Home / 離婚・別れ / 成田離婚を避けるためのポイントと夫婦関係修復のための別居のススメ

成田離婚を避けるためのポイントと夫婦関係修復のための別居のススメ

いま付き合ってる彼氏と結婚を考えている方、新婚旅行を計画中の方は、結婚や新婚生活への夢が膨らみますよね!

しかし、新婚旅行でパートナーに幻滅したり、ケンカをしてしまったりして、新婚旅行直後に離婚する「成田離婚」はよくあるケースです。また新婚生活を始めてみて初めて見えてくる彼の性格もあるかもしれません。

今回は、「成田離婚」を避けるためのポイント、そして結婚生活に耐えられなくなったとき、関係を修復するための選択肢としての「別居」についてご紹介します。

スポンサードリンク

新婚旅行直後に起こりうる成田離婚を避けるためには?

新婚旅行の心意気

新婚旅行をするとすぐにこの人とは気が合わなかったと言って、別れてしまう人がいます。これを成田離婚とよんでいます。そんなことにならないためにどうすればいいのか7つの方法があります。

①準備をしっかりしておく

準備をしっかりしておかないとけんかの原因になります。そうならないためにも、まず最低でも自分の荷物をしっかり準備して任せない事です。特に海外旅行で大事な物はパスポートです。これがなければ旅行ができません。

自分の事が自分で責任を持って準備することが重要です。 スケジュールを詰め込みすぎない 海外旅行だからといって、欲張りすぎてしまう人がいます。そうすると過密スケジュールになってしまって疲労が蓄積してしまいいらいらしてしまいます。

そこで1日の日程を軽くして余裕を持ったプランにすることが重要です。余裕があれば、イライラしなくて済みます。今日は何がしたいのかきちんと達成できると満足した旅ができます。

②理性を失わない事が大事

新婚旅行は夢や希望がいっぱいになってしまいます。あまりにも大きくなってしまうと、ついわがままになってしまう事もあります。そして普段口にしない事を言ってしまって喧嘩になってしまいます。

これを繰り返してしまうと温厚の人でも我慢の限界が超えてしまいます。そこでお互いに配慮することがとても重要になってきます。理性のある行動があれば、喧嘩になることがありません。理性を失わない事が大事です。

③相手に完璧を求めない事

海外旅行をするとわかることがあります。相手にがっかりしたという経験を耳にすることがあります。そこで言ってはいけない言葉があります。

まず何でできないのとかなぜ話せないのという言葉はいけません。海外は日本とは違って言葉も文化も違います。そこで思い通りに行くことはありません。理想の相手かもしれませんが、何でも完璧な人でもありません。

相手を責めてしまうと嫌な思い出しか残らなくなってしまいます。そこで失敗や間違った行動があったとしても仕方ないと思えるような大きな気持ちを持つことがとても重要になります。

そうしないと喧嘩ばかりの旅行になってしまいます。相手に完璧を求めない事がとても重要になります。

④自分ばかりだけ楽しまない事

ショッピングが好きな人もいれば、レジャーだけが好きな人もいます。そこで自分だけ楽しんでいると相手は詰まらないと感じてしまって喧嘩になってしまいます。そこで旅行の計画を立てる時にはお互いに満足できるプランにしなければいけません。

1日目は自分の行きたい場所に行かせてもらったら、次の日は相手の希望に合わせるなどをしてお互いが楽しいプランを立てる事がとても重要になってきます。 新婚旅行をしてからすぐに離婚をしましょうという話になることが今現在あり得ます。

そのためにも、喧嘩をしないことが重要になってきます。些細な事でも喧嘩になりやすいので細心の注意が必要になります。そこで離婚しないためにどんな対策をとればいいのでしょうか。

⑤相手の事をよく知ること

相手はどんな人なのかよく知っておくことが必要になります。勢いで結婚をしてしまうといい事はありません。まずはどんな人なのか一緒に住んでみたり、旅行をしてみたりするといいかもしれません。

そしてデートをいっぱい重ねてどんな人なのか理解をしておきます。結婚をする前に一緒に生活をしてみると相手がどんな人なのかよくわかります。普段見られない姿を見る事が出来るので相手を理解してから新婚旅行ができます。

⑥旅行の計画は一緒に立てる

人任せにして旅行の計画を立ててしまうと後悔してしまう事になります。そこで一緒に計画を立てるようにします。新婚旅行の段取りや持ち物等の確認も二人で行うようにすると解決策になります。

成田離婚は男性側の不手際で女性が愛想を尽かしてしまって起こる事が多いです。そこで女性がスムーズに旅行ができるように男性がサポートすることで予防ができます。

⑦相手のあら探しをしない

男性は女性を喜ばせようと努力している人もいます。それなのに文句を言ったりするとせっかくの新婚旅行も台無しになってしまいます。そこでお互いにあら探しをするのはやめておきます。

そこでどんなところがいいのか相手のいいところを見つけるようにします。いいところを探すようにするとこの人はいい人だと感じて惚れ直すことができます。

新婚旅行直後に成田離婚をする人が多くなっています。そうならないために事前に相手の事をよく知って一緒に準備をすることで防ぐ事ができます。そんなにすべてが気が合うようなぴったりの相性の人はなかなかいません。

自分と違っている事が何か必ずあります。でもそれをお互いに認め合って相手のいいところをいっぱい見つけられるようにします。すると相手のために尽くしたい気持ちになって一緒にこれからも生活したい気持ちになれます。

