Home / 美容 / クレンジング / 肌美人になりたい人必見!水光肌をつくるメイク方法とデイリーケア

肌美人になりたい人必見!水光肌をつくるメイク方法とデイリーケア

みなさん、「水光肌」ってご存知ですか?最近注目されているのですが、女優やアイドルのようにツヤがきれいな肌なのです。

そんな美肌、私には無理と諦めてしまっているあなた。実は普段のメイクや肌のお手入れに、少しだけ手を加えれば、「水光肌」は簡単につくれるのですよ。

ここで今回は、この「水光肌」の魅力や特徴から、そのメイクとデイリーケアの方法まで、ご紹介します。これを読めば、あなたもきっと水光肌美人になれますよ。

スポンサードリンク

1. 水光肌の2つの特徴

最近、美容やファッションに敏感なおしゃれ女子の間で注目されている「水光肌」。そもそも「水光肌」ってどんな肌なのか、ご紹介します。

①韓国発の光る肌

「水光肌」とは水を浴びて光っているように美しい肌のことで、もともと韓国のメイクアップアーティストや女優の間で取り上げられていましたが、韓国ではすでに一般の方にも定着しています。

これまで日本ではナチュラルメイクが主流でしたが、最近では、タレントのIKKOさんが紹介したこともあって、この「水光肌」も徐々に注目されてきています。

②肌がきれいに見れる!

話題になっている「水光肌」とは、まるで水を浴びて光っているかのように輝く肌のことです。メイクで水光肌を作ることで、肌が健康的に見えますし、みずみずしく美しい肌になれます。またこの「水木肌」、ラメやスポットライトがなくても、自然な形で光り輝くことができるのです。

さらにこのメイク方法では、シミやそばかすを隠しながら、乾燥肌の改善までできるので、肌の質に悩んでいる方にはぜひ試していただきたいものです。では次に、「水光肌」の作り方をご紹介します。

2. 水光肌メイクの5ステップ

「水光肌」をつくるメイク法、実はとっても簡単!ぜひ今日からご自宅で実践してみてくださいね。

①肌の水分補給から

「水光肌」のポイントは、肌の潤いです。そのため、水光肌メイクではまず、ベースメイクの前に、丁寧なスキンケアでしっかり水分補給をします。

ここでは、保湿力の高い基礎化粧品を使って、肌質を整えながらしっかりと水分を含ませます。最初は、化粧水ミストをたっぷり肌にかけ、十分に水分を与えます。その後は、保湿クリームをしっかり塗布して水分を肌に閉じ込めます。また、肌に塗るときは指先だけでなく手のひら全体を使うことがポイントです。

②下地をしっかりと

地肌にしっかりと水分補給させたら、次はベースメイクです。化粧下地もしっかりと塗布することで、保湿しながら、ファンデーションをきれいにのせる準備ができます。さらに、日頃から気になっているシミやそばかす、シワなどをきれいに隠すこともできます。

さらに、水光肌メイクでは、下地のクリームにオイルやパールベースを混ぜるのがポイントです。そうすることで、保湿感のあるみずみずしい肌ができるのです。ここまでできれば、水光肌はほぼ仕上がりに近い状態になります。

③コントロールカラーでクマ・くすみを除去

水光肌を作るためには、コントロールカラーで目のクマやくすみを除去するのも大事です。どれだけ肌がみずみずしく潤って見えても、目の周りにクマがあったりくすんでいたりすると、せっかくのメイクも台無しになってしまします。コントロールカラーで、しっかりと肌の気になる部分を隠してしまいましょう。

顔の中心から外側に向かって自然な形でなじませるように塗るといいでしょう。ムラや厚塗りになってしまうと、逆に不自然になりますから注意しましょう。

④ウォータークッションファンデーションを使う

水光肌を作るために、ウォータークッションファンデーションを使うのもポイントです。ウォータークッションファンデーションとは、液状のリキッドファンデーションをスポンジに染み込ませたタイプのことです。コンパクトな形状で、肌に簡単に塗れるファンデーションです。

ウォータークッションファンデーションは、顔の中心から外側に向かって、ムラや厚塗りにならないよう伸ばしていきましょう。軽く自然となじむように塗布することで、不自然な仕上がりになるのを防げます。ほっぺた、ひたい、あごの順番でファンデーションを付ければ、潤いある仕上がりにできます。

ウォータークッションファンデーションはプチプラでも売られているので、初めての方でも試しやすいでしょう。

⑤チークで血色を作る

最後にチークで血色をだすことで、健康的な肌に仕上げます。ただし、チークの入れ方は顔の印象を大きく左右するので、注意が必要です。

チークの入れ方は、女優やアイドルのマネをすれば良いというわけではありません。顔の形が長い方と、顔の形が丸い方では、チークを入れるポイントも変わってきます。チークを入れる際には、肌の血色をだすのと同時に、顔の形も意識して使うようにしましょう。

3. 水光肌に欠かせない3つのデイリーケア

これまで「水光肌」メイクの方法をご紹介しましたが、これを一度や二度試すだけでは、本当にきれいな「水光肌」はできません。

これまでの水光肌メイクに加え、デイリーケアをしっかり行うことで、ますます美しい「水光肌」ができます。ではここで、このデイリーケアの方法をご紹介します。

①とにかく保湿!

「水光肌」を作るには、とにかく毎日の保湿が大切です。表面的にファンデーションで「水光肌」が作れても、保湿が十分でないと、本当にきれいな「水光肌」はできません。特に日頃から乾燥肌に悩んでいる方であれば、なおさら日々の保湿は欠かせません。

化粧水は種類にもよりますが、とにかくたっぷり使うことが効果的です。さらに保湿パックも、最近ではドラックストアなどで安く手に入るので、ぜひ使って肌の保湿力を高めましょう。

②フェイスオイルでケア

「水光肌」を作るためには、フェイスオイルも欠かせません。フェイスオイルをファンデーションに混ぜて使うことで、肌に潤いやツヤ感がでます。さらに使う量によっても、肌のツヤ感は変わるので、自分に合った量のオイルを使ってください。また、フェイスオイルを使いながら顔をマッサージすれば、肌の血行促進もできます。

フェイスオイルを使うことで、地肌ケアもできます。一週間に1、2回のクレンジングパックでのケアでも、毛穴や角質層をきれいにできますが、オイルを使うとより効果的になります。

③紫外線対策は徹底

最後に、紫外線対策は「水光肌」の大敵です。できるだけ直射日光の影響を受けないように、日焼け止めやナイトクリームは欠かせません。また夏場であれば、日傘をさしたり帽子を被ったりするのが良いでしょう。

こまめなデイリーケアは最初は面倒かもしれません。ですが、毎日トライしていくうちに、日々の生活のルーティンとして簡単にこなせるようになるものですよ。

まとめ

今回は、「水光肌」について、ご紹介しました。水光肌が水を浴びたように光り輝く肌であること、韓国から流行が始まったことが分かりましたね。また、肌の乾燥や質に悩んでいる方も、ご紹介したメイク方法やデイリーケアを実践すれば、肌質からきれいになれます。

これらのお手入れは、高級ブランドの化粧品を揃えなくても、ドラッグストアのプチプラ商品でもできますから、手軽に始められるでしょう。ぜひみなさん、みずみずしく光り輝くような「水光肌」を手に入れてくださいね。

スポンサーリンク