Home / 恋愛 / 恋愛が辛くなる瞬間と克服する方法

恋愛が辛くなる瞬間と克服する方法

好きな人を一途に思う恋愛も、時としてとても辛いと感じることはありますよね。楽しいばかりが恋愛ではないのです。

恋愛には幸せで楽しい気持ちだけではなく、辛いと思う気持ちがつきものなのです。ときどき恋愛が辛くて恋愛辞退を辞めたいと思うことはあるでしょう。でも、楽しさもたくさんある恋愛です。恋愛から背を向けるなんて本当は嫌ですよね。

もし恋愛が辛くなってやめたいと思ったとき、どんなことをすれば恋愛の辛さは解消されるのでしょうか?以下で対処法についてご紹介いたします。

スポンサードリンク

恋愛が辛いのはなぜ


そもそも、どうして恋愛が辛いと感じることがあるのでしょうか?恋愛を始めたときは、楽しさや幸せな気持ちでいっぱいで、辛いという感情とは無縁だったはずです。

でも恋愛の中で何か嫌な経験をしたとき、人は恋愛を辛いと思うことがあるものなのです。そう、恋愛にはプラスの感情のみならず、マイナスな感情がつきまとうのです。

恋愛にはマイナスな感情がつきものだから

そう、恋愛にはマイナスな感情がつきものです。恋愛におけるマイナスな感情とはどんな感情でしょうか?それは嫉妬、もどかしさ、別れによる喪失感、寂しさなど、人が嫌だと感じる感情はたくさんあるものです。

世の中には幸せな恋愛をしている人ばかりではありません。好きになってはいけない人を好きになったばかりに辛い思いをしている人もたくさんいます。例えば浮気、不倫などがそうですよね。一時的には相手のことが好きで楽しさや幸せを感じることができても、ふと我に返ると辛い気持ちが押し寄せてくることでしょう。

また、恋愛には思いが叶わず別れたり、フラれたりというシチュエーションはつきものです。親しい恋人同士いつまでもラブラブでいられるのが一番ですが、なかなかそうもいかないのが恋愛の実情です。

彼氏、彼女に突然別れを告げられたら、辛い寂しさのあまり「恋愛なんてもうしたくない!」と思ってしまいますよね。長い片思いの末にフラれるようなことがあったら、虚無感が止まらず恋愛というものに失望してしまうかもしれません。

恋愛にはいろいろなマイナスな感情がつきまといます。これらの感情を感じたとき、人は楽しかったはずの恋愛に嫌気が差してしまうのです。

恋愛が辛いと感じる時


では、具体的に恋愛が辛いと感じる時をシチュエーション別に見てみましょう。恋愛には多く辛いシチュエーションがあるものです。

勇気がなくて告白できない時

片思いをしていて、ずっと告白する勇気が出せず、辛い思いを抱えている人は多いでしょう。周りからしてみれば「そんなのすぐに告白すればいいじゃん!」と思えることかもしれません。でも本人はいろいろな感情を抱えているもので、愛の告白なんてそう簡単にできるはずがありませんね。

告白して結ばれることがあれば万々歳ですが、もし告白がうまくいかなかった場合、デメリットはたくさんあるものです。まず一つ目は、好きな人と付き合うことができないということが最大のデメリットであることは間違いないでしょう。

また、次に懸念されるのは、うまくいかないことで相手の人と気まずくなってしまうことです。その結果縁も着られてしまったら最悪ですよね。そんなデメリットを考えたら、告白なんてなかなかできるものではありません。

このデメリットを気にして勇気が出ず、告白できない毎日を送っていると、いつしか恋愛そのものが辛いと感じることがあります。「こんなに辛いならあの人ことを好きになるんじゃなかった…」と思ってしまうかもしれません。

好きな人が他の人と付き合った時

片思い中は、好きな人がフリーのうちは辛いことはないでしょう。一喜一憂することはいろいろあっても、基本的には片思いの時間を楽しんでいるはずです。でも、好きな人がフリーではなくなってしまい、ついに自分ではない他の人と付き合うようなことがあったらどうでしょうか?それは本当に辛いはずです。

片思いの時間が長ければ長いほど、自分が思いを伝えずに、別の人に好きな人を奪われてしまったショックは大きいはずです。恋愛には順番という概念がなく、このようなシチュエーションはよくあることですが、自分が告白できなかったからこそ辛い気持ちは止まらないでしょう。

友人と同じ人を好きになった時

あなたは友人と同じ人を好きになってしまったことはありますか?大好きな友人と好きな人を巡って恋の炎を燃やさなければいけないのは本当に辛いですよね。

「友人の方がもしかしたら結ばれてしまうかも…」という焦りもあるでしょう。また、本来は味方であるはずの友人をライバルとして嫌な目で見なければいけなくなるようなことも辛いはずです。それでも好きな人を思う気持ちは止まらず、友人を大切に思う気持ちと板挟みになってしまうことでしょう。

