Home / 恋愛 / 「好きな人に突然避けられた…」原因3パターンとそれぞれの対処方法

「好きな人に突然避けられた…」原因3パターンとそれぞれの対処方法

好きな人に避けられている状況はとても辛いものです。特に避けられる原因が思い当たらないときには、どうしていいのか分からなくなってしまいます。

ですが、「避けられる」=「嫌われた」とは限りません。こちらに思い当たる原因がないのに突然避けられる場合、まずはその原因を探らなければいけません。

避けられるようになった原因さえ知ることができれば、解決方法を考えることが出来ますよね。

ここでは、好きな人に避けられるようになった原因を探る方法と原因のパターン、さらに原因別の対策方法まで解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

考えられる原因を探るための方法

突然避けられるようになるには何か原因があります。まずは、避けられる前のこちらの行動を詳細に思い出してください。

どんな会話をしましたか?どこで会いましたか?最近、噂などで相手との関係が冷やかされているなど今までとは違った状況になっていませんか?こちらの好意に気づかれていませんか?

まずは避けるという行動になり得る原因を見つけましょう。

①避けられるようになった直前の会話を考える

避けられていると感じる行動で分かりやすいのは、会話をしなくなる、会話がはずまなくなるなど、会話をする状況で今までとの違いがあるときです。これまでの会話とは違った対応を感じたとき、その前に会話したときのことを思い出してみてください。

相手のプライドを傷つけるようなことを言っていませんか?その場で、傷ついた態度を表に出していないことも考えられます。場の雰囲気を保つために、その場では平然としていたり、馬鹿にされていても笑っていたかもしれません。こちらは気づかないうちに、気に障ることを言った可能性もあります。こちらが直接発した言葉でなくても、周りが言った言葉に賛同していた場合、同じように傷つけてしまったかもしれません。

好意を持っていた相手、好意を持たれていた相手からプライドを傷つけられた場合や馬鹿にされるような行為を見られたり、された場合、気持ちが傷ついたり、恥ずかしい気持ちになり、相手を避けるようになってしまう可能性があります。

②避けられるようになった前に最後に会ったときの状況を考える

会話の次に避けるということを感じるのは、会う回数が減ったり、予定を断られるようになるときです。その直前に会ったときのことを思い出してください。非常識な振る舞いをしていませんか?

非常識な振る舞いという感覚は人によって違うところもあります。普段仕事などで接している方にプライベートで会うと、私服のだらしなさにがっかりすることなどありませんか?

食事のマナーや、会話のときの声の大きさ、突然の電話でも相手の状況を聞かないまま話を続けるなど、人によって、些細なことでも非常識と感じることをされると一緒にいたくない、知り合いだと思われたくないと考えてしまいます。

③他の人から好きな人に何かあなたの情報が入ったか考える

突然避けれれるようになったというとき、自分に何かをした覚えがない場合に考えられることで、あなたの情報が他の人から好きな人へ伝わった可能性があります。あなたを嫌いな人からあなたのよくない情報が伝わった場合は、あなたを避けるという行動につながる場合もあります。

人から嫌われている人と好んで親しくしたいと思う人はいませんよね。その情報が間違っている場合、訂正するのも難しいのですが、色々と考えても避けれれる理由が思い当たらない場合、好きな人に対して何かしゃべってないか、知人に聞くのも一つの方法です。

避けられるようになった理由として考えられる原因

①相手に好意があって避けられた

避けられた原因に心当たりがあった場合でも、見当がつかない場合でも、相手があなたを突然避けるようになったときは、不安になりますよね。ですが、「避けられる」=「嫌われた」とは限りません。好意があるからこそ、避けるようになる場合もあります。

恥ずかしさの表れや、あなたの気を引くための行動が、避けるということをしている可能性もあります。自分の気持ちを悟られたくない、周囲にばれないようにと避けていることもあります。

恥ずかしくて避けられた

突然避けられる理由が見つからなかった場合に考えられる理由として、相手にこちらの好意が伝わって、恥ずかしい気持ちになり、あなたを避けてしまうということもあります。この場合、相手があなたに好意を持っていれば、こちらから話しかけたときなどの表情や行動で相手の気持ちを感じ取れるはずです。

逆に、こちらから接したときに、あからさまに避ける、嫌な顔をするなどの場合は、相手が本気でこちらを避けていることも感じ取れます。

気を引こうとして避けられた

今まで友好的に接していた相手が突然、避けるという行動をとるようになった場合、あなたにこちらの好意に気づいてほしくて、あなたの気を引こうと突き放すといった行動になっているのかもしれません。他の人や今までの関係ではない状況を作りたくなり、避けている自分を追ってくれるのを待って、あなたの気持ちを確かめようとしているのです。

