Home / 恋愛 / モテ / 恋人に「好きって言って」と言われた時の感情と対処方法

恋人に「好きって言って」と言われた時の感情と対処方法

恋人がいる人の中には、「交際してからは、自分の気持ちをあえて言葉にして伝えていない」という人も多いはず。特に男性は、自分から「好き」という気持ちを伝えていないのではないでしょうか。

男性の中には、「わざわざ口にしなくても分かるだろう」と思っている人もいますから、交際してから一度も「好き」と言っていない人もいるでしょう。しかし、人の気持ちはどんなに一緒にいる相手であっても、言わなければ伝わりません。

恋人から「好きって言って」と言われることもあると思いますが、そんな時、あなたはどう対応していますか。この対応によっては、恋人を不安にさせてしまっている可能性がありますから、注意が必要です。

スポンサードリンク

「好きって言って」と言われた時の感情

自分の気持ちを、口に出して伝えていない人の中には、「交際後、どんどん好きになっている」という人もいるでしょう。そんな人は、口で言わなくても、行動で示している人もいます。

これだけ行動しているのだから、「気持ちは届いているだろう」と思っている人も多いですが、意外と行動というのは相手に伝わっていないこともあります。

そのため、相手から「好きって言って」と言われた時、戸惑う人もいるのではないでしょうか。「どうして、言わされるのだろう?」と不快に感じている人もいるでしょう。

では、恋人から「好きって言って」と言われた時、人はどういった感情を抱くのかご紹介しましょう。

可愛い

恋人からの言葉というのは、同じ言葉を言われても、二人の距離感や関係性によって受ける印象がそれぞれ変わってきます。

「好きって言って」と言われた人の中には、素直にそんな相手を「可愛い」と思う人もいます。交際期間が短かい場合には、こういった言葉も愛おしく感じることが出来るでしょう。

こう言われるということは、相手も自分の「好き」ということが分かりますから、その言葉に満足している人も多いでしょう。

「好き」という言葉は、あなたの気持ちを伝えるだけではなく、相手を安心させ、交際を安定させるパワーがあります。可愛いと思うのであれば、定期的にあなたの思いを伝えるようにしましょう。

面倒くさい

交際期間が長い人の中には、「好きと言って」と言われると、「面倒くさい」と感じる人も少なくありません。本来であれば、「好き」という気持ちは強制して言うことではありませんから、「どうして、今言わなければいけないのだろう」と嫌な気持ちになる人もいるでしょう。

しかし、面倒くさいと思っているからと言って、決して愛情がなくなったという訳ではないでしょう。相手から言わされるということが、面倒くさいと感じる人がほとんどです。

「好きって言って」という人の中には、「相手の愛情がなくなったかもしれない」と不安で言ってくることもあるでしょうから、相手の気持ちになって接することが大切となるでしょう。

「面倒くさい」と思っても、決してそれを口にしてはいけません。愛情があっても、それを口にすれば相手にとっては、「愛情がない」「冷たい人」と思われてしまいます。そして、相手はどんどん離れて行ってしまうでしょう。大切な人を失わないためには、相手の気持ちになって接することが必要です。

恥ずかしい

恋人に自分の気持ちを伝えない人の中には、「交際しているのだから、自分の気持ちは分かっているだろう」と思っている人も多いです。特に、男性は「言わなくても、気持ちは分かっているはず」と思い込んでいる人が多いのではないでしょうか。

しかし、女性の場合には「言ってくれないと分からない」「分かっていても、言ってほしい」と思っている人がたくさんいます。

「好きって言って」と言われると、好きという気持ちはあるものの、「恥ずかしくて言えない」という男性もいます。恥ずかしいという気持ちは分かりますが、気持ちがあるのであれば、ちゃんとその気持ちを伝えましょう。

恋人に「好きって言って」と言われた時の対処方法

恋人に「好きって言って」と言われた時、素直に「好き」という人は少ないでしょう。言われるたびに、「どう対応すれば、相手は納得してくれるのだろう?」「傷つけずに、言わない方法はないだろうか?」と思っている人もいるのではないでしょうか。

「好きって言って」と言っているにも関わらず、無視をするわけにはいきません。何も言わないと、「気持ちが冷めたんだ」と思われてしまうこともありますから、相手を思った対処法が必要です。

