Home / カップル / 3回の法則とは?

3回の法則とは?

出会ってから3回目のデートで、付き合うかどうか最終的に判断する、または交際3ヶ月目で、盛り上がっていた「好き」のピークが落ち着いてきてしまった、交際3年目にもなるとお互いに新鮮味がなくなり、すっかりマンネリ化してしまった。結婚して3年目の浮気が発覚した。

…などなど、あなたはそんな話を周りでよく聞いたことはありませんか?実は、「3回」という数字は、恋愛において重要なファクターをつとめているのです。
もしあなたが、好きな相手にまだ時間があるからと焦らずアプローチしていても、この「3回の法則」を理解していなければ、とっくに相手に見切りをつけられているということもあるかもしれません。

けれども事前にこのことをよく理解しておけば、相手に対する心構えも恋愛への意気込みも、全く違ってくるはずです。
そう、恋愛は適度な「タイミング」がとても大事なものです。
そんな「3回の法則」について、今回分かりやすく紐解いてみました。

スポンサードリンク

3回の法則とは

 

じっくり人柄を判断し、好きの気持ちを確認するターニングポイント。
一緒にいて居心地がよいかどうか、会話がはずむか、相手と価値観が合うかどうかは3回も会えばよく分かる。
女性は年齢を重ねていくほど、時に友人同士の会話で、そう漏らすことあります。

あるいは、「何回会っても同じ感じがする、これ以上の進展は望めないから3回目で会うのをすっぱりやめた」なんてこともよく小耳に挟みます。
実はこれは決して思い込みなんかではなく、皆それぞれ自身の経験に基づいて言っていることが多いのです。

もちろん全ての人がそうとは限りません。しかし大抵の人は、自分の確認の時間も含め、間違いなく判断をつけたいものです。とりあえず3回様子を見てみよう˝となることが多いのです。
これは女性だけに限らず、男性も無意識にその傾向が強いものです。
3回目以降は、よほどのギャップがある場合を除き、それまでの相手に対するイメージと評価がすっかり定着してしまい、なかなか覆らないそうです。

「3回の法則」とは、恋愛におけるまさに勝負の分かれ目、ベストタイミングの見極めを担っていると言えるでしょう。

3回の法則とは

「特に好きじゃないのだけれど、相手は良い人みたいだから好きになれるかも…」と気持ちの盛り上がりがないまま、望みをかけてずるずる会う。そうするより、ある目安として「3回で判断する」のが、結果的に相手にも自分にとっても無駄なロスをしないことに繋がります。
逆に、望みをかけて意中の彼(彼女)と何度も会っていたにもかかわらず、結局最後にはいいように扱われ、振られてしまった…認めたくはないけれど、遊ばれていたかもしれない…なんて事態を避けられる場合もあります。

元々優柔不断で困っている方は、特に「3回で区切りをつける」判断力を磨くことは、幸せで有意義な時間を過ごせるようになることに他なりません。

自分のためにもこの「3回の法則」を理解し、恋愛面でぜひ有効活用していきましょう。

なぜ3回なのか

たとえば同じ料理の上達でも、最初は失敗していたものも、繰り返し3回も作れば何となくコツを掴めてしまうものです。

  1. ・1回目は勢いで作ってみたけれど失敗してしまい、その原因もよく分からなかった。
  2. ・2回目は調理手順の流れがやっと分かってきて、前のやり方が良くなかったことが理解できた。
  3. ・3回目は完全に手順もマスターしており余裕ができた。味の調整や仕上がりの時間など、全体のことが見渡せるようになった。

3回あれば上記のように、必ず上達していくものです。

またビジネス面でも、故スティーブジ・ョブス氏が3つの要点に絞ってビジネス展開し大きな成功をおさめていました。「3は魔法の数字」と称されるように、3つのことを決めてアピールするのは、シンプルで分かりやすいのです。

人の脳内にもインプットされやすい3は、最適なバランス感を備えています。このように「3回」という数字は簡潔で分かりやすく、相手にも非常に伝わりやすいと言えるでしょう。