避けていても、どこか、好意的であったり、接した時は嬉しそうであれば、好意があるためにしている行動だとわかる場合もあります。

好意に気づかれて避けられた

自分の気持ちはまだ定まっていなくても、相手の好意に気づいてしまった、相手の気持ちを他の人から聞いてしまったときなど、まだ、どうしていいかわからず困っている場合、相手をとりあえず避けてしまうことがあります。

この場合、周りからの目も気になります。他の人にからかわれたり、二人でいるところを見られるのが恥ずかしいなど、なるべく二人で接しているところを人に見られたくないといった状況になり、避けるという行動になってしまいます。

②相手に嫌われたため避けられた

好きな人にこちらから嫌な思いをさせることはないと思いますが、気づかないうちに、相手を傷つけていることもあります。大勢で騒いでいたときなど、その場のノリで相手を馬鹿にする行動などを皆と一緒にしてしまったり、直接の行動でなくても、相手に嫌な思いをさせてしまっているかもしれません。

どうしても馬鹿にされたくないプライドや許せない非常識な行動というのは人によって違います。好意を持たれている相手や好意を持っていた相手には特に、自分の自信あるプライドを笑われたり許せない非常識な行動はしてほしくなく、許せなくなります。結果、相手を嫌いになり避けるようになります。

プライドを傷つけたり、非常識なことをしてしまったから避けられた

こちらが避けられる原因に気づいてない場合でも、相手にとっては、もう接するのも嫌になるくらい、プライドが傷つけられたり、どうしても一緒にいたくないほど許せない非常識なことをしてしまったかもしれません。

この場合、突然避けるようになったあと、たまには優しく接する、たまに、話しかけてくれるなど、時と場合によって相手の避け方が変わるようなことはありません。一度避けた場合、ずっと距離をとって、離れていきます。

相手からしたら、嫌ったことに気づいてほしい状況ですので、こちらから話しかけたり、接触したりしたときの態度からも、嫌われていることは感じ取れると思います。

③相手に自分の気持ちを知られて避けられた

「好きな気持ちに応えられない」という思いで避けられた

あなたの好意を知ってしまった場合やその気持ちに応えることができない場合などに、避けるという行動をとることもあります。今までは友人として接していたため、避ける必要がなかったのですが、相手の好意に気づき、それに応えられない場合は、相手の好意を受け入れない、思わせぶりな態度は失礼だと考えて、相手を避けるということで、相手の気持ちを断っている場合があります。

この場合、嫌いというわけではないのですが、相手のことを思って距離をとることを考えているのですから、こちらから話しかけた場合は普通に接してくれます。ですが、今まで以上に友好的にはならないため、こちらからすると突然避けられているという印象を持ちます。

「嫌いではないが、好きになって欲しくない」から避けられた

嫌われて避けられるのではないのですが、好きという気持ちに対して避けてくる可能性もあります。それは、あなたに自分を好きになって欲しくないという気持ちがあるときです。友人として、知人としては仲良く接することができていましたが、あなたの好意に気づいたときなど、あなたに友人以上の気持ちがない場合です。

「一緒にいるのを見られたくない」という思いで避けられた

相手に他に好きな人がいた場合、その好きな人にあなたと仲良くしているところを見られて勘違いしてほしくないときや、彼氏・彼女という相手がいた場合、その相手が心配をしないように、あなたとの仲の良い関係を控えようとする行動です。

好きな人に避けられた時の対処方法

避けられた原因がわかったらあとはそれに合わせて対処法を考えるだけです。ここでは上記のそれぞれの理由に合わせて、対処方法を考えていきましょう。

①相手に好意があって避けられたとき

突然避けるようになった場合、嫌われたと思って心配になりますが、相手があなたを意識したときの恥ずかしい気持ちの表れだったり、恋の駆け引きのための避け方だったりもします。

避けるようになった原因を探ってもこちらに理由がなかったときは、避けるようになってからの行動に注意してみてください。避けるときもあれば、急に優しいときがある。こちらか接すると、ちゃんと対応してくれるなど、嫌われていないのは実感できるはずです。

①相手が照れ屋・シャイ・恥ずかしがり屋で避けている場合

突然避けられるようになったのに、全く原因が分からない場合、避けられているのに、こちらから接すると今までのように優しく、仲良く対応してくれていませんか?そのような時は、相手があなたを好意的に意識してしまって避けていることがあります。

