Home / 美容 / 洗顔 / 目指せ肌美人!適切な洗顔方法で黒ずみのない毛穴を!

目指せ肌美人!適切な洗顔方法で黒ずみのない毛穴を!

毎日行う洗願は、スキンケアの前の大切なステップで、美肌づくりには欠かせないものです。しかし、毎日しっかり行っているつもりでも、毛穴の黒ずみが目立ってしまい、憂鬱な気分になる方も多いかと思います。

しかし、やり方一つ変えるだけで、そのような悩みを払拭することができます。今回は、毛穴の黒ずみの原因と効果的な洗顔方法、そして+αでお肌に絶大な効果をもたらすスペシャルケアをご紹介します。

是非、ご覧ください。

スポンサードリンク

毎日洗顔しても毛穴が黒ずんでしまう4つの原因

なぜ毎日洗願していても毛穴が黒ずんでしまうのか、毛穴の黒ずみがない人との違いは何なのか?その原因について解説していきたいと思います。

自分がどれにはてはまるのか、是非チェックしてみてくださいね。

1.皮脂が多い

毛穴が黒ずんでしまうのは、毛穴に詰まった皮脂が酸化して黒く見えてしまうことが原因です。

ですから、皮脂が多い部分は毛穴の黒ずみが目立ちやすくなることがあります。たとえば、毛穴が多く皮脂の分泌量が盛んな鼻の部分は、お悩みになっている方も多いのではないでしょうか?

加えて皮脂の分泌が多い方は、毛穴に皮脂が詰まりやすく、その結果、毛穴が黒ずんで見えてしまうのです。

鼻の部分の毛穴の黒ずみが気になる方や、乾燥する冬場でも油取り紙が欠かせないような脂性肌の方は、皮脂が多いことが毛穴の黒ずみを引き起こしているのではないかと考えられます。

2.乾燥

毛穴が黒ずんで見えてしまう原因として、思いがけない原因となるのが肌の乾燥によって引き起こされる毛穴の黒ずみです。

毛穴が黒ずんで見えてしまうのは、毛穴に皮脂が詰まって酸化することにより黒く見えてしまうことが原因なのですが、それは肌の乾燥によっても引き起こされてしまいます。

お肌が水分不足や油分不足で乾燥していると、それを補おうとして皮脂の分泌が盛んになってしまう場合があります。

すると余分な皮脂を排出しきれずに、毛穴に皮脂が詰まって、酸化することにより、黒ずみの原因となってしまうのです。

肌の乾燥と毛穴の黒ずみは一見関係ないように思いがちですが、肌の乾燥も毛穴が黒ずんでしまう原因になることがありますので、忘れずにチェックしておきましょう。

3.古い角質の汚れ

黒ずみ毛穴の原因は、皮脂が毛穴に詰まることにより、その詰まった皮脂が酸化して黒ずんで見えてしまうことが主な原因になりますが、その詰まった毛穴の中には古い角質の汚れも溜まっているのです。

ですから、古い角質がスムーズにはがれずに汚れとなって残っていることも、毛穴が黒ずんで見えてしまう原因となります。

古い角質が溜まってしまうのは、お肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れることにより引き起こされます。

ターンオーバーがスムーズだと、古い角質が自然にはがれ落ち、新しい角質が生まれますが、血行不良などの影響でターンオーバーが滞ってしまうと、古い角質が残ったままになります。

すると、その古い角質が皮脂と共に毛穴に詰まってしまい、毛穴が黒ずんで見えてしまうのです。

肌のキメが乱れていたり、ファンデーションのノリが悪かったり、肌を触ってザラザラした感触があるのであれば、古い角質が残っている可能性があります。

毛穴の黒ずみが気になる部分を触って、是非確かめてみてください。

4.こすりすぎ

最後に毛穴が黒ずんでしまう原因として考慮したいのは、肌をこすりすぎていることです。

洗願時に毛穴の汚れを落とそうとしてこすりすぎてしまったり、スキンケアの際に力を入れ過ぎていたりすると、肌に余計な負担がかかってしまいます。

その結果、肌のバリア機能が低下し、それを補おうとして皮脂の分泌が過剰になってしまったり、ターンオーバーが乱れてしまい、毛穴に角質が溜まりやすくなってしまったりする可能性が考えられます。

