Home / 恋愛 / 嫉妬心で苦しんでいる方のための嫉妬心の原因と対処法

嫉妬心で苦しんでいる方のための嫉妬心の原因と対処法

0c7ea91e9c9718c6b9bd7509b6033036_s

嫉妬心と聞くとどうしてもマイナスなイメージを持ちやすく、嫉妬をしてしまう自分を恥ずかしく思われる方も多いことでしょう。しかし、人間は誰しも自分以外の他人が存在することで、多かれ少なかれ嫉妬心が生まれます。そのため、人間関係を築くうえで嫉妬心は「正しい感情」とも言えます。

嫉妬は仕方のないことと割り切ってしまえれば楽ですが、嫉妬心が強すぎると精神が不安定になり、ひどい場合には日常生活に支障をきたす場合もあるのでとても厄介な感情です。特に恋愛関連で強い嫉妬心が生まれやすく、好きな人を思うたびに膨れ上がっていく嫉妬心に苦しめられている方も多くいます。

そんな嫉妬心で苦しんでいる方のためになぜ嫉妬してしまうのか、どうすれば気持ちが落ち着くのかその原因と対処法をご紹介しますので、少しでも参考になれればと思います。

スポンサードリンク

嫉妬心とは?

TAKEBE055122558_TP_V

まず初めに、嫉妬心とは何なのかということをよく理解する必要があります。嫉妬心の理解を深めることで自分がなぜ嫉妬してしまうのか原因を見つけることが出来ます。

人を羨ましく思う心

嫉妬心は基本的に人を羨ましく思う心と言えます。例えば、お金持ち方や容姿の整った方を羨ましいと思ったり、スポーツや勉強の出来る人を羨ましく思うなど、自分にないものや、自分が出来ないことを持っている・出来る人のことを羨ましいと感じるものです。

単に人を羨ましいと思っている状態では苦しむ程にはなりませんが、羨ましいから「妬ましい」という感情になっていくことも珍しくなく、人を妬ましいと思い始めるとその人への憎悪にも繋がります。

羨ましいと思う感情は本来、人が向上するために必要な感情なので、マイナスの思考ではありません。しかし、妬ましいと思う感情に変化してしまうとマイナスの思考となってしまいます。マイナスな思考は他の人だけではなく、そんな思考を持つ自分自身も嫌いになってしまい、とても苦しく辛いものです。

自分が損をしていると感じる感情

人を羨ましいと思う感情の中には自分が損をしていると感じる感情があります。例えば、仕事で同等の成果をあげたにも関わらず、他の人の方が評価されるなど贔屓された場合、羨ましいと思うと同時に自分は損をしていると感じてしまいます。また、恋人や夫婦間で自分ばかり相手に一生懸命尽くしているといった状況でも同じ感情を持つことがあります。

このように自分が損をしていると感じる感情は「不公平」と感じる状況で生まれやすく、一度自分が損をしていると感じてしまった場合「なぜ自分ばかり不当な扱いを受けるのだろう」とその感情に支配されやすいため、様々なことで損をしていると感じるようになってしまいます。

劣等感から生まれる

人を羨ましく思う心や自分が損をしていると感じる感情など嫉妬心の根本は劣等感にあります。そのため、自分がどのような時に劣等感を抱くのかを追及することで嫉妬心の原因を見つけることが出来ます。

劣等感は自分が他人より劣っていると思う感情であり、自分を否定的に捉える感情です。劣等感を持つことは悪いことではありませんが、強い劣等感は自己嫌悪に繋がり、妬みや嫉みといった強い嫉妬心を生みます。

自信がない人は生まれやすい

上記のように嫉妬心は劣等感から生まれるので、他人より劣っていると自分に自信のない人は嫉妬心が生まれやすい傾向にあります。また、劣等感を抱いたとき劣等感を抱く自分をマイナスに捉えやすく、より強い嫉妬心が生まれやすい人が多い特徴もあります。

