Home / 恋愛 / 男女の恋愛が冷めた瞬間

男女の恋愛が冷めた瞬間

誰しも恋愛の始まりは、お互いのことを好きで好きでどうしようもない気持ちを持ちますよね。いつでも一緒にいたくて、連絡をとっていたくて、止めようのない思いがあるのですよね。しかし、それが少し経つと「なんで好きになったんだろう?」もしくは「好きかどうか分からない」となることがあります。好きだった理由を忘れてしまうくらい気持ちが冷めてしまうのです。

それは一体どうしてなのでしょうか。あんなに好きで愛し合っていたのに、そうなるのにはどんな理由があるのでしょうか。そこにはさまざまな理由があります。今回の記事ではどうして恋愛が冷めてしまうのか、その原因や対策についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

恋愛が冷めてしまう原因と対策

できることならずっと冷めずに甘い気持ちにひたっていたい、というのが本音。しかし、そうも言ってはいられないのですよね。時に、残酷にそのおとずれはやってくるものです。本人たちもびっくりするくらい急だったりするので、ショックが隠しきれないときもあります。

その原因や対策を見ていきましょう。

原因(男性編)


恋愛が冷める原因は、男性と女性とでは少しずつ違います。まずは男性編から見ていきましょう。

相手から嘘をつかれると相手を信用することができなくなりますよね。それは当然のことです。信じている相手につかれる嘘ほど、つらいものはありません。

例えば、相手にふたまたをかけられていたにもかかわらず「あなただけだよ」と言われていたなどという話はよく聞きますが、これはかなりのショックを受けますよね。「あなただけだよ」と言っていたくせに・・・とガッカリして落ち込んでしまうことでしょう。

または「絶対結婚しよう」と約束していたはずなのに、嘘だったというケースもあります。男性にとってそれはとてもショックなことであり、大きな裏切りなのです。このように嘘をつかれてしまうと、一気に相手への気持ちは冷めてしまい、気持ちを修復することはなかなか難しそうです。

気遣いのなさ

男性は自分に対して気遣いをしてくれない女性にも気持ちが冷めてしまいます。それは「大切にされていないんだな」と感じるからなのです。

男性に限らないことですが、人は大切に扱われていないと感じるととてもショックを受けます。そして「もっと大切にしてよ」という思いばかりにとらわれて、苦しくなってしまうのです。自分を愛しているはずの女性が自分を気遣わなくなったとすればそれは一大事です。「前はあんなに気遣ってくれるいい子だったのに、どうしてしまったんだろう」と悩むかもしれませんね。

では一体、気遣いとはどんなものでしょうか。例えば、身近なもので言えば「声掛け」があげられますね。風邪を引いたときに「大丈夫?」という小さな気遣いの言葉。これが大切なのです。女性は最近彼に対して気遣いできなくなっているな、と感じたときには自分を改めるときかもしれません。

束縛

女性にきつく束縛されるのも、男性は嫌います。男性は「自由」が大好きだからです。基本的にはいつでも、自由でいたい生き物です。ですから、その「自由」がそこなわれる束縛に対して、とても嫌な感じがするわけですね。「お願いだから縛らないでよ」という感じでしょう。

「女性はどうして男性を束縛したがるんだ?」と疑問に思うこともあるでしょう。女性はそれだけ不安なのです。愛する彼が他の女性と関わるなんて、考えられないことなのですね。それを避けるために、女性は彼を束縛するわけですが、その結果、彼の彼女に対する気持ちは冷めてしまいます。

「好きだから束縛しちゃうのに、わかってよ」と言いたいかもしれません。しかし、男性の価値観の中で上位にくる「自由」を奪われるわけですから、気持ちが冷めるのも無理ないのかもしれませんね。

原因(女性編)

ここからは反対に、女性の気持ちが冷める原因を見ていきましょう。男性の原因とはまた違うので、面白いと感じるかもしれませんね。

マナーのなさ

まず、女性は男性のマナーのない態度に冷めます.ただ単に「冷める」というよりは「ゲンナリ」という感じでしょうか。ほっておけばそれがイライラに変わるのは時間の問題です。

例えば、どこかお店の中に入ろうとして先に立って入る彼。そのあと彼女のために扉を押さえるでもなく、行ってしまうなどという行為はとても耐えられたものじゃないという女性は多いでしょう。