普段の洗願やスキンケアで力を入れ過ぎてないかどうかもチェックしてみましょう。

毛穴ケアに効果的な洗顔方法9選


ここまで毛穴が黒ずんでしまう原因についてみてきました。次に、毛穴ケアに効果的な洗願の仕方について、解説していきたいと思います。

毎日行う洗願だからこそ、効果的な方法で黒ずみ毛穴を予防したいものですよね。ご紹介する洗願の仕方は、どれも少し心がけるだけで簡単に実践できるものが多いと思いますので、是非参考にしてください。

1.肌の乾燥状態を見極める

まずは、肌の乾燥状態を見極めましょう。

洗願前に肌がどれくらい乾燥しているか確かめておくと、洗願の仕方も工夫できるからです。

肌が乾燥している場合は、潤いのある洗願料を使って肌の水分をとりすぎないようにすることが大切です。

逆に肌のべたつきがある部分は念入りに洗願するなど、肌の状態を見極めてから洗願するように心がけてみましょう。

2.肌質に合う洗顔料を使う

洗願するうえで大切なことは肌質に合う洗願料を使用することです。

乾燥肌の方は潤いが残るようなタイプの洗顔料を使ったり、脂性肌の方はさっぱりする洗願料を使ったりするなど、自分の肌質に合ったものを選んで洗願しましょう。

一般的には固形石鹸がさっぱりする効果が高いと言われていますが、保湿効果が高い固形洗願もありますし、逆にフォームタイプでもさっぱりする効果が高いものもありますので、洗願料に記載されている効果もしっかりチェックしましょう。

固形石鹸でもフォームタイプでも、肌質に合ったもので使い心地が良いものを選ぶと良いと思います。

3.帰宅したらすぐメイクオフ!

毛穴が黒ずんでしまう原因は毛穴詰まりによるものだと前項で解説しましたが、その毛穴詰まりの原因になるのはメイクを落とさないことも大きな原因となります。

ですから、できれば帰宅したらすぐにメイクオフするようにしてみましょう。

疲れてしまっている時は、ついついメイクしたまま寝てしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、メイクしたまま寝てしまうのは肌に負担をかけてしまいますし、毛穴が黒ずむ原因にもなってしまいます。

疲れた時は、先に手軽にメイクオフシートで化粧を落としておくなど、工夫してみてはいかがでしょうか?

黒ずみ毛穴をつくらないようにするためにも、化粧をした時はしっかりメイクオフすることも忘れないようにしましょう。

4.水の温度に注意

皆さんは洗願時、どのくらいの水温で洗願していらっしゃいますか?

寒い冬などは熱いお湯で洗願してしまいがちですが、熱すぎるお湯は肌の潤いを奪ってしまい、乾燥してしまう可能性があります。

また、最初から水で洗願すると、毛穴が開いていない状態になり洗願で汚れが落ちにくくなってしまいますので、冷水で洗願するのもあまりおすすめできません。

洗願時にベストな温度は、人肌くらいのぬるま湯で洗願するのが良いと言われています。適度に毛穴も開いて、かつ汚れも落ちるくらいの温度で洗願するようにしましょう。

なお、毛穴の開きが気になる場合には、ぬるま湯で洗願した後に冷水ですすぐようにすると、毛穴も閉まり、温冷刺激で肌の血行も良くなりますのでおすすめです。

5.きめ細かい泡を作る

毛穴のケアを洗願で行うのであれば、洗願時の泡にも注目してみましょう。

小さい毛穴の汚れを落とすためには、きめ細かい泡を作るのが大切です。洗願時、泡立てるタイプの洗願料を使用する場合は、泡立てをしっかりすることを心がけましょう。

手のひらにくぼみをつくって、洗願料を出し、そこに水を少しずつ加えて空気を入れるように泡立てるときめ細かい泡が出来やすいです。

泡立てが苦手な方は、洗願用の泡立てツールや泡立てネットを使うのも良いと思います。

6.時間をかけない

毛穴の黒ずみを落とそうとして洗願を長くするのはあまり良くありません。洗願料を乗せる時間が長すぎてしまうと、洗願料が肌に必要な潤いまで奪ってしまう可能性があるからです。