他人と比較する人は生まれやすい

嫉妬は他人と比較することで初めて生まれるものです。そのため、他人と比較する人は嫉妬心が生まれやすく、様々な要因を他人と比較するので複数の人や色々な要素に嫉妬する傾向があり、多くの嫉妬心を持つことで自分に自信を持てなくなっていく傾向があります。

これらのことから、嫉妬心が生まれる主な流れは以下のようになります。

他人と比較する→羨ましい・自分が損をしていると感じる→劣等感を抱く→嫉妬心が生まれる

嫉妬心は誰にでもある

記事冒頭でも記しましたが嫉妬心は誰にでもあり、「嫉妬は生後5ヶ月の乳児にも観察されている」(出典:Wikipedia)というように穢れのない赤ちゃんでも持っている人間関係を築く上では必要な感情です。また、嫉妬心は恋愛において男女で異なります。

男性の場合は性的な関係、つまり恋人や配偶者、意中の相手が自分以外の人と肉体関係にある場合に嫉妬心を抱きます。また、男性は嫉妬していることで自身の印象が悪くなることを恐れ、嫉妬していることを他の人に伝えず、表に出ない様にする特徴があります。

反対に女性の場合は精神的な関係、つまり恋人や配偶者、意中の相手が自分以外の人に心を通わせている場合に嫉妬心を抱きます。また、女性は不満やストレスを他の人に話すことで発散させるので、相手の愚痴や不満を友達に話したり、一緒に過ごしているときに態度で表したりするため嫉妬心が表に出やすい特徴があります。

嫉妬心への17の対処法

bd517b7c76f5da2370f9f87c70a28f34_s

嫉妬心は誰でも持っている感情ですが、中々人には相談できないものなので一人悩んでいる方も多いでしょう。そんな嫉妬心で悩んでいる場合に有効な「嫉妬心への17の対処法」をご紹介します。

現在嫉妬してしまうことで悩んでいる方は勿論ですが、今悩んでいない方でも嫉妬心への対処法を知っておくことで、もし嫉妬心を抱いてしまった場合でも冷静に対処できる可能性が高くなります。

嫉妬する状況や原因を見極める

嫉妬心を抱いてしまった場合、一番最初に何に対して嫉妬しているのか、どういう状況で嫉妬しているのかなど嫉妬する状況や原因を見極めることが重要です。自分が嫉妬してしまう状況や原因が分かっていなければ何故嫉妬してしまうのかが分からないので対処することが困難になります。

嫉妬は感じたくない、忘れたい感情ですが、自分が嫉妬した状況を思いだし、何が不快に思ったのか、何が気に食わなかったのか、しっかりと自分の嫉妬心と向き合いましょう。

自尊心を持つ

上記にあるように嫉妬心は自身のない人が生まれやすい傾向があるため、自分という存在を大切にしようとする気持ち、自尊心を持つことで自分に自信を付けることが出来ます。例えば、好きな人が異性と楽し気に話している場合、自分に自信があればその異性に好きな人が取られるかもしれないという焦燥感に駆られて嫉妬することも少なくなります。

自分を好きになる

TSU_iikaori_TP_V

自尊心を持つと同じような意味合いになりますが、自分を好きになることも自信を付けることに繋がります。いきなり嫌いな人を好きになれと言っても難しいものがありますが、小さなことでもいいので自分の良いの思える部分を探して少しずつ好きになっていくと良いでしょう。

短所を長所に思う

嫉妬心は大抵の場合、自分が上手くできないところ、自分が持ってないところなど、短所に感じる部分がきっかけとなり生まれます。そのため、短所を長所に思うことによって嫉妬心を作るきっかけをなくす効果が見込めます。また、長所だと思える部分を沢山増やすことによって自信をつけ、自分を好きになることが出来ます。

短所を長所に思うには自分の短所とよく向き合う必要があり、自分をあらゆる角度から見ることで今まで発見出来ていなかった意外な一面など自分のことをよく知れるきっかけにもなります。

短所を長所に変えることが難しいと感じた方は様々なサイトなどで取り上げられているのでサイトなどを活用するのも良いでしょう。例としていくつかあげるので参考にしてみて下さい。

