Home / 未分類 / 職業別!高年収商社マン・消防士とのお付き合い、結婚とは

職業別!高年収商社マン・消防士とのお付き合い、結婚とは

世の中には様々な職業の男性がいますが、職業によって意外と性格や生活が変わります。

本記事では、高年収で知られる商社マンや、消防士とのお付き合い方法・結婚にまつわる情報をご紹介します。

スポンサードリンク

高年収商社マンをゲットするために心がけたいこと

結婚相手にはできるだけ年収の高い人を選びたいと考える人もいるのではないでしょうか。お金さえあれば生活に困ることはありませんし、働く必要もないかもしれません。

さらに欲しいものを我慢しないで買うことができたり、おいしい食べ物もたくさん食べることができますね。でもそうなると世間でも高年収の人を探す必要があるのです。

高年収商社マンを獲得するために

一般に務める企業の中で高年収と言われる職業は限られています。大手銀行や商社に勤める人がそうだと言われています。特に日本でも数社しかない大手に勤める商社マンの年収は、一般企業に勤める人の中でもトップレベルの水準になっています。ではそんな商社マンをゲットするにはどんなことを心がければいいのでしょうか。

まず商社マンの働く様子を知ることからはじまります。世界と日本の物流をサポートするのが主な仕事内容ですが、それには様々な業者との取引を契約したり、輸入や輸出の管理をしたりと幅広い仕事があります。

さらに仕事に関係する業種が幅広いため、多くの人と人脈を形成しさらにそこから関係性を深めることも必要になります。

仕事だけではなくプライベートまで付き合いの幅が広がるので、それだけ気の抜けない時間が続くことになります。これだけ幅広い業務があるということは、仕事に関わる時間は一日の中のほとんどを占めることになります。つまりプライベートで恋愛を楽しめる時間はとても限られているのです。

では限られている時間の中でどう女性と知り合っているのか気になりますが、彼らは人脈が幅広いのでそこから女性を紹介してもらったりしています。中には少ない時間で結婚相手を探すために結婚相談所に登録する人もいるそうです。

次に運よく商社マンと出会うことができたら、しっかりゲットするための策を考えなければいけません。でも彼らは有名大学を卒業しトップレベルの学力を持っていますし、人の心を見抜く力を仕事の営業で身につけています。

適当な策や下心は簡単に見抜かれてしまう可能性があるため、自分の内面で勝負することが必要になるのです。

彼らは仕事がとても忙しいため、結婚後も家庭を一番にすることができないのです。

それはもし子供が生まれても同様で、子育てや家事のサポートはしてもらえないことはあらかじめ知っておかなければなりません。

さらに世界各国、日本各地に転勤する可能性もあります。日本国内であればあまり難しく考える必要はないかもしれませんが、外国となれば話は別です。

英語が喋れることは大前提であり、もしかしたらもっと外国語を習得しなければならない環境になるかもしれません。見知らぬ国で子育てをするとなればもっと大変な経験や辛い思いもするかもしれません。

悲観せず、楽しもう

ですがそれを悲観せず旦那が家庭にいない間自分の時間を楽しんだり、一人でも子育てを楽しめる女性であれば彼らも心配する必要がなくなります。

外国でも生活できるスキルを持っていたり、英語を理解できる力があれば転勤も安心でしょう。結婚してからそういった問題に悩まされないように、彼らはあらかじめそういった女性を探している部分があるそうです。

つまり自立をしている女性や自分の人生を楽しんでいる女性はそれだけで、結婚相手の候補として見てもらうことができるのです。

それは今から始めても遅くはないことばかりです。

例えば趣味を見つけて自分の時間を大切にしてみること、そして人との付き合いも活発にするなどは難しいことではありません。他にも英会話教室に通ってみたり、資格取得を目指すのも自分磨きとしてはぴったりの方法です。

女性が自分の未来をよりよいものにするために、努力している姿はきっと彼らにも魅力的に見えるはずです。

どんなに年収が高かったとしても贅沢はできるかもしれませんが、その分我慢しなければならないことも多くなります。交際中も好きな時に会うことはできないかもしれませんし、寂しいと感じることも多いかもしれません。

それは結婚できたとしても同じかもしれないのです。ですが彼らはその分しっかりと仕事で頑張り努力し、それは日本の様々なところで人々の役に立っています。

私たちの生活に関わるあらゆる物や資源は、世界各国で作られたり加工されたりしたものであり、国産であっても様々な人が生産や流通に関わっています。

部分的であったり大々的であったり程度の差はあるかもしれませんが、これらには商社の方の働きがあってこそなのです。生活を豊かにする仕事をしている人達だからこそ、それを支える女性の役割はもっと大きいと考えることができます。

限られた時間の中で少しでも彼らをサポートすることができるなら、それは女性にとってとてもうれしいことです。

そのために相手を大切に思う気持ちは忘れないこと、そして自分自身の気持ちを強くすることは一番心がけたいポイントになります。そうすることで愛する人と長く楽しく、そして支え合いながら生活を続けていくことができるようになります。

