Home / 子育て / 離乳食の進め方と時期別おすすめメニュー!

離乳食の進め方と時期別おすすめメニュー!

赤ちゃんが生まれから最初の数ヶ月はお母さんの母乳やミルクで栄養を摂ります。個人差はありますが、しかし5~6ヶ月ぐらいになると、母乳やミルクに代わり食事から摂る準備段階としてに離乳食を始めましょう。

離乳食は5~6ヶ月の赤ちゃんはまだ歯も生えていない子がほとんどで、更に消化器官もまだまだ未熟なので、ゆっくり成長に合わせて進めていてゆく必要があります。まずはしっかりと首が座っていて、支えれば座れるようになっていていることが最低条件でしょう。

母乳やミルクだけの時でも、沐浴後にスプーンで果汁等を飲ませておくと、離乳食を始めるのにも楽になるので飲ませておいたほうが良いですね。

離乳食の進め方は月齢だけにとらわれず、赤ちゃんの成長重視で行っていくと良いと思います。

何ヶ月ではこのようなものとかはあくまでも目安ですので、しっかり赤ちゃんの食べ具合を見ながら進めてましょう。

スポンサードリンク

①生後5、6カ月頃

進め方、食べさせ方

この頃はまだまだ食べ物を飲み込むことやスプーンを口に入れることに慣れさせる時期です。この頃をゴックン期といい、ドロドロのものを飲み込めるようにする時期です。

もしかしたら、嫌がる赤ちゃんもいるかもしれませんので、あまり無理強いしないようにゆっくり進めましょう。

赤ちゃんの健康状態や機嫌の良い日から始めると良いでしょう。

まず離乳食を始める前に、お父さんお母さんが食事の時椅子に座らせるか、抱っこして食事に興味を持っているか様子を見るのも良いですね。

この時期はまだ量などは関係なく、食べるということに慣れさせることが大切です。

嫌がるようであればまだ時期が早いと思い、1週間ぐらい経ってから食べさせてみてください。

まだまだ離乳食で栄養を摂る時期ではないので、食べなくても全然大丈夫です。

かたさの目安、回数、味付け

最初は1日1度赤ちゃんの比較的機嫌の良い時間帯を決めて、まずはすりつぶした10倍お粥を一さじから始めましょう。

そして次の日は2さじと一日1さじずつ量を増やしてあげて下さい。うんちの状態を確認することも忘れないでくださいね。

1週間ぐらいしてお粥がある程度食べられるようになったら、今度は茹でた野菜をすりつぶした物に少し野菜スープや出汁などで伸ばしたものなどを1口ずつ食べさせてみましょう。始めて食べさせるものも1さじからにしてくださいね。

