Home / 未分類 / 嫉妬とは?嫉妬を抱きやすい人の4つの特徴と克服する5つの方法

嫉妬とは?嫉妬を抱きやすい人の4つの特徴と克服する5つの方法

恋愛だけではなく職場や学校において、人間関係を構築する上で切り離せない感情が嫉妬です。他人への嫉妬心は上手くコントロールできればやる気と向上につなげることができますが、そうでない場合には自分の感情を消耗し他人に対して攻撃的になる可能性も秘めています。

人も持つ嫉妬とは?どのような要因で嫉妬を感じてしまうのか?その原因を解明し自分の中の嫉妬心を克服し、自分の感情を上手くコントロールできるための心の持ちようについてご紹介します。

スポンサードリンク

嫉妬とは何か?なぜ嫉妬を感じてしまうのか?

嫉妬とはどういったものでしょうか?そしてどのような感情で人は嫉妬に駆られてしまうのでしょうか?ここでは嫉妬をそれを生み出す心理について解説していきましょう。

嫉妬は比較の中で生まれる

心理学においては嫉妬とは自分以外の人間の影響によって生じる感情だと言われています。つまり自分と他人を比較して自分より他人が優れているところを見つけると湧いてくる感情ですね。

他の人の影響を受け他の人の価値基準の中で自分と比較することによって生まれる敗北感、そうした比較の中で生まれてくるのが嫉妬です。

なぜ嫉妬心を感じてしまうのか?

人間は感情を生き物ですが心の中がネガティブな感情に支配されてとき人は嫉妬心を感じます。例えば自分と同レベルだと思っていた人が自分よりも仕事で良い結果を出したときなどに生じるネガティブな感情。

また大切な人を独占したいという欲求が過剰になるあまり、心に嫉妬心が芽生えることがあります。どちらの場合も変化に対する不安が嫉妬心を感じる要因であると言えますね。

他人と比較するから

自分の価値を他の誰かと比較して優劣をつけることによって嫉妬心を感じることも多くあります。どんな人にも良い面も悪い面もあるものですが、自分が劣っているところだけにフォーカスする。

そのような他人との比較がネガティブな感情を助長し、結果的に他人に対して嫉妬心を抱きやすくなります。

自分に自信がないから

自分に自信が持てないと基本的に自分は人よりも劣っていると思いがちですね。決してそうではないところも自信がないせいで自分を魅力や能力を容認できず自己否定してしまいます。

そうなると例え人に褒められても疑いの目を持って見てしまうので素直に耳に入らなくなります。自己否定は嫉妬という沼の入り口だと考えて自分を褒めてあげることも必要なことです。

他人に認めてほしいから

人間誰しも他人に認めてほしいという感情は持っています。しかしこの感情が強くなると自分を認めてくれない周囲への不満がつのり、それは批判へとつながって行きます。

そしてその批判は認めれていると感じる人間に向けた嫉妬心となって心の中に渦巻きます。自己否定やネガティブな感情からは何も生まれないということですね。

嫉妬を抱きやすい人の4つの特徴

嫉妬しやすい人にははっきりとした特徴があります。それらの特徴は必ずしも悪い面だけではなく、良い方向に向かえば自分を高めてくれるものですがマイナスに作用すると嫉妬という感情に支配されるようになります。

それらの特徴とはどういったものか見て行きましょう。

負けず嫌い

他人との比較にも共通することですが、負けず嫌いの人は、どんなことでも他人と張り合おうとします。それが向上心につながるといいのですが負けたと感じたとき、素直にそれを認めることができずに激しい嫉妬心を抱くことになります。

人に負けたくないという感情が強ければ強いほど敗北感が自分の中で大きく広がり嫉妬へと変化するんですね。

プライドが高い

プライドが高い人には自信家が多く見られますね。ただその自分に対する自信が否定されるようなことがあると、自信は嫉妬という感情へと姿を変えてしまいます。

プライドの高さが自信を砕かれた事実を受け入れることができずに、嫉妬によって自分の感情を保とうとする防衛本能が働くということですね。プライドの高さが邪魔をすると打たれ弱さの持って行き場が嫉妬しかなくなってしまうとも言えます。

