Home / 結婚 / 絶対に離婚したくない!関係修復のためにすべき5つのコト

絶対に離婚したくない!関係修復のためにすべき5つのコト

永遠の愛を誓ったはずなのにいつの間にか心が離れ離れに…。それでもやっぱりそばにいたいし離婚したいと思えないという人にとって、今一番知りたいのは「関係修復のために何をするべきか」ではないでしょうか?

本記事では、離婚を迫られる原因と離婚を迫られたら関係修復のためにすべきこと、してはいけないことをご紹介します。

スポンサードリンク

離婚したいと告げられたら

どんなに仲良しな夫婦でも離婚の危機はやってくる可能性があります。自分には関係ないと思っている人が実は危険かもしれません。

もし、パートナーから離婚したいと言われたらあなたはどうしますか。動揺して「離婚したい」と言った相手に怒りをぶつけてもより二人の溝は深まるだけです。一旦冷静になって、関係を修復するための作戦を練ることが大切です。

まずは冷静になって原因を特定する

離婚の意志を相手から告げられた時、誰もがショックを受けます。ですが、そのショックを相手に感情的になってぶつけてはいけません。相手はその様子を見て、「何を話しても無駄」と余計に心を閉ざしてしまうでしょう。

大切なのは、まず冷静になってどうして離婚したいと思うのかを相手に寄り添って話を聞いてあげることです。

離婚したいと言われた時、あなたはパートナーに裏切られた悲しみと怒りでいっぱいでしょう。

それでも関係を修復するためにここはグッと堪えてください。そしてパートナーの離婚したいとまで思わせた原因を、二人でクリアにしていくのです。

もしかしたら誤解が原因かもしれない、ちょっとしたすれ違いかもしれない。だからこそ無駄に取り乱して相手をより失望させないようにしましょう。

相手の意思をしっかりと受け止める

最優先しなければならないのは、パートナーの離婚の意志をまずは受け止めることです。それができなければ離婚問題を関係修復という形で解決はできないからです。

相手の気持ちを受け止めて、「この問題を絶対に二人で乗り越えるんだ」と決意したら、決して揺らがないでください。あなたのその強い気持ちが必ず良い方向に働きます。

  1. まず冷静になる
  2. そしてパートナーの気持ちを受けとめて話に耳を傾ける
  3. それから問題に立ち向かう決意を固める

これが関係修復の第一歩目です。

離婚を迫られる原因として考えられる5つのコト

なぜ離婚をしたいのか、具体的にパートナーが教えてくれないことも少なくありません。話しても無駄だと心を閉ざしている状態だからです。そのような時はパートナーの目線で自分の言動のどこが良くなかったのか考えましょう。

1.あなたの思いやりが感じられなくなったから

離婚の原因でまず考えられるのが、思いやりを感じなくなったからというもの。

新婚の頃はありがとうと感謝を伝えていたのに、毎日一緒に過ごしていると相手が自分に尽くしてくれることを当たり前だと思いがちです。すると感謝の気持ちも、それを伝える言葉もなくなります。

パートナーがあなたのことを好きなほど、その自分の気持ちを蔑ろにされたと思って不満が募っていくのです。

感謝の気持ちを持たないだけでなく、相手に関心を示さないのも思いやりに欠ける行為です。もう新婚じゃないんだしそれぞれのペースで生活したほうが居心地が良いとあなたは思っているかもしれません。

でもパートナーが二人で過ごす時間や感情を共有したいタイプであれば、あなたがパートナーの言動に興味を示さないのは傷つくものです。このお互いの価値観のズレが、思いやりを感じられず、パートナーがあなたを愛せなくなった原因かもしれません。

2.あなたに異性として見てもらえなくなったから

次に考えられるのが、あなたがパートナーを異性として扱わなくなったという理由です。

「家族になったのだから異性としてラブラブするなんて難しいに決まっている」と思う人も多いでしょう。ですが、専業主婦の女性や同性しかいない職場で働く人にとって、異性として自分を見てくれる相手はパートナーしかいないのです。

あなたが相手を異性として扱うのをやめてしまえば、女として・男として相手は自信をなくしてしまうでしょう。すると、もっと自分のことを異性として愛してくれる人がいるのではないかと考えるようになります。

3.あなたに異性としての魅力がなくなったから

逆にパートナーがあなたに異性としての魅力を見いだせなくなるのも離婚の引き金になります。

もう結婚してしまえば恋人ではないんだし、と気を抜いてだらけきった姿しか見せてなければパートナーはガッカリします。結婚するまでは自分のためにお洒落を頑張ってくれていたのに、と結婚前とのギャップが激しいと嫌気が指しますよね。

