Home / 恋愛 / 冷めてる人を好きになった!冷めてる人の特徴と恋愛攻略法

冷めてる人を好きになった!冷めてる人の特徴と恋愛攻略法

好きになった人が恋愛に冷めている人だった場合、戸惑う人が多いのではないでしょうか。今までとは全く違うタイプとなると、「どうやって、アプローチしたら良いのか分からない」「何を考えているのか分からない」と戸惑ってしまいますよね。

本記事では恋愛に冷めている人を好きになった時のアプローチ方法と、冷めてる人の特徴についてご紹介していきます。本記事を参考に、恋愛に冷めてる人の心に火をつけて、恋を始めてください。

スポンサードリンク

冷めてる男性の特徴

好きな男性が出来た時、女性は自分からアプローチする人もいれば、相手からのアプローチを待つ人もいます。しかし、どちらのタイプでも、まずは相手に自分の存在を知ってもらおうと行動するのではないでしょうか。

しかし、冷めている男性を好きになった時、どう行動したら良いのか分からなくない人が多いでしょう。冷めている男性の場合には、自分の気持ちを表現することが少ないため、「どう思っているのだろう?」と不安になることもあります。

冷めている男性を攻略するためには、何よりも特徴を掴み、理解し、アプローチしていくことがポイントとなるでしょう。

自己中心的な性格

人を好きになるきっかけは、その時々によって異なります。そして、たまたま好きになった人が、冷めたタイプであることを後々知ることもあります。一度好きになれば、「冷めたタイプは難しいから」と諦めることは出来ないでしょう。

そもそも、冷めた男性にアプローチするためには、その男性の特徴を理解しておくことが大切です。

冷めた男性の特徴としては、自己中心的な性格の人が多いと言えます。自己中心的というと、「アプローチするのは、難しそう」と思われる人も多いと思いますが、相手の気持ちや思いが分かれば、アプローチもしやすいということです。

まずは、相手が何に興味を持っているのか、どんなことが好きなのか、どんなタイプが好きなのかをリサーチすることが出来れば、相手に合せて動くことが出来るでしょう。そして、そのリサーチから、相手に興味持たれる会話、しくさ、行動をすると良いでしょう。

ただし、自己中心的ということは交際に至った際に苦労することも少なくありません。「この人は、こういう人」と割り切って交際することが出来れば、無理なく付き合うことが出来るでしょう。

相手を思いやれない発言をする

女性の中には、「男性に優しい言葉をかけて欲しい」と思っている人が多いでしょう。特に、辛い時や苦しい時には、優しい言葉が染みるものです。「こんな時は、こんな優しい言葉をかけて欲しい」「甘い言葉をかけてくれたら」と思うことがあると思いますが、冷めた男性の場合には、それは期待しない方が良いでしょう。

冷めている男性の場合には、優しい言葉を求めても難しいと言えます。冷めている男性の特徴として、相手を思いやった言葉を言えないという人が多いですから、優しい言葉を求めるのであれば、相応しい相手とは言えないでしょう。

それでも、相手にアプローチしたい、交際したいと思うのであれば、「こんな言葉をかけて欲しい」といった期待はしないこと。そして、相手のちょっとした冷たい言葉にいちいち傷つかないことが必要。相手も、決して悪気が合って言っている訳ではありませんから、それを理解し、流せるようにしましょう。

また、冷めた人にとっては思いを込めて言った言葉のつもりでも、受け手にとっては「キツイ」「心がこもっていない」と感じることもあります。そんな時、相手を責めたり、ショックを受けないこともうまく付き合うポイントとなるでしょう。

超マイペース

好きな男性が出来ると、「デートをしたい」と思う女性も多いでしょう。二人きりでデートを楽しむことが出来れば、やはり嬉しいものです。デートは、相手のことを知ることが出来るチャンスでもありますから、やはり特別な時間と言えるでしょう。

しかし、冷めている男性の場合にはマイペースな人が多いため、思い描いたデートは出来ない可能性が高いでしょう。

また、マイペースということは、あなたの望み通りのデートではなく、相手の望み通りのデートになる可能性があります。時には、自分の思い通りにならないことで、イライラすることもあるかもしれませんが、それも理解した上でデートに望むことが必要です。