3回を過ぎるとどうなるのか

それでは3回を過ぎるとどうなるのか?
中には3回なんて関係ない。短期決戦すぎる。要は結果(恋愛成就)に繋がればいい。あくまでも自分のペースでアプローチしたい。焦りたくはない。もっとよく知って判断したい。そう思う方も何人かいらっしゃるかもしれません。

しかし実際3回を過ぎてから、回数を重ねてあなたが良い方向に向かおうと思えば、思ったよりもエネルギーを消耗する事態になりかねません。
ずっと引き延ばしになった問題を抱えて過ごすことは、本人が考えている以上に気力も体力も消耗してしまうものです。それはずっともやもやした気持ちを抱えてストレスを自分に与えてしまうことになります。

常に気力も体力も満ちた完全無欠の人間ならば問題ありません。そうではない場合、途中でばててしまい、結果うやむやになってしまった。なんてことに、なる可能性も高いでしょう。

そんな事態を避けるためにも、「3回の内に勝負を決めること」は=「自分を大事にすること」になると言えるでしょう。

出会う回数と評価の変化、3セット理論

それでは、具体的に出会う回数により評価が変化していくと言う「3セット理論」についてご説明いたします。
「3セット理論」とは、心理学で言うところの、同じ人と会うのは3回もあれば分かる、3回でほぼ印象や評価が決まるというものです。それ以降はなかなか覆らずに変化しにくいのだとか。

3回で自分という人間の印象がほぼ決まってしまうと聞けば、何だかこわいですよね。でもその仕組みを理解しておけば、必要以上におそれることはありません。それでは、その過程の変化を見て行きましょう。

1回目の出会い

1回目は、ぱっと見た時の第一印象がものを言います。つまり見た目ですね。話しかたや振る舞いももちろん見ますが、それより初めて会った外見の印象や雰囲気を重視します。
この掴みの第一印象は結構大事なので、服装や髪型などの外見に気を配ったほうが良いでしょう。

できれば好みすぎるタイプが来ても、落ち着いて必要以上に挙動不審にならないよう心がけるのも大事です。
普段から自分が人にどう見られているかを周囲に聞くのも、おおいにプラスになるでしょう。

よく男性で、「外面ばかりを気にする女性は好きではない、もっと自分の内面の中身を見て欲しい」なんて聞きます。けれど仕事のプレゼンでも同じで、まずは相手の目に少しでもとまるよう努力は少なからず必要です。良い企画を通すためには、最初の会議での紹介を好印象で突破しないことには、最後まで提案が通らないものです。掴みが大事です。

残念ながら男性に比べ、女性は1回目の出会いで、必要以上に判断しがちな方が一定割合数いるものです。たった1回の印象が、後に尾を引く可能性も高いと理解しておきましょう。

また、「無理に男性に笑顔を振りまき、媚びたくない。いつものまま自然体でいたい」という女性もいますが、同性の友達と同じように考えてはいけません。あなたがもしもクールなタイプなら、初対面で返って近付きにくいと思われてしまいます。
隙の無さを1回目で見せてしまうより、不器用ながらでも相手に歩み寄ろうとする姿勢が大切でしょう。
笑えないなら笑えないで良いのです。まずは話しかけるのを待つよりは、とりあえず相手と会話してみる姿勢が大事です。

女性も男性も普段が個性的なファッションなら少し押さえ、清潔でシンプルな感じに近づけましょう。第一印象を高めるため、異性から好印象の1着は最低持っておくと良いでしょう。

特にコンパやバーベキューなど、大勢の中で変に悪目立ちするよりはそのほうが無難です。そのうえで普通に楽しく会話することを心がけましょう。
ここで「良いかも」と相手に多少印象が残れば、次に会うこともクリアできます。故に、第一印象は大事です。