何かにアレルギー等の反応が出るかも知れないので、食べるからといって何口も食べさせないようにしましょうね。

野菜になれたら次はお豆腐や白身魚などのタンパク質類など食べさせてみましょう。

お豆腐は必ず火を通してください。白身魚も茹でてこれもスープ類などでのばしたほうがこの時期は良いですね。

この時期は特に味を付ける必要はないと思います。まだ食べられる量が少ないので、食べて後は母乳やミルクでお腹を満たしてあげましょう。

使える主な食材

この時期使える食材は、お粥やすりつぶした人参やかぼちゃ等を裏ごしして、スープやお湯などでのばしヨーグルト状ぐらいまで伸ばしてください。

後はお豆腐や白身魚等が良いでしょう。食べる量が少ないこの時期は、お粥など1回に1週間分ぐらい作って小分けして冷凍し、解凍してから食べさせると楽ですね。

後は電子レンジで解凍するだけなので便利ですよ。

おすすめメニュー3選

おすすめメニュー1

『10倍粥と人参のペースト』

10倍粥を食べることに十分慣れたら、野菜を取り入れましょう。

人参のペーストの作り方

1 人参は洗って皮をむき切ります。

2 水に人参を入れて火が通るまで茹でます。

3 火が通ったら裏ごしをして完成です。

同様にほうれん草やカボチャ等も同じようにできます。裏ごしした野菜が飲み込みにくそうであれば、お湯でのばしても良いです。

野菜のペーストは余分に作って冷凍しておくと楽ですね。同じようにだし汁なども冷凍しておくと少量欲しい時に便利です。

おすすめメニュー2

『野菜入り10倍粥と豆腐』

野菜にも慣れてきたら、お豆腐などのタンパク質を加えます。

1 豆腐は口当たりが良い絹ごしのお豆腐が良いでしょう。

鍋にお湯を沸かし、必ず数分煮ましょう。

2 潰したら完成です。

10倍粥に野菜のペーストをトッピングしたら出来上がりです。

おすすめメニュー3

『りんごと麩のトロトロ 煮』

お麩も離乳食にはとても使いやすいタンパク質の食材ですので使いましょう。

1 りんごとお麩はすりおろします。

2 だし汁でりんごとお麩のすりおろしを、温める程度にて完成です。

まだまだ、バリエーションはお母さんしだいで広がります。硬さはゴックンと飲み込めるぐらいです。

食事することが楽しいと思えるような気持ちで始めましょう。

②7、8カ月頃

7~8ヶ月頃の赤ちゃん食べられる物も増えてきた頃だと思います。モグモグ期とも呼ばれる時期です。

初期の頃はドロドロの物を飲み込むだけでしたが、この頃になると舌を動かすことで柔らかいものを潰し食べることができるようになります。

しかし個人差が大きいので、何ヶ月だからこれぐらいの硬さを食べられると言うのではなく赤ちゃんに合わせた進め方にしましょう。

まだドロドロのものをしっかり飲み込めないようでしたら、もう少し飲み込みやすいものを続けましょう。

順調に離乳食を食べてきた赤ちゃんなら離乳食の回数を2回なる時期でもあります。

進め方、食べさせ方

赤ちゃんの発達具合をよく見てみましょう。しっかりとゴックンできているようなら、舌で潰せるぐらいのものを混ぜていきます。

食事の量などは個人差があって当たり前なので、あまり気にすることなく進めるのが良いですね。

まだまだ無理に食べさせることはないので、もし中期に硬さなどに進めて急に食べなくなったときは、前のドロドロに戻して様子を見ましょうね。

赤ちゃんが離乳食を食べてくれないと不安になってりすると思いますが、大人でも沢山食べる人と少食な人がいますよね。その子の個性かも知れないので焦らないで進めましょう。

この頃になるとお母さんの表情なども認識できるので、お母さんが怒ったり悲しい顔をしていると赤ちゃんはかえって食べれなくなりますよ。

まだ6~7割は母乳やミルクから栄養は摂れるので、焦らなくても大丈夫です。

かたさの目安、回数、味付け

そしてこれまで1回だった離乳食を2回に増やしてゆきましょう。

今まで午前中に離乳食を食べせせていたのであれば、午後の時間帯の授乳時間の前に離乳食の食べさせましょう。赤ちゃんの機嫌の良い時が一番ですね。しかし19時ぐらいまでには食べさせましょう。

硬さはプリンぐらいの硬さです。

今まで10倍粥のものは7倍から徐々に5倍ぐらいになるようにしましょう。一気に固くするのではなく徐々に進めてください。赤ちゃんも急に固形のものが沢山口に入るとビックリしますよ。少しずつ時間をかけて固くして行ってください。

この頃になると味付けは風味がある程度でよいので、素材そのものの風味でも良いですし、お豆腐などあまり風味のないものはだし汁などを使って風味付けすると良いですね。

離乳食が2回になるとお母さんの負担も大きくなりますが、5~6ヶ月の所でも書きましたが、一度に多めに作り冷凍して使いなどすると負担が軽くなると思います。

使える主な食材

お粥の他にもうどんをクタクタになるまで茹でたりコーンフレークも食べられるようになります。今まで食べさせてきた野菜は茹でたり蒸したりしてみじん切りなどにすれば食べれます。

