Home / 恋愛 / 恋愛相談・心理 / 好きな人に既読無視される理由と対処方法

好きな人に既読無視される理由と対処方法

最近ではあらゆる連絡手段をLINEで行うことが多くなりましたね。恋愛においても例外ではないでしょう。メールと違って相手がメッセージを開くと「既読」というマークが記されます。既読がついているにもかかわらず返信がこない…いわゆる「既読無視」。

好きな人とのやり取りだといつも以上に気にしてしまいますよね。「メッセージを送ったのになんで返信がないんだろう?」そんな疑問を解消するべく、なぜ返信がないのかその理由を考えていこうと思います。そしてさらに、どうすれば既読無視されずに返信してもらえるのか、その内容について紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

1.好きな人が既読無視する理由

まずはそもそもなぜ相手が既読無視したのか、その理由について細かく考察していこうと思います。単純な理由もありますし、少しショックな内容のものもあるかもしれません。

もちろんメールの返信の仕方などは個人の性格によるところあるので絶対とは言えませんが、「既読無視=脈なし」だと決めつけず、今後どのようにアプローチすれば良いか、その参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.忙しい

相手と連絡を取りたいとき、もしどうしても確実に連絡が取りたい場合、メールやLINEは使いませんよね。メールではなく電話をする人が多いのではないでしょうか。つまりメールは優先順位が無意識に低くなっていると言えるでしょう。

そう考えると、仕事などで忙しいとき、メールの内容だけ確認して「後でゆっくり返そう」と考えている場合があります。その場合は単純に既読無視の理由が「忙しいから」ということになります。

メッセージの内容を見ているのか見ていないのか、今までは分からなかったですよね。「既読」とつくことによって今までは気にしていなかった部分まで過剰に気にしてしまっている可能性もあるでしょう。まずはあまり気にせず「忙しいのかな?」くらいに考えてみてはどうでしょう。

2.忘れている

そんな風に「後で返信しよう」と思っていたメール。それをそのまま忘れてしまっている可能性もあります。忙しい時などは別のことで頭がいっぱいで、ついつい返信し忘れてしまう人も多いと思います。

「忘れてしまうということはそれだけ自分に興味がないということ?」と不安に思ってしまうかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。悲しいことに、現時点ではもしかしたら実際あまり興味が持たれていないのかもしれませんが、それだけの理由で相手に対する好意をなかったことにする必要はないでしょう。

その後の対応次第ではまだまだ恋愛に発展する可能性はある段階だと思いますよ。なのでまずは相手がどういったペースでメールをする人なのかを見極めることが大切かもしれません。

3.会話が終わったと思っている

既読無視されたとき、自分がどういった内容を送ったか確認してみましたか?その内容によっては、相手は会話が終わったと思って返信をしていない可能性もあります。

特に質問もせず短い内容で、さらにスタンプで終わっていたりするとそれで会話が終わったと勘違いされかねません。例えば「お仕事お疲れ様でした!+スタンプ」、こんな感じの内容だったら、それを確認して終わってしまう人も多いと思います。

特に、あまりメールに絵文字を入れなかったり、メールのやり取りが淡白な人だとなおさらその可能性が高くなってきます。相手から返信がないのは無視されているからなのか、それとも会話が終わったと思っているからなのか、自分の送った内容をもう一度見直してみると良いかもしれませんね。

4.返事を考えている

相手からの返信がない時、どれくらいの時間が経ったら「既読無視かも?!」と思うでしょうか?気になる相手だと余計に不安に思ってしまうのではないでしょうか。

相手からの返信をドキドキしながら待つ。待っているから長く感じる。返信がないから自分に興味がないのかと不安になる。「これは既読無視?!」と恋愛ならではの不安から過剰に心配してしまう人もいるでしょう。

しかしその時間は普段なら気にしないような時間で、相手はいつも通り携帯画面であなたからのメッセージを確認し、どんな内容を返信しようか考えているだけかもしれません。さらに相手もあなたに好意がある場合は、よく思われたいがためにその返信内容を考える時間も長くなってしまうのではないでしょうか。現にあなたが相手に送るとき、いろいろ考えて時間をかけて送りませんでしたか?

