Home / 恋愛 / 片思いの好きな人へのアプローチのコツと成功する告白のポイント 

片思いの好きな人へのアプローチのコツと成功する告白のポイント 

1

クリスマスが近づき、恋の季節ですね。好きな人と結ばれるのは、とても幸せなことです。憧れた未来を夢にみる毎日。しかし、夢をみているだけで終わりにしたくないですよね。

今まさに、片思い中だという人も、これから恋をするという人も、知っていると必ず役に立つ、好きな人にアプローチするコツと、告白のポイントを紹介していきます。

スポンサードリンク

あなたが男性の場合の片思いの成就のコツ

2

恋する男性に、好きな人と両思いになるための簡単な5つのコツを紹介します。

優しさは大切だが、弱気はだめ

 
女性は、紳士的な男性を好みやすいです。紳士というのは、優しいのはもちろん、堂々とリードできる男性のこと。弱気でオドオドしたりしてると、好きな人も不安になり、あなたに不信感を持つかもしれません。自分に自信をもって、堂々としていましょう。

頻繁に接触はしても、気持ちはすぐに出さない

 
アプローチは常に必要だけれど、ガツガツしすぎると、好きな人は引いてしまいます。どんなに大好きだとしても、焦らずに、余裕を持つようにしましょう。かけた時間だけ、好きな人との思い出がより深いものになりますよ。

自分の人生を大切にしつつ、相手に尽くす

 
人は支えあって生きているもの。好きな人を支えることのできる人でありたいですよね。好きな人を支えるためには、自分がしっかり立ちその上で出来ることです。

自分のことも出来ていないのに、尽くされても、好きな人は、嬉しはずがありません。いざと言うとき、好きな人を支えられるように、自分の人生をしっかりと見つめ、そして、その出来る範囲で、全力で尽くしていきましょう。

理屈っぽいと自覚がある人は、感情や感覚を大事にする

 
理屈っぽいと、頭で色々と考えすぎてしまって、行動が臆病になってしまったり、相手にも冷めた人と思われがち。

好きな人と一緒にいる時は、そばにいる幸せを噛みしめ、気持ちを大切に行動してみましょう。そばにいれて幸せだと思うだけで、笑顔も増えます。すると好きな人も笑顔でそばに居てくれるでしょう。

相手が乗ってこないようなら、潔く引く

 
押して駄目なら引いてみるという言葉があるように、押してばかりでは、しつこいと思われ、嫌われてしまうこともあります。誘ってみて、反応が薄かったり、断るようなら、潔く引きましょう。
そのほうが断然、男らしいです。引かれたことによって、あなたに興味をもつようになる可能性もあります。

チャンスは今回だけではありません。1度引いて、自分や好きな人を見つめ直す時間を作り、体勢を立て直して、再度挑戦してみてください。

あなたが女性の場合の片思いの成就のコツ

 

3

恋する女性に、好きな人と両思いになるための簡単なコツを7つ紹介していきます。

完璧さよりも親しみやすさを

 
完璧さは、高嶺の花になりやすく、近寄りがたい存在になってしまうかもしれません。好きな人には、もっと心を開いて、自分の弱いところを見せてみましょう。意外な一面を知った彼は、守ってあげたいと思ったり、自分を特別扱いされてるように感じ、あなたにグッと惹き寄せられます。

露出を増やすのは、意味がない

露出を増やして、気を引こうとする方がいますが、やめましょう。男性は、他の男性に好きな人の露出は見せたくない人が多いです。また、軽い女性と思われやすく、それで仲良くなれたとしても、体目的の可能性が高いでしょう。

そういった人は浮気をするような人の可能性が高いです。幸せな未来を思い描いているのなら、露出で惹き寄せられるような人ではなく、あなたの心に惹き寄せられる素敵な人を探しましょう。

メイクやダイエットを頑張る

 
メイクやダイエットは、自分を綺麗見せるためにかかせないものです。好きな人には、一番きれいな自分を見せたいですよね。そして男性も綺麗な人を好む傾向にあります。
自分を磨く努力を忘れてはいけません。

メイクの腕を磨いて自分を綺麗に見せられるように勉強しておきましょう。

短期集中ダイエットにおすすめランキングTOP10

妄想しすぎず、相手をよく見る

 
片思い中の時は、相手が見えているようで、ちゃんと見えていないことが多いです。何かしら、こうであって欲しい、という妄想が入ってしまうものです。そうすると、付き合ってから、こんなことをする人だと思わなかった。

というような、自分勝手な思い込みで、短期間で破局することがあります。それによって、相手も傷つけてしまいます。恋は盲目になる前に、一度落ちついて、相手をよくみてみてください。