時間をかけ過ぎてしまうと肌に負担になってしまいますので、洗願は肌の汚れを落としたらすぐに洗い流しましょう。あまり洗願に時間をかけすぎないようにすることも心がけてください。

7.こすらない

洗願時、毛穴の汚れを落とそうとしてこすりすぎてしまうのも良くないことです。

こすりすぎることで、刺激となってしまい、肌を守ろうとして皮脂の分泌が過剰になってしまったりしてしまいます。また、肌のキメが乱れてしまう可能性もあります。

こすりすぎは肌に刺激となって、負担をかけてしまいますので、洗願時はこすりすぎないように、やさしい力で洗願するようにしましょう。

8.洗顔前に手を洗う

洗願時に大切なことは、洗願前に手を洗うことです。これは、せっかく洗願を行っても手自体が汚れていては効果が薄れてしまうからです。

肌に触れる手はいつでも清潔にしておくようにしましょう。洗願の前にはハンドソープなどで先に綺麗に洗うことを心がけてください。

洗願時だけではなく、スキンケアの際も清潔な手で行うことが大切ですので、参考にしてくださいね。

9.肌を刺激しないタオル

洗願で気を付けることは、最後の水分の拭き取りです。洗願後、肌を拭きあげるときは、力をいれないようにやさしく拭きあげましょう。

さらに、肌を刺激しないタオルを使うことも大切です。肌触りの良い清潔なタオルを使うと、肌に負担をかけずに拭き上げることができますので、使うタオルの質もチェックしてみましょう。

5つのスペシャルケアであなたのお肌に+αを

毎日行う洗願の仕方以外にも、毛穴の黒ずみを予防するスペシャルケアについてご紹介したいと思います。+αを加えることで、さらにきれいなお肌を目指しましょう!

1.ピーリング

毛穴のケアにはピーリングもおすすめです。

ビーリングは、AHAなどの成分を用いて、古い角質を落とし肌の再生を促します。ふき取りで行うタイプや、洗い流して落とすタイプなど、市販品でも様々な種類の商品が展開しているので、チェックしてみてください。

ピーリングを行うと、古い角質が落ち、肌のターンオーバーが促されますので、毛穴の黒ずみの解消にも繋がります。

2.スクラブ

毛穴のケアにはスクラブの洗顔料を用いるのも良いでしょう。

スクラブの洗顔料は細かな粒子で毛穴の汚れを落としやすくします。毛穴の汚れが落ちやすくなるのがメリットですが、使用する際には力を入れ過ぎないように注意してください。

3.はちみつ洗願

普段使っている洗願料に、はちみつをスプーン一杯程度加えると泡立ちが良くなります。

使うはちみつはできるだけ純粋のものを使いましょう。ただ、洗願料との相性などもありますので、試してみる場合は少量から始めてみることをおすすめします。

4.卵白洗願

卵白洗願は、その名の通り卵白だけで洗願する方法です。肌をやわらげる効果と、古くなった角質を取る効果があると言われています。

方法は、卵白を顔に塗って、くるくると馴染ませます。最初はプルプルした感触ですが、肌の汚れと乳化するとサラリとした感触に変わりますので、その後洗い流します。

ただ、卵にアレルギーがある方もいらっしゃいますので、はじめに腕の内側などでパッチテストをされることをおすすめします。

5.塩洗願

塩洗願は、塩で洗願する方法です。塩で洗うと毛穴の汚れが落ちやすくなると言われています。

塩洗願のやり方は、スプーン一杯程度の塩を顔全体につけて、やさしくマッサージするように洗願して洗い流すだけです。

週1回でも効果が感じられるそうで、使う塩も家庭で調理に使う塩で良いそうなので、手軽にチャレンジしやすい洗願法ではないかと思います。

ただ、力を入れ過ぎると肌を傷つけてしまう可能性がありますので、やさしく洗願することを心がけてくださいね。

まとめ

今回は毛穴が黒ずんでしまう原因と、洗願でできる毛穴ケアについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

毎日行う洗願だからこそ正しい方法で行って、黒ずみ毛穴を予防していただきたいと思います。毛穴の目立たない健やかな肌を目指しましょう。

今回ご紹介した洗願の仕方やスペシャルケアを参考にしていただけますと幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク