Home / 結婚 / 離婚したら住宅ローンと年金分割はどうすればよいのか

離婚したら住宅ローンと年金分割はどうすればよいのか

結婚する際は想像もしないであろう、離婚。

離婚はただ夫婦の縁が切れるというわけではなく、それに伴い様々な手続きが必要になります。本記事では、離婚時の住宅ローンや年金分割に関して見ていきます。

スポンサードリンク

住宅ローン返済中に離婚したらどうなるの?

住宅ローン返済中に離婚は可能?

住宅ローン返済中でも、離婚は可能です。お互いの同意があればどのような理由でも離婚ができます。

お互いの同意がない場合には難しくなりますが、民法で定める事由に該当していれば裁判をして一方的に別れるということも可能です。民法で定める事由として有名なのは不貞行為ですが、その他にもさまざまな理由で離婚が認められる可能性があります。

住宅ローンが残っているということは、基本的には影響がありません。しかし、その後の生活には影響があるので、よく考えて離婚をするべきです。

一番良いのは、マイホームを売ってしまって分割しやすいお金に換えるということでしょう。オーバーローンとなっていなければ、ローンが残っている家でも問題なく売ることができます。

例えば、ローンの残高が2,000万円というケースで、2,600万円でマイホームが売れたとします。

すると、600万円のお金が手元に残ります。基本的には夫婦で平等に半分ずつ分けることになるでしょう。夫が頭金を1,000万円入れていたというケースなどでは、その分も計算に入れることができます。財産を半分ずつに分けることがかえって不平等になることもあるので、さまざまな事情を考慮して平等に分配することになるでしょう。

ローンの残高が2,000万円あるが、マイホームを査定してもらった結果1,800万円になってしまったという場合には、そのままでは売れません。貯金があるなら、差額の200万円を貯金から出すことで解決するでしょう。

任意売却という方法もありますが、任意売却をするとブラックリストにのってしまうというデメリットがあるので、基本的にはおすすめできません。その後およそ5年間はクレジットカードやローンが利用できなくなってしまいます。

多くの場合に住宅ローンの主債務者は夫となっていることでしょう。

別れた後も、夫がローンを返済し続けるという選択肢もあります。先の例では、ローンの返済を続けて残高が1,800万円以下になったら、家を売ることができるようになります。しかし、そのときには家の価値も落ちている可能性が高いので、定期的に家の査定を受けておきましょう。

マイホームを持っている家庭の多くは、子どもがいることでしょう。妻が子どもを引き取って賃貸マンションで住み、夫がローンを返済しながらそのままマイホームで暮らすという選択肢をとるならば、マイホームの所有者、ローンの主債務者が一致するのでなにも問題がないように思えます。

しかし、夫は養育費を支払いながらローンを返済していくことになるので、生活が苦しくなる可能性が高いです。また、広いマイホームにひとり住むというのは、掃除が大変になるだけでなく、それ以外にも無駄が多いでしょう。

妻と子どもがマイホームで暮らし、別れた夫は賃貸マンションへ引っ越しをして、住宅ローンの返済を続けるという方法をとる人もいます。しかし、この場合には別れた夫は実際にその家に住んでいないため、ローンを滞納してしまう可能性もそれなりに高いです。

ローンを返済しないと元妻と子どもが住む家を失ってしまうので、多くの男性はしっかりとローンを返済し続けるでしょう。しかし、別れて暮らしていると徐々に感情が薄れていき、ローンの返済を後回しにしてしまうというケースもあるようです。

 

 

返済可能な範囲の対応を

別れた夫がしっかりとローンを返済してくれないと、マイホームが強制的に売られてしまい、妻と子どもは住む家を失うことになります。

離婚をするときに、「養育費を支払わないかわりに住宅ローンをしっかりと返済する」という約束をする夫婦もあります。ところが、元夫がこの約束を守らず、元妻と子どもが家を追い出されてしまうというトラブルも起きています。

残念ながら、元夫に強制的にローンを返済させる方法というものはありません。養育費ならば、強制的に支払いをさせる方法はあります。

やはり、マイホームは売却をしてお金にかえてしまうというのが一番トラブルが少ない方法となるでしょう。家を売ってローンを完済することができて、さらに手元にお金が残れば理想的です。しかし、マイホームを購入してからまだそれほど経過していない場合には、オーバーローンとなってしまっている可能性も高いです。

まずはいくつかの業者に不動産査定を依頼してみましょう。不動産会社によって査定額が異なってくるので、少なくとも4社くらいの業者に査定を依頼することがポイントです。インターネットの一括査定を利用すると手間と時間の節約になります。インターネット上の査定では正確な金額が出せないため、業者をいくつかに絞ったら訪問査定も依頼してみましょう。

もしもオーバーローンとなってしまっていたら、ローンを完済できるようになるまで待つか、任意売却をしてすぐに家を売ってしまうかといったことを決断しなければなりません。メリットとデメリットについてしっかりと理解をして、ベストな選択肢を選ぶようにしたいものです。

 

離婚と年金の関係は?離婚前に見ておきたい年金分割について

離婚と年金は関係ある?