デートを楽しみたいと思うのであれば、心に余裕を持って「予定外なことも楽しい」と思えることが大切になるでしょう。心に余裕があり、相手を理解していれば、デートは楽しいものになるはずです。

周囲の人間を見下してしまう

冷めている男性は、周りの人を見下して見える人が多いでしょう。そのため、あなたのことも見下したような態度をとったり、キツイと感じることを言うこともあるでしょう。時には、周りの人のことを悪く言うこともあります。

こういった態度を見てしまうと、「どうして、そんなに人を見下すのだろう?」と悲しい気持ちになると思いますが、本人は本気で自分が上にいると思っている訳ではないでしょう。無意識のうちに、そういった態度、行動をしてしまっているだけで、悪気はありません。

話し方がいつも一定しているため、冷たく聞こえたり、嫌味に聞こえてしまうこともありますが、本人はそんなつもりなく発言していることも多々あります。

本気で彼にアプローチし、交際したいと思うのであれば、こういったマイナス部分も理解することが出来なければ、交際出来てもあなた自身が疲れてしまうでしょう。

冷めてる女性の特徴

男性の中には、冷めたタイプの女性を好きになった人もいるでしょう。「こういったタイプの女性は初めてだから、どうアプローチしたら良いか分からない」という男性も多いのではないでしょうか。

今まで、女性らしいタイプの人としか交際してこなかった男性にとって、冷めたタイプの女性は新鮮で興味を惹かれるでしょう。しかし、軽い気持ちでアプローチをすると、後悔してしまいますから注意が必要です。

冷めている女性の場合には、女性らしいタイプよりも心を読むことが難しいですから、それなりの覚悟が必要となるでしょう。

また、時にはキツイことを言われ、傷つくこともありますが、「これは、彼女の魅力」と捉えられなければ、交際は難しいと言えます。

サバサバしている

冷めている女性の特徴としては、性格がサバサバしている人が多いです。そのため、女性と接しているというよりも、男友達と接しているという感覚に近いかもしれません。そのため、一緒にいると楽に感じる人もいるでしょう。

また、サバサバしているため、うじうじと考えることはありませんし、何でも思い切って行動することが出来ます。これを「かっこいい」と思える男性であれば良いですが、そう思えない男性にとっては、プライドを傷つけられることもあるでしょう。

時には、キツイことを言われ傷つくこともあるでしょうから、これらも理解した上でアプローチする必要があります。

交友関係は広くて浅い

冷めている女性は、友達が多く見えるでしょう。同性からも好かれていると感じる人が、多いのではないでしょうか。

「友達が多いということは、それだけ人に好かれているのだろう」と思われる男性も多いですが、実は冷めた女性は友達の数は多くても、一人一人との関係は浅い傾向にあります。

友達と言える人は数多くいても、親友と呼べる人はいない人もいます。それだけ、本当の自分を見せられる相手が少ないということです。

ということは、恋人という存在になった時には、いかに心を開き、自分自身を見せられる存在にあなたがなれるかが重要となるでしょう。

サバサバしていて、「強い人だな」と思っていても、本心を見せていないだけのこともありますから、あなたがその本心を見抜くことが出来れば、心を奪うことも出来るでしょう。

あまり笑わない

男性は、女性の笑顔に惹かれる人が多いでしょう。やはり、女性の笑顔というのは嬉しいものですし、魅力を感じるものです。

しかし、冷めた女性の場合には、あまり笑わないという特徴があります。みんなで会話を楽しんでいる時、笑っていないと「面白くないのだろうか」と心配になることもあると思いますが、実は本人は「面白い」「楽しい」と感じている時もあります。

冷めた女性の場合には、あまり気持ちを表情に出さない、出せない人が多いと言えるでしょう。表情に気持ちが出ないということは、それだけ相手の心を読むのが難しいということです。

表情がないことで、周りからは「いつも冷静」と思われがちですが、本人は緊張していたり、楽しいと感じていることが多いですから、表情に惑わされないことが必要です。

他人に興味がない

女性の場合、噂話が好きな人が多いですし、周りの人をチェックしている人が多いでしょう。常に周りの目を気にしている女性も、少なくありません。

しかし、冷めた女性の場合には、他人に興味ない人がほとんど。そのため、周りの噂話などにも興味がありません。噂話に入らないのは、楽しくないからではなく、単に興味がないからです。

