Home / 恋愛 / 「親友がいない」のは普通?親友がいない悩みの解決方法

「親友がいない」のは普通?親友がいない悩みの解決方法

皆さんは「親友」と呼べる友達がいますか?親友とはいうものの、どこまで仲が良ければ親友と呼んでよいのか、その定義について考えたことはない人が多いと思います。

また、親友がいないと思う人も多く、親友がいないことで悩んでいる人も少なくないようです。そこで、今回は「親友」という存在に焦点をあてて、親友がいない悩みの解決方法をご紹介したいと思います。ぜひ最後までご覧くださいね。

スポンサードリンク

親友と友達の違いとは

親友という存在に定義はないのかもしれませんが、それにしても親友と友達との違いはいったいどこにあるのでしょうか?また、どんな風だったら親友と呼んでもよいのか、気になりますよね。

それでは、まず親友と友達の違いについてまとめていきたいと思います。

なんでもお互いに話せる

親友と呼べる友達とは、なんでもお互いに話せるということがあるのではないでしょうか?

普通の友達であれば、会話が途切れないように気を遣ったり、みんなで盛り上がるような楽しい話題について話したりしがちだと思います。

たとえば相談事があっても、こんなこと話したら相手が引いてしまうんじゃないか?とか嫌われてしまうかもと心配になるのは、やはり親友とはいえないかもしれません。

相談事も出来るし、時には暗い話でも出来るのが親友なのではないでしょうか。

大人になるにつれ、友達や親友と接する機会は少なくなってしまうと思いますが、その日起きたことをなんでも話すのではなく、どんな内容でもなんでもお互いに話せる間柄でいられる友達こそが親友と呼べるのかもしれませんね。

辛い時にそばにいて励ましてくれる

辛いことがあった時、誰かがそばにいてくれたらとても心強いですよね。

それは家族だったり恋人だったりするかもしれませんが、そんな時こそ寄り添ってくれるのが親友なのだと思います。

落ち込んでいる時に、言葉はかけてくれずともただそばにいてくれるだけでも嬉しいですよね。悲しい時に忙しくても会いに来てくれるような親友は、とても心強い存在だと思います。

お互い気を遣いあえる

「親しき仲にも礼儀あり」というように、いくら仲のよい友達同士でも気を遣いあえるのが本当の親友と呼べるのではないでしょうか。

相手のことを思いやる心があってこそ、気遣いが出来るのだと思います。そんな風にお互いを思い合える間柄こそ、素敵な親友同士と言えるのかもしれませんね。

貸し借りが出来る

友達同士でも出来ることかもしれませんが、親友同士なら貸し借りも躊躇なく出来るのだと思います。

本やCDなどは人に貸す時に返ってこない可能性があるかもしれないな、なんて思いながら貸す人も少なくはないのではないでしょうか?

いくら友達でも、たとえば自分の大切にしているものを貸してくれと言われたら、迷ってしまいますよね。

でも、それが親友ならどうでしょう。自分の大事なものを貸しても大丈夫と思えるくらい、相手のことを信用出来るのではないでしょうか。

大切なものでも貸し借りが出来るのは、親友同士ならではこそかもしれません。

離れていても関係性が変わらない

引越しなどで遠方に行った場合、普通の友達同士だと連絡が滞ってしまうこともありますよね。そのまま疎遠になってしまうことも少なくないと思います。

しかしながら、親友同士だと離れていても関係性が変わらないのではないでしょうか。

頻繁に会わなくても、連絡を取り合っていなくても、会えばいつものように仲良く出来る間柄こそ、親友同士と言えるのかもしれませんね。

沈黙の時間があっても居心地が良い

親友とおしゃべりする時間はとても楽しいものだと思いますが、沈黙の時間があっても居心地が悪くならないのは親友同士だからこそと言えるのかもしれません。

これが普通の友達同士なら沈黙の時間が気まずくなりますし、話題を探そうとお互い必死になってしまいますよね。

でも親友同士なら沈黙の時間でも気にならないくらい、お互いがいる空間が心地良く感じられるのだと思います。

お互いの家族に紹介しあえる

お互いの家族に紹介しあえるのも、親友同士だからこそかもしれません。

実家暮らしの人の場合、友達を家に招いたら必ずどんな友達なのか家族に尋ねられることが多いのではないでしょうか?