離婚と年金は一見すると関係ないようにも思えますが、実は大きく関係している場合があります。夫がサラリーマンをやっていて、妻が専業主婦をやっている家庭の場合、妻は国民保険にしか加入をしていません。この場合、もしも結婚をしていなかったら、妻もOLとして働いていて、社会保険に加入をしていたと考えられます。

現在は男女平等の時代になっていますので、妻は家事や子育てをするのがあたりまえという考え方は通用しません。

妻が専業主婦をやって家事や子育てをやってくれているならば、そのおかげで夫が仕事に集中できているので、夫の給料の半分は妻の貢献であると考えられます。妻が持っているスキルや能力、学歴なども妻の貢献度に関係してくるかもしれませんが、裁判になったら多くの場合に夫の給料の半分は妻のものとして認められるようです。

これはあくまで裁判になったらの話ですので、夫婦で話し合ってお互いに納得ができるのであればどのような結果になってもかまいません。例えば、「夫が仕事をがんばっていたから夫が6割、妻が4割もらう」とすることも自由です。

離婚時に財産分割の対象となるのは、夫婦で協力をして蓄えた財産です。

結婚をする以前から持っていた貯金などは分割の対象とはなりません。親から相続した土地なども、分割の対象にはなりません。

離婚をするとすべての財産を平等に分割すると考えてしまっている人がいるので、注意をしておきましょう。日本では夫婦別財産制がとられているので、基本的には個人の財産は個人のものです。婚姻期間中に協力をして築いた財産だけが分割の対象となります。

実は年金についても、夫婦で協力をして築いた財産のうちであると考えられます。

夫がサラリーマンをやっていて厚生年金に加入をしており、妻が専業主婦をしている場合、老後にもらえる年金の金額は夫のほうが圧倒的に多くなるでしょう。しかし、妻は家事や子育てをするために自分のキャリア形成を諦めていたというのに、離婚をするともらえる年金の金額が大きく減ってしまうというのは酷でしょう。

現在では年金分割という制度ができているので、実は財産分割のときにはこのことはあまり問題とはなりません。制度についてしっかりと調べておき、悔いの残らない離婚をしましょう。

この制度には、「合意分割制度」と「3号分割制度」の2種類があります。合意分割制度はその名の通り夫婦の合意によって分割をするものです。話し合いもしくは裁判などによって合意を得ているということが1つの条件となります。こちらの制度では必ずしも半分ずつに分割する必要はなく、「夫が6割、妻が4割」というように分割をすることも可能です。

3号分割制度のほうでは合意は必要なく、どちらか一方の意思で行うことができます。多くの場合に妻が申請を行うことになるでしょう。3号分割制度のほうでは「2分の1ずつ」に分割することに決まっています。

どちらの制度でも、「離婚等をした日の翌日から起算して2年以内」という期限があるので注意をしておきましょう。

夫の収入に依存し過ぎない


お金持ちと結婚をしたいという女性は多いですが、それは婚姻期間中に豊かな生活ができるという理由だけではありません。

なにかがあって別れることになっても、財産分割でもらえるお金や、老後にもらえるお金などにも影響してきます。子どもがいる場合には養育費の金額にも影響します。養育費は別れた夫の給料によって大きく差が出る可能性が高いです。最悪のケースでは元夫が逃げてしまって養育費が1円ももらえないということになるでしょう。

しかも、裁判になった場合には夫の給料などは基本的には半分に分割されます。妻がパートやアルバイトの経験しかなく、資格や学歴もないので普通に働いても月収20万円くらいがやっとというような事情があったとしても、夫が月収100万円を得ているなら半分は妻の貢献と考えられるというわけです。

逆に、妻が月収50万円を稼げるようなスキルをもっており、夫の月収30万円であったとしても、妻が専業主婦になってしまったら夫婦でそれぞれ15万円ずつが取り分となってしまうということでもあります。この場合には妻が仕事を続けたほうがメリットがあるでしょう。

なお、夫婦生活が短い場合にはこのことはあまり影響しません。例えば、結婚をして1年で別れたというようなケースでは、分割対象となる給料も1年分となるので、それほど大きな問題ではなくなります。

結婚をする時には、一生一緒にいるつもりでいたとしても、人生なにがあるかはわかりません。配偶者が裏切って浮気をするかもしれませんし、自分は絶対に浮気はしないと考えていても、衝撃的な出会いがあって浮気に走ってしまう可能性もあります。

結婚は就職と似ているとよく言われます。愛があるだけで結婚をすることは危険です。将来のこともしっかりと考えた上で、結婚という「契約」を結ぶようにしたいものです。

最後に

いかがでしたでしょうか。

新婚時には想像もつかないかもしれませんが、世の中には離婚する夫婦も数多くいらっしゃいます。

決断するときには年金やローン等、様々な事を頭に入れておきましょう。


スポンサーリンク

Check Also

男女における恋愛観と結婚観の違い

「もう付き合って4年も経つのに …