対処法としては、素直に「好き」と伝える方法もありますが、「口に出して言うのは恥ずかしい」という人は、他の方法で気持ちを伝える必要があります。「恥ずかしくて言えない」ではなく、何らかの形で相手に気持ちを伝える努力をしましょう。

どんな方法が相手を傷つけずに済むのか知っていれば、その場で焦ることも、悩むこともなくなるでしょう。

黙って強く抱きしめる

男性の場合には、「好きって言って」と言われると「照れくさくて、言えない」という人もいるでしょう。しかし、そのまま言わずにいれば、女性は傷ついてしまいます。「答えないということは、好きじゃないんだ」と思われてしまうこともあります。

そうならないためには、黙って女性を抱きしめると良いでしょう。もちろん、外出先などでは難しいですが、家の中などであれば、無理なく出来ます。

女性にとって、抱きしめられるというのは安心感を得ることが出来ますし、それがあなたの気持ちであることも理解出来るはずです。

あなたも、その言葉に答えることになりますから、「傷つけてしまったかも」と後々悩むこともなくなるでしょう。

その場は茶化して、後から真剣に言う

恋人から、「好きって言って」と言われると、「相手から言わされるのは嫌」と思っている人もいます。確かに、「好き」という気持ちは、誰かに言わされるものではありませんから、抵抗感を感じる人もいるでしょう。

そんな時は、その場は茶化して流すと良いでしょう。「何言っているの?」「そんなの、言わなくても分かっているはず」などと茶化して流しましょう。違う話を振って、話題を変えるのも良いでしょう。

ただし、こうしてその場を乗り越えても、その日のうちに真剣にあなたの気持ちは伝えることが大切です。茶化したまま流してしまえば、相手は「もう、愛情がなくなってしまったんだ」「気持ちが冷めたんだな」と感じてしまいます。

言わされるのは嫌と言う人は、その場は茶化して、その日のうちにちゃんとあなたの言葉で気持ちを伝えるようにしましょう。

相手のことをいかに好きか、どれだけ特別か伝える

恋人がいる人の中には、定期的に相手から「好きって言って」と言われている人もいるでしょう。これを言われるたびに、「面倒だな」「どうして分かってくれないのだろう」とイライラしてしまうのではないでしょうか。

相手の気持ちを確かめたいという気持ちは理解出来ても、何度も気持ちを言わされるというのは、良い気持ちはしないでしょう。

「どうすれば、気持ちを分かってもらえるのだろう」と思っている人は、一度ゆっくりと自分の気持ちを伝えると良いでしょう。どれだけ愛情を持っているのか、どれだけ特別な存在になっているのかを伝えることが出来れば、相手も安心して、納得するはずです。

そして、その際「好きって言って」と言われるのは良い気持ちがしないことも伝えておきましょう。そうすれば、相手も今後言ってくることはなくなるでしょうし、安心してあなたの関係を続けることが出来るでしょう。

相手に冷めてきているのであれば、無言を通す

恋人がいる人の中には、「実は、既に気持ちが冷めてしまっている」という人もいるでしょう。別れを考えている人もいるのではないでしょうか。

気持ちが冷めていれば、自然と恋人に対する接し方も変わってしまいますから、相手が不安に感じていると気づいている人もいるでしょう。

そして、相手から「好きって言って」と言われ、「どう答えよう?」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。「相手をなんとか安心させなければ」「冷めたことに気づかれないようにしなくては」と思う人もいるでしょう。

しかし、相手に気持ちがないにも関わらず、「好きって言って」と言われて、「好き」と伝えるのは優しさではありません。答えてしまえば、相手をそれだけ期待させてしまうことになります。

別れを考えているのであれば、「その場を乗り切ろう」という思いで「好き」という人もいますが、それでは余計に相手を傷つけてしまうことになります。

既に気持ちが冷めてしまっている場合には、何も答えない方が良いでしょう。無言を通すことで、自然と相手にもあなたの気持ちを伝えることが出来ますし、別れを予感させることが出来ます。

