Home / 結婚 / 離婚とその後~円満に離婚する方法と再婚のために知ってほしいこと

離婚とその後~円満に離婚する方法と再婚のために知ってほしいこと

離婚は新たなスタートです。

しっかりと新しいスタートを切るためにも、修羅場にせずに円満に事を進め、出会いがあれば再婚が出来るように事を進めましょう。

スポンサードリンク

修羅場にならないよう円満に離婚する方法

離婚をしたいと思っても、話を切り出すと修羅場が待っているのではないかと思い、なかなか話を切り出すことができないという方もいるようです。

円満に解決することができれば別れたいと思っている方のために、ここでは、修羅場にならないように円満に離婚ができる方法を紹介します。

夫婦以外の第三者と交えて話し合いをする
別れる、別れないは夫婦の問題ではありますが、2人だけで話し合いをしていると、感情的になってしまうことがあり、上手く話が進まない場合があります。

2人だけでは冷静に話し合いをすることができず、争いになってしまうのではないかと思ったときは、第3者を交えて話し合いを行ってみてはいかがでしょうか。

法的な問題が絡むようなときは、早めに弁護士に相談をしたほうが良いのですが、そこまで大きな問題にならないようなときは、信頼できる共通の友人や親、兄弟などを交えて話し合いを行うと冷静に話し合いを行うことができます。

ここでお互いが納得できるような話し合いができれば、円満に解決することができます。

自分の非も認める

別れたいと思う理由はさまざまです。

相手に暴力をふるわれて悩んでいるときは一歩的に相手が悪いと言えますが、性格が合わないのではないか、相手が浮気をしていたから、などが別れたいと思う理由のときは、相手を一方的に攻めるのではなく、自分にも非があったのではないかとまずはゆっくり考えてみましょう。

性格は合わないと思ったけれど、どうしても合わせることができなかったのは、自分の努力不足かもしれない、など自分にも非があると思ったときは、素直にそのことを相手に伝えましょう。

全て相手のせいのするのではなく、自分の非も認めたうえで話し合いを行うと、聞く耳がなかった相手も話を聞いてくれるかもしれません。

一方的にではなく、お互いの非を認めるような話し合いができれば円満に解決することができます。

別居してみる

一緒に住んで毎日顔を合わせながら離婚の話し合いをしていると、上手く話が進まないことがあります。

別れたいという気持ちがあるのになかなか別れることができないときは、相手のちょっとした行動でも腹が立ちケンカになってしまうことも少なくはありません。

そのような状態では、話し合いは進まず、憎しみだけが大きくなってしまいます。

そこで、思い切って別居をしてみるという方法があります。

自分でアパートを借りるほど収入がないときは、一時的に実家に帰っても良いかもしれません。

別居して相手と一定の距離を置いてから改めて話し合いを行うと、相手のことや今置かれている立場などがはっきりと見えるようになり、話し合いをすると、意外と円満に解決することがあります。

毎日いがみ合いながら生活をしていると、話し合いも上手く進まないものです。距離をおくために別居してみるということも検討してみてはいかがでしょうか。

お金の問題に時間をかけない

離婚をするとなると特に収入が少ない女性や専業主婦はこれからの生活に不安を感じ、慰謝料や養育費をどれくらいになるのか、ということが気になるものです。

男性は、できるだけ出費は抑えたいと思っている人も少なくはないので、お金の問題が解決せずに、争いが起こることがあります。

少しでも円満に早く別れたいと思っているときは、お金の問題は重要ではありますが、今後は自立して一人でお金を稼いでいくという気持ちを強く持ち、あまりお金の問題に執着をせずに話し合いを進めると円満に解決することがあります。

これからの生活を前向きに考えてお金にとらわれないようにしましょう。

有利な証拠をつかんでおく

相手の不貞行為などが理由で別れたいと思っているときは、確かな証拠をつかんでおくと、相手は調停な裁判になると自分が不利になるので、円満に解決することができる場合があります。

何かおかしいと思うことがあれば、普段の生活の中でいざというときに証拠になるようなものがないか目を光らせておきましょう。

どうしても自分で証拠をつかむことができないと思ったときは、探偵などに依頼をすると費用はかかりますが、確かな証拠をつかむことができます。

怪しい行動に気づいたときは、早めに対処しておくといざというときに有利に話を進めることができます。

早めに専門機関に相談をする

話し合いが上手くいかず、時間だけが経っている、というときは、早めい弁護士やカウンセラーなどに相談をしてみてはいかがでしょうか。

相手も弁護士やカウンセラーなどの専門家が間に入って話をすると、穏やかにことを進めることができるかもしれません。

修羅場を何度も迎えてどうにもならない状態になってから相談するのではなく、早い段階で専門家に相談をしておくことは、円満解決への近道になります。

最近は、離婚を専門にしている弁護士やカウンセラーも少なくはないので、早めに相談をするということを心がけてみてはいかがでしょうか。

離婚後、幸せに再婚する上で知っておきたいこと

people

離婚をポジティブに捉えて相手を探そう

配偶者と別れたあとに幸せな再婚をする為に知っておきたいこととしては、離婚したことをポジティブにとらえて別れた相手と新しい相手を比較しないことが重要です。

一般的に配偶者とは価値観の不一致や暴力、借金などで別れることが多いですが新しい相手と一緒になるときにはそうしたネガティブ要素がないことを希望する方が多いものです。