5.連絡不精

気になる相手は普段どれくらい連絡をする人なのでしょうか?そもそもあまりメールはしない人だったり、いつも返信が遅い人もいたりします。そんな連絡不精な人に催促のメールをしたりしてしまうと余計に面倒だなと思わせてしまうかもしれません。その人の性格も踏まえつつ、本当に既読無視しているのかどうかを判断してみてくださいね。

6.相手にとって嫌な内容を送ってしまった

次に考えられる理由として、自分の送った内容が何かしら相手の気に触るような内容だったからというものがあります。自分では特に気にせず送った内容が、相手にとって嫌な内容だった場合、返信したくないなぁという気持ちにさせてしまいますよね。

例えば、痩せている男性に対して「すごく細いですよね。羨ましいです♪」というような内容を送ったとします。女性にとって「細い」というのは「痩せていてキレイ」というプラスの意味で取られることが多いですが、男性の場合そうとも限りません。「細い」=「もやしっぽい。頼りなさそう。」と言われているような感じがして、よく思わない男性も多いのではないでしょうか。

まだ相手のことをよく知らない段階だとしたら、何気なく送った内容にも気をつけてみてくださいね。

7.LINEが連絡ツールではない

最近ではLINEを使わない人の方が少なくなってきたかもしれませんが、あくまでもLINEは一つのアプリです。「みんなやってるから取ったけど実はあまり使ってない。」そんな人もいるのではないでしょうか。

連絡先を交換しやすいLINEですが、まずその人がどんなツールで連絡を取る人なのか確認してみるといいかもしれません。

8.あなたに興味が無い

少し厳しい理由かもしれませんが、既読無視をするということは、あなたに興味が無いだけかもしれません。興味の無い相手にすぐに返信してしまうと逆に思わせぶりな態度と思われてしまうかもしれません。それを避けるためにも既読無視をしている可能性がないとは言えません。

ただもちろん恋愛は何が起こるか分かりません。それだけの理由でこの恋を諦められるのであればそれでも良いですが、まだ諦めきれない人はアプローチの仕方を変えてみるのも一つの手段かもしれません。

9.恋の駆け引きをしている

あなたに興味がない時にわざと既読無視しているかもしれないと言いましたが、逆に興味があるからこそそうしている場合もあります。

興味があるのにわざわざ相手を不安にさせるようなことをしてどうするの?と疑問に思うかもしれませんが、その相手は恋の駆け引きをしているのかもしれません。次でその内容を詳しく分析していこうと思います。

2.駆け引きってどんなもの?

sep_329915201730_tp_v

「恋の駆け引き」。よく聞く言葉だと思いますが、「自分にはそんなの必要ない!」「駆け引きなんて難しそうなことできない。」と思っていませんか?そんな人でも恋愛においては何かしらの駆け引きをして好きな相手によく思われたいと行動しているのではないでしょうか。

この言葉にあまりいい印象を持たない人でも、少しだけ知識として知っておくと、恋愛の成功率が上がるかもしれませんよ。では、LINEにおいて恋の駆け引きをするというのはどういったものなのか具体的に見ていきましょう。

1.既読を付けずに放置

LINEにメッセージが届くとまずホーム画面に誰からどんな内容が来たのか、最初の1行程度が表示されると思います。LINEだとチャット感覚でメッセージを送れるので必然的に一つのメッセージが短くなってくると思います。

そうなると、LINEの画面を開かなくても誰からどんな内容が届いたのかある程度推測できます。気になる相手からそんなメッセージが届いた場合、あえて「既読」をつけずに放置する。そんな駆け引きをする人がいるかもしれません。