  1. 八方美人→誰とでも調和することが出来る
  2. 優柔不断→物事を慎重に決めることが出来る
  3. 短気→感受性に優れている
  4. 神経質→几帳面
  5. 集中力がない→気持ちの切り替えが早い
  6. いいかげん→おおらか・気さく

自分を評価する

きちんと自分を評価することで自尊心が満たされ、自分の自信にも繋がります。今日は「○○が出来た」「ここが良かった」など小さなことでも良いので自分の良いところや良かった点はしっかりと評価してあげましょう。例えば上記の短所を長所に思うの部分で変換できた時などは「物事を様々な観点から見ることが出来る人間」というように褒めると良いでしょう。

また、自分に自信がない人の特徴で第三者からの評価ばかりを気にしてしまうというのがあります。物事を決める場合に他人の評価で決めるのではなく、ちゃんと自分で決めたことが成功すると実例が出来るのでそれが芯となり、自信になります。自分にしっかりと芯のある人は他人に惑わされることがないので、嫉妬することも少なくなります。

自分の欠点を責めない

自分が出来ないところ、悪いところなどを改善しようとするのは良いことですが、欠点を責めれば責めるほど、それに対する嫉妬心が大きくなってしまうので自分の欠点を責めない様にしましょう。

カウンセリングサービスでは「欠点は直すものではなく受け入れるもの」と解説されています。欠点のない人間はいないので、それも人の魅力として欠点を受け入れ、自分を責めない様にしましょう。

自分磨きを忘れない

自分自身を認め、自分を責めないことも大切ですが、自分磨きを忘れないことも大切です。自分の良いところを伸ばしたり、悪いところを改善するなど、自分磨きをする努力や、自分の成長は確実な自信となります。また、自分磨きを忘れない人は傍目から見てもわかるので、周りの人に評価してもらえることにも繋がります。

嫉妬心をしっかりと受け止められるようになったら、嫉妬心を対抗心や悔しさに変え、自分磨きのモチベーションアップとして有効に活用するのも良いでしょう。

自立してみる

親や家族、恋人などに依存して自立の出来ていない人は必要以上に他人を見てしまい比較してしまう傾向があります。そのため、金銭面や精神面などあらゆる観点から自立してみると良いでしょう。自立している人は自分の価値観や世界観が確立しているので、必要以上に他人と比べることもなくなり嫉妬心を抱くことも少なくなります。

人を信頼する

0c54afed47cf81fdb1e95de9c6628c71_s

恋愛関係で恋人や妻・夫などに嫉妬してしまうのは上手く信頼関係を築けていないことが多いため、人を信頼することが大切です。名前も知らない人をいきなり信頼することは難しいので、恋人や妻・夫などパートナーをより深く理解し、信頼関係を築くと良いでしょう。

お互いのことを知り、お互いが信頼出来るようにする為には二人だけで話し合える時間を作ることをおすすめします。特別突っ込んだ質問などではなくとも、他愛のない会話をするだけでお互いの違った一面が見られるのでそういった一面を知っているのは自分だけだと思うことで安心することも出来ます。

恋愛以外に集中できることを作る

恋愛しか集中するものがない状態だと、必然的に相手のことを考えてしまう時間が増えるので、深く考えすぎて不安になってしまい不安が徐々に嫉妬という感情に形を変えてしまいます。そのため、恋愛の嫉妬で悩んでいる方は好きなことをしたり、趣味を見つけるなど恋愛以外に集中できることを作りましょう。

また、恋愛以外にも一人モヤモヤ悩んでしまうという方は休みの日など予定を詰めてわざと忙しくし、一人で考える時間を減らすという方法が有効的です。しかし、やりすぎると体を崩す恐れがあるので体調管理には気を付けて適度な休憩は挟むようにしましょう。

自分を認めてくれる人を見つける

友達や家族、パートナーなど自分を認めてくれる人を見つけることで自分のなかの傷が癒え、心が満たされます。心が満たされている人は自然と心に余裕が出来るので、他人と比べて嫉妬することも少なくなります。意外と身近なところに自分を認めてくれる人はいるものなので、どうせ自分なんか理解されないと卑下したりせず自分を認めてくれる人を見つけましょう。