相手の愛情表現を増やす方法

恋人に不満を持っている人の中には、「相手が愛情表現をしないから、全く気持ちが分からない」と感じている人もいるでしょう。

特に、女性は「ちゃんと言葉にしてほしい」「いつも、気持ちを伝えてほしい」と思っている人が多いのではないでしょうか。

しかし、愛情表現をするというのは、その人の性格や育ってきた環境なども影響してくるため、何度言っても変わらないでしょう。「どうすれば、もっと愛情表現をしてくれるようになるのだろうか」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そんな時は、あなたの言葉や行動が大切です。あなたの言葉や行動次第では、少しずつでも愛情表現が増やせるかもしれません。

自分から愛情表現をする

「相手が愛情表現をしてくれない」と不満を持っている人は、あなたは愛情表現をしっかりとしていますか。中には、自分は愛情表現していないにも関わらず、相手にばかり求めてしまう人もいます。

当然ですが、これではどんなに要求しても、相手から愛情表現をしてくることはないでしょう。愛情表現をしてほしいと思うのであれば、あなたも相手にちゃんと愛情表現をすることが必要です。

愛情表現の方法は色々ありますが、相手にとって分かりやすい方法を選ぶことも大切です。特に、男性の場合には鈍感な人も多いですから、分かりやすい愛情表現をすることがポイントです。

日頃から、あなたが愛情表現をしていれば、相手も「自分も気持ちを伝えなければ」という思いになり、自然と愛情表現するようになるでしょう。

求めてばかりでは相手を変えることは出来ませんから、まずはあなたが与えることからはじめましょう。

愛情表現をしてほしいことを、真剣に一回だけ伝えておく

「どうして、恋人は気持ちを伝えてくれないのだろう」と不満や不安を抱えている人がいます。自分は、いつも気持ちを伝えているにも関わらず、相手から何も返ってこなければ、不安になるのは当然です。

そんな時には、一度だけじっくりとあなたの思いを伝えてみましょう。「どんなに長い間一緒にいても、どんなに好きな相手でも、言わなければ伝わらない」「好きだからこそ、あなたの気持ちが知りたい」「気持ちを伝えてくれれば、もっと安心出来る」といったように、真剣に伝えてみましょう。

真剣にあなたの思いを伝えることが出来れば、相手もそれに答えようとするはずです。そして、少しずつでも愛情表現するようになるでしょう。

ただし、これは何度もしつこく伝えるのは逆効果です。一度だけ、じっくりと話をすることであなたの思いがどれだけ本気であるかを伝えることが出来るでしょう。

可愛らしく愛情表現を無言で求める

女性の中には、「どうして、彼は愛情表現をしてくれないのだろう」と思っている人もいます。しかし、中には彼の前で女性らしい部分を忘れてしまっている人も少なくありません。

交際期間が長くなれば、当然話し方も接し方も気取らなくなると思いますが、女性らしさを忘れてしまえば、彼にとっては「可愛げがない」と思われてしまい、気持ちを伝える気持ちを無くさせてしまいます。

愛情表現して欲しいと思うのであれば、女性らしく、可愛らしい部分を見せて、愛情表現を求めましょう。可愛らしく求めれば、彼も交際間もない頃の様に愛情表現してくれるでしょう。

まとめ

好きな人が出来、その人と交際出来れば、いつまでも「好き」という気持ちを持っていてほしいと思うものです。そして、安心して交際を続けるためには、「好き」という気持ちを伝えてほしいと願っています。

愛情表現というのは、人によって異なるため、「伝わらない」と思っている人もいますから、口で伝えることも大切です。「言わなくても分かるだろう」と思っている男性も多いですが、言わなければ伝わらないことがたくさんあります。

好きで交際している相手、大切な存在の恋人ですから、その相手を不安にさせたり、傷つけたくないためには、あなたの気持ちを素直に伝えることも忘れてはいけません。

「好き」というたった二文字が、恋人を安心させてくれます。「そういえば、最近恋人に気持ちを伝えていないな」という人は、素直な気持ちを伝えましょう。

互いに、気持ちを伝え続けることが出来れば、自然と交際も順調に進めることが出来るはずです。


スポンサーリンク

Check Also

「華奢」は褒め言葉!スレンダー美女の条件とは

華奢な女性と聞いてどういうイメ …