友人と同じ人を好きになっていることに気づいたとき、自分だけが抜け駆けして告白するのも気が引けるはずです。身を引くにしてもそれは好きな人と結ばれることを諦めることですし、それもかなり辛いことには変わりないですよね。友人と同じ人を好きになると、進むのも辞めるのも本当に地獄です。

好きな人からの連絡がなかなか来ない時

恋愛の中でもどかしいという気持ちを持ったこともたくさんあるでしょう。例えば好きな人からなかなか連絡が来ず、相手は悪くないのに勝手に自分だけ戸惑ってしまい、もどかしい時間を過ごしたときなどですね。

好きな人から連絡が来ない時間が長く続くと、本当にもやもやしますよね。特に相手が脈ありなのか脈なしなのか分からないとき、「返事が遅いってことは脈なしなのかな?それともただ用事があるだけ?」と変にいろいろ勘ぐってしまって辛いはずです。

そんなもやもやした時間が長々続くと、恋愛そのものが嫌になってしまうことが多いでしょう。焦ったり、もどかしさでやきもきする感情を抱えすぎると、かなり疲れますからね。

フラれた時、振り向いてもらえない時

そもそも恋愛において、フラれたり、好きな人に振り向いてもらえないときが一番つらいはずです。思いが叶ってこそ、両思いになってこそ恋愛の本当の楽しさというものはあるものです。ただ一方的に相手を好きでいるだけで幸せというのには限界があります。

思いが強すぎると、なおさら「両思いになりたい」という気持ちは高まりますし、その分もしフラれたら反動は大きいはずです。

恋愛でフラれただけとはいえ、それが原因で自信喪失に陥ってしまう人もいます。大好きな恋人に別れを告げられてフラれれば、しばらく立ち直れないでしょう。それだけ恋愛で思いが叶わないことは辛いことなのです。

遠距離恋愛になった時

恋人になかなか会えず寂しさが募ったとき、とても辛いですよね。距離的な問題で会えないことはどうすることもできませんから、一層辛い気持ちが高まるはずです。

遠距離恋愛はとても難しいものです。最初は「定期的に会えば大丈夫」と思っていても、今まで当たり前に会えていた恋人と急に距離が離れてしまって会えなくなるのは、予想以上に辛いものがあります。毎日会っていた関係が年に数回の関係になるのですから、当然ですよね。

寂しさを感じすぎると、恋愛自体が嫌になってしまうものです。遠距離恋愛をきっかけに分かれてしまうカップルが多いのは、相手に飽きたり嫌気が差すわけではなく、遠距離恋愛s自体が嫌になってしまうことが多いからなのです

浮気された時

大好きな恋人に浮気されたら、あなたはどう思いますか?辛いなんて言葉では言い表せないくらい、複雑な感情が渦を巻いてしまうはずです。

浮気は恋人同士にとって最大の裏切り行為とも言えます。自分は好きなのに、相手はその思いを偽って全く違う人を見ていたなんて知ったら、辛すぎますよね。浮気への怒りもありますが、裏切られたことの悲しさ、相手への嫉妬など、いろいろな感情が湧いてきて止まらないでしょう。

浮気なんてされたら、もう恋なんてしたくないと思ってしまっても無理はないですよね。浮気は人に恋愛というものに辛い絶望感を与えてしまう行為なのです。

会えない日々が続くとき

上の遠距離恋愛と重複しますが、会えない日々が続くととても辛いものです。恋人は一緒にいる時間を大切にしてこその関係ですから、会って話す機会が減れば減るほど、恋人関係は崩壊に近づいてしまいます。

例え遠距離恋愛という関係ではなくても、お互いに仕事やプライベートが忙しいとなかなか会えないことが続くことがあります。お互いに仕事が忙しい時期がかぶってしまえば、気が付けば恋人同士1か月も会ってない…ということもあり得る可能性があります。

忙しさのためとはいえ、会えない日々が続くと「なんのために付き合ってるんだろう…?」疑問を抱くこともあるでしょう。好きな恋人同士なのに、会えないなんて意味がないですよね。恋愛そのものが辛くなるのも無理はないです。

束縛された時

恋愛における悩みでよくあるのが、恋人による束縛です。付き合っている恋人同士、一見ラブラブそうに見えても、少なからず悩みはあるものです。そのうちの一つとして彼氏・彼女の束縛があげられます。