2回目の出会い

2回目の出会いでは、1回目であまり見えなかった相手の「内面」をしっかり探ろうとします。1回目で会った時の印象は間違いないのか?そんな確認も含めて、ちゃっかり見ているのは女性のほうが多いかもしれません。

2回目のデートでは、1回目で分かっていなかったことを知ろうとします。1回目より会話を重ね、相手を深く知ろうとするので、質問が多くなりがちかもしれません。ここで質問にタジタジになったりせずに、自然に円滑なコミュニケ―ションがはかれれば言うことはないです。

もしそのハードルが高そうならば「人見知りするタイプだから少し緊張している、慣れるまで時間がかかりそう。でも会えて嬉しいし、楽しいです」と一言、相手に伝えておくと、印象は悪くありません。
質問に返答した後は、「こちらも同じくあなたのことが知りたいのです」と言う姿勢で、質問返しをすると、より互いの理解が深まるでしょう。会話のキャッチボールをすることで相性が合う、合わないが2回目ではよく分かってきます。

あなたが生来の聞き上手ならかまいません。しかし質問されっぱなし、話を聞きっぱなしな、常に受け身の姿勢で相手に任せきりなら、注意しましょう。知らず、相手も自分に興味がないのだと判断されてしまいがちです。
それに加え、デートコースまでもお任せしていると、片方は甘えて楽ですが片方には重荷になることもあります。せっかくの好印象が薄れてしまいます。
適宜分担することは大切です。
何もかもずっとリードしなければならないデートは、次第に相手が疲れていくと覚えておきましょう。消耗するデートは、帰りたくなるのが人間です。

そうなると、3回目に繋がる所ではありません。デートで相手を消耗させるのはNG事項です。負担に思わせることは1番やってはいけないことだと念頭に置いておきましょう。

2人で「楽しい時間」を過ごすには、「協力」がとても大切です。相手に全てを丸投げするおんぶに抱っこのデートからは、本当の楽しさは生まれないものです。協力や感情の共有は、何より恋愛関係を発展させるものだと覚えておきましょう。

2回目のデートはいらぬ誤解は避けるように、協力して相互理解につとめましょう。

3回目の出会い

2回目のデートをクリアし、3回目のデートになると、今までの総決算。つまりは、1回目と2回目に、自分が思ったことの「確認」になります。
1回目はああだった、そして2回目はこうだったから、この3回目はその事実をあくまでも確認しようと言うデートになっています。
3回目になると、今までの印象を覆すような大きなギャップが出てこない限りは、大体において答えは出ているものです。

友達のままずっと平行線になるのか、それとも恋愛関係に発展するかは、1,2回目のデートにかかっていると言っても過言ではありません。

恋愛における3という数字の重要性

次は恋愛における「3」という数字の重要性について、説明いたします。恋愛は基本的に3回の法則が如何に大事かを書きましたが、それ以外にも実は数々の恋愛話には「3」がターニングポイントとなっているのです。
ここでは、その例をいくつか紹介いたします。

出会って3日

「出会って3日で結婚した」なんてこともたまに聞かれるくらいです。まさに恋愛に加速力が最もついた時に起こる出来事ですね。
好みのタイプである、第一印象がかなり良いなど、まだよく知らない内から「きっと理想の人に違いない」「好きになりそうでドキドキする!」など、3日で想像が膨らむことがあります。未知数だけに、出会って3日は恋に恋する夢の期間と言えるでしょう。
ときめきと期待でドーパミンが放出され、まさに恋愛モードに入る段階の楽しい時と言えます。

3時間一緒にいれるか

3時間一緒にいれるかとは、相性が合うかどうかを確かめる時にはとても重要なポイントです。1時間くらいなら、お互い無口なタイプでない限り、まだ容易に過ごせます。しかしそれが2時間、3時間となると話は別です。
特に2時間を経過したあたりから、人によっては気まずい沈黙で苦痛を感じることも。好印象、または気を使わない相手だと、3時間一緒に過ごしても、嬉しいか居心地の良さを覚えるはずです。
たとえ会話が途切れたとしても、沈黙が心地良いと思える相手が1番ベストかもしれません。

