Home / 美容 / 洗顔 / はちみつ洗顔とは?はちみつ洗顔の方法と効果、注意点

はちみつ洗顔とは?はちみつ洗顔の方法と効果、注意点

hachimitus1

最近よくメディアや雑誌で取り上げられている「はちみつ洗顔」ご存知ですか?色々な美容効果が得られる事から高い評価を得ている今人気の洗顔法です。

古代エジプト・ギリシャ時代では、はちみつは美容に使われていたり、抗菌・殺菌作用が強いことから薬に用いられたりしてきました。かの有名な美の女王・クレオパトラもはちみつを肌や髪に使用していたと言われています。

保湿力抜群のもっちり肌からくすみ・シミの美白効果まで、夢のような美肌を叶えてくれるはちみつ洗顔。そのはちみつ洗顔の効果を十分に引き出す方法と詳しい効果についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

1.はちみつ洗顔とは?

hachimitsu3

はちみつ洗顔とは普段ご愛用している通常の洗顔料にちょこっとだけはちみつを混ぜて洗顔をする事です。

はちみつを混ぜることで、美白効果やニキビ跡の改善など驚きの美肌効果があります。

ご自身ではちみつを混ぜて使う方法が一般的ですが、すでにはちみつが混ざり合った「はちみつ入り洗顔料」や「はちみつ石鹸」など市販で売られているものを使う事も出来ます。

下記にて何点かオススメなものをご紹介いたします。

●ハッチ(hacci)の「はちみつ洗顔石鹸」
はちみつ配合率は10%以上で、ヒアルロン酸やホホバオイル配合。きめ細かいとろみのある泡で洗顔後しっとりとしてつっぱりません。高級感あるピュア肌が作られます。

●ハニーサンゴ石鹸
洗浄と保湿の黄金のバランスと言われ多くからの人気を得ています。濃密なモコモコ泡が作れ、サンゴパウダーの超微粒子成分で肌の表面や毛穴の奥の汚れを落とし、はちみつの保湿力によりしっとりとした洗い上がりになります。

●山田養蜂場の「蜜みつ洗顔料」
泡立ちをよくする成分は天然由来成分のみで開発した肌に優しい洗顔料です。泡タイプなので泡立てる手間がなく、キメ細かいふわふわの泡が直接ポンプから出てきます。

はちみつ洗顔は誰でも気軽にすぐ始められますので是非ともお試しになってみて下さい。

1.保湿や美容効果で人気に

はちみつと聞くと甘い・調味料に使うなど食べるイメージですが、その成分には保湿力をコントロールするアミノ酸を大量に含んでいます。食べて吸収するだけでなく、肌に塗る事でも同じ効力を発揮出来ます。

粘性があり乾燥しにくい性質は天然の保湿成分と呼ばれるほどの効力で、はちみつを混ぜて洗顔する事で190種類以上のビタミンやミネラルがお肌を潤いで満たしてくれます。

もっちりとした赤ちゃんの素肌のようなクリアな肌が手に入る事から、口コミで一気にその美容法が人気になりました。

2.はちみつは市販の物でいい

はちみつは洗顔専用なものを使うのかなとお思いでしょうが、実は普通に市販で売られている食べるはちみつでOKです。

市販で売られているはちみつには3種類あります。一切加工していない天然の「純正はちみつ」と、水あめやブドウ糖を加糖した「加糖はちみつ」、加熱してはつみつを脱色脱化した「精製はちみつ」。

選ぶときのポイントとしては純正のはちみつを選ぶとよいでしょう。「加糖はちみつ」と「精製はちみつ」は加工の段階で有効なビタミン成分が破壊されて飛んでいる可能性があります。

最近では加糖はちみつや精製はちみつも純正はちみつと書かれて売られているため見分けるのが難しいですが、透明度の低く、濁っているはちみつは純正のはちみつの可能性が高いです。

また、純正のハチミツは温度を下げると結晶化して固まりますので、店頭に並んでいるはちみつを購入する時は、固まっているものを選ぶとよいでしょう。

3.スプーン一杯程のはちみつを混ぜる

はちみつ洗顔に使うはちみつの量は、多すぎても泡が潰れて無くなってしまうので1回の洗顔につきスプーン一杯程度で大丈夫です。

ふわふわに泡立てた洗顔料にスプーン1杯のはちみちを泡全体に混ざるように混ぜ込みます。

4.もちもちの泡がクセに

はちみつを混ぜることでもっちりと弾力のある泡になります。はちみつは空気中の水分を集める働きがあり、またその集めた水分をキープする性質を持っています。もちもちの泡にふわっと香るはちみつの甘い香りは一度使うととクセになること間違い無しです。