家族からしたら、貴方がどんな友達と付き合っているのか心配でならないのだと思います。

「家族も認めてくれるだろう」と思えるくらいの友達であれば、自信を持って家族に紹介出来ると思いますし、相手もそうだと思います。

お互いの大切な家族にも紹介しあえるくらい信頼しあっているのが親友と言えるのでしょう。

恋人に紹介出来る

家族と同じように、恋人にも紹介出来るのが親友と呼べる存在なのではないでしょうか。

大切な親友を恋人にも紹介したいと思う気持ちになると思いますし、出来れば親友と仲良くするのを恋人にも理解して欲しいものですよね。

お互い、恋人にも紹介出来るし、紹介したくなるような間柄であるからこそ、親友だと言えるのかもしれません。

親友がいない悩みを解決するには

それでは、次に親友がいない悩みを解決するには、どのようにしたらよいのでしょうか?

いろんな考え方があるかと思いますが、悩み解消のきっかけになるようなポイントをご紹介したいと思います。

今いる友達を大切にする

親友がいないと悩むよりも、考えを切り替えて、今いる友達を大切にすることを心がけてみてはいかがでしょうか?

親友と呼べる友がいなくとも、貴方に友達が一人でもいるのであれば、その友達はかけがえのない存在であると思います。

友達を大切に、仲を深めていけばいつかお互い親友と呼べる存在同士になっているかもしれませんよ。

気にしないようにする

親友がいないことで悩む人も多いようですが、そんな悩みなんて気にしないようにすることも良いのかもしれません。

親友と呼べる存在がいなくとも、自分自身が幸せであれば問題ないのではないでしょうか?

一人でいることが孤独と捉えるのではなく、自分の意思や信念に従ってそうしているのであれば、それはそれで幸せであるし、かっこいい生き方なのかもしれません。

世間一般では親友がいることは良いこととされていますが、そういう社会通念に縛られないようにすることも、一つの画期的な考え方なのだと思います。

これから親友が出来るかもしれないと期待をもつ

親友がいないことで、落ち込んでしまう人もいるかもしれませんが、今は親友がいないだけで、これから親友が出来るかもしれないと考えを変えてみてはいかがでしょうか。

そんな風に考え方を切り替えてみると、これからの出逢いにワクワクする気持ちが湧いてきませんか?

もしかしたら、今いる友達ともっと仲良くなって親友になれるのかもしれませんし、貴方が望むのであれば、親友が見つかりそうな素敵な未来は広がっていると思います。

もしかしたら自分が思いこんでいるだけかも?

親友がいない…実は自分が思いこんでいるだけの可能性もあるかもしれません。

もしかしたら、友達の中には貴方のことを親友だと思ってくれている人もいるかもしれませんよ。

仲の良い友達との付き合いを冷静に見つめなおしてみるのもよいのではないでしょうか?

自分が思いこんでいるだけで、実は身近に親友と呼べる素敵な友達がすでにいる可能性も充分あると思います。

親友をつくることに積極的になる

親友がいないと悩み続けるよりも、出来れば親友をつくることに積極的になってみてはいかがでしょうか。

考え方を変えれば、これからいくらでも親友と呼べるような友達をつくれる機会はたくさんあると思います。

次項では、親友をつくるために出来ることをご紹介していますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

親友と呼べる友達をつくるために

それでは最後に、親友と呼べる友達をつくるために努力出来ることについてポイントをまとめてみました。

親友が欲しいと思っている方はぜひチェックしてみてください。

友達付き合いを大切にする

親友をつくるためにまず出来ることとしては、友達付き合いを大切にすることでしょう。

たとえば、女性の場合、グループをつくって友達と仲良くなることが多いと思いますが、その中でも気の合う人が一人いたりすることは多いのではないでしょうか?