幼児や赤ちゃんが好きなりんごやバナナなどの果物も殆どは食べられますので、舌でつぶせるぐらいにして食べさせましょう。

タンパク質ではお豆腐は火を通したら潰さなくても食べられるようになりますし、ひきわりぐらいの大きさの納豆も食べられます。魚は白身の他にもしらすなども大丈夫です。

卵はアレルギーが出やすい食べ物ですが、卵黄より卵白の方がアレルギーが出やすいため、まずは必ず固ゆでにした卵黄から食べさせてみましょう。

食べた後は赤ちゃんの健康状態を見てくださいね。鶏肉は脂身のないささ身やヨーグルトなど食べられるものがぐんと増えます。

食べにくいものは片栗粉などでとろみをつけたり、ゼラチンで固めるのも良いですね。余裕が出来たら少しずつ栄養のバランスに気をかけても良いでしょう。

おすすめメニュー3選

おすすめメニュー1

『野菜スープを作った時に便利』

1 野菜スープを作った時にいれた野菜を取り出し細かく切り、スープの中にうどんか素麺を細かく切り

じっくり煮る。

2 ブロッコリーを1房茹でて細かく切り野菜スープに入れてとろみを付け、

お豆腐に火を通し少しつぶしたものにブロッコリーをかける

おすすめメニュー2

『リゾットと果物』

1 お粥に食べやすい野菜を切ったものに、牛乳を大さじ1を入れて煮ます。

中にささ身などお入れてもOKです。

2 りんご1/4とさつまいも1/3ぐらいを皮をむいてサイコロ状に切り

水で煮る。(多いので冷凍しましょう)

おすすめメニュー3

『タラと野菜の煮込み』

1 タラを身を煮て細かくする(骨がないように気をつけてください)

2 野菜の煮たものと一緒に少し煮てから塩か醤油を少し入れ風味をつけてから

片栗粉などでとろみを付ける。

③9~11カ月頃

進め方、食べさせ方

この頃になると離乳食も後半になります。早い赤ちゃんなら前歯も生えてくるでしょう、この時期は「カミカミ期」とも呼ばれています。上手に舌で豆腐などを潰せるようになれば、次の段階の歯茎で噛めるぐらいの硬さのものになってゆきます。食事の回数も1日3回へ増やして行きます。

それとともに徐々に母乳やミルクを減らしてゆきます。味覚が発達してくるのもこの時期なので、少しずつ味付けもしていくと良いですね。

自我も目覚め始め自分で食べたがるようにもなってきていると思います。手でつかみやすい調理をすることも必要です。どんなものでも自分で食べたがったりするので、片付けるのも大変ですが、手掴みでぜひ食べさせてください。

かたさの目安、回数、味付け

この時期の食べ物の硬さは指でつまんで軽く力を入れるだけで潰れる程度が目安となります。

食事の回数は大人と同じ3回になりますので、朝食、昼食、夕食の時間帯に慣れさせていきましょう。味は薄味が基本ですが、少しずつ味付けをしていくと良いですね。

この頃になると、大人の食事を取り分けて少し薄味にしたり、お味噌汁の上澄みを飲ませることも良いですね。今後のために唇を閉じて食べる練習をしましょう。

この頃になる母乳やミルクなどの量も減ってきますので、暑い時期などは脱水症状にならないように十分注意しましょうね。

これは将来的にもきちんとかんで物を食べるという行為の訓練になります。この時期の離乳食は今までと違い水分の量が少ないので、喉に詰まらせないようにスープや味噌汁やお茶等があると良いでしょう。

使える主な食材

この時期からは食べれる食材がぐんと増えます。レンコンやたけのこ等や牛や豚の赤みや等も食べられるようになります。

離乳食のバリエーションが増えますね。

そしてどうしてもとっておきたいものは鉄分を多く含んだ食材です。今までお母さんの母乳から鉄分は摂れていましたが、この頃の母乳には鉄分の量が減っています。

赤ちゃんが成長していく上でとても大切な栄養素なので、なるべく多く食べさせましょう。

おすすめメニュー3選

おすすめメニュー1

『鶏ひき肉のオムレツ』

1 鶏ひき肉などは事前に茹でたり蒸したりして冷凍しておきましょう。

野菜なども冷凍の物を作っておきます。

2 卵1個に鶏ひき肉や野菜のなどを入れて混ぜます。

3 フライパンにスプーンですくい焼きます。火が通れば出来上がり。

大人も食べられますので、忙しい朝食などに最適です。

おすすめメニュー2

『蒸しパン』

1 市販のホットケーキミックスにカボチャやリンゴなどサイコロ状に切って混ぜます。

2 小さめなカップに入れて蒸し器で蒸します。

3 火が通ったら出来上がりです。

これは昼食にも良いですし、おやつにも良いでしょう。

おすすめメニュー3

『鶏レバーの親子丼』

1 あらかじめ鶏レバーは1口位に切り茹でておきます。

(多めに作りブロック状に冷凍しましょう)