女性としてはまずは扉をひいて、彼女を中に入れたあとに彼に入って欲しい、これが願いなのです。英国の紳士のような態度を見せてほしいのですね。これは日本人男性はまだまだできていないところが多いかもしれません。日本では男性は先に入り、女性はあとからという認識をもっている人も少なくないからです。女性からすれば「気の利かない」という一言で終わらせられることでもあります。

また、飲食店などであからさまにマナーがなっていない態度を見せられるとゲンナリします。食べ方がとても汚い、くちゃくちゃ言いながら食べる、大声で話す、などです。このような態度は女性の恋愛を一気に冷めさせる原因になりますので、気を付けてくださいね。

失礼な言動

女性は男性に比べて神経質で細かいところがあります。小さな一言でも、傷ついたり怒ったりする生き物です。そこをしっかり分かった上である程度気を付けて言動しないと、「失礼ね」と思われてしまいますよ。男性側からすれば大したことのないことでも、女性からすればとても失礼に映ることもあるのです。

例えば女性がパーマをかけたとします。そのときに「パーマかわいいね」と声をかければいいのですが、なぜか「今日は寝癖?」などというのは失礼に当たります。男性からすれば、悪気があったわけではないのですが、女性からするととてもショックで、イライラの原因になります。

「もう、全然わかってないんだから」と怒ってしまい、そのようなことが続けば、気持ちが冷める原因になりかねません。女性でも、おおざっぱだったり気にしない人もたくさんいるのですが、神経質そうな女性を彼女にした場合には気を付けていくことをおすすめします。

時間にルーズ

日本人は時間に厳しい国と言われていますが、その中にもいろいろな人がいるわけで、ルーズな人ももちろんいます。

5分、10分ならいいのですがこれが30分~1時間ともなり、それが続けば「もういい加減にしてよ!」とパンチをくらうことになりかねません。中には1分でも遅刻したら終わり!という女性も存在することでしょう。

お付き合いが始まったら、なるべくルーズなのを直す癖をつけることをおすすめします。特に、自分の彼女は時間に厳しいなと感じるならば、なおさらです。気を付けなければいけません。女性は男性よりも感情がコロコロ変わりやすく、怒りものぼりやすいのです。ですから、遅刻に対してもすぐにカッとなるタイプもいます。その点を押さえておくといいでしょう。

対策(男性編)

ではここからは女性の気持ちを冷めさせないために男性ができることをご紹介していきます。

自分の言動を見直す

第一に、自分のやっていること、口に出していることを思い返してみましょう。どんな感じがしますか?丁寧ですか?それとも雑ですか?失礼ですか?

自分が日ごろやっていること、言っていることですので、意識して見てみないと分からないものです。「どうでもいいや」と思っていては、一生気づくこともなく、彼女の気持ちが戻ることもないかもしれません。そのようなことにならないように、言動を見直してみてくださいね。たくさん、気づくことがあるはずです。

例えば、「言」で言えば言葉遣いは、感じがいいだろうか。イライラした口調で彼女に話していないか。付き合いたてのころに比べたらどうだろうか。このようなことに意識を向けてみます。

「動」なら、彼女の嫌がることをしていないだろうか。マナーや態度は悪くないだろうか。これらを気を付けることができますよね。

何事もまずは「意識」することから始まります。初めから「めんどくさい。やらない」では何も変わらないどころか、どんどん状態は悪化していくかもしれません。大切な彼女の気持ちを冷めさせないためにも、努力してみましょう。

相手のことを考え直す

大好きで付き合った彼女。その人のことをもう一度考え直してみましょう。その人はどんな人ですか?どんなところが好きですか?きっといろいろなことが浮かぶはずです。大好きになったのには理由があるはずですから、たくさん頭に浮かべてみましょう。

そうすると「スタイルがいいところが好き」「品があるところがいい」「優しいところが最高」などと、浮かんでくることでしょう。紙に書き出してみるのも、おススメですよ。

そうしているうちに「俺ってやっぱり、彼女のことが大好きなんだな」と再確認できるはずです。そして、そんな彼女を冷めさせてはいけない、と思うことにつながります。

対策(女性編)