気の合う友達と遊びにいってみたりすることで、もっとお互いのことを知ることが出来て、親友と呼べるくらいに仲良くなっていけるかもしれません。

ぜひ今いる友達ともっと仲良くなるために、友達付き合いも大切にしてみましょう。

趣味や好きなことに没頭してみる

親友をつくることに一見関係ないことのように思えるかもしれませんが、趣味や好きな事ことに没頭してみるのもお勧めです。

といいますのも、同じ趣味や好きなことがある人とは仲良くなりやすいからです。

習いごとなど、好きなことを学びにいった中で友達を見つけたり、趣味のサークルに入ってみたりするのもよいのではないでしょうか?

共通の趣味や好きなことは会話が弾むきっかけになりますし、仲も深まりやすいのではないかと思います。

自分自身を素直に出せるようにする

親友をつくるために出来ることとして、自分自身をまずは見つめなおしてみましょう。

貴方は自分自身を友達の前で素直に出せていますか?

誰しも自分自身をさらけだそうとしない人とは、仲良くはなれても親友と呼べるほど仲良くはなれないと思ってしまうと思います。

自分の気持ちなどを素直に出せるようにしたり、素直に出せる友達を見つけたりすることが、親友をつくるうえではとても大切なのかもしれません。

同じ目標を持った人を見つけてみる

同じ目標を持った人を友達の中から見つけてみるのも、親友が出来るきっかけになるかもしれません。

たとえば、資格の勉強をしている人なら同じ資格を目指している友達を見つけてみてはいかがでしょう。

同じ目標を持っているもの同士なら、話も弾みますし、お互いに励ましあえて良きライバルになると共に友達としても仲良くなれるのではないでしょうか。

お互いに切磋琢磨できる関係も素敵なのではないかと思います。

友達と喧嘩することも恐れない

親友になったきっかけを聞くと、意外にも多いのが喧嘩をきっかけに仲良くなった人が多いようです。

喧嘩するのは、本気でぶつかりあっているからこそだと思います。

それは、お互いに本音をさらけ出しているからこそ喧嘩するのであって、和解できた時には親友と呼べるくらい自然と仲良くなることも多いのではないでしょうか。

友達と喧嘩することも時には恐れない勇気を持っていただきたいなと思います。

友達の良いところを見つける

親友というのは、自分の良いところを理解してくれている人だと思います。

もちろん、親友は自分の悪いところも理解してくれているのだと思いますが、まずは友達の良いところから見つけてみてはいかがでしょうか。

仲のよい友達のことをしっかり見て、良いところを褒めてあげたら、相手も自分のことをよく見て理解してくれているんだなと嬉しい気持ちになって、貴方のことを信頼してくれるようになるかもしれません。

悪いところは仲良くなってから理解するとして、まずは友達の良いところを探すことからはじめてみましょう。

思い切って悩みを打ち明けてみる

親友になったきっかけを聞いていくと、悩みを打ち明けられたのをきっかけに仲良くなったという人も多いです。深刻な悩みがある時に、自分だけに悩みを打ち明けられたら、相手から信用されていると実感して、嬉しい気持ちになると思います。

それがきっかけで、相手も自分のことを信用してくれるようになって仲良くなることも多いのではないでしょうか。悩みごとを打ち明けられる友達がいるのは、本当に心強いことだと思います。

悩みごとを打ち明けたいと思うくらいの友達は、もうすでに貴方にとって親友である可能性が高いと言えるでしょう。思い切って相手を信頼して悩みを打ち明けてみるのもよいのかもしれませんね。

まとめ

今回は親友がいない悩みの解決法をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

なんでも話せる親友がいるのはとても素敵なことだと思いますが、親友がいないからといって、そんなに悩む必要もないのではないかと思います。

貴方にとって親友という存在が大切だと感じるのなら、親友が出来るように自分を見つめなおして少し努力してみましょう。

また、今いる友達も大切にすることも忘れないでくださいね。本記事が少しでも参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

Check Also

社会人は恋愛難?社会人と学生の恋愛における7つの違い

現代の社会人は恋愛難だとよく言 …