同性から見ると、「つまらない人」「ノリが悪い人」と思われがちですが、単に興味がないことには関わりたくないだけ。それだけ、性格がはっきりしているということでしょう。

冷めてる人とお近づきになる方法

冷めている人を好きになり、「仲良くなりたい」「なんとかして、落としたい」と思うのであれば、まずはアプローチをしていくことが必要です。

しかし、今まで冷めたタイプの人と交際したことがない人は、「どうアプローチしたら良いのか分からない」と戸惑っている人も多いでしょう。

どんなに冷めたタイプの人でも、やはり異性からアプローチされれば誰でも嬉しいものです。しかし、そのアプローチ法によっては、逆に避けられてしまう可能性があります。

冷めたタイプの人に近づくためには、ポイントを突いたアプローチがおすすめです。

困っているのを見かけたらすぐ手を差し伸べる

冷めたタイプの人は、仕事をしている時でも一人でコツコツと進めている人が多いでしょう。大変な時でも、誰にも手を借りずに仕事を進める人が多いです。

ということは、困っている姿を見かけたら、自分から手を差し伸べると良いでしょう。冷めたタイプの人は、自分から「助けてほしい」と言えない人が多いですから、あなたから手を差し伸べることがポイントです。

周りでは「あの人は、手助けなんて必要ないだろう」と思われていることが多いため、手を差し伸べられると、ドキッとする人が多いはずです。

自分も性格が似ていることをアピールする

冷めた人の場合には、孤立感を感じている人も少なくありません。あまり、同性同士でつるむというのは好みませんから、心を許せる友達も少ないでしょう。

そのため、辛い時や苦しい時に、弱音を吐けない人が多くなります。ついつい、自分で何でもしようと思ってしまいがちですから、そんな性格を「自分と似ている」とアピールすることで、相手も心を開きやすくなるでしょう。

冷めているからといって、決して「ずっと一人が良い」「何でも一人で出来る」と思っている訳ではありませんから、自分と似ている性格の相手が現れれば、「理解してもらえる」と嬉しく思うでしょう。

無愛想にされたら素直に寂しがってみる

冷めた人にアプローチする際には、そっけない態度を取られ、傷つくこともあります。しかし、本気で近づきたい、交際したいと思うのであれば、これらにいちいち傷ついていては心が持ちません。

冷たい態度を取られても、無愛想な態度を取られても、あなたが嫌いで行っている態度ではないと理解し、軽く流すようにしましょう。

そして、そっけなくされた時には素直に「そんな風に言われると、寂しいよ」と気持ちを伝えてみましょう。

素直に気持ちを伝えることで、相手も「悪いことをしたかな」と思い、あなたへの接し方が変わってくるかもしれません。

共通の趣味や話題を探してみる

冷めた人と距離を縮めるためには、何よりも会話を盛り上げることが必要です。そのためには、やはり共通の話題を見つけることがポイントとなるでしょう。

「共通の話題って、何を話せば良いのだろう?」と思われる人もいると思いますが、周りからリサーチしたり、持っている持ち物をチェックするなどして、相手が好きな事、趣味などをチェックすると良いでしょう。

どんなに冷めたタイプであっても、自分の興味ある話題をふられれば、自然と話をしてくるはずです。共通の話題が見つかれば、会話も盛り上がりますし、あなたに興味を持つ様になるでしょう。

そうなれば、自然と距離も縮まりますし、会話から本当の相手の気持ちも探れるようになるでしょう。

まとめ

好きな人にアプローチする際には、それぞれのタイプに合ったアプローチ方法が必要です。どんなに効果があるアプローチ方法であっても、誰にでも通用するわけではありません。

特に、冷めたタイプの人にアプローチするためには、それなりのリサーチと理解が必要です。

冷めたタイプの人は、「周りの人に理解されない」と思っている人が多いですから、あなたが第一の理解者になることが出来れば、アプローチが成功し、スムーズな交際が出来るでしょう。

アプローチをする時には、何よりも相手の気持ちを理解することが重要です。「気持ちを伝えたい」「交際したい」といった自分の気持ちばかりが先走り過ぎないように、注意しましょう。


スポンサーリンク

Check Also

彼が心変わりしてしまう原因と兆候、どう対処すればいいの?

あなたは、「付き合ったばかりの …