2 だし汁にストックの野菜と鶏レバーを入れて醤油と砂糖を少しいれ味をつけます。

3 最後に卵を流し入れて火が通れば完成。

後はご飯にかけると鉄分たっぷりの親子丼になります。

④12~18カ月頃

進め方、食べさせ方

ここまで来るとあと少しで離乳食を卒業の時期「パクパク期」です。個人差はありますが、ほぼ大人と変わらないものが食べられるようになります。大人のものを取り分けてひと手間かけるだけになりますので、お母さんも随分楽になると思います。

1歳過ぎたら牛乳かフォローアップミルクをおやつと一緒に飲ますと良いでしょう。ただしまだまだ食べる量が少ない場合は母乳またはフォローアップミルクで補ってあげましょう。

そろそろ哺乳瓶からマグカップ等で飲めるようにしましょう。

かたさの目安、回数、味付け

硬さのめ目安は歯茎で噛めるぐらい、ご飯だと柔らかめのご飯か普通のご飯でも大丈夫です。野菜なら1センチ角に切って茹でたものも食べられます。食事の回数は大人と同じ3食になります。

でもまだまだ3食だけでは栄養が十分ではないので食事の間に1~2回のおやつを食べさせてあげましょう。味付けは大人と同じではまだ塩分など取りすぎてしまうので、薄味を心がけましょう。

色んなものに興味が出てくる時期ですので、スプーンやフォーク等も用意して使わせてみてください。

最初はこぼしたりすることも多いですが、徐々に上手に食べられるようになります。

使える主な食材

ほぼ大人と同じものが食べられます。魚類も火を通すと赤身魚や青身魚等も食べられます。貝類も食べられるようになります。

ゴマや海苔等も食べられるようになるので、軟飯や普通のご飯で小さなおにぎりなどをすると自分の手で食べられるので喜ぶと思います。海苔はまだ噛み切れないので細かくまぶすのが良いでしょう。

まだ油の多いものは無理なので大人の食べるものと考えながら、上手に取り分けてメニューを決めると良いと思います。

おすすめメニュー3選

おすすめメニュー1

『スパゲティミートソース』

1 スパゲティは食べやすい大きさに茹でて切っておきます。

2 玉ねぎやその他食べさせたい野菜はみじん切りにして

ひき肉をほろほろになるまで炒めたら、野菜を入れてさらに炒めます。

3 その中にトマトのホール缶をいれ煮ます。

4 水分がなくなったらケチャップ少量や塩で味を整えます。

5 スパゲティの上にのせれば完成!

味付けの前に子供の分は取り分けて味をつければ、一緒に食べられますね。

おすすめメニュー2

『時間のないときに簡単おにぎり』

1 しらすは湯通しして、チーズは1センチ格に切って

ご飯に混ぜます。

お好みで青のりや胡麻などを入れても良いですね。

2 ラップで握ると小さいおにぎりも簡単にできます。

おすすめメニュー3

『鶏ひき肉と豆腐のつくね』

1 食べさせたい野菜を何でも細かく切り、茹でるかレンジで加熱しておきます。

水を切った豆腐と鶏ひき肉を混ぜ野菜も入れてつなぎに片栗粉少々と混ぜます。

2 一口大にします。油を少し引いたフライパンで焼き

焼き色がついたら蓋をして蒸し焼きにします。

味付けはお好みのの味を付けましょう。

これも大人も一緒に食べられます。

まとめ

ここまで離乳食の初期から完了期までまとめてきました。いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?

離乳食は食べる量が少ないので、野菜などはその時の時期にあった硬さや形にして火を通し、冷凍することで簡単に離乳食を作ることができます。時間があるときに作っておくと便利ですね。そして離乳食の時期はあくまでも目安です。食べられる食べられないは個人差があるので、焦らずゆっくり進めてゆきましょう。

お母さんが笑顔で食べさせてあげると、きっと赤ちゃんも喜んで食べるようになると思います。

一生に一度のこの時期を楽しみながら過ごしましょうね。

 

 


スポンサーリンク

Check Also

早くから子供が習い事を始める為のスタートアップガイド

自分の子供に習い事をさせたいと …