ここからは女性ができる対策を見ていきましょう。

過去の出来事を持ち出さない

過去のことを思い出してグチグチ言うのが好きなのが女性というもの。男性にはその心理が理解できないでしょう。もちろん、男性でもそのような人はいますが、圧倒的に女性の方が過去をグチグチ言う人が多いです。それはまぎれもない事実なのですね。

よく「またあの時のことを言って。そのことはもう終わっただろ」などというドラマのセリフがありますが、女性にとっては「終わり」ではないんです。過去のことを何度も何度も持ち出してきたいものなのです。

あまりにグチグチしていると、彼の気持ちが冷める可能性を高めてしまいます。ですから、女性はその点を気をつけねばなりません。たまにならいいかもしれませんが、それが続けば彼は嫌気がさしてしまうでしょう。

何事も「加減」が大切。少しのグチグチはOKでも、何度もはダメだ、と心に置いておきましょう。

減点式で人を見ない

「〇はいいんだけど、〇があるからマイナス!」というような人の見方をするのをやめてみましょう。

「彼、顔はいいんだけど、言葉遣いとか性格がちょっと」というように、なんでも減点方式で見るのが女性。それはそれでいいのかもしれませんが、そうやって見ているとどんどんマイナスになっていっていつしか気持ちが冷めてしまう原因になります。

「私がどんな見方をしたっていいじゃない」と思う気持ちもあるかもしれませんが、大好きな彼と関係を続けていきたいならば、自分の見方を変えていく必要があるでしょう。

対策(共通)

ここからは男女ともに共通する「気持ちを冷めさせない対策」をご紹介していきますね。今まではそれぞれの対策を見てきましたが、共通のものもありますので、しっかり頭に入れていきましょう。

やめてほしいことは伝える

相手にやめてほしいな、と思うことはしっかりと伝えましょう。そうしないと、ストレスがたまるばかりで良いことがありません。

例えば、「ご飯を食べるときに音を立てて欲しくない」ならばそれを伝えてみましょう。「相手が傷つくかも」と思っていては、どんどんため込んでしまいます。相手が治してくれるかは別問題として、伝えてみるだけ伝えてみましょう。

伝えられた方は「そうなのか」と意識し始める可能性が高いですよ。「この人はこういうことをすると嫌なのか」とわかれば、治そうという気持ちにもなりやすいのです。まずは、しっかり伝えてみることからすべてが始まりますので、伝えにくいことでも口に出してみることをおすすめします。

無理をしない

相手と付き合う上で、無理をしてはいけません。なぜなら、無理というものを続けるとどんどん疲れがたまっていき、気持ちを冷めさせ、最悪の場合、別れにつながるからなのです。

それくらい「無理する」ということは恐ろしいものなのです。「少しくらいなら、無理してもいいかな。好きだから」などと甘いことを言っていては、あとあと苦しくならざるをえないかもしれません。良好な関係を続けるために、極力、無理をするのは避けていくように心がけましょう。

気持ちが覚めた瞬間

それでは男女別で「気持ちが冷めた瞬間」はどんなものなのか見ていきましょう。男性と女性では少しずつ違いますから、その違いを比べてみてくださいね。

男性編

「顔はきれいなのに、気遣いが全然できていない子だった」という意見。いくら外見がよくても、一緒にいて気持ち良く過ごせなければ冷めてしまいますよね。

「何度も隠して他の男と会っていた」というのもあります。嘘をついて他の男性に会われては、気持ちもゲンナリしてしまいます。

女性編

「とにかくお店の中なのに、態度が悪くて!」という意見。あまりの態度の悪さに、一緒にいるのが恥ずかしすぎて、一気に冷めたとのことです。

「気持ちが全然分からない人だった。」というのは鈍感な男性を彼に持った女性。彼の鈍感な言葉にイライラが絶えなかったのですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。男女の気持ちが冷めてしまう原因や対策などをご紹介してきました。

それぞれ、さまざまな意見があるのが分かりますね。大切なのは、お互いに自分自身を見直して、相手に冷められないように努力をすること、なのです。自分の悪い癖をほっておいては、どんどん気持ちが冷めてしまいます。気を付けて、関係を保っていきましょう。


スポンサーリンク

Check Also

【男子必見!】彼女に指輪をプレゼントしたいときのタイミングとおすすめブランド8選

付き合っている彼女との記念日や …