よく見る自信がない人は、自分に遠慮なく、なんでも言える親や友達に合わせて、意見を聞くのもいいですよ。

好意は隠さず、表現する

 
誰だって好意を持たれるのは、うれしいものです。その好意に特別感を持たせると、最初はその気が無かったとしても、意識してあなたを見てくれるようになります。

しかし、好意をたくさんの人に出すのはやめましょう。女性の友達に嫌われてしまうし、好きな人には、誰でもいいんだなと、思われてしまうので注意が必要です。

メールのやりとりは自然にまかせる

 
メールやLINEのやり取りは、好きな人となら、時間の許す限り、ずっとしていたいという人もいると思います。でも、頻繁にするのは、相手が引いてしまう原因になってしまうことも少なくありません。

連絡が無いとき、不安になってしまい、何通も送りたくなるのを、グッと堪えて、心に余裕を持ちましょう。メールやLINEのやりとりは、一回きたら一回返すくらいに自然に。

そして一度会話が途切れたら、好きな人から連絡が来ない限り、最低でも1日か2日空けてからのほうがおすすめ。そして「今、何してる?」という内容のメールは嫌がられやすいので注意です。

相手の好きな話題で連絡をするのがいいと思います。好きなアーティストを知っているなら、「今テレビで○○出てるよ!見れそう?録画しといたから、今度一緒に見よう」とか、というふうに何気なくデートに誘うのも効果的です。

駆け引きは控える

 
恋の駆け引きって難しいですよね。色々考え過ぎて、連絡を全くとれないまま、時間だけが過ぎてくことも、駆け引きをしているつもりで、1人空まわってしまうこともあります。恋は頭でするものではありません。

好きな人のことを1番に考えて、行動してみましょう。駆け引きよりも、その優しさや、一途さのほうが、あなたの魅力をより引き出して、彼を振り向かせることができるはずです。

好きな人への告白の基本

 

4

これから告白することを考えてる人のために、告白の基本を知っておきましょう。

会って伝えるのがベスト

 
告白には色々な方法があります、最近ではメールやLINEでの告白も流行っていますが、真剣であればあるほど、直接言うのが一番いいと思います。

メールやLINEでは、真剣さ、相手の反応というのは伝わりにくいです。直接告白するれば、すぐに返事をもらうこともできます。告白して、連絡が来ず、もやもやしたり、相手にその気がないのに、ずっと期待してしまい、次に行けないこともあります。真剣な想いならば、やはり直接会って伝えることをおすすめします。

お互いによく知っている間柄で仲もいいなら、メールやLINEで告白も可

 
どうしても会えなかったり、直接言えないこともあります。その場合は、電話やメール、LINEを使っての告白になったとしても、相手があなたを理解してくれている人なのであれば、想いは伝わるはずです。

まだ仲がいいところまでいっていないなら、まずは仲良くなること

 
まだ仲良くなっていないのに、告白されても、好きな人は、あなたのことを良くわからず、ふってしまうかもしれません。それは、とてももったいないです。焦る気持ちを押さえて、仲良くなれるよう頑張ってみましょう。

まずは、連絡先の交換し、二人で出かけられるくらい仲良くなり、相手にあなたのことをよく知ってもらいましょう。

自然に二人で心から笑い合えるようになったら告白

 
告白のタイミングは、難しいと思います。どれくらい仲良くなれたらいいの?と思うかもしれません。二人で出かけて、共通の話題で盛り上がり、笑い合うことができたなら、そろそろ告白のタイミングです。

相手が心から笑えているのかと、不安に思うこともあるかもしれませんが、自分が一緒にいてとても楽しい、心から笑えていると感じたなら、相手も同じです。その時は、勇気を出して、告白することを考えましょう。

男性から告白するのが一般的

 
女性からしてみたら、やはり男性から告白されたいものです。男らしさを感じ、より絆が深まります。男性は勇気をもって、女性は告白の雰囲気を読み取って、男をたてて、素敵な瞬間を共に感じましょう。

諦めた方がいいケース

 

5

世の中には、実らない恋、もしくは幸せになれない恋もあります。そうならないように、これから話すケースに当てはまらないかしっかりと見極めましょう。

肉体関係を先に持ってしまった

 
その場合、浮気をするような人が多いです。その人には、すでに他の相手がいたりしていませんか?