周りと比較をしない

fd9c4e84d5ee6017bb4df9d94af12e70_s

上記でも説明しましたが、嫉妬心は他の人と比べて初めて生まれる感情です。自分を客観的に見るために他の人と比べることも大事ですが、必要以上に周りと比較していると比較することが癖になってしまい、常に嫉妬心に悩まされることになってしまいます。

周りと比較するのではなく、過去の自分や今の自分というように自分自身と比較して自分の価値観で物事を見極める癖を付けるようにしましょう。

競争を止める

競争することをは自分を高めてくれるので、自身のスキルアップには欠かせないものです。しかし、勝ちたい相手に勝ったとしてもその上にはまた次の人がいるのでいつまでも嫉妬心から解放されることはありません。常に嫉妬で思い詰めている状態はとても息苦しく辛いものなので、時には競争を止め今の自分を認めて息抜きすることも大切です。

利他主義の行動をとる

嫉妬は自分の為の感情、自分が中心の「利己主義」なものなので、その反対の他人の為になること「利他主義」な行動をとると効果的です。自分の利益だけを求めるのではなく他人の利益になる行動をとることで自分の行いが「正しいことをしている」「他の人に喜ばれる」ので自尊心が満たされ、嫉妬という感情が薄くなっていきます。

周りの人を認め素直に褒める

嫉妬をする人は深層心理で周りの人を認めることが出来ていない人が多く、心の底から素直に褒めることが出来ません。認めていない相手が周りから評価されているのは気に食わないものですし、心の底から褒めることなど到底無理なことです。

逆に自分が認めている人間が評価されているのは当然のことのように思え、素直に褒めることが出来るため、嫉妬することもありません。自分を認めると同時に周りの人を認め素直に褒めるように心がけましょう。

謙虚な心を思い出す

デジタル大辞泉では謙虚とは「控え目で、つつましいこと。へりくだって、すなおに相手の意見などを受け入れること」と記されています。

謙虚な心でいるときは心が穏やかでいられるのでイライラすることもなく、他の人を素直に認めることが出来るので嫉妬することもありません。初心忘るべからずということわざがあるように嫉妬でイライラしてしまうときは謙虚な心を思い出すようにしましょう。

嫉妬心を尊敬の心に変える

嫉妬心を尊敬の心に変えるという方法が最も効果的ですが、強く嫉妬してしまっている場合には最も難しい方法と言えます。最初はただ羨ましいと思う感情であっても羨ましいが大きくなるにつれ、嫌悪を伴う感情になってしまうため嫌いな人を尊敬するのはとても困難なことです。

そういった場合はその人の良いところを見るようにし、嫌悪感を徐々に和らげていくと良いでしょう。また、常に嫉妬してしまうという方は心から尊敬できる友達を作ることで、嫉妬しない状況をつくり、嫉妬しないことが当たり前になるような環境を作ると嫉妬する癖が治っていきます。

まとめ

d68bf13f5f9bee32354e054cefcdfdb7_s

人には本能的に「嫉妬心」というものが根付いています。嫉妬をした記憶がないという方でも気づかないうちに軽く嫉妬しているものです。また、嫉妬心は向上心にもつながる為、人間に必要な感情であり、嫉妬心を完全になくすことは出来ません。しかし、嫉妬で苦しまないよう嫉妬心を自分で調整することは可能です。

自分が何に対して嫉妬しているのかをよく理解したうえで、今回ご紹介した17の対処法を実践しながら自分を責めないよう、自分が苦しくないよう嫉妬心を調節してみて下さい。また、慣れてくれば自分なりにアレンジして最も自分が楽なやり方で嫉妬心を抑える方法を見つけてみるのも良いでしょう。


スポンサーリンク

Check Also

あなたは幾つ当てはまる?O型男子の特徴と恋愛傾向をご紹介

誰でも恋愛を始めたら、その恋を …