Home / 美容 / 洗顔 / 洗顔石鹸のおすすめポイントと人気商品紹介

洗顔石鹸のおすすめポイントと人気商品紹介

スキンケアのなかでも必ずと言っていいほど毎日行う洗願ですが、皆さんは普段、どんな洗願料をお使いでしょうか?

洗願は毛穴の汚れや古い角質を落とし、スキンケアの前準備となる大切なステップで、美肌を目指すうえでは特に気を付けたいケアの一つです。

フォームタイプやパウダータイプなど様々な洗願料がありますが、なかでも最近は「洗顔石鹸」が注目されています。数多く洗顔料があるなかで、洗願石鹸がなぜ人気を集めているのか、気になりますよね。

そこで、今回は洗願石鹸について、その魅力をご紹介したいと思います。

洗願石鹸のメリットだけでなく、デメリットや選び方のポイント、おすすめの洗願石鹸まで多岐に渡って解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサードリンク

洗顔石鹸がおすすめ!

まずは洗願石鹸がどうしておすすめなのか、そのメリットをご紹介したいと思います。加えて、洗願石鹸のデメリットや洗願石鹸の種類もまとめていますので、順にみていきましょう。

洗顔石鹸のメリット

洗願石鹸のメリットは、洗願の主原料でもある界面活性剤が天然素材であることがまずは挙げられます。

洗願フォームの主原料は合成の界面活性剤が使われていますが、合成の界面活性剤は洗浄力が強力なため、一般的には汚れだけではなく、お肌に必要な角質まで落としてしまうと言われています。

一方でパームオイルやヤシ油などの天然の界面活性剤が使われている洗願石鹸は、お肌にやさしいことが最大のメリットと言えます。

また、洗願石鹸は「弱アルカリ性」のため、洗願時に一時的にはお肌がアルカリ性に傾いてしまうのですが、その作用でお肌が活性化して、弱酸性に戻そうとする力が働きます。この効果が、お肌が本来持っている力を高めることにつながります。

まとめると、界面活性剤が天然素材であることでお肌にやさしい処方であることと、弱アルカリ性に一時的に傾くことによりお肌が活性化することが洗願石鹸のメリットと言えます。

洗顔石鹸のデメリット

洗願石鹸のデメリットは、前項でも解説した通り、お肌が一時的にアルカリ性に傾くことです。

例えば、敏感肌の方や乾燥肌の方などは、お肌がアルカリ性に傾くことで、肌荒れや乾燥などお肌のトラブルが出てしまう可能性があります。
また、お肌が敏感になっている時は、お肌の回復力も低下しているため、一時的にアルカリ性に傾いたお肌を、元の弱酸性に戻す力が無くトラブルを引き起こしてしまうこともあるかもしれません。

ですから、洗願石鹸のこういったデメリットも踏まえたうえで、肌質やお肌の状態を見極めて使うことが大切と言えます。

洗顔石鹼の種類

次に洗願石鹸の種類についてみていきましょう。
洗願石鹸は、その作り方によって種類が分かれます。ぜひ参考にしてみてください。

中和法

中和法は、機械で効率よく、大量に製造することが可能です。作り方としては、油脂を脂肪酸と保湿成分であるグリセリンに分離させて、脂肪酸のみを原料として作るため、使用感としてはツッパリ感が残る洗願石鹸となります。

けん化法

けん化法は、時間と手間をかけて製造され、釜だき製法やコールドプロセス法などの方法があります。メーカーによって、様々な技術で作られており、配合成分なども独自のもので展開されています。
使用感としては、保湿成分であるグリセリンが残るので、やさしい使い心地の洗願石鹸となります。

洗顔石鹸選びのポイント

洗願石鹸のメリットやデメリット、種類について踏まえたうえで、いよいよ洗願石鹸選びのポイントについてご紹介します。
肌質を見極めて、ぴったりの洗願石鹸を選べるよう、ぜひ以下のポイントを参考にしてみてください。

普通肌や脂性肌の人はすっきりとした洗い上がりの石鹸を選ぶ

普通肌の人や脂性肌の人は、洗願石鹸の特徴とも言える、すっきりとした洗い上がりの石鹸を選ぶとよいでしょう。なかでも、保湿成分が少なめの石鹸は不透明なものが多いので、洗い上がりがさっぱりとなります。
また、牛脂やパーム脂が配合された石鹸は皮脂の汚れを落としやすいため、脂性肌の方に向いています。