5.タオルで拭いた後も乾燥知らず

hachimitsu5

洗顔が終わったらタオルで優しく押し付けるように拭きとり、お肌の様子を確認してみましょう。まるで乳液をつけたかのようなもっちり肌になっています。その後、化粧水と乳液でさらにお肌を整えましょう。

2.はちみつ洗顔のやり方と注意事項

hachimitsu6

ここからは、正しいはちみつ洗顔の仕方と注意事項をお伝えします。知識を持たずに始めてしまうと、お肌が綺麗になるどころかボロボロになってしまうので、自分の肌に合うのかをよく確認してから始めましょう。

洗顔の仕方としてははちみつを混ぜる以外は通常の洗顔と変わりません。

まずは両手を綺麗に洗いましょう。手に雑菌が付いていると皮脂に菌が繁殖してしまうので必ず清潔な手で洗顔をして下さい。

1.泡立てが大事

hachimitsu2

はちみつが泡の水分を吸収してしまうので、たっぷりとふわふわになるまで泡立てましょう。

手をくの字にして洗顔料をとり、もう一方の手でよく泡立てます。水分と空気を適量に混ぜると泡立ちがよくなります。手で泡立てる事が難しければ泡立てネットを使ってみて下さい。

はちみつの瓶はあらかじめ開けておくのがよいでしょう。はちみつを混ぜることで粘性のあるもっちりとした泡になります。

あらかじめ泡立てる前に洗顔料とはちみつを混ぜたり、泡立ての途中で混ぜても上手く混ざりあいません。必ずよく泡立ててから最後にはちみつを混ぜる、この順番を守るようにしましょう。

泡が混ざり、もっちりしたクリィーミィーな泡が出来たら、指が触れないように泡だけで顔全体を包み込むように洗います。

最後にぬるま湯で30回を目安にすすぎしましょう。泡やはちみつが残らないようにしっかりすすぎしたらタオルで優しく拭きとります。

2.腕などでパッチテストを

hachimitsu4

はちみつを使う前に必ずパッチテストを行いましょう。

パッチテストとは薬剤などのアレルギー反応の有無を調べる簡易的なテストです。はちみつのパッチテストも化粧品などのパッチテストとやり方は同じです。

まず、二の腕や太ももの内側など皮膚の柔らかい部分にスプーン一杯程度のはちみつを垂らします。絆創膏などでおさえて24時間以上したらかゆみや赤みがないか確認してみましょう。もし、少しでもかゆみや腫れ、湿疹がでた場合は残念ですが使用できません。

3.花の種類でアレルギーが出るかも

蜜蜂たちが集める花の種類には大きく分けて代表的なものが16種類あります。

アカシア・レンゲなど耳にしたことのあるものからびわやコーヒーなど珍しいものまで多くの種類の花の蜜を集めてくる為、はちみつの種類によってはアレルギーが出る可能性があります。

一度、パッチテストをして大丈夫だったとしても、花の種類によってはアレルギーが出る可能性がありますので、新しいはちみつを買う毎に必ずパッチテストを行うのがよいでしょう。

代表的なはちみつについて少しご紹介します。

●アカシアはちみつ・・・果糖が多くとろーりとしていますが、はちみつ独特のねっとりとした甘さではなく、さっぱりとして上品なクセのないはちみつです。解熱・消化器の調子を整えてくれます。

●百花蜜・・・通常ミツバチは一種類の花から蜜を集めてきますが、何種類もの花から蜜を集めたものが百花蜜です。色の濃いものはクセがある濃厚な味で、色の薄いものはさっぱりとした味わいだったり、はちみつの瓶毎に味が違います。

●レンゲはちみつ・・・コクがあり、まろやかでクセのない味で少し酸味があります。フローラルな香りで日本を代表するはちみつです。岐阜県の県花で、日本の養蜂は岐阜県が発祥地と言われています。便秘改善、利尿作用、肝機能向上の効果があります。

●ローズマリーはちみつ・・・ハーブとしてよく知られているローズマリーですが、実は蜜源の植物としても有名です。優しい甘みで後味がよく、酸味とのバランスがよく取れています。胃腸の調子を整えてくれたり、痛みを緩和してくれます。

●トチはちみつ・・・実からトチ餅が作られることでも有名なトチはやわらかな甘みとフローラルな香りがします。東北の産地で多く取れ、さっぱりとした後味のはちみつはお菓子や生シュースを作るのにも適しています。

