Home / 恋愛 / 失恋したくないけど片思いも嫌…そんなときの選択方法と立ち直り方
heartsickness

失恋したくないけど片思いも嫌…そんなときの選択方法と立ち直り方

誰しも、失恋はしたくないですよね。

しかし、残念ながら恋が上手く行かないことも人生では多いです。

そんな時、どうすればよいのか、そしてもし失恋してしまったとき、どう立ち直ればよいのかをご紹介します。

スポンサードリンク

失恋はしたくない・・・けどずっと片思いも嫌!どうすればいいの?

 

好きな人が出来て、相手に自分の気持ちに気付いてほしいという思いはどなたも経験されていることではないでしょうか。自分の気持ちを相手に伝えたいが、その結果を聞くのが怖いとというのがきっと多いと思われます。

初めての経験で、このように思うのはごく普通のことです。自分から告白するというのは勇気が要ります。

大抵の人は、相手が自分のことをどのように思っているか探り、好印象を持っていてくれれれば思い切って告白する人が多数を占めているようです。

しかし、このパターンで全ての人がうまくいっているわけではありません。相手が好印象を持っていてくれていると思ったのは、ただの勘違い、思い過ごしだったという人もいます。結果撃沈です。

heartsickness

後悔はしない選択を

勇気を振り絞って告白したのに、うまく行かなかったという思いは、きっと辛い気持ちで何日か過ごしていると思われます。

また、告白した相手には、仕事場や学校などで落ち込んでいる頃にも会うことも多いでしょうから、お互い気まずい雰囲気があり、昔のように自然と話せるようになるまでしばらく時がかかります。

しかし、このように自分の気持ちに忠実に行動を起こした人は、何故か立ち直りも結構早い人が多いです。

そのことから、告白した相手との気まずい思いも早くに解消し、爽やかな日々を早くから送ることが出来ます。きっと彼らは、告白したことを後悔していないのだと思われます。

確かに初めて気持ちを告白して振られてしまうと、大変辛く悲しいです。

そして恥ずかしい思いもあるでしょう。しかし、告白し、失恋を繰り返すたびに耐性が出来てくる人もいるようです。

なかなかここまで、強くなれる人は少ないですが。

その人たちは、皆自分の気持ちには素直でいたいという思いでいっぱいなのは明らかです。自分が傷つくことを恐れてはいません。それよりも、自分の気持ちに忠実に従うことで、後々告白すればよかったなどの後悔がないので、いつでも前向きに生きて行けるようです。

ある程度性格もありますので、皆も同じ考えでというわけにはいきませんが、後悔するよりは、今をしっかり生きたいという考えがあることも知ってほしいと思います。

なぜ告白は難しいのか

大抵の方は自分が傷つきたくないからという思いで告白できないのでと思われます。

少しプライドが高いのではと思います。きっと自覚している方は少ないでしょう。ずっと片思いで満足であれば、いつまでも胸にその思いを秘めていれば良いと思われます。

しかし、どこかで相手に自分の気持ちに気が付いてほしい、分かってほしいと思うならやはりどこかではっきりさせることも必要ではないでしょうか。

はっきりさせるというのは告白をするということになります。

しようと思っても、なかなか一歩が踏み出せないでしょう。誰でも告白するときは同じ思いです。

しかし勇気をもって告白したことにきっと後悔はありません。うまく行けばうれしいですし、そうでないのなら少しの間辛いですが、思っているよりもすっきりした気持ちになることが出来ます。

また、うまく行かない場合は、次の恋に向かっていけるチャンスでもあります。いつまでもその時に好きな人を引きずっていると、別の良い縁がそばにあっても気付くことが出来ません。

告白してうまくいかなかったということは、この先ずっと想っていても成就することはないということです。

基本どこか合わないということですので、早くにはっきりとさせることは、本当に縁のある人に出会ったとき迷いなくその人を見ることが出来、幸せをつかむことが出来るということにつながります。

告白のタイミング

しかし告白するタイミングというものは大変難しいものがあります。会って直ぐに告白した方が良い場合もありますし、自分をしっかり見つめてもらう期間が必要な場合もあります。

ただ、相手も自分を気に入ってくれている場合はある程度待っていてくれますが、そうでない場合はもしかすると早い者勝ちになる場合もあります。コンパなどで知り合った場合、複数人で出会うため、気に入る人は皆一緒の場合が多いからです。

勇気を出して告白しようと決心したなら、なるべく成就させたいものです。

計画を練るのはどうかとも思いますが、やはり少しは作戦を考えてみましょう。

相手に好きな子はいないか、好きな子がいても付き合っているのかフリーなのか、などから始まり、自分についてはどのように見てくれているのかなども考えてみましょう。

ある程度相手の状況や気持ちが分かれば、告白するときの期待度のレベルを自分でコントロールすることが出来ます。

それによってうまく行けば本当にうれしいですし、うまく行かない場合は、自分自身が傷つくことを最小限に抑えることが出来ます。

告白するかどうかは、結局は自分自身が決めることですが、考え方次第です。スッキリさせて、違う恋をしたいと思うのなら思い切って告白してみましょう。

うじうじと悩んでいるよりもはっきりさせることで、意外とすっきりとした気持ちになれる自分にびっくりするかもしれません。

失恋から立ち直るマインドセットとは

失恋には小さいものから大きいものまであると思われますが、人生でこのような経験は誰にでもあることではないでしょうか。

失恋も人生経験の一つ?