自分のために異性として魅力的であろうする姿は、男性でも女性でも愛おしく感じられます。その努力を放棄してしまっていないか、今一度振り返ってみましょう。

自分に原因がない場合もある

「あなたが悪いわけではない」と離婚したい理由を伝えられることもあります。周囲を取り巻く環境が原因となって離婚に踏み出すことも時としてあります。

4.義理家族との関係に嫌気がさしたから

例えば、義理家族との付き合いに疲れたというのも離婚の原因として多いです。

結婚は当人同士だけの問題ではありません。あなたの家族と繋がっていることが辛くなった時、相手の頭には離婚の二文字がよぎります。この場合は実家との付き合いをセーブするようにする必要があります。

あなた自身が悪いわけではないので、きちんと対応すれば義実家との付き合いだけが理由での離婚は避けられます。

5.妻として振舞うことに自信がない、疲れたから

夫・妻としての役割を果たす自信がない、もしくは家庭人としての顔を持つのに疲れてしまったのが原因とも考えられます。

仕事で精一杯で夫・妻としての務めを果たすことが難しい時もありますよね。すると家庭を持つべき人間ではなかった、と自分を責めるようになってしまいます。それで「離婚したいけどあなたは悪くない、これは自分の問題」となるのです。

結婚や家庭への憧れが強い人が陥りやすい思考です。パートナーがこのように悩んでいる時は「夫婦でいられるだけで幸せ」だと根気強く伝えましょう。

仕事や人間関係で疲れている時に「離婚」という大事な決断をするべきではないと念を押すことも大切です。離婚を提案しているパートナー側が冷静さを欠いている時は、落ち着くような言葉をかけるようにしましょう。

離婚したくないときにしてはいけない5つのコト

離婚をしたいと告げられた時は誰でもパニックになります。自分の何がいけなかったのか考えすぎて、必要以上に自分自身を追い込むと問題解決の道は険しくなるばかり。空回りするので、手当たり次第に解決法を試すのもかえって危険です。

また、感情的になっても事態は悪化します。離婚を回避するために、まずはやってはいけないタブーを知っておきましょう。

1.気が動転して相手を責める

離婚はあなたにとって大事であるように、提案をした相手にとってもとても勇気の必要な決断のはずです。あなたに告げるまでに悩んだり、離婚以外の選択肢はないのか探したでしょう。それでも避けられない理由があっての提案だということを、まずは受け止めてください。

「浮気してるの?」「尽くしてるのにどうして?」「何が悪いわけ?」と矢継ぎ早に責めるのは決してやってはいけません。それをすれば二度とパートナーの心はあなたに戻らないでしょう。

急なことに気が動転して声を荒げそうになったら、一旦無理矢理にでも思考をストップさせて一人になれる場所へ移動してください。

時間と距離を置く。そして一人になって冷静に考えられるようになったらパートナーから話を聞きましょう。

2.謙虚さがなく開き直る

離婚をしたい理由を聞かされて納得行かない言い分を言われることもあります。ですが「でも」「だって」と言い訳を重ねるのはやめましょう。相手が離婚を決意しているので、どんな言い訳も通用しませんし、気持ちが離れていきます。

最悪なのは「そっちが悪い」「しょうがなかった」「なんでもっと早く話してくれなかったの?」と開き直って相手を追い詰める言葉を使うことです。改善しようという意思がなく、もう離婚しかないと思われかねません。まずはどんな理由でも謙虚に聞き入れましょう。

明らかにパートナーの方が無茶なことを言っていても、冷静でない相手にそれを自覚させることは困難です。まずは謙虚に歩み寄る姿勢を見せてパートナーの考えを全て吐き出させてから、離婚の回避のために何をすべきか考えをまとめてください。

3.悲劇のヒロインのように感傷的に泣くだけ

愛する人に拒絶されるのは誰でも辛いものです。でも泣いているだけでは事態は良い方向に変わりません。涙で同情を誘おうとしても、冷めきったパートナーにはあなたの姿が鬱陶しく見えるだけです。

泣いてはいけない訳ではありませんが、悲劇のヒロインになったつもりで感傷に浸るのはおすすめできません。絶対に離婚したくないのであれば、その意志の強さを示すほうが得策なので、やたらと涙を流す姿を相手に見せるのは避けたほうが良いですよ。

4.周囲の人を巻き込んで大騒ぎにする

味方が欲しい気持ちはわかりますが、離婚するかどうかはとても繊細なプライベートの問題です。相談する場合は信頼できる人にだけにしたほうが良いでしょう。

周りに泣きついたとしても、他人にできることは限界がありますから困らせてしまうだけです。必ずしも味方になってくれるとは限りません。むしろ、自分一人の力で状況を打破する気概をパートナーに示せば、あなたの思いの強さが伝わります。