4.トラブルが出たらすぐに止める

パッチテストが大丈夫だったとしても、使い始めて肌に異常が出たらすぐに使用をやめましょう。

初めは毎日ではなく、週に2.3回の使用にしてみて様子をみるのがよいでしょう。顔にニキビ等がある場合は、状態によっては使用する前に皮膚科の先生に相談をしてから始めて下さい。

5.瓶タイプを使う場合は浴室に持ち込み注意

お風呂の時にはちみつ洗顔をする場合は瓶の大きさに注意しましょう。大きな瓶を買ってしまうとはちみつを混ぜる際に取りずらく、湿気や水が混ざりやすくなってしまいます。雑菌が入り込んだりする恐れもあるので浴室に持ち込むのには向きません。

小さめの瓶を買う、もしくは小分けの小さな瓶に移すか、チューブタイプのものが使いやすくて便利です。

3.はちみつ洗顔の効果

はちみつを混ぜて洗顔する事で驚きの効果が期待できます。はちみつに含まれる成分と合わせてその素敵な美容効果を1つずつご紹介していきます。

1.もっちりクリア肌

水分をキープしてくれるはちみつは、肌に浸透して乾燥しらずのもちもち肌にしてくれます。洗顔後、指で触ってみると、弾力がありしっとりとしている肌を実感できるでしょう。

また、はちみつにはコラーゲンやアミノ酸、ビタミンが豊富に含まれていますので、ハリ・ツヤが蘇り、美肌が作られます。

はちみつの化粧水や乳液も発売しているので、はちみつ洗顔と合わせて試してみるのもよいでしょう。更なる期待ができます。

2.美白効果

はちみつに入っているビタミンC群は、メラニン生成抑制の効果を発揮します。また、ビタミンB群の代謝を促す働きやホルモンバランスを整えてくれる働きがあります。自身のストレスを軽減したり、ターンオーバが正常化される為、美白効果を得られます。

3.肌の若返り効果

はちみつには肌の酸化を防ぐ抗酸化作用があるため、アンチエイジング効果が期待できます。肌の老化を防ぎ、生まれ変わりが活発化される為、若々しく水みずしい肌をキープできるでしょう。

4.保湿効果

はちみつには高い保湿効果がありお肌がぷるぷるになります。それは洗顔してすぐから効果が感じられます。水分と栄養をぎゅっと肌に閉じ込めて、もっちりとしたまるで赤ちゃんのような肌を実感出来ます。乾燥肌の人には特におすすめです。

5.シミやシワの予防

はちみつには抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれています。ポリフェノールは活性酸素を除去して老化を防いでくれる為、シミやシワの予防をしてくれます。使い続けることでシミが薄くなった!なんて話もよく効きますので、継続して使い続けてみて下さい。

6.くすみの解消

はちみつには軽いピーリング効果もあり、古い皮脂や角質を取り除いてくれます。くすみがあると実年齢よりも老けて見られ、顔色もよくありません。はちみつ洗顔する事で、顔全体が一段階明るくなり、潤いをもちながらもさっぱりします。

7.殺菌・抗炎症作用でニキビ予防

はちみつにはビタミンB群も大量に含まれています。ビタミンB群を取る事で、肌の再生を行ってくれるターンオーバーの正常化が期待されます。

ターンオーバーとは肌の新陳代謝の事で、年齢や部位によって28日から56日で再生が行われる事を指します。正常にに保つためには、正しい睡眠と適度な運動、ストレスや過度な飲酒の軽減、ビタミンなどをバランスよく摂取することが大事とされています。

はちみつ洗顔をする事で、ビタミンが浸透し、ニキビの予防やその他の肌トラブルの予防にもなるでしょう。

8.ニキビ跡の改善

はちみつには殺菌・抗菌作用が含まれている為、ニキビ跡の改善にもよく効きます。毛穴の汚れと古い角質を除去してくれる為、ニキビの予防にもなるし、ビタミンC群に含まれているコラーゲンの生成促進や、メラニン生成を抑制する効果は、ニキビ跡の改善に大きく影響します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。いまやはちみつは美容にはかかせない必須アイテムとなっています。お化粧のノリや肌の弾力も使い始める前とはずいぶん違います。

余ったはちみつはお風呂に混ぜてリラックス効果を得てもいいし、美味しく舐めちゃってもOKでしょう。

洗顔に使用するだけではなく、はちみつパックやはちみつ化粧水なども注目のアイテムとなっています。

ご興味を持った方、色々な使い道があるはちみつを是非ともお試しにになってみて下さい。


スポンサーリンク

Check Also

美肌のためのスキンケアの正しい方法

基底層のすぐ下は真皮です。この …