Home / 恋愛 / 次の恋に踏み出そう!失恋から立ち直れない理由と立ち直る方法
恋愛が辛いとき

次の恋に踏み出そう!失恋から立ち直れない理由と立ち直る方法

失恋して恋愛に対して臆病になっていませんか?

確かに、何度経験しても失恋は辛いもの。しかし、いつまでぐずぐずしていても仕方がありません。

失恋から立ち直れないのは理由があります。理由が分かれば、そこから立ち直る方法も見つけることができます。

本記事では、失恋から立ち直れない理由と立ち直る方法をご紹介します。本記事を参考にして、失恋を克服し、新たな恋に踏み出しましょう!

スポンサードリンク

失恋に至る3つの理由

失恋に至るには、多くの場合なにかしらの理由があります。ここでは、失恋の理由を3つ確認してみましょう。

1.気持ちが冷めた・マンネリ化

最初は相手に対して強い恋愛感情があったはずなのに、気付いたらその気持ちがなくなってしまう…。俗に言う「気持ちが冷めた」という状態です。

長く付き合っている内につい関係がマンネリ化してしまい、相手の気持ちが冷めて振られてしまうというパターンは多いですよね。

相手の気持ちを冷めさせないために、いつも油断せずお互いの心をドキドキさせるための努力をするのが、失恋を回避するポイントかもしれません。

2.自身に原因があった

失恋の原因を振り返って考えてみたときに、「自分のほうに原因があった」と考える人もいるかもしれません。

例えば「仕事が忙しくてなかなか恋人を大切にできなかった」とか、「つい相手に甘えてワガママな態度を取ってしまった」とか、その理由は様々。

もしかしたら浮気や金銭トラブルなど、重大な過ちを犯してしまうケースだってあるかもしれません。

しかし、「自分のせいで失恋した」と思えているということは、もう同じことを繰り返さずに済むということ。その失恋をバネに、次はきっと素敵な恋愛ができるでしょう。

3.相手に原因があった

例えば相手の身勝手さに耐え切れなくなったり、浮気をされてしまったりと、相手に原因があって別れることになるパターンもあります。これは自分に非がない分、納得できず辛い気持ちになることも多いでしょう。

「もしかしたら自分にも問題があったんじゃないか…」と自分のことまで責めてしまうかもしれませんが、相手に原因があっての失恋の場合は、深く考えても仕方がありません。あまり思いつめず、次の恋へと切り替えていきましょう。

失恋から立ち直れない5つの理由

worried_girl

いつまでも失恋のショックから立ち直れないのには、いくつかの理由があるのです。ここからは、失恋から立ち直れない理由を5つ説明していきます。自身に当てはまるものがないか、チェックしてみてください。

1.恋をしていたというよりも依存していた

失恋から立ち直れない理由としてまず挙げられるのが、恋愛への「依存心」が強すぎるということ。依存は、純粋に相手のことを好きだという恋心とは少し違います。

例えば、恋人がいない自分を恥ずかしいと思う気持ちがあったり、自分を大切にしてくれる恋人がそばにいないと不安になってしまったり…。これは、相手に恋をしているのではなく、恋愛に依存している状態だと言えます。

一度、自分が本当に相手のことを好きだったのか、それとも「恋愛中の自分」というものに依存しているだけなのか、冷静に考えてみる必要があるかもしれません。

2.自分を悲劇のヒロインだと思っている

「自分はいま世界で一番不幸なんだ」「自分はもう二度としあわせになれないんだ」。こんなふうに悲劇のヒロインになっていると、人は不思議と、少し気持ち良さを感じてしまうことがあります。

悲しみに浸る時間も大切ですが、それがあまりに長いと、いつまでも失恋から立ち直れなくなってしまいます。

3.思い出を捨てきることができない

元恋人との楽しかった記憶ばかりを思い出してしまい、なかなか失恋から立ち直ることができない…。そういう人は多いですよね。特に思い出は時間が経つほど美化されやすいので、どんどん捨てることができなくなってしまいます。