メッセージを送ってすぐに「既読」がついてしまうと、まるでその人からのメッセージを心待ちにしていたかのように見えてしまい恥ずかしい。放置することで相手を少し不安にさせて、どう反応するのか待ってみる。恋愛において相手より優位に立ちたいと考えているような人は、こんな駆け引きをするかもしれませんね。

2.返事を遅らせる

同じような理由で、すぐに返信をするのではなく、わざと返事を遅らせる人もいるでしょう。あまり遅すぎても次は相手からの返信が遅くなって自分がモヤモヤした気持ちになってしまうかもしれないので、これはあくまでも「すぐに返信をしない」というような駆け引きですね。これくらいの駆け引きなら誰しもしたことがあるのではないでしょうか。

すぐに返信すると、「この人暇なのかな?」と思われてしまうかもしれません。少しだけ時間をおいて返事をすることで、自分のペースでやり取りがしやすくなるのではないでしょうか。

3.既読無視をする

この記事のテーマでもある「既読無視」。それを駆け引きとしてあえてする人もいるかもしれません。ただ、これをすると最悪の場合相手に嫌われてしまう可能性もあります。

自分に対する好意がある程度確信に変わってきたら試してみて、相手の反応を見てみるくらいにするといいかもしれません。その反応が自分の予想通りなら、思い切って告白してしてみてはどうでしょうか。

駆け引きはうまく利用すれば次のステップへのきっかけとなります。ただ、こればかり考えて行動するとただの失礼な人と思われかねないので、駆け引きの頻度とタイミングには気をつけてくださいね。

4.返事がもらえる内容とは

js721_sakurawotorujyosei-thumb-autox1600-15254

メッセージの内容にも、返信しやすいものとどう返事したら良いのか分かりにくいものがあります。せっかく好きな人に送るLINEですから、相手が返信しやすい内容を送るよう気をつけてみてください。「なんかこの人とのLINEはついつい長引いちゃうなぁ。」どんな風に思われる存在をまずは目指してみませんか。

5.スタンプだけ送らない

LINEの便利な機能の中の一つにスタンプがあります。可愛いものだったり面白いものだったり、様々な種類があり、それだけで会話が成立してしまうこともありますよね。ただこれだけで送ってしまうと、「別に返信しなくていっか」となってしまいがちです。もしスタンプを送りたければ、文章とセットで送った方がいいかもしれません。

6.ネガティブ発言はしない

「今日は疲れたなぁ。」「最近嫌なことがあって…。」こんなネガティブな発言を気になる相手にしていませんか?
嫌なことを話したりすると、プライベートを共有しているような感覚になり、親密感がアップする感じがしますが、やはりネガティブな発言はネガティブな感情しか生みません。

同情はされるかもしれませんが、そのことによって相手が自分のことを好きになる可能性はゼロに近いのではないでしょうか。「この人と付き合ったら疲れそうだなぁ。」そんな風に思われないようにしましょう。

7.返信しやすい話題を送る

好きな人の趣味や好みをある程度知っていたら、その人が食いついてきそうな話題を内容に入れてみましょう。音楽に興味がある人には、「〇〇の新曲聞いた?」と質問してみたり、食べることが好きな人には「どこどこのお店美味しかったよ。」と情報を提供してみたり、相手が思わず返信したくなるような内容を送るようにしてみてください。

ただ、知ったかぶりには気をつけてくださいね。自分は興味がないのに相手と同じ趣味だと思われたくてやり取りしているといつかボロが出てしまいます。そんな時は素直に「今度教えて欲しい」とその話題に興味があるということをアピールしてみるといいかもしれませんね。

8.意味がわからない内容は避ける

基本的なことですが、日本語として意味が通じるか、会話として成立しているかも冷静に考えてみてから送りましょう。自分の趣味のコアな話なども避けた方が良いかもしれません。相手にとって意味がわからない内容を送ってしまうと、「この子とは合わないな。」と思われてしまうかもしれません。