3回目のデートで告白

3回目のデートで告白すると上手くいったと言うことがあります。全てにおいてそれがあてはまるわけではありませんが、好感触な時には先延ばしせず短期決戦で告白するという点はおすすめしたいです。

社会人同士で仕事などをお互いしていると、休みが会うとも限らず、1週間に1回だけ会うということも珍しくありません。
そうなると、3回目のデートはちょうど3週間目ということになります。
少なからず互いに想っている3回目で、区切りをつけるのも忙しい社会人には良いでしょう。
世間では、仕事や所用で突然忙しくなり、会えないままうやむやになる。そんな擦れ違いのパターンが山ほどありますので、好奇は逃さないことです。意外にチャンスはまだまだあると思っていても、その時しかなかったということも数多くあります。

フリーですと、デートの相手が自分だけとは限りません。特定の方を決めるまでには、同時進行で複数人とデートし相性を見極めるのもよくあることです。誠実ではないと思わる方もいるかもしれませんが、付き合ってからの浮気とはまた別の話です。
これはある意味「自分が最も好きだと思える人や相性の合う人と付き合いたい」気持ちが強い証拠と言えます。

もしも自分がそんな天秤にかけられている時、誰しも振り回されて悩む時間を味わいたくないでしょう。しかし3回目のデートで告白することにより、相手も悩みつつ「とりあえず付き合ってみようかな」と、心を決めてくれるかもしれません。

積極的に気持ちを晒すことは、結果を思うとやはり不安で怖いものです。告白は明確な気持ちの宣言と相手への「押し」なのです。「デートはするけど、いつまでも何も言ってこないしはっきりしない。何を考えているかよく分からない。自分のことはもしかして好きではないかもしれない」となる前に、気持ちを伝えることは大切です。

時間をかけて何度も会い、相手にも自分にも選択肢を増やすほど分からなくなることも多々あります。何となくでも好意を感じた時は、少し早くても気持ちを伝えましょう。「鉄は熱いうちに打て」です。

たとえ駄目だったとしても、悩む時間は短縮できると、前向きにとらえましょう。

3ヵ月目の倦怠期

いざお付き合いが始まり、一定期間が過ぎると、3ヵ月目の倦怠期が訪れることがあります。1ヵ月目はまだ相手のことがよく分かっていないこともあり、初々しい探りあいと新鮮な気持ちで過ごすことができます。

2ヵ月目になると、だんだん相手のことが分かってくると同時に、気持ちが高まってくる時期でもあります。「好きで好きで、たまらない」「1日中相手のことを考えてしまう」となることも。夢中になれるこの時期はまさに熱愛期です。そんな時は相手の欠点などにも目が向かず、恋に恋する気持ちもあって幸せに過ごせることが多いです。

ただ3ヵ月目になってくると、気持ちが自然安定してきます。ですから、次第に相手の欠点やずれなどにより気が付くようになります。冷静になった分、当然不満も出てきます。倦怠期は、今まで盛り上がってきた分の反動で、喧嘩が起こりやすくなります。
人によっては「そもそもどうして好きになったのか?気の間違いだったのでは?」と思うこともあります。

しかしこういう時期なのだと流れに身を任せ、そう深刻にならないことです。これから先どう付き合っていくか、何となく考える時なのだなと、気軽に構えることです。

まとめ


いかがでしたか?恋愛においての「3回の法則」は、なかなか奥深いものでしたね。よく理解し上手に使えば、良い流れを掴めるきっかけになるかと思います。必ずしも、全てのパターンに絶対あてはまるというわけではありませんが、目安として「3回」が大切な区切りを担っていることを覚えて頂けたら幸いです。
「3回の法則」を活用し、良いタイミングでぜひ恋愛を楽しんでみてください。


スポンサーリンク

Check Also

都内に住むカップルにオススメの日帰り旅行スポット集

日頃はバリバリ仕事をして、週末 …