仕事に集中したり、遊びや趣味に没頭することで、元恋人を思い出す時間を減らせるかもしれません。

4.振られる理由に納得していない

恋人に振られたけれど、その理由に納得できない、もしくは理由も告げずに振られてしまった。こういう形の失恋は、モヤモヤが残って長く引きずりやすくなります。

自分のなにがいけなかったのかと、自分自身の人間性まで否定して、深く悩んでしまうのです。

しかし、もう別れてしまった以上、その理由を追求するのはなかなか難しいもの。どこかで「もう過ぎたことだしどうでも良いや!」と割り切ることが必要かもしれません。

5.新しい恋が見つからない

もう二度と立ち直れないんじゃないか…と思うような失恋でも、新しい恋をすると、意外とあっさり塗り替えることができたりします。しかし新しい出会いがないと、いつまでも前の恋を引きずってしまいがち。

新しい恋を見付けるために合コンや街コンなどに参加したり、友人に紹介をお願いしたりするのも、失恋から立ち直るひとつの方法かもしれませんね。

失恋から立ち直る6つの方法

失恋から立ち直れない理由が分かったら、あとは実際に立ち直るために行動するのみ!ここからは、失恋から立ち直るための方法をご紹介します。

1.友達に話を聞いてもらう

ぜんぜん失恋から立ち直れないし、もう本当にどうしたら良いか分からない…という状態になっている人は、まず友達に話を聞いてもらうところから始めましょう。

人に話を聞いてもらうと、自分の本当の思いが整理され、ひとりで悩んでいたときよりもかなり気持ちがすっきりします。そして、自分がすべき行動も見えやすくなります。

2.好きだった人に関わるものをすべて消去する

本当に失恋から立ち直りたいなら、思い切って元恋人との思い出の品などはすべて捨ててしまいましょう。携帯に入っているメッセージや写真も消去してしまったほうが、思い出に浸る機会が減って効果的です。

元恋人に関わる物が目に入らなくなると、意外と時間とともに気持ちが落ち着いていきます。

3.自分に自信が取り戻せそうなことをしてみる

失恋は、単純に恋人を失うだけでなく、自分自身のプライドや自信までもを失わせてしまいます。恋がうまくいかなかったことで、自分の価値まで下がったような気持ちになってしまうのです。

しかし、恋愛の失敗ごときであなたの価値は変わりません。それでも自信を取り戻したいなら、例えばエステやダイエットで美しくなったり、なにか習い事を始めたりと、自分に磨きをかけるなにかをやってみるのも良いでしょう。

4.自分を責めすぎない

恋愛は、片方だけに責任があるわけではなく、ふたりの協力のもとに行うものです。だから、失恋したからといって自分のことだけを深く責める必要はありません。

自分を責めすぎると、その失恋がトラウマになってしまいます。恋人が去っても自分自身とはずっと付き合っていかなければならないのですから、あまり思いつめないようにしましょう。

5.一人旅に出かける

ずっと変化のない環境にいると、つい元恋人のことばかりを思い出してしまいます。気分転換に、一人旅に出かけてみるのも良いでしょう。

綺麗な景色を見たりおいしいものを食べたりしているうちに、世界には恋愛以外にも、楽しいことや素敵なものがたくさんあるのだということを思い出せるはずです。

6.新しいことを始める

これも一人旅と少し似ていますが、自分を恋愛以外の環境にあえて置き、視野を広げるという方法です。

恋人と別れてせっかく自分の時間が増えたわけですから、ずっとやりたかったことを始める良いチャンスだと言えます。なにか興味のある、新しいことを始めてみましょう。

まとめ

失恋直後はショックで混乱し、もう立ち直れないんじゃないかと不安になりますよね。しかし、失恋の理由としっかり向き合ってみることが、解決への近道かもしれません。

そして、失恋から立ち直る方法はたくさん存在します。どの方法があなたに適しているか分かりませんが、自分のペースで、色々試してみてくださいね。

次の恋愛が、あなたにとって素晴らしいものになりますように!

スポンサーリンク

Check Also

絶対喜ばれるプレゼントって?彼氏への誕生日プレゼントおすすめ10選

彼氏への誕生日プレゼントって、 …