好きな相手だと意外と難しい「自然な会話」。それができるようになれば自然と相手との距離も縮まっているかもしれませんよ。

9.話を続けさせるように努力する

普段ならあまり気にせずやり取りしていても、好きな人とだと緊張してしまったりして会話が途切れてしまいがちです。コミュニケーション能力が高い人ならい自然と会話を続けさせることができるかもしれませんが、まずは話が続くように意識的に努力してみましょう。

相手には努力している感じを見せずに、質問をしてみたり興味のある話題を振ってみたりしてみてください。相手がそれにどんな反応をするのか徐々にわかってきたら、自然と会話が続くようになるのではないでしょうか。

3.それでも既読無視された時の対処方法

takebe160224530i9a0327_tp_v

既読無視されないために自分の送った内容も見直した。返信しやすい内容を送った。そんな努力をしたにも関わらず無視されてしまったら…。最後に紹介する対処方法を最終手段として参考にしてみてください。

1.時間を置いて再送

少し時間をおいてもう一度送ってみてください。「もしかして送れてなかったな?」とシステムエラーのようなものを装い送ってみましょう。それで返事が返って来れば単純に忘れていたか、後で返事しようと思っていたか、ということになるでしょう。

2.内容を変えて送る

一旦無視されたことは忘れて、全く違う内容で送ってみるのも手かもしれません。前述したように、自分は何気なしに送った内容が相手にとって嫌な内容だったのかもしれません。その可能性があるので、特に無視された内容には触れず、新しい話題を振ってみてください。

3.無視された内容を振り返る

もしその送った内容が気に触る内容だったのかな?と思ったら、その内容を振り返って素直に謝ってみるのもいいかもしれません。「さっき送った内容だけど、気に触る内容だったかな?だとしたらごめんね。」と送ってみてはいかがでしょうか。

4.他のSNSを通じて連絡

もしかしたらLINEをあまり使わない人なのかもしれません。その可能性がゼロでないのなら、他の連絡ツールでコンタクトをとってみてください。万が一携帯をなくしていたら連絡が取れないこともあるので、FacebookやTwitterなど他のSNSから連絡を取ってみましょう。

5.忘れる

それでも無視をされてしまったら、残念ながら現時点であなたに興味がないということなのかもしれません。一旦無視されてしまったことを忘れて、連絡を取ることをやめてみましょう。忘れたことにもしかしたら相手から連絡があるかもしれませんよ。

6.あきらめる

相手にメッセージを送ったまま返信がなく、あらゆる手段をとっても無視されたのならば、綺麗さっぱり諦めましょう。その相手はあなたの運命の人ではなかったのです。どうしたら無視されないのか考え続けるよりも、新しい恋を見つけるか、次の恋のための自分磨きに時間を掛けた方があなたのためにもなるでしょう。

まとめ

以上様々な観点から見てきましたが、既読無視された理由で思い当たるものはあったでしょうか。単純に忘れていたり、返信するタイミングを見計らっていたりする場合はまだ恋愛に発展する可能性はあると思います。そのような場合は自分で無視されない努力をしてみても無駄にはならないでしょう。

しかし、もし何度も無視されるようならば、きっぱり諦めてしまうことが最も効果的な対処方法でしょう。仮にその相手と付き合うことになったとしましょう。何度も無視するような相手。それに悩んでいる自分。そんな二人が付き合ってうまくいくと思いますか?本末転倒になってしまうかもしれませんが、無視されたのであればあまり深く悩みすぎず、その人に固執しないで視野を広げてみてください。

そういえばなぜかLINEが続いてしまっている異性がいる。特に恋愛対象として見ていなかったけど…そんな人は周りにいませんか?意外とその人があなたの運命の人だったりするかもしれませんよ。

スポンサーリンク