しかし、欠点がない人など自分を含めて世の中にだれ一人いませんし、あたらしい結婚にも困難なことが起こり得ることを自覚しておくのも重要なポイントです。

別れた相手よりも良い条件の人と結婚したい、と考えてしまいがちな再婚ですが、必ずしも条件で選ぶことが幸せにつながるともかぎりません。

結婚で重要なのは外見や経済力ではなく結局は思いやりです。結婚は鏡のようなものと言われているように、自分が相手を思いやることを忘れなければそれは相手に伝わり、相手も自分を思いやってくれることが多いものです。

一般的に人は他人からしてもらう事ばかり考え、自分が自発的にして挙げていることについては無頓着な傾向にありますが結婚に関しては特に思いやりの気持ちを常に持って離婚した相手と再婚相手を比べないことが重要です。

たとえば再婚する相手も初婚ではない場合に、自分が前の相手と比べられたことを考えてみると、どれだけ悲しい事かがわかります。

そのように、常に自分が相手の立場になって考えて行動すると、思いやりの心を忘れずに生活することが出来ます。

条件も確かに全く気にならないものではありませんし、例えば借金はないほうが良いですし介護が必要な義父母がいると大変かもしれません。

又、前の結婚相手への養育費などが発生している場合は経済的な負担もあります。しかし、そうした条件ばかりを見て選り好みをしているとなかなか運命の相手と出会ってもその相手と結婚しようと考えにくくなってしまいます。

自分が相手に完璧な条件を求めるように、開いても自分にそれなりの条件を求めているものです。

相手に求めすぎない

特にお互いが初婚でない場合には一回目、もしくは二回目の失敗をもとに次は失敗しないようにしようと考えがちです。確かに離婚することはかなりのエネルギーが必要となりますし心に大きな傷が残ることもあります。

しかし、その経験を踏まえて新しい恋愛に踏み出すのであれば、いつまでも過去を引きずっていては幸せになることは難しくなってしまいます。

相手も自分も傷ついた経験があるのであれば、その失敗を繰り返さないように思いやりの気持ちを持って行動したり、相手に条件を求めすぎないこともポイントです。

結婚生活が破たんする理由は人それぞれですし、配偶者と別れることで傷つかない人はほとんどいません。

多くの方が離婚で傷つき新しい再婚相手とはより一層幸せになりたいと期待して結婚するものですが、あまり期待値が高すぎてもうまくいかないケースがあります。

どうしても新しい結婚には以前の失敗を繰り返したくない気持ちから期待値が高くなってしまいがちですが、期待すること自体はそれほど悪くありませんが過ぎてしまうと相手に負担を与えかねません。

新しい生活に期待することで相手にいらぬプレッシャーを与えることになってしまうと関係がぎくしゃくしてしまうこともありますので、自分が何かしてあげる位の気持ちで結婚するのがおすすめです。

相手に何かしてもらうのが当たり前になってしまうと、結婚相手への感謝の気持ちが薄れてしまいますし、いつまでも新鮮な気持ちを維持するのは難しくなります。

感謝の気持ちを持ち続けるのは難しい事ですが、感謝の気持ちを常に持ち続けることで相手からも感謝の気持ちを受け取ることが出来ますし、期待以上の生活が待っているかもしれません。

どのような結婚にも困難や不満はつきものですが、どれくらい相手を愛することが出来るかに重点を置いて新しい結婚相手との生活を始めるのがポイントです。

間違っても愛してくれるから、何かしてもらえるからという理由で結婚するとしてもらえなかったり期待と違ったときに傷つくのが目に見えています。

初めから相手にそれほど期待をしていなければ何かしてもらえた時に大きな喜びを感じることが出来ますし、幸せを実感することが出来ます。

一度結婚で失敗してしまうと次に踏み込むのが怖いという気持ちは多くの方が持っていますが、離婚は失敗ではありません。たまたま相手とそりがあわなかったりすることは珍しい事ではありませんし、人は絶えず変化しますので心変わりすることを否定することはできません。

一度くらいの離婚を失敗と思わず、新しく魅力的と感じる方が出来たら大いに愛をはぐくんで相手をいつくしむことです。

再婚だからと自分を卑下せずに初婚のような気持ちで結婚することをおすすめします。以前の結婚から学ぶところは大いに学んで思いやりの気持ちを持って接して入れば困難も軽々と乗り越えることが出来ます。


スポンサーリンク

Check Also

男女における恋愛観と結婚観の違い

「もう付き合って4年も経つのに …