離婚において別居は重要!別居から関係を修復するには

別居することで、離婚を免れる

一緒に暮らしている夫婦が顔を合わせる度に喧嘩をしていたり、顔を見ると激しい嫌悪感が起きるほどになった場合、離婚が頭をよぎる事になります。 しかし子供がいる夫婦ともなれば、別れる事でいろんな問題が生じてきますので、簡単に別れを選ぶわけにもいきません。

子供の為にも両親が揃っていた方がいいですし、経済的な面から考えても別れずに夫婦を続けていった方が、豊かな暮らしをする事が出来るでしょう。

離婚を考えた時に、マイナス面が多い場合には踏みとどまるようになりますが、このまま我慢するしかないと思っても、一緒に暮らすのは耐えられないほどの気持ちになっている場合、今後の事を真剣に考えなくてはなりません。

離婚はしない方がいいのがわかっていても、今の生活に耐えられないのであれば、別れるかどうかを判断しなくてはなりませんが、判断に迷う場合には一度別居生活をしてみるといいでしょう。

離れることで、考え方を客観視できる

別居をしてみると、今の環境と違う生活をする事が出来るので、考え方を変えられる場合もあります。 離れて暮らしてみれば、関係を修復できる事もありますので、すぐに別れると決断をするのではなく、離れて暮らしてどう考えが変わるかを試してみるといいでしょう。

別居をせずに別れた場合後悔をする事もありますが、一度離れて暮らしていれば、自分の中で多くの事を納得して別れていますので、後悔が少なくすみます。

一度離婚をしてしまえば、いろんなしがらみから簡単に元の夫婦に戻ることは出来ませんし、周囲も振り回す事になりますので、焦って判断をしないようにしましょう。

別居の期間を設定すること

別居をすると相手と距離をおけますので今後を冷静に判断しやすくなりますが、そのまま離婚に至ってしまう事もあります。 前提としての考えは、別れない為の別居生活ですので、離れて暮らしてみる事によって関係を修復させなくてはなりません。

関係修復を前提として考えるなら、離れる前に期間を決めておく事です。 期間を決めずに離れて暮らし始めると、ズルズルとそのままの状態で何年も暮らすようになりますし、片方の気持ちがまとまったとしても、もう片方の気持ちがまとまっていない場合もあります。

お互いのタイミングがずれてしまえば、いつまでも決断できないまま曖昧な関係が続きますので、はっきりといつまでと期間を決めて暮らした方がいいでしょう。 例えば半年間だけと決めて行えば、その間に気持ちの整理をする事が出来ますので、そのくらいの期間を持ってもいいでしょう。

もしも一週間程度しか期間がなかった場合には、あまりにも短すぎますので、気持ちの整理がつかないままになります。 ある程度時間をかける事によって、正しい判断が出来る為、半年程度がベストな期間と言えるでしょう。

自分とも相手とも向き合うことが大切

そして離れて暮らす前に、相手の言い分も聞いておくのも自分を見つめ直す材料になります。 顔を合わせる度に喧嘩になるという事は、相手が何らかの不満を持っているという事ですので、なぜそのような不満があるかを考えてみなくてはなりません。

自分の事ばかりを考えるのではなく、相手の言い分と向き合う事によって改善すべき点が見えてきますので、関係修復に向けて動きやすくなります。 離れてみる事によって、相手の言い分が理解できるようになれば、自分が改善すべき点も見えてきます。

再スタートに向けての準備

一緒に暮らしていた時には理解できなかった点も、離れて冷静になればどう行動すべきかがわかってくるからです。 離れて暮らしている間には、相手と連絡を取るべきかも考えなくてはなりませんが、最低限一か月に一度程度は連絡を取り合うようにしてもいいでしょう。

近況報告をしたり、必要があれば会って話すなどを考えても良さそうです。 あまりにも距離を置き過ぎてしまえば、相手がいないのが当たり前になってしまい、修復に向けて動きにくくなります。

関係修復を目的として離れて暮らしているわけですから、完全に相手との連絡を絶ってしまうのは逆効果です。 相手と会話をするのがまだしんどいと思うのであれば、無理に会う必要はありませんが、全く連絡をしないのではなく定期的には連絡をしましょう。

離れている期間に考えなくてはならないのは、自分の改善すべき点だけではなく、過去を蒸し返さない気持ちを持つことも大切です。

過去に浮気をされた経験がある場合、それがきっかけで夫婦仲に亀裂が入りますが、何かの度に過去を蒸し返していると、いつまでたっても関係の修復は出来ません。 大きく傷ついたのは間違いないですので許すことは出来なかったとしても、今後に目を向けていく事も大切です。

相手がどう変わっているかによって、関係修復は不可能ではありませんので、過去ばかりで考えるのではなく未来にも目を向けるようにしましょう。

期間限定の別居期間を設ける事によって、離婚を回避し家族としてやり直す事も出来ますので、関係修復の為にも一度離れて自分の心と向き合い、今後を考えていかなくてはなりません。

まとめ

いかがでしたか?結婚を決意するに至った彼との関係は、ずっと大切にしていきたいですよね。新婚の浮かれ気分や、結婚して身内になったという距離感の近さゆえに、彼を不快にさせてしまう行動をとってしまっているかもしれません。

とはいえ相手は血縁関係の無い他人です。親しい相手だからこそ、ずっと関係が続くように、ていねいに日々を過ごしていく必要があるのは当然のことでしょう。

でも、もし現状の結婚生活や夫婦関係に耐えられなくなったときは、もう一度冷静に考えることも必要です。別居することで、もう一度お互いがお互いの大切さを認識できるかもしれません。


スポンサーリンク

Check Also

離婚したいとき、弁護士を雇うべきか迷っているあなたに

婚姻関係を解消し離婚したいと思 …