体育会系?消防士結婚してアツアツな生活を

生活サイクル

消防士という仕事は2部制、もしくは3部制という形で仕事を行っています。24時間の勤務、非番、休日を繰り返していくのが2部制ですが、非番だから休みというわけではなく、自宅でいることを余儀なくされます。

3部制は日勤、当番、非番をサイクルにしており、サラリーマンのように日勤で働くこともあれば、当番として24時間勤務などをこなすこともあるため、休みが非常に不規則なのも特徴です。

非番であっても緊急出動で駆り出される恐れがあり、仕事としてはやりがいがあるものの、結構ハードななのは明らかです。

そんな消防士と結婚をする場合、家庭を守る女性からすると色々と気を遣うことが出てきます。

仕事の時間が不規則であるため、家に帰ってきたら体を休めることが最優先となります。

また、緊急出動があれば非番であっても現場に駆けつけることになるため、非番だからどこかに連れてってもらえるわけにはいきません。

仮に子供が生まれれば、疲れて帰ってきたお父さんを休めませるために気を遣いながら、子供の世話をしていかなくてはならないため、相当精神的にハードな日々を過ごすことになります。

しかも、消防士というのは危険と隣り合わせであり、場合によっては亡くなってしまうこともある仕事です。常に安全を祈るだけでなく、自分たちのことを守ってくれる存在として大事に扱うことも求められ、毎日覚悟をしなければならないというのも家を守る女性としては辛い部分です。

これらが消防士に関する大変さであり、パートナーが消防士である場合に色々と考えなければならない部分ですが、一方では他の職業の人には見られないような生活というのも体感できるなど、プラスの面もあります。

消防士の性格は

夜の生活に関してはとても激しい傾向にあると言われています。

警察官のように、何かあったら現場に駆り出されるというのは、救急隊などの特殊な仕事でない限りはありません。それでいて火事の現場などに遭遇しやすく、アドレナリンが高まりやすくなるのも特徴です。

すると、仕事から解放され、家に戻るころには出迎えてくれた奥さんを抱きしめたくなるのは当然であり、そう簡単にそのテンションが下がることもありません。危険と隣り合わせである分、自らも愛する人を守りたいと強く思うようになります。

また、消防士はとても体力がいる仕事であり、タフネスな人しか務まりません。

タフネスな人はそれだけ性欲も強く、疲れていたとしても相手を求めたくなるものです。基本的には体育会系であるため、体力も十分にあり、それでいて性欲も強まれば、毎日のように求めるのは当然と言えば当然です。

また、日勤の仕事と違い、非番や休日もある程度まとまった時間で区切られており、日勤とは違い、昼間も休むことができます。その分、精力的なこともできるようになるため、そうしたのも要因としてあります。

女性側から見ても、筋肉量の多い男性に守られるというのは魅力的です。

力持ちでなければやはりこうした仕事は勤まらないため、力仕事などはすべて任せることができます。

しかも、色々なことを男気を持ってやってくれるため、安心できるというのも魅力であり、公務員でもあるため、給料も安定しています。

危険と隣り合わせである分、それだけ給料面は安定し、しかも自分のことをちゃんと守ってくれる存在であるため、ある程度のことを我慢していればそれで充分です。

一方、寮などに入り、同じような境遇の奥さんと仲良くなることもできるため、そこで色々と情報の共有もできるようになります。

サラリーマンと結婚をした奥さんとは境遇が違うため、なかなか話が合うことはありませんが、同じ境遇であれば、不安に感じることなどもほとんど同じであり、相談に乗ってくれる人も近くにいます。

家族ぐるみでの付き合いにも発展しやすく、コミュニティに恵まれることになります。その逆もありますが、仕事場が一緒である分、よほどのことでない限り、ウマが合わないから付き合わないということにはなりません。

もし、アツアツな生活を望むのであれば、いくつか気を付けるべきことがあります。

まずはパートナーに対して過剰な要求はしないということです。

24時間勤務明けというのはかなり疲れている状況であり、非番や休日があったとしても、少しでもパートナーのために考えておくことが大事であり、まずは休息を最優先にしたやり方が大切です。

体が資本の仕事であるため、その資本を損なわせるようなことをしていると、体はもちろんのこと、心も休まらなくなり、いずれ奥さんへの気持ちが離れていく結果を生みます。

体力もあり、性欲もあることから、下手をすれば浮気などにもつながりやすく、いかにコントロールをしていくかが求められます。

こうした場合、女性側が手綱を握りやすいため、パートナーを持ち上げつつ、実はコントロールは奥さんがしているというような状況にさせることがアツアツな生活には欠かせません。

最後に

いかがでしたでしょうか。

商社マンや消防士をつかまえたい皆さん、是非参考にしてみてください。


スポンサーリンク

Check Also

その女子の天然ボケ本物?偽物?

巷でよく使われている性格を表す …