Home / 恋愛 / 好きな人に避けられてる場合の3つの理由と対処方法

好きな人に避けられてる場合の3つの理由と対処方法

好きな人がいる人は、一生懸命アプローチしている人もいるでしょう。そんなアプローチ中の人の中には、「好きな人から、避けられている」と感じている人もいます。誰だって、好きな人に避けられればショックなものです。「どうして、避けられているのだろう?」と戸惑っている人もいるのではないでしょうか。

好きな人に避けられるには、3つの理由が考えられます。「この状況を、何とかしたい」と考えている人は、自分はどうして避けられているのか、その理由を探ってみると今後の対処方法も見えてくるでしょう。

スポンサードリンク

好きだけど避けられているパターン

好きな人に避けられれば、誰だって「悲しい」と思うものです。「避けられているということは、これは脈がないということだろう」と諦めようとする人もいます。

しかし、避けている理由には、あなたのことが好きだからこそ、避ける態度を取ってしまう人もいます。

「避けられている」と諦める前に、どうして避けられているのか、相手の気持ちを探ってみましょう。

恥ずかしくて照れている

好きな人が出来れば、「交際したい」「仲良くなりたい」といった思いから、相手にアプローチすることになるでしょう。

アプローチをしていると、その態度に応えてくれることもあれば、避けられることもあります。当然ですが、避けられれば「嫌われている」と感じ、悲しくなるでしょう。

しかし、相手が避ける場合、あなたのことが好きだからこそ、恥ずかしくて、照れてしまって避けている人もいます。このことに気づかず、諦めてしまえば、叶うはずの恋も叶わなくなってしまうということです。

避けられると、「もう、無理だろう」「避けられているから、これ以上は近づけない」と感じる人が多いと思いますが、相手が避けた場合には、すぐに可能性がないと諦めずに、相手の気持ちを探ることも必要です。

あなたの気を引こうとしている

タイプの人が現れれば、誰だって「もっと、仲良くなりたい」と思い、相手に近づくでしょう。そして、そのまま恋愛へ発展することを願うものです。

しかし、中にはあなたに気がありながらも、避ける人もいます。「どうして、気があるのに避けるのだろう?」と不思議に思われる人もいると思いますが、人によっては気がある相手だからこそ、更に相手の気を引こうと考え、避けるような態度を取る人もいます。

好きな人に避けられるとショックを受けると思いますが、その態度は相手もあなたの気を引こうと必死に行動している可能性があります。

避けていることを、気にしたような素振りをするようであれば、まだまだアプローチは続行しても良いでしょう。

自分の気持ちが周りにばれないように

好きな人からのアプローチを避ける人の中には、「自分も相手が好きということを、周りに知られたくない」と感じている人もいます。

相手がアプローチしてくることは嬉しいと感じ、「自分も好き」と伝えたい気持ちがあるものの、周りにその気持ちがばれるのが嫌で、あなたのことを避けています。避けられた時には、相手が周りにどんな態度をしているかをチェックしながら、相手の本心を見つけましょう。

「避けられているから」と諦める前に、相手の本心を知ることも大切です。

恋愛することが怖い

好きな人からのアプローチを、嬉しいと感じながらも戸惑う人もいます。あなたに好意を抱きながらも、「恋愛することが怖い」と感じている人は、あなたのアプローチも避けるようになるでしょう。

「どうして気持ちがあるのに、恋愛することが怖いのだろう?」と感じる人も多いと思いますが、過去に辛い恋愛を経験してきた人や人を信頼出来なくなっている人は、恋愛することが怖いと感じています。

「また、同じ思いをするのは嫌」「今は、恋愛はしたくない」と思い、自分の気持ちに蓋をしようとしてしまう人もいます。

こういった恋愛にトラウマがある人も、あなたへ好意を抱きながらも、避ける態度を取ることになるでしょう。

どうすれば良いのかわからない

好きな人が出来ると、相手のことがもっと知りたいと思うものです。そして、「交際出来れば」と願っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、中には恋愛経験が少ない人、恋愛下手の人もおり、アプローチされるとどうしたら良いのか分からず、あなたからのアプローチを避けてしまう人もいます。

