしょう。

恋人を好きじゃなくなった時の確認事項

恋人がいる人の中には、「最近、恋人への気持ちが分からなくなってきた」と感じている人もいます。交際期間が長くなればなるほど、「愛情はあるんだろうか?」と感じることもあるでしょう。

一緒にいる時間が長ければ、愛情ではなく、情も沸いてきているでしょうから、「これって、単なる情では?」と思うこともあるでしょう。

そんな時は、自分の気持ちを改めて確認してみると良いでしょう。愛情と情を見極めるのは非常に難しいですが、これを見極められなければ、後々後悔する決断をしてしまう可能性があります。

好きじゃなくなったと感じる理由を考えてみる

「もう、恋人のことが好きじゃないかも」と思った時には、まずどうして好きじゃなくなったと感じているのか、その理由を考えてみると良いでしょう。

例えば、気持ちが冷める様なきっかけがあったのか、客観的に考えてみましょう。気持ちが冷めてしまうような言葉を言われたり、何かされたのか。もしくは、他に気になる異性がいるのか、などを自分自身で確認してみましょう。

理由が見つかれば、本当に愛情がなくなったのか、単に腹が立っただけなのかを見極めることが出来るはずです。一時的な気持ちで別れを選んでしまえば、後々後悔することになりますから、好きじゃなくなった理由を探ることが大切です。

好きになった理由を考えてみる

「好きじゃなくなったかも」と思った時には、そもそも相手のどこに惚れたのか、もう一度思い返してみましょう。出会った頃、交際がスタートした頃のことを思い出してみましょう。

「そういえば、こういうところが好きになったんだ」と思い出すことが出来れば、改めて相手の魅力に気づくこともありますし、「そんなことで好きになったんだ」と思うかもしれません。

そして、好きになった理由が今でも好きと思えるのであれば、まだ関係は維持させることが出来るでしょう。

恋人のいなくなった生活を考える

恋人への気持ちが冷めてしまうと、別れを考える人も多いでしょう。しかし、すぐに別れという決断をするのは早すぎます。愛情が冷めたと思っていても、単に気持ちが安定しただけということもあります。

別れてから後悔しては遅いですから、まずは恋人と別れてしまった時の自分の生活を想像してみましょう。これから先、一切恋人に会わず、接することのない生活を思い浮かべた時、あなたはどう思うでしょうか。

「寂しい」と思うのか、「すっきり」と思うのかによって、今後の二人の関係が見えてくるでしょう。

恋人以外のことで時間を満たしてみる

今まで、休日のたびに恋人と過ごしていた人は、「たまには、一人でゆっくりと休日を過ごしたい」と思っている人も多いでしょう。

気持ちが冷めたのかを確認するためには、まずは恋人以外の時間を作りましょう。友達との時間、同僚との時間、一人の時間を作り、その時間を過ごすことで恋人をどれだけ思い出すのか、恋人との時間がどのくらい大きな存在となっているのか気づくことが出来るでしょう。

好きじゃなくなったと言われた時の対処方法

恋人から、「もう、好きじゃなくなった」と言われたら、誰だってショックなものです。交際がうまくいっていると感じていた人にとっては、青天の霹靂と言えるでしょう。

「これから、どうしたら良いのだろう」と焦る人もいると思いますが、好きじゃなくなったと言われた時、すがるようなことは避けましょう。別れたくないという気持ちがあるのであれば、尚更すがることは避ける必要があります。

では、恋人から「好きじゃなくなった」と言われたら、どう対処したら良いのかご紹介しましょう。

「好きじゃなくなった」の本当の意味を理解しよう

誰だって、好きな人から「好きじゃなくなった」と言われれば悲しいものです。しかし、これを言われたからには、この意味をしっかりと理解する必要があります。

今まで交際してきた相手に、「好きじゃなくなった」というのは、相手にとっても辛いはずです。それを、あえてあなたに伝えてきたということは、その思いをあなたもしっかりと受け止める必要があります。そして、相手は何を望んでいるのかを理解しましょう。

別れたいと思っているのか、それともあなたに改善を求めているのかを確認し、これ以上相手の気持ちが離れないように対応することが必要です。

友達の関係を続けて連絡ができるようにしておく

相手の気持ちを知り、ショックを受ける人が多いと思いますが、中には「どうしても、別れたくない」と思っている人もいるでしょう。別れれば、これから先一切連絡が取れなくなることもありますから、別れ方は重要です。

そんな人は、恋人関係は壊れてしまっても、友達関係が続けられるように努力しましょう。友達という関係が続けられるのであれば、今後復縁という可能性も出てきます。

友達関係を築きたいと思うのであれば、すがらないこと、詮索し過ぎないことが必要です。相手が気軽に連絡しやすいように、泣きわめいたりしないこと。

どんなにショックを受けていても、「平気そうだな」と思わせるような対応をすることが必要となるでしょう。

自分磨きに精を出す

交際している相手から、「好きじゃなくなった」と言われれば、「これから、どうしたら良いのだろう」と思う人が多いでしょう。相手の気持ちを「取り戻したい」と思うのであれば、自分磨きをするしかありません。

交際期間が長い人の中には、恋人がいることに安心して、自分磨きをしていなかった人も多いのではないでしょうか。当然ですが、自分磨きをしなくなれば、相手は他の人に気持ちが惹かれることもあります。交際を維持するためには、それなりの努力も必要ということです。

男性の場合には、今まで以上に仕事に取り組んだり、ファッションセンスを磨くと良いでしょう。彼女をもっと大切にする姿勢を見せることも大切です。

女性の場合には、ファッションやメイクなどを見直したり、ダイエットなどをすると良いでしょう。もちろん、彼に対する対応も女性らしい振る舞いを心がける必要があります。

男女問わず、自分磨きをするためには外側だけではなく、中身を変えていくことも必要です。性格を変えるというのは難しいですが、考え方を見直したり、接し方を見直すだけでも、変わってくるはずです。

相手に「変わったな」と思わせることが出来れば、相手の気持ちを取り戻すことも出来るでしょう。

まとめ

交際している恋人がいるというと、周りからは羨ましがられることもあるでしょう。しかし、中にはどちらかの気持ちが冷めてしまっていることもあります。

「恋人の愛情が感じられない」という人も「恋人への気持ちが冷めてしまった」という人も、気持ちの変化に気づいた時には「どうしたら良いだろう」と戸惑うでしょう。

相手の気持ちが離れてきていると気づいたら、まずは気持ちを取り戻すような努力が必要です。自分の気持ちが冷めたと感じた時には、自分自身の気持ちを確認することが必要です。

一緒に居すぎると、相手の存在が近すぎて、大切さに気づけないこともあります。そんな時は、まずは冷静に相手の気持ち、自分の気持ちを見直しましょう。


スポンサーリンク

Check Also

東大生男子との合コンのススメ

日本の学問の最高峰、東大男子が …