感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しい人は喜怒哀楽が表に出やすい傾向にあります。嫉妬心も感情の一部分なので起伏が激しいと他の人よりもその嫉妬心に抑えが効かなくなりますね。

周りで嫉妬深いなと感じる人を思い浮かべてみて下さい。おそらくその人は感情の起伏が激しく顔に出やすい人ではありませんか?そのせいで嫉妬深い人だと思われるとマイナスに作用することが多いので気をつけたいところですね。

承認欲求が強い

承認欲求とは自分の行動や存在を他者から認められたいという欲求です。そしてこの欲求は精神的に不安定なときにより強く感じる傾向があります。つまり誰かに認められることによって不安を取り除きたいという感情ですね。

そしてその不安が承認欲求をより強いものにします。その結果認めてくれない周りへの不満となり、ほんの些細なことで嫉妬心が芽生える原因になります。

プラスに作用すれば良い結果を生むことができますが、強すぎる承認欲求は他者の評価を必要以上に気にすることで、嫉妬による自己否定につながりかねないので良い方向に向けるようにしたいものですね。

次ページ:「嫉妬を克服する5つの方法」

嫉妬心を克服する5つの方法

これまで嫉妬のメカニズムや特徴をご紹介しましたが、それを克服するにはどうすればいいのかを解説して行きましょう。嫉妬に悩まされないよう参考にして下さいね。

他人との違いを受け入れる

嫉妬心の強い人は自分を他人と比較することばかりに考えが傾いているものですね。それを克服するには自分と他人は違う人間なんだと改めて認識することが大切です。

他人との違いを受け入れることができればいたずらに他人と比較して、自分を否定することもなくなり嫉妬心を抱く必要もなくなりますね。自分は自分他人は他人と割り切ることで嫉妬心から解放されますよ。

自分に自信を持つ

嫉妬する原因にひとつが自分に自信がないということはお分かりいただけましたね。そうなると自分に自信が持てるようになると嫉妬心は克服できるということになります。

自分に自信があれば余計な嫉妬心に悩まされることもありません。ではどうすれば自分に自信が持てるようになるのでしょうか?それは小さな成功体験の繰り返すことです。

どんな小さなことでも構いません。今日できたことを紙に書き出してみて下さい。一日のうちでも小さな成功体験は必ずあります。それを繰り返すことで必ず自分に自信が持てるようになりますよ。

好きなことに没頭する

人間は何かに没頭しているとネガティブな感情が芽生えにくくなります。それが自分の好きなことならなおさらですね。嫉妬を克服するということは嫉妬するような場面から自分を遠ざける必要があるということです。

好きなことに集中している時間は嫉妬という感情から自分を遠のけていることになりますね。もう一度自分の趣味に没頭する時間をできる限り持つようにしましょう。

自分を客観的に見る

自分を客観的に見るということはわかりやすく言うと、自分は完全な人間ではないと認めることです。そうすることで必要以上に自己否定することもなくなり嫉妬や執着といったネガティブな感情が徐々に薄まってきます。

自分を完全ではないと認めることで自分の悪いところは改善され、良いところに改めて気づくことにもつながります。嫉妬心を克服するためには一度自分とじっくり向き合ってみましょう。新たな自分を発見できるかもしれないですよ。

嫉妬心全部を捨てきれなくても良い

先にも述べたように嫉妬心を良い方向に向けることができると、仕事では向上心や活力となってワンランク上の自分になれることがありますね。また恋愛においても適度な嫉妬心はふたりの関係をより深めるスパイスにもなります。

どんな人間にも嫉妬心が存在する以上嫉妬心を捨てきることはできません。ただネガティブな感情に支配されないようにコントールして嫉妬心を良い方向に向けることは意識していたいですね。

まとめ

人間関係において嫉妬心はどこにでもついてまわる感情ですね。嫉妬心は人の心を消耗させるものでもありますが、それを踏み台にして人を向上させてくれるものでもあります。

毒にもなれば薬にもなるのが嫉妬心。使い方はあなた次第です。「現実からの逃げ場」ではなく「次のステップのための糧」として上手に付き合っていきたいですね。

スポンサーリンク