あなたへ気持ちがないわけでもなければ、嫌がっているわけでもありません。ただ、好きだからこそ、どう接したら良いのか分からず、あなたを避けているだけです。

恋愛経験が少ない相手の場合には、この可能性が高いといえるでしょう。

嫌いで避けられているパターン

友達を好きになった人の中には、「突然、相手から避けられている」とショックを受けている人もいます。

「どうして、この間までは仲良く接してくれていたのに、急に避けられたのだろう?」と思っている人は、今までの接し方を思い出してみると良いでしょう。

あなたが気が付かないうちに、相手に嫌な思いをさせ、嫌われてしまった可能性もあります。

嫌がるようなことをしてしまった

好きな人に避けられている人の中には、「この間までは、普通に接してくれていた」と言う人もいるでしょう。

「どうして、こんなに避けられるようになったのだろう?」と感じている人もいますが、相手の接し方が変わったのであれば、あなたが相手に何か嫌がる様な事をした可能性があります。

最初から避けられているのであれば、この可能性は低いですが、途中から避けられたのであれば、知らず知らずのうちに相手が嫌がる様な事をしてしまい、嫌われてしまった可能性があるでしょう。

パーソナルエリアに踏み込んでしまった

好きな人が出来ると、その人のことを知りたいと思い、色々なことを聞きたくなるでしょう。ある程度、話せる関係になっていれば、「色々な会話をしてきた」と言う人もいるのではないでしょうか。

しかし、突然相手があなたを避けるようになった場合には、あなたが相手のパーソナルエリアに踏み込んでしまったことが、原因となっている可能性があります。

人には、知られたくないこと、忘れたいことなど様々なことがあります。無神経に相手に近づいてしまうと、パーソナルエリアに知らず知らずのうちに踏み込んでしまい、嫌われてしまうこともあるでしょう。

プライドを傷つけてしまった

好きな人から避けられていると感じている人の中には、「何でも、話せる相手だから、好きになった」と言う人もいるのではないでしょうか。

避けられている人は、その相手にプライドを傷つけるようなことを言ったことが、あなたを避けるようになった理由かもしれません。

誰だって、プライドを傷つけられるようなことを言われれば、その人のことが嫌になります。そして、「これ以上、接したくない」と思うようになり、避けるようになるでしょう。

あなたにとっては、何げなく発した言葉でも、時には相手のプライドを傷つけてしまうこともあります。

「そういえば、きついことを言ってしまったな」と心当たりがある人は、謝ることからはじめる必要があります。

非常識なことをしてしまった

好きな人が出来ると、一生懸命アプローチする人もいます。そして、周りが見えなくなってしまい、非常識な事をしてしまう人も少なくありません。

好きな人から避けられている場合には、その非常識な行動が原因で、嫌われてしまった可能性があります。

どんなに気持ちを伝えたくても、自分の思いだけで行動してしまえば、相手は重荷になってしまいます。

非常識な行動をすれば、当然相手にとっては「不快な思いをさせられた」という印象を与えてしまい、あなたから距離をおくことになるでしょう。

アプローチする際には、自分の思いだけで突っ走らず、相手の気持ちや周りの状況などを判断しながら行動することが必要となります。

他の人からも嫌われている

「好きな人に避けられている」と感じている人は、やはり辛い思いをしているでしょう。避けられてしまえば、自分の思いを伝えたくても、伝えることすらできませんから、もどかしい思いをしているのではないでしょうか。

避けられる理由としては、そもそも相手から嫌われている可能性があります。「嫌われるにも、相手に何もしていない」と感じている人もいると思いますが、中には他の人からも嫌われていることで、好きな相手も同様にあなたを嫌っていることがあります。

「何もしていないのに、どうして嫌われるんだろう?」と感じると思いますが、周りの人からも嫌われている人は、どんな人か知らなくても、「周りに嫌われているから」という理由で嫌われる可能性が高いといえるでしょう。

気を持たせないように避けられているパターン

好きな人にアプローチし、相手から避けられれば、「どうして?」と思う人も多いでしょう。一生懸命、気持ちを伝えようとしているにも関わらず、その気持ちに応えてもらえなければ、悲しいものです。