5.時間が解決すると決めつけて無視をする

パートナーの離婚したいという気持ちを一度も受け止めようとせず、拒絶するのは事態を悪化させます。どうせそのうち心変わりをするだろうと決めつけて無視をし続ければ、パートナーの離婚の意志はより堅くなります。

口を利かない、食事の時間をわざとずらす、自室に閉じこもって出てこないなど、子供の喧嘩のような行動は慎みましょう。

言葉をかわすことでしか離婚を回避する方法はありません。辛くても現実と向き合って離婚をしないですむように働きかけましょう。

関係修復のためにこれからできる5つのコト

関係修復のためにできることを一つ一つ積み重ねていきましょう。すぐに変化が出るものではなく、少しずつできてしまった二人の心の溝を埋めるつもりで自分を見つめ直してください。

今までの関係性から反省点を見つけ、これからに生かすためにできることをまとめてみました。

1.お互いに一人で考える時間を作る

離婚というワードが出て二人の関係は大きく揺らぎます。お互いに心が乱れている状態なので、一旦離れて一人でじっくりと考える時間が必要です。二人でいると相手だけを見て自分を省みることが難しくなり、感情的になってしまいがちです。一人きりなら自分を客観視しやすくなります。

気持ちがぐしゃぐしゃのままぶつかりあうよりも、自分の考えをまとめて譲れない部分だけをうまく言葉にして伝えられるまで、自分と向き合いましょう。

2.離婚の危機を経験した人からアドバイスを貰う

離婚の危機を回避した人、離婚を経験した人からアドバイスをもらいましょう。離婚についての考え方は人ぞれぞれですから、あくまで自分は離婚をしたくないからそのためのアドバイスを聞きたい、と理解してもらってから話をしましょう。経験者だからこそのリアルな意見が聞けますよ。

ただし相談相手は慎重に選んでください。離婚問題を面白がって吹聴する人やおせっかいが過ぎる干渉をしてくる人など、問題を大きくしてひっかき回されてはあなたが疲弊する原因になります。ここだけの話でとどめてくれる、口の固い人に相談できれば安心です。

3.自分の気持ちを紙に書き出してみる

離婚の危機という異常事態に対応しきれずにキャパオーバーしているときにおすすめなのが、思いついたことをそのまま紙に書き出すこと。キーボードで打ち込むよりアナログでやったほうが自分の深層心理が出やすくなります。

離婚について自分はどう思っているのか、離婚を切り出した相手への思い、これからの不安など思いつくままに書きなぐりましょう。

文章にして自分の気持ちを可視化できると、本当に自分が譲れないと思っていることが明確になります。主張の軸ができあがるので、相手との話し合いはそれからにしましょう。ペンと紙を使って、まずは自分の頭の中を整理してくださいね。

4.生活リズムを崩さない

心の乱れが生活の乱れになるように、その逆もあります。離婚問題でもめている家庭は家が散らかっていることがとても多いんだそう。

危機的状況だからこそ、いつも通りきちんと暮らしましょう。暮らしを整えることで平常心を保てて、パートナーも居心地のいい場所を離れたくないと思うようになるかもしれません。

掃除や片づけは集中できてこんがらがった頭をリセットできるうえに、ストレス解消にも役立ちます。きちんと食べてきちんと寝る、部屋も体もきれいに保てれば心の体力もつきます。

メンタルの強さなくして離婚の危機は乗り越えられません。強いメンタルを維持するために、生活リズムや環境は頑張って最低限の状態は維持しましょう。

5.結婚した理由を思い出す

そもそもなぜ一緒になろうと思ったのか、初心に帰ってみましょう。そうすれば離婚をしたくないという決意も固まります。

また、パートナーにも同じように結婚するほど好きだった頃を振り返ってもらいましょう。今は離婚したい一心で相手の悪い部分しか見えなくても、自分の意志で夫婦という関係を選んだのですから、それにはちゃんとした理由があったはずです。

それが離婚によって失われると気が付いてくれるように仕向けましょう。家族として、夫婦としてリスタートするチャンスだと思って、もう一度やり直すメリットをお互いに見つけられるのがベストです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

離婚したくないならば、やってはいけない行為を徹底的に排除して、関係修復のための行動を前向きな気持ちでとっていくという正攻法が一番の近道です。雨降って地固まると後から振り返られるように、この危機を乗り越えてより固い絆が二人の間にできることを祈っています。


スポンサーリンク

Check Also

恋愛しない若者の特徴と恋愛離れの原因

最近、恋愛をしない若者が増えて …