もしも、そんな相手と付き合い続けるのであれば、もてあそばれてもいいという覚悟して付き合って下さい。けれど、本当に幸せになりたいと思うなら、そういう人とは、縁を切り、あなたの体ではなく、心を求め、大切にしてくれる人を探しましょう。

恋人や配偶者と別れると言ってから時間が経っている

 
ズルズルと続いてしまうその関係。別れは寂しくて辛いと思います。けれど、相手は恋人や配偶者と別れる気は無いと思います。もし別れて、あなたと付き合うことになったとしても、その好きな人は同じように浮気をして、別れを切り出しかねません。

あなたは立ち止まったまま、時間ばかりが過ぎてしまい、気づいたときには遅いかもしれません。その好きな人と一緒にいて、本当に幸せになれるのか、熱を冷ましてよく考えてみましょう。好きな人を諦めるという、辛い思いを乗り越えられたあなたなら、あなたを本当に愛してくれる人と出会い幸せになれます。

告白の返事がない、もしくは断られた

 
返事が無いときは、あなたをキープしたいか、友達のままでいたいけど、返事をしたら気まずくなりそうなので、無かったことにしたいなどと、考えてる可能性があり、期待はしないほうがいいです。

はっきり断ってきたときは、基本的にはすっぱり諦めたほうが、お互いのためだと思います。確かに何度も告白して、付き合う人もいるけど、それは本当にごく稀。好きな人に、しつこい!と思われ嫌われてしまうほうが多いので、気を付けましょう。

相手の反応が薄い

 
会話をするとき、好きな人はあなたの目を見て、話をしてくれていますか?話をきちんと聞いてくれていますか?

会話が適当に感じたりなど、あなたを意識しているような感覚がない場合は、告白してもうまくうかない可能性が高いので、もう少し仲良くなってからにしましょう。         

告白がうまくいくケース

 

6

告白がうまくいくことが多いケースをお話ししていきます。脈があるかどうかを見極めてから、告白しよう!

話を真剣に聞いてくれる

 
相談に乗ってくれた人と、恋愛関係になるというのは、よくある話です。話を真剣に聞いてくれるのは、それだけあなたを大切に思っているからです。好きな人に相談事をすることはとても良い方法だと思います。

「○○さんに相談したい」とか「○○君にしか相談できない」など、特別感を出すことで、相手は頼られる嬉しさを感じ、自分はあなたにとって特別なのかもと思い、意識させることができます。秘密を共有することにより、好きな人と仲良くなれることもあり、どれくらい真剣に聞いてくれるかで、脈があるかないかを、知ることもできるかもしれません。

好きな人と距離を縮めるには、とっておきの方法です。是非試してみてください。

会う日程を調整してくれる

 
好きな人と、会うチャンスがあるなら、予定をキャンセルしてでも会いたいですよね。あなたを優先させて会ってくれるのならば、かなり成功する可能性は高いでしょう。

記念日を覚えていてくれる

 
あなたは、まわりの家族、友人の誕生日をどれくらい覚えていますか?たくさん覚えている人もいるかもしれませんが、人数は、多くても10人くらいではないでしょうか?

もし、あなたの誕生日を好きな人が覚えていたとするなら、その限りある人の中の1人ということ。好きな人にとって、あなはたは、それほど身近なの存在ということです。自信をもって、告白してみましょう。

二人で外食に行ける

 
連絡先を交換できたとして、一番最初は、食事に誘うということが多いと思います。もし、あなたに興味も関心もないのであれば、食事に誘っても、なにかしらの理由をつけて、断ると思います。

一度誘って来てくれるようなら、少し脈ありです。楽しいデートを考えましょう。二度、三度と誘って、来てくれるのであれば、かなり脈ありだと思います。思い切って告白してみてください。

たわいもない内容のメールが来る

好きな人から、たわいもない内容のメールが来るという人は、かなりの脈ありです。日常で、ふとあなたのことを思い出し、用事が無くてもメールをしてしまうのは、好きな人の中であなたの存在が大きいということです。

どうでもいい人に、そんなメールは送りませんよね?相手もあなたを想っているということです。会って、想いを伝えてみてください。きっといい返事がもらえます。

見栄をはる

 
好きな人が、あなたに見栄をはったとしたら、それはあなたに、良くみられたいからです。あなたに嫌われたくない、好かれたいという、気持ちの表れです。好きな人の見栄を嫌がらず、優しく見守り、見栄を張らなくても、嫌いにならないとわかれば、見栄も無くなって、ありのままで居てくれるようになると思います。

まとめ

 
さぁ、いかがでしたでしょうか。恋はたくさんの答えがある、難問です。今読んだ内容を、心の隅に置いておいてください。あなたの幸せへとつながる道しるべになると思います。

たくさんのお話をしましたが、後悔のない恋をしてください。片思い中のあなたも、その恋が叶い、幸せなクリスマスを過ごせるよう、祈っています。


スポンサーリンク

Check Also

社会人は恋愛難?社会人と学生の恋愛における7つの違い

現代の社会人は恋愛難だとよく言 …