乾燥肌の人は保湿成分が配合されている石鹸を選ぶ

乾燥肌の人は、保湿成分であるグリセリンが配合された石鹸を選びましょう。目安としては、グリセリンが配合されている石鹸は、多くが透明な石鹸ですので参考にしてください。

例えば、保湿成分としてオリーブ油が配合された石鹸は、人の脂と似ているオレイン酸が潤いを補うため、乾燥肌の人におすすめです。

敏感肌の人は無添加の石鹸を選ぶ

敏感肌の方は保湿成分が配合されている石鹸に加えて、できれば無添加の石鹸を選ぶとお肌への負担が少なくなるため安心です。

無添加のせっけんは、「無添加」と記載されているものがほとんどなので、商品名やパッケージをしっかりよく見て選んでいただければと思います。

人気の洗顔石鹸5選

それでは、ここからは人気の洗願石鹸を5つご紹介したいと思います。肌質やお悩みに合わせて選べるよう、解説していますので是非参考にしてくださいね。

DHCマイルドソープ

公式サイト:https://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=2

  1. 容量:90g
  2. 商品価格:1,477円(税抜)

「DHCマイルドソープ」は、昔ながらの枠練り製法で作られた石鹸で、お肌の汚れをしっかり取り去りながらも、お肌に必要な潤いを守ります。

無香料、無着色、パラベンフリー、皮脂に似た組成をもつオリーブオイルなどをはじめとした天然由来の成分配合で、お肌にも安心な処方でつくられていることでも人気を集めています。

すっきりとした洗い上がりながらも、お肌がつっぱることがないため、肌質や年齢を問わず愛用されている石鹸の一つです。

DHC マイルドソープは普通肌の方をはじめ、脂性肌、乾燥肌、混合肌の方を問わず使える石鹸です。天然の成分で汚れをやさしく落としますので、敏感肌の方からも好評を得ています。

また、甘いハチミツとオリーブの香りがほんのりと漂い、心地よい使い心地も人気です。

なお、きめ細かい弾力のある泡が出来ますが、泡立てネットを使っていただくことも推奨されていますので、泡立てが苦手な方は参考にしてください。

いつかの石けん

公式サイト:http://itsukano.jp/150604_y/index.html?ad_code=150519ysspc

  1. 容量:100g
  2. 商品価格:1,600円(税抜)

テレビショッピングや通販で話題になっており、累計販売個数が100万個を超えているのが「いつかの石けん」です。(※2016年1月20日現在)

シリカ、アルミナ、酸化鉄配合の多元素共存ミネラルや、プロテアーゼ配合のたんぱく質分解酵素など、独自の処方でつくられた石鹸は、モンドセレクションでも銀賞を受賞しています。

また、酵素の力で皮脂汚れや角質を落とす働きはもちろん、古い角質を洗い流す働きでシミ対策の洗願石鹸としても人気です。

いつかの石鹸が向いているのは、しみが気になる方はもちろん、皮脂汚れが気になる方にもおすすめです。基本的には肌質を問わずお使いいただけます。

独自の使い方として、いつかの石けんを使って「泡パック」をするのが注目されています。

やり方は、いつかの石けんをしっかり泡立てて、その泡をお顔にのせるだけです。顔にのせて20~30秒待つだけで、簡単にパックが完了します。

その後はこすらないようにして冷水ですすぐだけなので、洗願時に気軽にパックが出来ると評判になっています。

薬用 清肌晶

公式サイト:https://www.kose.co.jp/jp/ja/product/detail/MEFY

  1. 容量:120g
  2. 商品価格:1,800円(税抜)

清肌晶は和漢植物の力でくすみのない肌を目指すスキンケアシリーズです。そのなかの一つである「薬用 清肌晶」は、保湿成分である和漢植物エキスと、石鹸成分を約80日かけて熟成した薬用の洗願石鹸です。

水溶性保湿成分を配合しており、余分な皮脂の汚れや角質は落としながらも、ツッパリ感のない洗い上がりで定評があります。
また、くすみの原因も洗い流しますので、洗い上がりのお肌が明るくなるという声も多い商品です。

そして配合の成分でニキビや吹き出物も防ぎますので、ニキビや肌荒れにお悩みの方にも最適な洗願石鹸です。

肌質を問わずお使いいただけますが、向いているのは脂性肌の方や、ニキビにお悩みの方です。それから、くすみの気になる方にも適している洗願石鹸であると言えるでしょう。

牛乳石鹸 赤箱・青箱

誰しもが一度は目にしたことがあるのではないかというくらい有名な牛乳石鹸ですが、実は洗願石鹸としても優れた商品だということをご存じでしょうか?