しかし、あなたを避けるにはそれなりの理由があります。あなたに「気を持たせたくない」という理由から、あなたを避けている可能性もあります。

これも、相手の思いやりの一つですから、この気持ちに気づいた時には自分の思いを一方的に伝えるのではなく、引くことも必要となるでしょう。

好意に応えられない

アプローチし、相手に避けられた場合、「どうして、こんなに避けられなければいけないのだろう?」と悲しい気持ちになる人もいます。しかし、相手もあなたのことを思って、避けていることもあります。

あなたのアプローチで、相手はあなたの気持ちに気づいたはずです。その気持ちは、素直に「嬉しい」と感じたでしょう。

だからこそ、その気持ちに応えられない時には、あなたを傷つけないように距離を置こうとします。

相手にとっては、「これで、気持ちに気づいてほしい」「分かってほしい」という思いが込められていることになります。

そんな思いに気づいたら、あなたもその思いに応えるように引くことも必要となるでしょう。

希望を持たせたくない

異性からアプローチされた時、誰でも「嬉しい」と感じるものです。どんな相手であっても、やはり好意を持ってもらえるのは嬉しいものです。

しかし、その思いに応えられない時には、「どう対応しよう?」と相手は悩むことになります。「相手に、希望は持たせたくない」と感じた時には、あなたを避けるようになるでしょう。

優しく接したり、いつも通りに接してしまえば、あなたの思いが大きくなってしまう可能性がありますから、それを阻止するため、あなたを避け、あなたの気持ちを冷めさせようとします。

「はっきり言ってくれれば良いのに」と感じる人もいると思いますが、これも相手にとっては精一杯の意思表示と言えるでしょう。

優しくして気を持たせ、振るよりは、最初から希望を持たせないように接するのは、あなたを思った行動と言えるのではないでしょうか。

周囲に悟られたくない

アプローチを避ける人の中には、あなたからアプローチされていることを、「周りに悟られたくない」と思い、避けている人もいます。

例えば、共通の友達などがいる場合には、あなたの気持ちに気づいたことで、友達関係が壊れてしまう可能性もありますから、これらを考え、あなたから避ける人もいるでしょう。

関係性や環境によっては、周囲に悟られたくないことが理由で、アプローチを避ける人が多いでしょう。

恋愛に発展させないように牽制

仲の良い友達を好きになった人の中には、「最近、相手から避けられている」と感じている人もいるでしょう。

既に、アプローチをしている人は、「アプローチしたから、避けられた」と感じている人も多いと思いますが、友達関係が築けている相手の場合には、「恋愛には、発展させたくない」という思いがあり、あなたを避けている可能性があります。

友達、同僚、仲間といった関係を築けている場合には、これらの関係を壊したくないという思いから、あなたの思いを知ったことで避けてしまう人も少なくないでしょう。

他に好きな人がいる

「アプローチしている相手から、避けられている」と言う人は、避けられている理由を知りたいと感じている人もいるでしょう。

あなたのアプローチを避けているということは、あなたに気がない可能性があります。既に、好きな人がいるからこそ、あなたのアプローチが邪魔に感じている人もいるでしょう。

例え、今現在は恋人がいない相手であっても、あなたと同じように片思いの相手がいるかもしれません。片思いの相手がいるとなれば、あなたのアプローチはなかなか難しいものとなるでしょう。

まとめ

好きな人が出来れば、「自分の気持ちを伝えたい」「もっと、距離を縮めて恋愛へと発展させたい」と思うでしょう。

しかし、アプローチをはじめた途端、相手から避けられてしまうこともあります。そんな時には、必ず避ける理由があります。

「避けられた」と落ち込む前に、どうして避けられているのかその理由を考えてみましょう。相手の行動、今までの自分の行動や発言などを思い返してみることで、理由が見つかるかもしれません。

スポンサーリンク

Check Also

明日何着る?”おしゃれ”と”モテ”を両方叶える私服コーデの作り方

おしゃれかつモテる私服を目指し …