いくら恋人同士とはいっても、何でもかんでも相手のことを把握・管理しようとするのは、相手にとって負担でしかありません。まるで行動を監視されているようで、束縛されると辛いですよね。行動を制限されてしまって、せっかく好き同士一緒にいるのに、窮屈さしか感じられなくなってしまうでしょう。

しかも束縛されると、「信じてもらえてないのかな?」と思えてきて悲しいですよね。そこまでお互いのことを管理しなければ成立しない恋愛関係なんて、嫌だと思うのが普通です。

辛さを克服するには


上であげてきたように、恋愛には辛さがつきものです。楽しいことばかりが恋愛ではないので、嫌だと思う瞬間、恋愛をもう辞めたいと思う瞬間はいくらでもあるものなのです。

でも、大好きな恋人と過ごしていて楽しい、幸せと思うことはたくさんありますよね。片思いの気持ちを大切にしたい人もいるはずです。本当の意味で恋愛から背を向けたいと思っているわけではないはずです。

では、恋愛が辛いと感じたとき、辛さを克服するのにはどうしたら良いのでしょうか?恋愛の辛さを克服する方法を以下でご紹介します。

恋愛から距離を置いて趣味に没頭する

まずは一旦、恋愛に固執するのをやめましょう。今までより恋愛から距離を置き、趣味などに没頭することが好ましいです。

好きな趣味は、恋愛で感じた嫌な気持ちを忘れさせてくれるのにちょうど良いです。好きで楽しいことだからこそ、辛い気持ちを強制的に感じないようにさせてくれるのです。恋愛が辛いと感じたら、自分が無心になれるようなことを始めるのが一番です。

既に彼氏・彼女がいる人は、あまり彼に好かれること、彼女に良いと思ってもらうことを意識しすぎないことです。相手のことはしっかりと大切にしたうえで、二人でいる時間よりも一旦自分の趣味の時間を増やしていけると良いでしょう。そして趣味に没頭して、恋愛の中で感じた嫌な気持ちを忘れてしまいましょう。

人は放っておいても恋愛をする生き物です。一時的には恋愛から離れても、また恋愛をしたいという気持ちは戻ってくるはずなので、それまでは自分が楽しいと思える趣味に時間を多く割くことが一番です。

友達と会って話す

友達と遊んだり、飲みに行ってたくさん話すなどすることは、恋愛の辛さを忘れるのにとても効果的です。恋愛で感じたストレスを発散できるはずです。

恋愛を辛いと感じても、あなた自身は本心では心から恋愛を辞めたいとは思っていないでしょう。一時的に感じた辛さをどう解消すればいいか分からなくなっているだけなので、愚痴や不満を聴いてくれる友達がいるなら大切にするべきです。たくさん愚痴らせてもらって、恋愛に前向きになれるようにしましょう。

次の恋に踏み出す

恋愛が辛いと感じたなら、それは今している恋愛が良くない恋愛であることは間違いありません。いっそのこと今の恋愛はきっぱりと諦め、新しい恋に踏み出すことも大切なことです。

例えば、浮気症の恋人に悩まされて、付き合っていることが辛いと感じているなら、それは間違いなく良い恋をしているとは言えませんね。嫌な恋愛をすることで自分の身をすり減らすくらいなら、新しい恋に目を向けてみてはいかがでしょうか。

新しい恋を始めることで、「恋愛ってこんなに楽しかったんだ!」と、恋愛の楽しさ、幸せさを感じることができればそれが一番です。恋愛を辛いと感じたときは、今の恋愛にこだわることが本当に正しいことなのかは一旦考えてみると良いでしょう。

まとめ

恋愛は楽しいですが、同時にとても辛いものではありますよね。嫉妬に狂わされるのも嫌ですし、付き合っていてラブラブでも、心配性の人はいつでも浮気の心配をしてしまったりします。片思いの人は、そもそも相手が脈ありなのかなしなのか分からず、もどかしい日々を過ごすことが多くあるはずです。

でも、恋愛が辛いからと言って、「絶対にもう恋愛なんかしない!」と恋愛を嫌ってしまうのはとても損ですよね。辛いのは分かりますが、恋愛にはもちろん素晴らしい幸せがあるのです。素敵な恋をしているときは、しっかりとその幸せを感じることができるのは誰もが同じことです。

恋愛が辛いと感じたときは、少しの間だけ恋愛から距離を置いたり、ストレスを発散するなどの対策をしましょう。いつまでも恋愛に振り回されているのも体に毒ですからね。たまにガス抜きをしながら、良い恋愛をぜひ楽しんでくださいね。


スポンサーリンク

Check Also

【男子必見!】彼女に指輪をプレゼントしたいときのタイミングとおすすめブランド8選

付き合っている彼女との記念日や …