初恋というものは早い方は幼稚園の頃という方もいます。大抵の方は、小学校の頃が多いのではないでしょうか。

子供のころの失恋というのはまだまだ可愛いもので、片思いのまま終わってしまったり、また、相手に自分の思いを伝えたもののうまく行かない場合もあったでしょう。このような子供のころの経験はきっとどなたにもあると思われます。

しかし成長するにしたがって、不思議と想いも深くなり、子供の頃と同じような経験でも何故か深く傷ついてしまう場合もあります。このような時、立ち直るのにはやはり時間が大切になります。その時は大変辛いけれど、相手を好きになったことを後悔している人は少ないはずです。

完全な片想いのままうまく行かなかったり、告白したものの相手が自分を選んでくれなかったことは本当に辛いことです。

しかし、時間が経つと不思議と、何故か仕方がないと思えてしまします。この場合はきれいな思い出のままですのでそのように思うのかもしれません。

しかし、もしかしたら、このように思わないと前へは進めないため、このように思い込む努力を自分自身も知らず知らずのうちにやっているのかもしれません。どちらにしても、時間が解決してくれることは明らかです。

ただこのようにきれいなままの失恋というのは、恋愛の中でも小さいものに属するものであると思われます。

しかし、ある程度大人になってから、体当たりで一生懸命頑張った結果の失恋になると大きなものに属するのではと思います。

このように大きなものは、本当に耐えられなく、立ち上がるのに随分時間がかかってしまう方もいらっしゃるでしょう。その方がもともと持っていらっしゃる性格にもよりますので皆が皆同じではありませんが、大きく傷ついてしまうと立ち直るのにかなりの時間がかかります。

もっと前向きに考えてと慰めても、そのような方はいつまでも、終わった恋に執着している方が多くなかなか難しいものがあります。

まわりの皆がどのように慰めても、本人が、終わった恋に見切りをつけ、前向きに気持ちを切り替えることが出来なければなかなか立ち直ることはできないでしょう。

しかし、気持ちが切り替わるためのかかる時間は人それぞれ違いますが、いずれは気持ちも必ず前向きになっていきます。

それは仕事かもしれませんし、また新たな出会いによるものかもしれません。もともと人間は辛いことは忘れるように出来ていますので、かかる時間は皆違いますが、辛い気持ちは徐々に薄れていくはずです。

期待するから悲しくなる

人によっては恋愛をあまり深刻にとらえていない方たちもいます。

結構気楽に考えて、自分が好きだと思った相手にはとにかく、自分の思いを伝えてみるという行動を起こします。その方たちは、うまく行かないことを怖がってはいません。うまく行かない事よりも自分の思いを伝えない方が、後で絶対後悔するという考えから素直に行動を起こすようです。

しかし、そのような人でも、うまく行かない場合は、辛くないはずはありません。ただ、このような人たちは最初から、きっと心のどこかにうまく行かないかもしれないという思いを抱いたいるからだと思います。

恋愛がダメになって、なかなか立ち上がれない人はやはり自分の恋愛において様々な期待が大きすぎたということでしょう。このような人は、付き合っているときから、何らかの危険信号は点滅していたはずです。

それに気づくことが出来ないぐらい、恋愛というものを信じきっていたのでしょう。

しかし、結果がどうであれ、恋愛というものは人を成長させることが出来ます。友人との付き合いとは違い、結構自分をさらけ出すのが恋愛です。長くなればケンカもしますし、嫌なことや思いもすることもあるでしょう。

そのたびに相手を許し受け入れなければいけません。また同時に相手を気遣うことも覚えます。

うまくいかなくなっても、そのことは必ずプラスになっているはずです。次に素敵な出会いがあった時は必ずその経験を生かせるはずです。前が失敗に終わっても、それを生かせば次は必ず成功します。

次の出会いの時は、前の経験により、もっと素敵な人をゲットでき、楽しい恋愛をすることができるでしょう。

失恋は確かに辛いし悲しいものですが、時間が経てば立ち直ることが出来るものです。

その時は、なかなか前向きに考えようと思ってもきっと辛いものだと思います。しかし、このつらい経験は次の幸せをつかむためのチャンスだと思ってください。

今までの恋愛の相手は、縁がなかったと思うようにしましょう。縁はなかったが、良い練習になり、いつか本当に自分に合う人を見つけるための踏み台の一つなんだと思うようにしましょう。

自分の考え方次第で、これからの人生も変わっていきます。

失恋は不幸な出来事ではありません。なんでもうまく行く人と比べて、少し遠回りしているだけです。

順風満帆の人よりも人生において結果的には幸せになる確率が高いので、自分は幸せになれると信じて、経験を生かし前向きに考えていきましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

是非、後悔しない選択をしてくださいね。


スポンサーリンク

Check Also

【男子必見!】彼女に指輪をプレゼントしたいときのタイミングとおすすめブランド8選

付き合っている彼女との記念日や …