もしかしたら、身体にしか使ったことがないという方も多いかもしれませんが、実は洗願石鹸としても使える商品であり、その使い心地の良さは高い評価を得ています。

牛乳石鹸は赤箱と青箱の2種類がありますので、それぞれご紹介します。

牛乳石鹸 赤箱

公式サイト:http://www.cow-soap.co.jp/products/brand/akabako/regular-size/

  1. 容量:100g
  2. 商品価格:100円(税抜)

「牛乳石鹸 赤箱」はミルク成分とスクワランが配合されており、洗い上がりはしっとり感があります。

新鮮なミルクからつくられる乳脂が青箱より多く配合されているため、しっとり感が高いのが赤箱の特徴です。

安価な価格にもかかわらず、泡立ちのよさとお肌へのやさしさから、ロングセラーとなっている商品でもあります。

牛乳石鹸 赤箱は肌質を問わずお使いいただけますが、しっとりとした洗い上がりになりますので、どちらかというと普通肌から乾燥肌の方に向いています。

牛乳石鹸 青箱

公式サイト:http://www.cow-soap.co.jp/products/brand/aobako/

  1. 容量:85g
  2. 商品価格:80円(税抜)

「牛乳石鹸 青箱」は赤箱よりさっぱりとした洗い上がりになるのが特徴です。余分な皮脂は落としながらも、お肌に必要な皮脂まで落としすぎないため、ニキビケアとして皮膚科医が勧めることもあるそうです。

さっぱりとした洗い上がりと、さわやかなジャスミンの香りが心地よいと人気の洗願石鹸として定番となっています。

牛乳石鹸 青箱も肌質を問わずお使いいただけますが、どちらかというとさっぱりとした洗い上がりになりますので、普通肌から脂性肌の方に向いていると言えるでしょう。

カウブランド 無添加せっけん

公式サイト:http://www.cow-soap.co.jp/products/brand/mutenka/sekken/

  1. 容量:100g
  2. 商品価格:150円(税抜)

「カウブランド無添加せっけん」は、石けん素地100%の釜だき製法の石鹸です。

釜だき製法ならではの天然の保湿成分を含んだ石けん素地だけでつくられていることが、この石鹸の特徴でもあります。また、豊かな泡立ちで洗浄力がありながらもお肌にやさしく、さっぱりとした洗い上がりです。

なお、カウブランド無添加石けんは、その商品名の通り着色料や香料、防腐剤や品質安定剤は一切使用されていません。さらに、アレルギーテストも実施されていますので、敏感なお肌の方も安心して使えます。

カウブランド無添加せっけんは、肌質を問わずお使いいただけますが、特に敏感肌の方や乾燥肌の方にはおすすめです。

お肌に負担をかけることなく汚れを落としつつも、必要な潤いは奪わないため、バリア機能が弱まっている敏感肌の方や乾燥肌の方に向いています。

まとめ

今回は洗願石鹸の魅力についてや選び方のポイント、そしておすすめの洗願石鹸をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

たくさんの種類がある洗願石鹸ですが、肌質や悩みに合わせて洗願石鹸を選ぶと、お肌に負担をかけることなく余分な汚れを落とせるため、次に行うスキンケアの効果も高まることと思います。

正しい洗願で汚れをきちんと落とすことは美肌を目指すうえで大事なステップでもあります。ぜひお肌に合わせて、ぴったりの洗願石鹸を選びましょう。

本記事が皆さんの美肌づくりに少しでもお役立ていただけましたら幸いです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。


スポンサーリンク

Check Also

10~20代におすすめの吹き出物にきくおすすめのニキビ対策は?

顔にブツブツが出来る肌トラブル …