今までのように、知人として接するのには、恥ずかしい気持ちや照れがあるとき、少し躊躇して避けてしまうことがあります。その場合、相手の表情や接し方を冷静に感じ取れれば、嫌われていないのは分かるはずです。

恥ずかしい、照れるという表現だとわかれば、まずは、他の人がいるところでは、あまり無理に接しない方がよいでしょう。恥ずかしがり屋・照れ屋という人にとって、まわりの人に自分の好意がバレてしまうことも、相手と一緒にいるところを見られるのは苦手だと思われます。

相手の気持ちを感じて人目のないところで話しかけてみるなど、こちらからも気を使って接することが大切です。

②相手が恋の駆け引きのために避けている場合

貴方の興味を引くための作戦として、避ける行為を実行している人もいます。避けることであなたが自分のことを気にしてくれているかを試しています。そんなときは、避けていても、こちらから話しかければ嬉しい態度が出てしまうと思います。

こちらの好意を示すと悪い気はしません。ですが、駆け引き中なので、素直に喜ぶこともしないかもしれません。それでも、本当に嫌いという態度はとりません。こちらの好意も素直に表せば、作戦も必要なくなり、避けることもなくなっていきます。

②相手に嫌われてしまって避けられたとき

突然避けられたというときには、突然嫌悪感を持たれた可能性もあります。好きな人に突然嫌われるとなると本当に辛いことですよね。原因を追究しなければ、解決できません。思い当たる原因が分からな場合、避けれれていれば本人に確かめるのも難しいのですが、誤解や噂などで不本意に嫌われてしまった場合は誤解を解くことが必要です。

まずは、原因を知って、関係を修復する対策をしなければ、避けられたままになってしまいます。

とにかく嫌われて避けられるようになった理由を探る

前に書いた避けられた理由では、恥ずかしさや、嫌いではないけど、好意に応えられないために避けるようになったものがありましたが、今回は、嫌われて避けられている状況です。この違いを見極めるのは簡単です。避けられるようになった後の相手の態度を注意してください。

あなただけを避ける、話しかけると嫌な顔をするなど、全く今までのように接することがなくなります。たまには声をかけてくる、話しかけた時に今までのように接する、といったことがない状態です。

そんな時は、無理に接すれば接するほど嫌われてしまう可能性が高くなります。共通の知人などに、相談して相手の気持ちを聞いてもらい、避けるようになった理由を知ってください。誤解や、相手を傷つけていた場合などは、すぐに直接本人へ話をします。時間が経てばたつほど、溝が深くなり、修復が難しくなります。

共通の知人などがいない場合に限り、本人に確かめます。この場合、他の人がいないところで話を聞くことにします。噂や誤解がある場合、周りの人が二人の邪魔をして仕掛けた場合もあります。周りに人がいると本心が聞き出せない場合もあります。できれば二人だけで話し合います。

原因がわかれば、謝ることも、自分の気持ちを伝えることも出来ます。なるべく早く、原因を知ってください。

③自分の気持ちを知られて避けられたとき

彼女・彼氏がいるために、こちらの好意に応えられない、相手に心配をかけないように、避けるという状況の場合、避けることを理解してあげることも大切です。

無理に近づくことは嫌われる原因になります。好きになった人に彼女・彼氏がいたことを知るチャンスになったと思って諦めるか、相手の気持ちを諦められない場合は告白するのもいいのですが、告白が成功しなければ、どちらにしても、相手が避けるという状況を改善することは難しいです。

まとめ

いかがでしたか。好きな人に突然避けられることは、とても不安で辛いことですが、必ず原因があります。その原因を知ることができなければ、元の関係に戻るのは難しくなります。

避けられる理由には、大きく2種類あって、一つは相手にも好意があり、恥ずかしさや恋愛の駆け引きとして避けている場合、もう一つは、実際嫌いになってしまったり、彼女・彼氏がいて好意に応えられず、突き放すために避けている場合です。

この2種類の違いは、避けられるようになった後の行動で感じ取ることができます。本当に嫌いという感情から避けている場合は、日によって態度が違う事はなく、話しかけてくることも、会った時に笑顔を返してくれることもありません。

避けていても、こちらからコンタクトを取れば、笑顔で対応してくれたり、優しく接してくれるのであれば、様子をみながら、好意を伝えていけます。

本当に嫌われているようであれば、相手に嫌われた原因を早めに知り、早めに関係の修復をすることを考えてください。


スポンサーリンク

Check Also

あなたは幾つ当てはまる?O型男子の特徴と恋愛傾向をご紹介

誰でも恋愛を始めたら、その恋を …